whiskycat1494

シングルモルトの魅力を伝える昭和町の小さなバー

2019.08.17【日記】

英国王室御用達

コニャニャチハ〜・・・美味しいボトルをご紹介する猫バー専属バイヤー参段ですう~ん・・・ハイランド


という事で皆様に美味しいハイランドのシングルモルトをご紹介します



さてそれでは早速!



ジャン!

ロイヤルブラックラ18年(2500円)




入荷!

このロイヤルブラックラ18年とは・・・

信濃屋さんのHPより抜粋的コピペ↓

 総ボトリング数210本限定販売
HUNTER LAING OMC×SHINANOYA 6th

After noon Green tea.



HUNTER LAING OMC
ROYAL BRACKLA [1998] 18yo
BOURBON BARREL HL13076
FOR SHINANOYA

700ml/56.5%vol.
-------------------------------------------
 歴史ある大御所ボトラー・旧ダグラスレイン社の元共同代表スチュワート・レイン氏が二人の息子(長男スコット氏、次男アンドリュー氏)、更には長年旧ダグラスレイン社を支えたスタッフらと共に2013年に新たに立ち上げたハンターレイン社。
 旧ダグラスレイン社の時代から主力ブランドとして長く愛される「オールド・モルト・カスク」を看板シリーズとして継承。
 今日においては膨大なストックから厳選された質の高いボトリングは、世界中の免税マーケットでも数多く取り扱われており、蒸留所オフィシャルボトリングに次ぐと言っても過言ではないブランド価値を構築しています。 















 

左:弊社・秋本
中央:スコット・レイン氏
右:弊社スピリッツバイヤー・北梶

 今回選ばれたのは、信濃屋プライベートボトリングでは初となるロイヤル ブラックラ蒸留所の原酒。
 1812年創業、1833年にはイギリス王ウィリアム4世によって「ロイヤル」の称号を得、蒸留所として初のロイヤルワラント(王室御用達の勅許状)が授けられたロイヤル ブラックラ。
当時、ブレンデッド用モルトとして扱われあまり知られなくなっていましたが、現在ではオフィシャルのみならずボトラーズのシングルカスクボトリングも増え注目度が増しております。
節目の18年熟成を迎えた伝統のハイランダーをご堪能下さい。

---Tasting Note ---
【香り】蜂蜜、バニラ、樹脂、もみ殻やマッシュ、徐々にフルーツキャンディーの香り。
【味わい】口に含むと、メイプルシロップ、オリーブから柑橘の皮、砂糖漬けの果物、干し柿やモンブラン、緑茶、僅かにスモーキー。
【フィニッシュ】フィニッシュは心地良く長く、林檎ジュースやアメリカンチェリー、リコリス、ジンジャー、ややドライで僅かにメンソールが漂う。
【コメント】昼食後に楽しむお茶菓子と緑茶、そんな味わいが連想される興味深いロイヤル ブラックラ。
(Tasted by  弊社スピリッツバイヤー 北梶)
---------------------------------
 



その他詳しい事はわかりませんが詳細につきましてはググッて頂くか店頭で猫マスターにお尋ね下さい


甘くミンティーな爽やかさがあるこのブラックラの気品のあるフルーティさは英国王室でアフターヌーンティーを楽しんでいるかのようなグッドドラム



ウイスキーは個人の趣味嗜好に大きく左右される嗜好品ですが猫マスターが美味しいと言うウイスキーは本当に美味いのか?


こればっかりは・・・
飲んでみなけりゃわからない!


これはとにかく一杯飲んどかないと



それでは今宵の猫バーでお待ち申し上げております

 
   
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

プロフィール

BARwhiskycat1494

ブログ内記事検索

  • 2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧