愉しく酔い人生を!

愉しく酔い人生を!

青森県弘前市にあるBAR BLOCK HOUSEのブログ。

2012.08.09【お酒のレビュー】

オーヘントッシャン 18年





The maltman  Auchentoshan 1993 18years
ザ・モルトマン オーヘントッシャン 1993 18年

フレッシュ、ほのかにチョコレートのような甘い香り。
味わいはナッツ、バニラや穀物。
フィニッシュは温かくスムース。



香りは爽やかでありながらコクのある甘さを感じます。
上品なビターチョコといえばいいでしょうか?
舌にのせると爽やかでフワフワとした甘さがあり、
すぐにサラサラと広がって舌にしっとりと残り、
フワっとした甘さが口中に広がっています。
舌の上の余韻は長く続かず広がりながら引いていきました。
私の個人的感想として、最後に残ったのはやはり上品なビターチョコです(笑)

1tspの加水で香りも味も甘さの柔らかい部分が延び、
1対1の加水で香りにはレモンピールのような爽やかさが現れ、
味全体が柔らかくまとまってとても飲みやすくなりました。
ソーダで1対1にしたらこれまた甘く飲みやすく、
とても爽やかになりました。

ローランドモルトを買ったのは久しぶりですが、
やっぱりこのタイプも美味しいなと改めて感じました。


オーヘントッシャン

西ローランドにあるクラシックなローランドの蒸留所。3回蒸留にこだわり、ボディもフレーバーもライトだが、決して風味に欠けることはない。マイケル・ジャクソン氏が「オーヘントッシャンはソニー・ロリンズではなくスタン・ゲッツである。」と、2人のジャズ・サックス奏者を例に説明しているが、これはジャズを聴く人にわかりやすい表現だと思う。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

BAR BLOCK HOUSE

ブログ内記事検索

  • 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧