whiskycat1494

シングルモルトの魅力を伝える昭和町の小さなバー

2020.09.25【日記】

カリラ1980

コニャニャチハ〜・・・美味しいボトルをご紹介する猫バー専属バイヤー参段ですう~ん・・・ちょい古

という事で皆様に美味しいちょい古ボトルをご紹介致します


さてそれでは早速!

 
ジャン!

カリラ1980(3900円)
 

入荷!!

これは10年ほど前に発売されたカリラの28年物です


クリエイティブ・ウイスキー社より、モルトの品質はもちろん、樽の特性にまでも注目して創り上げた全く新しいシリーズを、ご紹介致します。
CW社エクスクルーシヴカスク
オーナーのデイヴィッド・スターク氏は「モルトウイスキーガイド」などを執筆し、「ウイスキーマガジン」誌のテイスティング部門のパネラーとして、数々のウイスキーのテイスティング及び評価をしてきました。
彼がこだわる徹底したテイスティングから生み出される高品質に、お手頃な価格がベストマッチして、「エクスクルーシヴ・モルツ」は、日本市場はもとより、海外の市場でも順調に販売を伸ばしています。


この新シリーズ「エクスクルーシヴ・カスク」は、今までよりも、樽の種類にこだわって、特別な樽を選び出し、フィニッシュをかけて仕上げたシリーズなのです。


今回ご紹介のカリラは、フレッシュアメリカンオークバレルで、約3ヶ月間フィニッシュをかけたものです。
アメリカ産オークは、フレンチオークなどと比べると、ヴァニラや木の影響がより強くウイスキーに反映されるため、若いモルトでもウッディな感じを出せる、という特徴に注目してフィニッシュにこの樽を選びました。


カリラ1980/28年

香りはとてもリッチで、タール、オークと燃えたピート、オイリーかつスパイシー。味は重厚で粘っこく、焦げたトーストとオーク、強力なピート。フィニッシュは長くてオイリーで豊かなピートが長く続く。


その他詳しい事はわかりませんが詳細につきましてはググッて頂くか店頭で猫マスターにお尋ね下さい


このカリラはリッチでヘビーなピートとタールを感じる、ビッグでパワフルでオイリーな重厚感が顕著ですが、その奥に潜んでいるフルーツが魅力的な長熟80年代カリラの味わいを堪能できるグッドドラムsurprise


ウイスキーは個人の趣味嗜好に大きく左右される嗜好品ですが猫マスターが美味しいと言うウイスキーは本当に美味いのか?


こればっかりは・・・
飲んでみなけりゃわからない!


これはとにかく一杯飲んどかないと



それでは今宵の猫バーでお待ち申し上げております
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

BARwhiskycat1494

ブログ内記事検索

  • 2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

  • 2020.10.25

園芸熱

  • 2020.10.24

追憶ボトル60

  • 2020.10.23

4倍

  • 2020.10.22

求人

  • 2020.10.21

産地直送

カテゴリから探す

タグ一覧