愉しく酔い人生を!

愉しく酔い人生を!

青森県弘前市にあるBAR BLOCK HOUSEのブログ。

2011.08.10【日記】

弘前カクテルコンペ、打ち合わせ



昨日は2011弘前CCの会場になる旧弘前偕行社で、
レイアウトや必要備品の確認・打ち合わせがありました。

私、生まれも育ちも弘前、高校卒業後約8年間の神奈川暮らしの後、
地元に帰ってすでに9年が経ちます。
そんな35年間の人生で、始めてこの偕行社に入りました。
地元の文化財に意識が向いたのはここ数年の話で、
それまでは偕行社の存在すら知りませんでした(笑)

明治40年(1907年)に弘前を代表する棟梁・堀江佐吉によって造られた、
陸軍第八師団の親睦、厚生施設として将校の社交場や物販などに活用。
平成13年(2001年)4月に国の重要文化財に指定されました。
今回はムード溢れる広間だけではなく、
中庭から偕行社を眺めながらの飲食も楽しんでいただく予定です。

古い建物で国の重要文化財でもあるので色々と不便はありますが、
こんな素敵な建物で『弘前の桜』をテーマにしたカクテルを楽しむ。
もう二度とないかもしれないイベントです!
チケットも順調に売れているようですが
なぜか私の手元にはまだまだ残っています

まだ間に合いますので参加を迷っている方はお申し付け下さい。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2011.07.21【日記】

パンフレット用写真撮影



今日は弘前カクテルコンペのパンフレットに使う写真の撮影がありました。

去年のように全作品1つ1つの便乗撮影ができなかったので、
終わった後でまとめて撮った写真です(笑)

少しずつ、ファイナルに向けて動いてます。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.07.14【お知らせ】

弘前カクテルコンペ、決勝進出者決定!



昨日は弘前カクテルコンペティションの書類審査が行われ、
アマチュア、プロバーテンダー両部門のファイナル進出作品が決定しました。

ではさっそく発表します。


アマチュア部門

花天鷹揚(カテンオウヨウ)      鳴海雄輔さん(弘前市)
Snow Blossom(スノー・ブロッサム) 高橋克徳さん(弘前市)
Quatro Pink(クアトロ・ピンク )  佐原由衣さん(弘前市)
美桜城(ミオウジョウ)        遠藤貴さん(登米市)

プロバーテンダー部門

舞桜(マイザクラ)     柴田輝さん(帯広市、カクテル&ショットバー a・glass)
桜花満天(オウカマンテン) 下野真悠子さん(静岡市、Bar OZ)
はなうた          池田育世さん(大阪市、BAR Hardi)
花霞(ハナガスミ)     金子歩さん(大阪市、Bar Leigh 北新地)


以上各部門4名がファイナルへと進みます。
選出されたみなさん、おめでとうございます!!!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.14【お知らせ】

弘前カクテルコンペ、開催日決定

2011 弘前カクテルコンペティションのお知らせです。

開催日が9月4日、日曜日に決定いたしました。
会場はなんと旧弘前偕行社(きゅうひろさきかいこうしゃ)です!
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyo/bunkazai/kuni/kuni19.html 

 施設の関係上、チケットは250枚程度の限定発売になりそうです。
2008,2009,2010年の様子はホームページでどうぞ。
http://www.hirosaki-cc.com/
 
今年のテーマは『春を喜ぶ弘前城の桜』
第4回目はいよいよ春篇、弘前の名物「桜」の登場です。
光と春風の中で、様々な表情を見せてくれる桜の花。
そんな桜の花のように、私達を笑顔にしてくれる、心を優しく癒してくれる、
素敵な春のカクテルをご応募ください。

詳細は決まり次第報告させていただきますので、
みなさん楽しみにお待ちください!!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.10.14【日記】

写真撮影 in ブロックハウス

撮影中

一昨日(12日)は弘前カクテルコンペティションの写真撮影がありました。
被写体はもちろん私ではなくパンフレット用のカクテルです(笑)

撮影場所はブロックハウスでした。
カメラと三脚はもちろんその他諸々の機材が運び込まれ、
パンフレットを作成するデザイナーさんとの打ち合わせが済むと、
あっという間にカウンターが即席スタジオへと変わってしまいました。

カクテルが注がれたグラスがライトの下に置かれるとサッと出てくるレフ板。
そして細かい設定変更をしながら次々ときられていくシャッター。
・・・便乗してきられる私のカメラのシャッター(笑)

全てのカクテルが撮影を終えてからパソコンで写真の確認をさせていただきましたが、
画面に並んだ数十枚の写真を見て、やはりプロフェッショナルの仕事だなと思いました。
たかがカクテルの写真を撮るだけだろうという人も居るかもしれませんが、
そこにあるのは普段私が撮っている拙い写真とは全く違う物でした。
・・・あたりまえですが(笑)

必要なのは派手な技ではなく磨かれた基礎技術、
奇策が展開されるわけではなく経験から得た確実な知識。
そんなプロフェッショナルの撮影環境で撮らせてもらった私の写真は、
普段撮っている物とは別物のように写っています。
・・・あたりまえですが(涙)


という訳で職権乱用的に撮った各カクテルの写真です。

アマ部門
左からFlamme Bleu、夏夜恋、ジャ・ワ・メギ、唐美人。

アマ部門


プロ部門
左から剛情張太鼓、NEPUTA SOUL、Bravely、雲漢。

プロ部門

ピントとか角度とか何とかの突っ込みは受け付けません(笑)


さあ皆さん、まだまだチケット販売中です!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.10.03【日記】

弘前カクテルコンペ、ファイナル進出者決定!

お待たせしました!!
弘前カクテルコンペティション2010『夜空を焦がす弘前ねぷた篇』、
決勝進出作品が決定しました。

色々なご意見があったらしく今回の書類審査はNBA東北地区本部へお願いすることになり、
昨日届いた結果を弘前で確認・追加審査して全8作品を選出しました。


プロバーテンダー部門

『NEPUTA SOUL(ネプタソウル)』   信原 邦彦さん(神戸市)
『剛情張太鼓(ゴウジョッパリタイコ)』 杉山 裕二さん(東京都)
『雲漢(ウンカン)』          大山 佳子さん(仙台市)
『Bravery(ブレイブリー)』       村上 学さん(札幌市)


アマチュア部門

『夏夜恋(ナツヨコイ)』 三浦 裕香子さん(弘前市)
『ジャ・ワ・メギ』   木村 文美さん(弘前市)
『Flamme Bleu 碧い炎』 小川 哲也さん(弘前市)
『唐美人(カラビジン)』 吉田 俊一さん(川崎市)


以上が10月31日(日)のファイナルに選ばれた作品です。
皆さん当日の試飲審査を楽しみにしてて下さい。

チケットも絶賛販売中です!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.09.03【日記】

チケット完成!

チケット

お待たせしました!
弘前カクテルコンペティション2010のチケットが完成しました!!

大会内容など、詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www.hirosaki-cc.com/


今年も沢山の応募、参加をお待ちしてます。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.08.19【日記】

弘前カクテルコンペティション2010

弘前ネプタ


みなさん、大変長らくお待たせしました!

今年の弘前カクテルコンペの開催日が決定しました!!!

開催会場 / 弘前パークホテル4F
開催日時 / 2010年10月31日(日)
参加料 / 前売りパーティーチケット ¥5000


今回の募集テーマは夜空を焦がす弘前ねぷた。
応募期間は平成22年8月23日(月)から9月26日(日)までです。(締切日必着)

詳細はこちらホームページにてご確認下さい。
http://www.hirosaki-cc.com/


今年も沢山の応募、参加をお待ちしてます!!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.01【日記】

カクテルガイド完成!

弘前カクテルガイド

2010 弘前カクテルガイドが完成し、手元に届きました(数日前ですが)。

今回は2009年の弘前カクテルコンペティション・ファイナル進出作品と、
そのカクテルを提供してくれる16店舗のデータが載っています。

見かけることがあればぜひ手に取り、
パンフレット片手に飲み歩いてみましょう!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.11.30【日記】

弘前カクテル2009 ファイナル

2009ファイナル作品

11月29日(日)に今年の弘前カクテルコンペティション・ファイナル&パーティーが
弘前パークホテルで行われ、
約390人程の来場者の方々に審査員となって頂きグランプリが決定しました。

では各部門グランプリの発表です!!


津軽の雪篇・プロフェッショナル部門

小雪
小雪(コユキ)
作者  木村 堅 (北海道北見市)
レシピ  ルジェ・グリーンアップル    25ml
      ヨーグリート            10ml
      モナン・ポワール・シロップ   5ml
      りんごジュース・樹成完熟   20ml

晩秋の津軽へ冬の訪れを告げる様に、小さな雪達がやさしく空から舞い降りる。
そんな、小雪舞う津軽の風景を、りんごのリキュールとジュースを使って、グラスに表現しました。





津軽の雪篇・アマチュア部門

津軽の白雪姫
津軽の白雪姫(ツガルノシラユキヒメ)
作者  櫻庭 豊 (青森県弘前市)
レシピ  青研葉とらずりんごジュース   35ml
      ニッカアップルブランデー     10ml
      ジャポネ桜             10ml
      レモンジュース           5ml
      パウダーシュガー         スノースタイル

魔法使いの毒りんごを食べて長い眠りについた白雪姫。
津軽の長い冬も日本一の弘前城の桜で眠りから覚める。
それが「津軽の白雪姫」です。






続・日本一の弘前りんご篇

Pomme du Nostalgie
Pomme du Nostalgie(ポム・デュ・ノスタルジー)~郷愁のりんご~
作者  山谷 卓也 (青森県弘前市)
レシピ ルジェ・グリーンアップル            20ml
     ピサン・ガルーダ・グリーン・バナナ    10ml
     サンキスト・グレープフルーツジュース100% 20ml
     フレッシュレモンジュース           10ml
     モナン・グリーンアップル・シロップ      1tsp

古き良き城下町 我が弘前 幼い頃飲んだいつかの味
一口飲んでタオムトラベラー この一杯で郷愁へ~





以上の三作品が今年のグランプリに選ばれました。
おめでとうございます!!!



今年も沢山の方に協力していただき、無事に終えることが出来ました。
そしてパーティー内で発表があったとおり、来年はねぷたをテーマにしたカクテルを募集します。

もう一度言います。
弘前カクテル2010年のテーマはねぷたです!

来年も沢山の応募を、そしてファイナル&パーティーへの参加をお待ちしております。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.10.28【日記】

速報、弘前カクテルコンペティション

皆さん、お待たせしました。

10月25日で今年の弘前カクテルコンペの応募が締め切られました。
そして昨日、書類選考の第一次審査が行われ、
11月29日の最終選考会へ進む10作品が決定しました!!!

それでは結果を発表します(敬称略)。


津軽の雪篇/アマチュア部門

作品名    紅淡雪(ベニアワユキ)
創作者    渡辺恵子(岡山県岡山市)

作品名    氷雪(コオリユキ)
創作者    吉田俊一(神奈川県川崎市)

作品名    津軽の白雪姫(ツガルノシラユキヒメ)
創作者    櫻庭豊(青森県弘前市)

以上3作品。


津軽の雪篇/プロバーテンダー部門

作品名    Hepatica(ヒパティカ)
作品の意味 雪割草
創作者    和田麻里(大阪府大阪市)

作品名    小雪(コユキ)
創作者    木村堅(北海道北見市)

作品名    恋雪(コイユキ)
作品の意味 恋の雪
創作者    遠藤直樹(東京都)

作品名    津軽の雪解け
作品の意味 春の訪れ
創作者    向井畝津子(東京都中野区)

以上4作品。


続・日本一の弘前りんご篇/プロ・アマ・オープン

作品名    ツガル・コスモポリタン
作品の意味 津軽の、弘前ならではのスタンダードカクテルになることを願って。
創作者    小田桐美穂(神奈川県厚木市)

作品名    Pomme du Nostalgie(ポム・デュ・ノスタルジー)
作品の意味 郷愁のりんご
創作者    山谷卓也(青森県弘前市)

作品名    Healing Apple(ヒーリング・アップル)
作品の意味 癒しのりんご
創作者    信原邦彦(兵庫県加古川市)

以上3作品。



この合計10作品が11月29日のファイナルへ進むことに決まりました!
詳しくは数日中に大会ホームページにアップされると思います。
http://www.hirosaki-cc.com/

まずはファイナル進出を決めた皆さん、おめでとうございます!!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.09.19【日記】

チケット完成!!!

今年のチケット

11月29日(日)に行われるカクテルコンペファイナル&パーティーのチケットが出来上がりました。

弘前カクテルコンペティション

今年のテーマは『津軽の雪篇』と『続・日本一の弘前りんご篇』です。
カクテルコンペティション決勝戦 17:00~start
カクテルパーティー 18:00~open
会場 弘前パークホテル 4F
前売りパーティーチケット ¥5000(限定500枚)


チケット取り扱い店はホームページでご確認ください。
http://www.hirosaki-cc.com/

もちろんブロックハウスでも扱ってます!!


引き続きカクテルの募集もしてますのでどしどしご応募ください。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.09.12【日記】

2009弘前カクテルコンペ、ポスター完成!

ポスター

今年の弘前カクテルコンペティションのポスターが完成しました!!

今年のテーマは『津軽の雪篇』『続・日本一の弘前りんご篇』
津軽の雪篇はプロ・アマ別部門、りんご篇はオープンでの募集で、
応募締切は10月25日(日)の当日必着になっています。

詳しくは大会ホームページをご覧下さい。
http://www.hirosaki-cc.com


今年は太宰生誕100年の年です。
小説『津軽』の冒頭で紹介されている津軽に降る七種類の雪。
『津軽の雪篇』では新たに八種類目の雪をカクテルで表現していただきます。

カクテルコンペティションのファイナルは11月29日(日)の17時から、
その後18時からがカクテルパーティーで、チケットは5000円(500枚限定)です。


今年も沢山の応募、参加をお待ちしてます!!!
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2009.07.15【日記】

2009 弘前カクテルコンペ、第一回委員会

今日は弘前市立観光館で、
【「弘前感交劇場」カクテルの街推進委員会】の今年度最初の委員会が開かれ、
前年度の事業報告及び収支決算についての報告や今年度案の報告、
それについての質問や意見の交換が行われました。

今回募集するカクテルは『津軽の雪』をテーマにした作品をプロ・アマそれぞれの部門と、
毎年継続して募集される『りんご』(プロ・アマ混合)をテーマにした作品の2種類です。

去年と同じく詳細はこれからホームページで随時発表されますので、
見逃さないようにチェックしてください。

http://www.hirosaki-cc.com/index.html

今年も素晴らしいコンペティションになるように、
皆さんのご協力をお願いいたします!!!


会議の終盤は弘前カクテルの話から内容が深くなり、
私にとってはとても勉強になる時間でした。

もちろん私などが口を挟めるレベルではなくただ聞いていただけですけど(笑)

もしそこで出された話が実現されれば、
今年のパーティーは去年とは一味違う形になるかもしれません。


なにはともあれ、

今年も沢山の応募をお待ちしてます!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.09.18【日記】

結果発表です。

受賞者の皆さん

お待たせしました。
弘前カクテルコンペティションの結果を発表したいと思います!


まずはプロフェッショナル部門

グランプリ
作品名 アップル・ロード
作者   新井洋史 (足利市・Bar 猫又屋)

準グランプリ
作品名  ~りんご街道・夢街道~ りんご小町
作者   関花代 (福岡市・バー サヴォイ)


そして残念ながら入賞は逃しましたが、
ファイナルに進んだ残りの2作品がこちらです。

作品名 Pomm d''or 
作者   中嶋孝広 (大阪市・Dinning&Bar Beso)

作品名 弘前ジェンヌ ~美しい人~
作者   引屋敷進矢 (立川市・bar noctorne)


続いてアマチュア部門です。

グランプリ
作品名 初恋
作者   須谷優子 (神奈川県開成町)

準グランプリ
作品名 Adam''s Apple ”アダムの林檎”
作者   相馬雅之 (青森県弘前市)


そして惜しくも入賞を逃しましたが、ファイナルに残ったのはこの3作品です。

ルージュ・ブーケ ”紅い香”(青森県弘前市)
リンゴスター(宮城県仙台市)
秋想い(青森県弘前市)


受賞者の皆さん、おめでとうございます!!


もっと詳しい事は大会ホームページで近々発表されると思います。
その頃にでもまた詳しく書かせていただきます。

何か焦らしてるみたいですみません(笑)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.09.16【日記】

弘前カクテルコンペティション、無事終了!!

会場

9月14日の日曜日、ついに弘前カクテルコンペの最終審査が行われました。

審査方法は二次審査と同じく来場者による投票という形で、
お客様によるグランプリ・準グランプリの選出でした。

結果などの詳しい情報は数日中に改めて報告させて下さい。

まずは皆様のおかげで無事にイベントが終了しましたという報告の為に
記事を投稿させていただきました。

ご協力くださった皆さん、参加・応援してくださった皆さん、
本当に有難う御座いました!!!


そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。


さて、今回無事に第一回の弘前カクテルコンペが終わったわけです。
第一回が終わったという事は、もちろん第二回があるわけです(笑)

では発表します。
来年行われる第二回弘前カクテルの募集テーマは

【津軽の雪】

です。

勿論アマチュア・プロフェッショナル両部門の募集です。
そしてプロ・アマの部門無しで【日本一の弘前りんご】も募集します。

今年は全部で110作品の応募がありました。
来年はこれを越える数の作品が寄せられる事を楽しみにしています!!
COMMENT(3)
この記事を評価するGood

2008.08.27【日記】

チケット発売中!!

パーティーチケット

いよいよ近づいてきました。

9月14日はカクテルパーティーの日です。

そして弘前カクテルコンペティションの最終選考会も行われます。
今回も二次審査と同じく、会場に来てくださったお客様による試飲・投票という形で、
プロ部門とアマチュア部門の各グランプリを選出していただきます。

当日のタイムスケジュールは、

17時00分 弘前カクテルコンペ最終選考会・試飲開始。
18時00分 パーティー及び結果発表。
20時00分 パーティー終了。

の予定となっております。


チケットも順調に売れていますが、まだ数に余裕があります。
販売店はホームページに掲載されています。

http://www.hirosaki-cc.com/index.html

皆さんと会場でお会いできるのを楽しみにしております~。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.08.10【日記】

弘前カクテルコンペティション、途中経過

二次審査会場

今日は弘前観光館・多目的ホールで弘前カクテルコンペの第二次審査が行なわれました。

16種類のカクテルを作らなければいけないので、
青森市や三沢市からも応援に来ていただき、
15人のバーテンダーによって試飲作品が作られました。

エントリーされたのは次の16作品です。


プロフェッショナル部門

No.1 アップルロード
No.2 りんご小町
No.3 弘前ジェンヌ
No.4 弘前雪明り
No.5 Pomme Sienne
No.6 POMME ROI
No.7 りんごちゃん
No.8 Pomme D''or


アマチュア部門

No.1 秋想い
No.2 リンゴスター
No.3 林檎のつぼみ
No.4 Adam''s Apple 
No.5 キング・オブ・アップル
No.6 ルートピース
No.7 ルージュ・ブーケ
No.8 初恋


以上の中から各部門4作品ずつが最終選考に進みます。

カクテル

会場にはマスコミの方々も来てました。

テレビ局はRABさんとATVさん。
新聞社は東奥日報さん、陸奥新報さん、読売新聞さん。

RABさんは12日、ATVさんは14日にそれぞれ夕方のニュースで特集してくださるそうです。


さて、審査の結果です。
最終選考に残った作品は次の8作品です!!

プロフェッショナル部門

No.1 アップルロード
No.2 りんご小町
No.3 弘前ジェンヌ
No.8 Pomme D''or

アマチュア部門

No.1 秋想い
No.2 リンゴスター
No.4 Adam''s Apple
No.7 ルージュ・ブーケ
No.8 初恋

・・・・9作品ですね(笑)

アマチュア部門は同点で4位の作品が2つあり、
審議の結果、両作品とも最終選考に進む事になりました。

9月14日には創作者の皆様に会場に来ていただく予定です。
楽しい最終選考会&パーティーになると思います!!!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.08.03【日記】

弘前カクテルコンペ 一次審査終了

一次審査の風景

弘前CCのオリジナルカクテルが7月31日の消印有効で締め切られ、
昨日は一次審査の書類選考が行われました。

選考にあたったのは日本バーテンダー協会青森支部会員で、
弘前市内で勤務する7人のバーテンダーです。

厳正なる審査の結果選ばれたプロ・アマ各部門の8作品が
8月10日に行われる二次審査へと進む事になりました。


募集をかけてからしばらくは応募作品の数が伸びずに少し不安になりましたが、
いざ書類選考の日になってみるとプロ・アマ合わせて100通以上の応募があり、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、選ばれた16作品の名前や製作者ですが、
まだ明かさない事にします。

二次審査が一般の方による試飲・投票という形なので、
地元びいきな票の取りまとめなどがあるといけませんからね(笑)


では二次審査の告知をさせていただきます。

日時    8月10日(日)、16時から開始。
場所    弘前観光館多目的ホール。
審査方法 一般のお客様による試飲審査(先着150名様を予定、参加無料)。


二次審査は当日会場に来てくださった方による試飲審査です。
テーマである『日本一の弘前りんご』にふさわしいと思うカクテルを
地元弘前市民の投票によって選出します(パーティー当日の最終審査も同じ方式です)。

最終審査に残るのはプロ・アマ共に4作品ずつ。
皆さんの投票によって選ばれた各4作品がファイナルに進みます。

県内の他の地域や他県からの参加も勿論可能ですが、
どうせなら9月14日のパーティーの方へ来ていただきたいと思います(笑)

チケット取扱店はホームページに掲載されています。
http://www.hirosaki-cc.com/index.html

そして地元の方で当日時間がある方は是非弘前観光館へ足をはこんで
ファイナリストを選ぶ審査員として参加して下さい。

参加は無料となっています。

もう一度言います。
二次審査の参加は無料です!!!(笑)

沢山のご来場をお待ちしております。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2008.07.25【日記】

チケット完成!!

カクテルパーティーのチケットが出来上がって手元に届きました。
チケット取扱店はホームページでご確認下さい。

http://www.hirosaki-cc.com/index.html

オリジナルカクテルの募集も期限が迫ってきました。
7月31日消印有効なのでまだ駆け込み応募が可能ですよ(笑)

募集が終わると先ずは書類審査。
そして8月10日(日)の第二次審査へ進む作品が決定します。

第二次審査は一般のお客様による試飲審査です。
先着150名に試飲・投票していただいてファイナル進出作品を決定します。
審査の参加は無料なので地元の方は是非参加して下さい。

弘前観光館多目的ホールにて午後4時から開始です。
当日会場でもチケットを販売します。

皆さんのご来場をお待ちしております!!



余談です。



サントリーさんのウイスキーボイス32号にちょこっと載せていただきました。
手元にある方はもう一度見て下さい(笑)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR BLOCK HOUSE

ブログ内記事検索

  • 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧