whiskycat1494

シングルモルトの魅力を伝える昭和町の小さなバー

2022.06.12【日記】

アイル・オブ・アラン

コニャニャチハ〜・・・美味しいウイスキーをご紹介する猫バー専属バイヤー参段ですう~ん・・・アイランズ


という事で皆様に美味しいアラン島のシングルモルトをご紹介します


さてそれでは早速!



ャン!

写真左より
アラン12年(1500円)
アラン21年(2500円)



入荷!!
 

アラン マスターオブディスティリングⅡ 12 年は、ジェームズ・マクタガートのマスターディスティラー12 周年を記念してリリースした特別なアランです。バーボンバレルで熟成後、実際にボデガのソレラシステムで50 年以上使用されていたパロ・コルタドのシェリーカスクで追熟した12 年熟成。
 カスクストレングスでボトリングしました。パッケージのジェームズ・マクタガードの写真は007 のポスターを模したユニークなものとなっています。
 グラスに注ぐと、果肉たっぷりのマーマレードやマンゴー、桃のフルーティなアロマに奥の方から干し草やダンネージ式ウェアハウスの少し土っぽい香りが立ち上がります。口に含むと、チョコレート、オレンジの甘みに、ソレラシステムで使用されたシェリー樽ならではのマッシュルームのような独特のフレーバー、シェリーの酸味が複雑に混ざり合います。
 極めて希少な樽で熟成された個性豊かなアランを是非お楽しみください。
色:ゴールド
香り:マーマレード、マンゴー、桃、ジンジャー、干し草、ダンネージ式ウェアハウス、潮気
味:チョコレート、オレンジ、シトラス、バターを塗ったライ麦パン、リンゴ



アラン1996 シェリーパンチョンは21年熟成で、シングルカスク、カスクストレングスのボトリング。色は輝かしいゴールド。香りはシロップ漬けのオレンジピール、ドライアプリコットなどの柔らかいフルーツのアロマにローストしたクルミのような香ばしいウッディさ、かすかにリコリスやナツメグのアクセント。口当たりはシルクのようで、ビスコッティと紅茶に始まり、パイナップルや黄桃などのジューシーかつ上品でさわやかな甘み。次第にオーク、シナモンやクローブなどのスパイスが現れます。フィニッシュはラム酒をたっぷりと使った渋皮栗のモンブランの長い余韻が心地よく続きます。
21年熟成は日本入荷品の中で最長熟となりますので、是非この機会に熟成されたアランの味わいをお楽しみください。アラン蒸溜所は1995年にアラン島に160年ぶりに復活した蒸溜所です。同蒸溜所は独立資本のため、ブレンド用の原酒づくりがメインではなく、シングルモルトとして飲むためのウイスキーをつくっている数少ない蒸溜所でもあります。また小型の4基(2対)の蒸溜器で丁寧に蒸溜を行っています。


その他詳しい事はわかりませんが詳細につきましてはググッて頂くか店頭で猫マスターにお尋ね下さい


いずれもアイルオブアラン蒸溜所のその実力を存分に感じ取れるグッドドラム


ウイスキーは個人の趣味嗜好に大きく左右される嗜好品ですが猫マスターが美味しいと言うウイスキーは本当に美味いのか?


こればっかりは・・・

飲んでみなけりゃわからない!


これはとにかく一杯飲んどかないと



それでは今宵の猫バーでお待ち申し上げております
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2
  • チェック

プロフィール

BARwhiskycat1494

ブログ内記事検索

  • 2022年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

  • 2022.08.12

ぽん酢37年

  • 2022.08.11

食っちゃ寝

  • 2022.08.10

52年

  • 2022.08.09

酷暑

  • 2022.08.08

今月のウイスキーフープ

カテゴリから探す

タグ一覧