whiskycat1494

シングルモルトの魅力を伝える昭和町の小さなバー

2018.08.11【日記】

慣れた仕事も注意が必要

こんにちは。折り畳み自転車の収納作業中、部品と部品に挟まれて
血豆ができてしまったのですが、その血豆の血を抜く根性が無い大介です。
どんな作業であっても慣れが事故を呼んでしまうのだと痛感しました。

特に、仕事中は果物ナイフやアイスピックなどを扱うことも多いので、
より一層注意していこうと思います。

それでは、今宵も猫バーにてお待ちしております。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2007.01.17【日記】

ウイスキーキャット?

 昨日仕事を終え帰ってきてTVをつけると猫虐待犯人逮捕のニュースをみのもんたが伝えていた。ずっと見ていたのだがとてつもない憤りを覚えた。言葉なき弱者を虐待する卑劣な行為。僕が裁判官なら極刑に処す!
 そんな事を考えているとチャン太がナァォーと言って手をガブッと噛んできた。何すんねん!と思いご飯入れをみると空になっていた。ごめん、ごめん・・。ご飯をやるとそれにはあまり口をつけずに擦り寄ってきた。最近忙しくてあまり相手してやってへんから寂しがってんなかなぁと後ろめたい気持ちにさせられた。

 店名の由来でも書いたのですが僕は猫をこよなく愛している。店名にもなったウイスキーキャット。しかし、うちの猫、チャン太は残念ながらウイスキーキャットになる資質はない。まず怖がり、来客時のチャイムの音で怯える・・。ベランダのハトを見ても逃げ出す・・。そして、僕がベッドで寝酒のモルトを飲んでいる時テーブルに置いたモルトの入ったグラスの香りを嗅いでアンモニアを感じるのか絶対にそのグラスにトイレ後の砂をかける動作を繰り返す・・。それが我が家のウイスキーキャットです(笑)
 僕は子供の頃から動物は大好きでした。よく犬や猫を拾ってきて親を困らせていました。そんな僕がチャン太を飼う事になったのは、訳あって僕が19歳の頃に一人暮らしを始めてマンションを借りた頃。
 黒門市場の堺筋に面した所に一軒のペットショップがある。そこを歩いていると、「生後三ヶ月。雑種の子猫もらって下さい」と書かれた札とともに、かごに入った一匹の茶トラの子猫が居た。はじめは犬が飼いたかったのですがやはりマンションだと無理がある。猫ももちろん好きだった。猫なら飼える!そう考えながら見ているとか細い声で「ニャ~」。一目惚れをして一緒に家に帰った。 
 そのマンションは動物の飼育は禁止されていたのですがこっそり黙って飼っていた。しばらくして管理人さんに見られてヤバイと思った次の瞬間「あら!可愛い顔した猫ちゃんねぇ」との言葉。ほっと胸をなでおろした。始めは手のひらサイズの小さな子猫。10年少し経った今は体重5.5キロの老猫。飼い始めた時より10年経った今、10倍の愛情がある。
 この10年間、嬉しい時も悲しい時も、笑っている時泣いている時、孤独にさいなまれ一人部屋でふさぎ込んでいた時も、いつでも傍で何も言わずそっと僕を見守り続けてくれた。長期旅行には行けなかったりするし、いたずらをしたりしてたまに腹の立つこともあるけど、僕にはかけがえのない相棒であり、家族です。そんなチャン太が大好きだから猫がつくウイスキーキャットと言う店名にこだわった。動物を可愛いからと飼う事は余りにも容易である、責任を持って生涯をまっとうさせて見守ってあげると言うのはたやすい事ではない。しかしそれがペットを飼うと言う事だと思う。おもちゃのように捨てたりする人がいると言うのが信じられないし許せない!

チャン太へ 最近あまり構ってやれなくてごめんね・・・。これからも長生きしてね!一緒に幸せな日々を過ごそうね。(親バカですいません。)
COMMENT(5)
この記事を評価するGood

2006.12.21【日記】

店名の由来



whiskycat1494という店名の由来


 単純に言うと僕がウイスキーと猫が好きだからです。僕はモルトウイスキーが大好きで、チャン太と言う猫と暮らし始めて早10年。そして1494とはスコッチウイスキーの誕生した年であり、スコッチ文化研究所に入っている僕の会員NOでもあります。 全国にwhiskycatと言う店はいくつかあると思い、後ろに1494と言う数字をつけました。
 その昔スコットランドの蒸留所では、ウイスキーの原料となる穀物を大量に貯蔵していることからネズミの天国となっていた。その為、蒸留所ではネズミ対策として猫を飼っていました。それがウイスキーキャットです。その中でもグレンタレット蒸留所の「タウザー」はギネスブックが公認する世界一の猫である。彼女が24年間の生涯のうちに捕らえたネズミはなんと2万8899匹!驚くべき数字である。うちのチャン太にそんな能力はないが・・・。また1494と言う数字は僕がスコッチ文化研究所に入った時、会員証のNOを見ると「1494」だった。なんか4と9が多い嫌な番号やなぁとずっと思っていました。そしてウイスキーエキスパートの受験勉強をしていると、テキストの中の歴史のページに「1494年に修道士ジョンコーに8ボルのモルトを与えアクアヴィテをつくらしむ」と言う記述があり、スコッチウイスキーの誕生の年と知って初めは嫌やなぁと思っていた数字が急に嬉しくなりました。
 そんな経緯があって「whiskycat1494」と言う店名に決定しました。
COMMENT(8)
この記事を評価するGood3

プロフィール

BARwhiskycat1494

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

  • 2019.10.16

職業病?

  • 2019.10.15

産地直送

  • 2019.10.14

3歩進んで2歩下がる

  • 2019.10.13

ジャケ買い1位

  • 2019.10.12

台風接近

カテゴリから探す

タグ一覧