ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~ モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2018.07.11【日記】

ニューリリース:レダイグ 1994-2017 23年 GM エクスクルーシブ キャンベルタウンロッホ&パブリックバーアイランズ向け #9 52.5%

70年代のオフィシャルを彷彿とさせる良樽でした。

 

レダイグ LEDAIG 1994-2017 23yo GORDON & MACPHAIL EXCLUSIVE for CAMPBELTOUN LOCH & Public Bar Islands #9 52.5%
one of 248 bottles, Refill American Hogshead



香りはしっとりと滋味深い。バニラとオレンジ風味のクリーム、しっとりとほどよいモルティ、少し粘土やオイル、
飲むと粘性があり少しオイリー、噛み応えのあるテクスチャー、こなれた柑橘、まったりとクリーミー、滋味深いモルティとその旨味、ピートは穏やかで長めの余韻。

【Good/Very Good, Interesting】


GMのエクスクルーシブラベルでリリースされた、レダイグ1994、23年熟成です。
キャンベルタウンロッホさんとパブリックバーアイランズさんに向けてボトリングされています。

わりとピートがキンキンに効いたものが最近多いレダイグですが、このボトルは熟成がそれなりに長いことも影響してかあまりピートは派手に主張せず穏やかでした。
その代わりバーボン系の樽のニュアンスやハウススタイルと思われる粘土っぽさやオイルがほどよい程度に感じられ、クリーミーで麦芽の旨味もあり、全体に滋味深く、現時点でほぼ仕上がっていました。

第一印象からそうだったのですが、70年代蒸留の、しかもボトリング後少し経年変化を経たオフィシャルボトルに感じたニュアンスにかなり近いタイプだと思いました。

レダイグのシングルモルトとして、期待以上に美味しく面白いボトルでした。

 

COMMENT(0)

この記事を評価するGood6

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

T.Matsuki

ブログ内記事検索

カレンダー

  • 2020年01月
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリから探す

タグ一覧