【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】 "SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2017.10.18【商品紹介】

【SHINANOYA 限定商品リリース予告】ドメーヌ オニョアス [1965] 51年 バコ FOR THE BOW BAR

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人のやぎゅーです。
-------------------------------------------
本日のナイトブログは、
【限定商品リリース予告
でお届けします♪
-------------------------------------------


熟成ハードリカー全体の価格高騰と枯渇が進む中、
上質の円熟味を体感することのできるアルマニャックは
”ハードリカー好きにとってのラストフロンティア”
と言っても過言ではないでしょう。 


今回は大きな反響を頂いたプライベートコニャック、

DUPUY SINGLE CASK
FOR SHINANOYA & THE BOW BAR

でもご一緒させて頂いた
プロフェッショナルバーマンが
アルマニャック地方の名醸地に、
200年以上の歴史をもつ老舗を訪れ、
生産者と共に厳選した原酒を、
ご本人のご厚意によりご紹介できることとなりました。


『それでは早速いきましょう↓↓↓』

 
プロフェッショナルバーマンが見出した老舗ドメーヌ秘蔵の古酒
A HALF-CENTURY OF HISTORY.

DOMAINE D'OGNOAS [1965] 51yo BACO
FOR THE BOW BAR
700ml/42.0%/35,000yen

(※価格は税抜きです。Excl TAX)

ご提供頂いたのは、
2017年で22周年を迎える札幌の名店、
THE BOW BAR オーナーバーテンダーの本間純矢氏。
毎年、欧州を訪れ、現地の生産者と親交を深め、
洋酒の歴史を日本へ伝るばかりではなく、
最近では海外でのセミナー講師を務めるなど、
そのフィールドは広く世界に通じている
プロフェッショナルバーマンです。
---------------------

本間氏から昨年に続いてお譲り頂いたのは

1780年創業の最も古いアルマニャック生産者のひとつとなる
『ドメーヌ・オニョアス』


 
アルマニャックは3つのエリアに区分されますが、
オニョアスは1番良いぶどうを産出する
バ・アルマニャックに所在。
グラン・バ・アルマニャックに50ヘクタールの自社畑を持ち、
すべて自社畑から収穫されるぶどうのみで生産。
現在、バコ、ユニ・ブラン、コロンバールの3種類を作付けしています。
また、広大な敷地からは、熟成樽の樽材となる
樫の木(オーク)の調達をも可能にしています。
 
さらに特筆すべきは、ドメーヌ・ボワニエルなど名門も採用していた
今はなきクラフトメーカーSIER社の手掛けた
アルマニャック生産者の中では
最も古いアランビック
であり、
こちらは現在も現役として蒸留を行っています。
今となっては極めて稀な薪での直火を熱源に使用し、
ドメーヌとして200年以上も伝統の味わいを生み出し続けています。
 
2017年ボトリングで選ばれたのは
昨年、即完売の大きな反響を頂いた
1973ヴィンテージをも凌駕する、
51年以上の熟成を経た1965ヴィンテージ原酒。
200年以上のドメーヌの歴史の一部と言っても過言ではない
究極の秘蔵古酒となります。
『プロフェッショナルバーマンが見出した、
半世紀の歴史を経て飲み頃の頂点に達した珠玉の1樽をご堪能下さい。』

(右:THE BOW BAR オーナーバーマン 本間純矢氏)

---Tasting Note ---
【香り】 トップノートから素晴らしい熟成を経た葡萄の立ち上がり、
キノコやカカオ、マーマレード等のニュアンスに緩やかに変化し、
明らかなランシオ香が鼻腔まで突き抜ける。
【味わい】 口に含むと、地元ガスコーニュ産新樽由来の香ばしさの中に
仄かな酸が顔を出し、温かさとキレのコントラストをより明確に捉えることができ、
このアルマニャックが長き熟成により飲み頃の頂点に達した事が伝わってくる。
【フィニッシュ】 アフターもバコ種特有の輪郭のあるフレッシュな葡萄香が長く、
最後まで変化を楽しめる最上クラスのアルマニャックと断言できます。
(Tasted by THE BOW BAR オーナーバーマン 本間純矢氏)
---------------------------------

★こちらのボトルにつきましては、
(画像のリンクはフェイスブックページです。)
THE BOW BARにて絶賛提供中!
(サンプルではなく通常提供となります。)
一足早くその味わいをぜひご体感下さい!!
------------------------------------
「こちらのネット上のご予約受付を 
SHINANOYA NET SHOP にて
"近日中"に開始
致します!」

こちらご予約詳細につきましては、
『明日本ブログにて
最終ご案内致します!』


なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ・ご予約お申し込み頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、
あらかじめご了承ください。
=================================

それでは今回のブログはここまで。

みなさまの"酔い"夜をお祈りして♪
=================================

『プライベートボトルのご紹介♪』

【新作公開】BARとフレンチレストランの競演 "The Perfect Digestif"
darroze1983

【新作公開】初のジンプライベートボトリング "THE BEST FOR GIN & TONIC"
sen_no_suzu
=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』

あらかじめご了承ください。
 

この記事を評価するGood

プロフィール

ブログ内記事検索

カレンダー

  • 2020年07月
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お酒の種類から探す

カテゴリから探す