ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~ モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々の記録

2020.06.25【日記】

リンクウッド 12年 オフィシャル 40% 80年代流通

良いオールド感を堪能しました。

 

リンクウッド LINKWOOD 12yo OB 40%

香りは心地良いオールド感、滋味深いモルティと土っぽいピート、熟しすぎたリンゴや桃。
飲むと噛み応えのあるテクスチャーと濃縮感があり染み込むような麦芽の旨味、甘味はほどほど、後半からピートがしっかり残る余韻。

【Good/Very Good】


70-80年代に流通したと思われる、ホワイトラベルのリンクウッド12年熟成です。

加水オールドのコンディションの良いものに感じるオールド感がまず最初に感じられ、そこから期待通りの滋味深い麦芽感や土っぽいニュアンスを伴うピートが出てきました。

口に含むと40%加水とは思えない濃縮感で、噛み応えも感じました。

同時に舌に染み込むようにこなれた旨味があり、後半から余韻には、これぞ昔のシングルモルトとも言うべきピートの主張が残っていました。

古い加水ボトルで抜けているコンテンツもあるんだと思いますが、芯がしっかり残っていました。

経年変化もあるとは思いますが、ニュアンスとしては50年代に蒸留されたものに良く感じるような個性を持っており、12年よりもだいぶ原酒も使われていたのではないかと思います。

※この記事は、自粛前に飲んで書き溜めていたものです。

 

COMMENT(0)

この記事を評価するGood9

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

T.Matsuki

ブログ内記事検索

カレンダー

  • 2021年04月
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリから探す

タグ一覧