タムデューの酒日記 "Unpeated Style"

静岡市の「禁煙のウイスキー専門店まつもると」店主の日記です。

2017.04.28【日記】

十人十色

週明けに3軒目の不動産屋さんと面談するタムデューです。
うーん、とにかく家賃。

評判のいい不動産屋産なので期待してます。

昨日は街に用があったので、用事を済ませてそのまま酒場へ。
行ってみたかったビアハウスでクラフトビールを2杯ほど。
ピーテッドエールなるものを初体験しました。

本当にピーティ。。。ということで苦手です。

さらに行きつけの居酒屋さんでお造りに日本酒などをシバき、
いつものバーへいこうかと歩を進めていたところ、ふと思い立ちました。
行きつけバーのすぐ近くに新しいお店ができていたので、
そこへ行ってみようと。

公園の前の路面店で、ファサードはガラス張り。
店内照明も結構明るい。
そしてスコッチがそこそこの数あって、焼酎やら日本酒の瓶も見える。

マスターはご年配の優しそうなおじさま。
聞けば、退職金で自宅ガレージを改装し、最近オープンしたのだとか。

ここのお店の特徴としては、スコッチブレンデッドとそのキーモルトとなる
モルトウイスキーを同時に供し、その関連性を探ってもらうという飲み方を
オススメしているところ。


(スミマセン。モルトだけ頂きました。)

さらにお酒を増やしていくそうで、「あと20年続けますからね」とのこと。
あのお年で20年先のことを考えているなんて、素晴らしいなと。

「自宅だし、半分道楽ですよ」と笑うマスターに、「そういうのは言わないほうがいい」
と苦言を呈されるお客さんもいらっしゃるそうですが、自分は全然構わないと思います。
「バーとはこうあるべき」という固定観念にとらわれず、
いろんなお店があって良いし、その違いを楽しんだらいいんじゃね?と思ってます。

酔った勢いで「自分もお店をしたいと思ってるんですが」と白状したら
カウンターの中からバックヤードまで見学させてくれて、
深夜酒類提供許可を警察に取りに行ったときのエピソードなども教えてくれました。

3軒目で多少酔っていたので、次回はぜひ酔う前にお邪魔して
色々とお話を聞いてみようと思います。

以上、なんだか少し励まされた気がしたタムデューでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2017.03.21【日記】

甲州・信州お酒の旅(1)

2泊3日で旅行に行ってきたタムデューです。
うーん、また散財。。。

白州のwebサイトで新ツアー「STORY OF HAKUSHU」が始まることを偶然見つけ、
ならばついでに松本ブルワリーとマルス信州蒸留所も行ってしまえということで
3連休を使って巡ってきました。

あ、自分は半永久的に連休中でした。

静岡から特急で甲府、さらに特急に乗り換えて小淵沢。
小淵沢駅からは無料シャトルバスで白州蒸留所へ。

先に買い物を済ませ、有料試飲でウォーミングアップ。

白州18年と蒸留所限定シングルモルトを。
18年はシェリー感が強いような気が。ピートも結構。
限定モルトは優しい麦の味わいで好みなタイプ。

そんなことをしている間に見学スタートの時間。
ガイドさんは金色のスティルバッヂが胸に輝くウイスキープロフェッショナルの方。
「今回が記念すべき1回目です」とのことで、これで山崎と白州両蒸留所の
新ツアー初回に参加できたという、ちょっとレアな人材になれました。
(他にもいたのかな?)

まずはセミナールームで白州のムービーを視聴。
セミナールームがある棟は昔の蒸留棟だったそうな。
よく写真で観たことあるこの通路を通ってセミナールームへ入ります。


そして場内見学。内容は一般ツアーと同じ。
再びセミナールームに戻って、試飲タイム。

・ホワイトオーク原酒
・ライトリーピーテッド原酒
・ヘビリーピーテッド原酒
・白州×2杯

でした。
さらに併設レストランの料理長考案の特製おつまみが提供されるという太っ腹。
(ちなみに山崎は乾き物でした)

またコレが美味い!

原酒テイスティングの感想は割愛しときます。
なんせピートばっかりだったので。。。
(ゴメンナサイ、残しました。)

無事セミナーが終わり、再びシャトルバスで小淵沢駅へ。
静岡には戻らず鈍行で松本を目指します。

駅前のホテルに荷物を置いて、松本ブルワリーさんのタップルームへ。

オーサムペールエールを1杯頂きました。
お客さんたちとの会話も弾んで、次に行く店を紹介してもらい
そこでもまたクラフトビールを2杯ほど。
京都醸造の「冬眠からの目覚め」がかなり美味かった!

さらにさらにバーを2軒ハシゴして完全に泥酔。
完全に肝臓のキャパオーバーで辛い朝を迎えることになるタムデューでした。

■関連付けられた情報

白州蒸留所(白州蒸留所)
この記事を評価するGood1

2017.02.26【日記】

祝 7周年

フットサル部の飲み会の後に、モルトをシバキまくって二日酔いなタムデューです。
ぐぅ、、、調子に乗りすぎた...。

そんなわけで昨日はフットサルチームの新年会だったのですが、
少し早めに家を出てウイスキーを探しに。

ベンリアック12年のシェリーカスクが終売になったとのことで、
市場在庫限りで終了だそうです。
繁華街の業務用酒販店に入ったら1本あったので、即購入。

早々に手に入って時間が余ったので、久しぶりに「gravity」さんへ伺うことに。
ガラス張りの路面店でノーチャージなので、時間合わせにふらっと入りやすいお店です。
さらに静岡では数少ない禁煙バーです。

お会計時に「7周年記念なのでくじを引いてください」と。
お店のオリジナルバッグを頂いてしまいました。
1杯で1,000円に満たない金額で、さらにバッグまでもらってしまうなんて。(汗)

早速、仕入れたばかりのベンリアックを入れて飲み会へ向かいました。
このバッグ、厚手でしっかりしていてこれから重宝しそうです。

何ヶ月に一度しかお邪魔しない上に、いつも1杯でスミマセン。
またお邪魔します。7周年、おめでとうございます。

以上、静岡にも禁煙バーが増えたら嬉しいなと思っているタムデューでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2017.02.23【日記】

祝 10周年

無事に確定申告を済ませたタムデューです。
90分待って相談は5分でした。

だいぶ記事にするのが遅れましたが、去る2月7日は静岡の名店、
「BAR OZ.(バー オンス)」さんの10周年でした。

無職なので平日も気兼ねなく飲みにいけるため、当日にお邪魔しました。
ご常連の先輩方はすでに仕上がっておられました。(笑)
お店のご厚意でスパークリングワインを頂いた後、モルトをシバきました。



ロングモーン、グレントファース、秩父を。
トファースはピート香がするウイスキーだと再認識。

モルトの話はおいといて、もう10年経ちましたか。
本当に色々なことを教えてもらって、足を向けては寝れない状態です。
一緒に飲みに連れてってもらった事もありました。
それなのに恩を仇で返そうとしている不届き物がここにいるわけでして...。

もう人前で師匠と呼ぶわけにはいきませんが、
これからも心の中では師と仰がせていただきます。

改めて10周年おめでとうございます。
すでに今から20周年を祝える日を心待ちにしています。

以上、このお店で何回か泣きそうになったことがあるタムデューでした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2017.02.12【日記】

7泊8日の関西研修 7日目

3週間ぶりにフットサルに行ったら膝が痛いタムデューです。
完治は難しいそうで、アイシングしながら騙し騙しプレーしてます。

関西遠征記も残すところあと2日。
大阪に来て以来、ひたすら飲み続けていたので少し体をいたわろうと
温泉に行くことにしました。
有馬温泉に行くには少し時間がなかったので、宝塚へ。
駅前の温泉施設でゆったり。820円でタオル付きは安いね。

その後、牧落の「箕面ビールWARE HOUSE」を訪ねました。実は2度目。
1杯目は「じゃばらピルス」を。
ほんのり柑橘が香るけれども、グレープフルーツのようなわかりやすい
香りではなくて、もっと繊細な香り。


2杯目は「バレルエイジ・インペリアルスタウト」。
イチローズ・モルトの樽で12ヶ月寝かせたビールなのだとか。


なんてこった!!
こんなに美味いビールを飲んだのは初めて。
ビール飲んでうっとりする経験なんてしたことなかった。
言葉で表現すると安っぽくなるけど、
「バニラが香る高級コーヒーゼリーを液体にした」
って感じ。

大阪来てから驚くことばかり。
そんな感動に浸っていたら、フットサルのキャプテンが出張で大阪にいて
帰りの新幹線まで軽く飲めることになったので、大急ぎで新大阪へ。

キャプテンと合流して軽く(?)飲んで食べていい気分に。
静岡人が静岡人を新大阪の改札で見送るという不思議な儀式を済ませ、
向かった先はやっぱり牛舎(BAR PARADISさん)。

軽くモルトをシバいて、大阪最後の酒はこれ!


何年か前から全然減ってないタムデュー。(笑)
ほぼ専用と化しているこのボトル、香りが開いて恐ろしく良くなってる。
タムデューにこんな華やかな一面があったなんて。

いよいよ翌日は帰る日なので、大阪ラストナイト。
ラストナイトをタムデューで締める、タムデュー大好きなタムデューでした。
この記事を評価するGood2

2017.02.11【日記】

7泊8日の関西研修 6日目

安い正体不明のウイスキーを飲んだら、めまいがしたタムデューです。
何入ってんねん...これ。

この日もゆっくりとホテルを出発。
地下鉄駅で乗り放題切符を買い、今福・蒲生・鴫野の古戦場巡り。
そして森ノ宮へ移動して、真田丸の跡地巡り。(すでに3回目くらい)

なんやかんやでうろうろして、時間つぶしに難波へ。
わなかでたこ焼きなんぞを頬張って、待ち人からの連絡を待つ。
待ち人から連絡が来て、西大橋で合流。

待ち人と言ったって何のことはない、うしますなんだけど。(笑)
西長堀の「MARCA - Cafe & Beer Factory」さんを訪問。
静岡で新しいブリュワーさんが出来たと話を聞き、うしますを誘って訪問。
そこに先日の知多研修でご一緒させていただいたご夫婦も合流して、
しばし楽しい時間を。

評判の高いチョコビールが売り切れだったのは残念。(でも静岡で飲んだ)

ご夫婦より先においとまして、うしますは自分のお店へ。
自分は長堀橋の「sparkling&whisky kokomi」さんへ。
kokomiのマスターなので、通称ここます。
ここますとはなんとなく考え方が似てる気がします。
色々とお話を聞いていただいて、少し気が楽になりました。

続いて先日に引き続き2度目の「speak easy Re:fill」さんへ。
ここで天と地がひっくり返るくらいの体験を。
その筋では名高い'76トマーティンと'75ベンリアックを。

なんじゃこりゃ!
ベンリアックのピーチ感は前にも経験したことがあるけど、段違い。
そしてトマーティンのパッションフルーツ感は未経験。
こんなウイスキーがあるのか...。

この日はもうどこにも寄らずに幸せなまま帰ることにしました。
ちなみにここのマスターは通称えだます。

うします、ねこます、ここます、えだますと大阪のマスターを
みんな〇〇ますと呼んでしまうタムデューでした。
この記事を評価するGood3

2017.02.10【日記】

7泊8日の関西研修 5日目

確定申告の申告書を作ってみたタムデューです。
サラリーマン時代の所得申告なのでいたって簡単でした。

しつこくもまだまだ続きます、関西遠征日記。

この日は河内方面、天王寺方面で史跡めぐり。
曇りな上に小雨に降られて体が冷え冷え。

夕方になってお初天神通りの串カツ屋さんで、少しエネルギー補給。
ホテルで少し休んで、徒歩で天満方面へ。

天満駅近くの天神橋筋商店街の裏通り、雑然とした路地を抜け
禁煙バーの「天井桟敷」さんへ。
以前に一度お邪魔して、自分の理想の店だと感銘を受けたお店。
禁煙でスタンダードなモルト中心で、1人か2人客のみがターゲットでした。

今はオーナーさんは同じですが、新しい店長さんがお店を切り盛り。
ウイスキー以外のお酒や、多少のお料理なども出しておられます。
でも禁煙と団体様お断りは堅持。女性一人でも安心して入店できます。

まずはフレンチハイボールを。
コニャックの濃い目ハイボールにオレンジピールで香り付け。
いい香りで、鼻がスッキリしたところで、噂の桃鉄ボトルを。

こちらのお店のオーナーさんと、富山のシングルモルト通販
「モルトヤマ」さんのコラボボトル。
中身はグレンバーギーの24年。
香りに華やかさもありつつ、自分の好きなしみじみ感もあって
非常にいいボトル。

「地味モルトが好きな男に何か選んでください」という
面倒な注文をお願いし、バーボンのコーナー・クリークを。
...バーボンに対するイメージ変わった、これ。

勝手ながらバーボンって、木樽を直接かじっているような気がして
あまり得意ではなかったのですが、これは違う。
甘いバニラ香と柔らかな飲み口。
これはモルト飲みにも受けるバーボンではなかろうかと。
大変勉強になりました。

続いて靱公園の南にある「BAR TSUBAME」さんへ。
さすが人気店だけあって、大入り満員。
何とかカウンターに1席だけ空きがあったので、そこへ。

1杯目は伊達のソーダ割り。
宮城県限定なのに、結構あっちこっちで見かけるのはなぜだろう。(笑)

マスターがボトルをカウンターに置いたら「これ何ですか?」とお隣の女性。
聞けば近くに住んでいて、この日が始めての来店だとか。
そこから少しウイスキーのお話などを。

2杯目はタムデュー。ここはタムデューを置いててくれる貴重なバー。
お隣の女性に少し試飲してもらったらば、ものすごくお気に召していただけたようで。
さらにそこからウイスキー談義...というか自分が一方的に知識のひけらかし。
マスターがてんてこ舞いだったので、代わりに解説したということにしといてください。(←面倒くさい客)
興味を持って色々聞いてくれてありがとうございます。

ウイスキーは飲まないこともないけど、特別好きではなかったそうで。
でもタムデューの美味さに感動されて「また来て、絶対これ頼みます!」と。
なんかもうタムデュー好き冥利に尽きるというか、嬉しいですな。frown

おそらくまたお目にかかる機会は無いと思いますが、素敵な出会いに感激して
ホテルへの帰路に着いたタムデューでした。


あ、帰り道でかすうどん食べちゃった...。ぶひ。
この記事を評価するGood

2017.02.09【日記】

7泊8日の関西研修 4日目

そろそろ確定申告をしなくてはいけないタムデューです。
国税庁のホームページで設問答える形で申告書が作れるそうな。

関西研修も4日目。
この日はレンタカーを借りて淡路島へ。
生まれて初めて海の外に出ました。
うまれーてーはーじめーてー♪ (c)アナ雪

資料館やら洲本城をみて、ついこのホテルを写真に。

ほてるにゅーうあーわーじー♪

北淡町で野島断層保存館も見学しつつ、明石海峡大橋が一望できる
温泉施設で昼ごはん+露天風呂。
また来よう。淡路島。

レンタカーを返し、三ノ宮に移動して説明不要の有名店
「メインモルト」さんでハイボールと地味シリーズを。
ハイボールのウイスキー、フェイマスからジェムソンに変えたそうです。

・ディーンストン(70年代)
・ストラスアイラ(旧ボトル)
・ジェムソン12年(免税店向け)

ついつい長居をしたくなってしまいますが、
大阪まで帰らねばならないのでこれでおいとま。

梅田に戻ってからもう1軒お邪魔して、いい気分でホテル到着。
やっと旅の折り返しなのに、肝臓が気になってきたタムデューでした。
この記事を評価するGood1

2017.02.08【日記】

7泊8日の関西研修 3日目

なじみのお店の10周年をお祝いしに行き、泥酔したタムデューです。
タクシーで帰るつもりじゃなかったのに...。

さて、関西遠征の3日目。とても暖かな日。
昼間は八尾方面の史跡めぐりで6~7kmくらいのウォーキング。

駅前ビルに戻ってとりあえず居酒屋さんで、ビールとハイボール。
ホテルに戻って一休み。

この日のバーめぐりは天満から。
昨日、猫マスに紹介してもらった「バー ネムリ」さんへ。
お綺麗な女性が一人でやっておられるお店。
喫茶店としての利用もOKなようです。
ウイスキープロフェッショナルにも挑戦されるウイスキー好きなご店主。
アラン推しとのことで、アランを。

はー、落ち着く。いいお店。。。

この後の約束があったので、2杯でおいとま。
また大阪に行くことがあれば寄らせていただきたいです。

天満を後にして、3日連続で牛舎へ。
昨夜の新年会にいらしてた方が、秘蔵モルトを持ってきてくださるとのことで。
詳細は言えないのですが、かなり美味い1杯でした。

翌日に車の運転が控えているため、この日はこれで打ち止め。
ホテルの蛍光灯の紐はそっと引いて消したタムデューでした。
この記事を評価するGood2

2017.02.07【日記】

7泊8日の関西研修 2日目

今日はこれからよく行くバーの10周年をお祝いしに行くタムデューです。
自分だったら10年はおろか、10日が限界な気がします。

さてさて、大阪遠征2日目。
この日は夕方から「BAR PARADIS」さんの新年会にお邪魔する予定。

初めてお会いする方々と、うします特製海鮮鍋をつつきながら楽しいひと時。
魚はコブダイ、ハマチ、アブラボウズ、黒ムツ。
お酒はスパークリングワイン、ウイスキー各種に日本酒も手酌で。

少し早めにおいとまして、長堀橋へ。
同い年のマスターが営む「speak easy Re:fill」さんへ。
扉に看板がないので、開けて違ったらどないしよかと。(笑)
話しているうちにいい感じになってきて、勢いでもう1軒行ってしまうことに。

もはやこちらは説明不要。昭和町の猫バーこと「BAR whiskycat1494」さん。
タムデューからの、プレミアムウイスキーセットで釜飯締め。



完全に酔ったよ。(笑)
気が大きくなって、猫マスに今後のことを相談してみたり、
猫バーインスパイアでやらせてくださいとお願いしてみたり。
もっと冷静にお話しする予定でしたが、完全に舞い上がりました。

なんだか色々と励まされちゃいました。
酔っ払って大変失礼しました。ありがとうございました。
自分のしたいことをしようと思った夜でした。

2日目は徘徊はこれで終わり。
ホテルに戻って蛍光灯の紐を引いたら、照明ユニットが全部落ちてくる
ハプニングに遭遇したタムデューでした。
この記事を評価するGood2

2017.02.06【日記】

7泊8日の関西研修 初日

7泊8日で大阪に宿を取り、しこたまモルトをシバいてきたタムデューです。
無職万歳。(こら)

大阪で行きたい酒場に行きまくってきたので、
その様子を日ごとにレポしていきたいと思います。
まずは初日編。

旅の始まりは山崎蒸留所の見学。
この日からスタートする「THE STORY OF YAMAZAKI」という新ツアーに参加。
名誉ある(?)第一回参加者になりました。

自分が1枠、前職の後輩が2枠確保していたのですが、後輩はキャンセル。
手放すのがもったいなかったので、「うします」ことお初天神近くの
「BAR PARADIS」のマスターにお知り合いの方と共に代理で参加していただきました。

最初にセミナールームでビデオを。
続いていつもの行程見学。
最後にまたセミナールームで試飲。

試飲は5杯。

・ホワイトオーク樽原酒
・シェリー樽原酒
・ミズナラ樽原酒
・山崎12年×2杯

です。
なんとミズナラ樽原酒が振舞われるという太っ腹。(参加費2,000円)

自分のテイスティングメモ帳には

・ホワイトオーク
→ りんご、乳酸、麦、時間経過でさらにモルト

・シェリー
→ エグみのない上品なシェリー、レーズン、ビターチョコ、加水で崩れ

・ミズナラ
→ ミルク、クリーム、少し青い、甘い、キャラメル、加水で辛み

・山崎12年
→ まずバニラ、次にシェリー、ミルク感少し

と書き残されておりました。
ミズナラの香木感を感じるためにはもう少し修行が必要な模様。

山崎蒸留所を後にして向かったのは新大阪の「ONE SHOT BAR KEITH」さん。
前職の大阪勤務時にお邪魔して、以後はFacebookでの繋がり。
ナギサビール、チェリーウイスキー、秩父とフィッシュ&チップスを頂いてお腹いっぱい。

ホテルは東梅田の安宿。荷物を置いたら駅前ビルへ。
「BAR OPENDOOR B2」さんも以前から時々伺っているお店。
ヒノキのフレーバーが出たウォッカを使ったカクテルが美味でした。
新築の家の香り。(笑)

だいぶいい感じに出来上がりましたが、もう1軒。
前述のうしますのところへ。
箕面ビールの「ゆずホ和イト」とグレンフィデック2種飲み比べ。
かねてより興味があったIPAカスク、そしてバーボンバレルリザーブ。

・IPAカスク
→ イチゴ、フレッシュフルーツ、バニラ

・バーボンバレルリザーブ
→ カレー粉、駅前ビル地下のカレー屋、グレープフルーツ

完全に酔ってます。(笑)

初日から飛ばしすぎで、ペロンペロンになってホテルへ。
翌日以降もバー巡りは続く...。

■関連付けられた情報

山崎蒸留所(山崎蒸留所)
この記事を評価するGood2

2016.09.13【日記】

松本ブルワリータップルーム訪問

最近、温泉っていいんじゃね?と思い始めてきたタムデューです。
まだ有馬温泉と美ケ原温泉しか行ったことないですが。

以前の予告通り、信州松本へ行ってきました。
目的は松本城!ではなく、松本ブルワリーさんのタップルームで
クラフトビールを飲んでくること。

静岡から車で松本へ。ホテルの駐車場に車を置いたら、とりあえず松本城へ。
台風一過で晴天。黒の天守と青空の対比が素敵。

きっと休日は混むんだろうなぁ...。

見学を終えたら、お待ちかねの松本ブルワリー。
松本城からは歩いて10分圏内です。

twitterで「松本行くぞ宣言」していたので、タップルームのおねぇさまに
すぐに気づいていただけて、しばし楽しいお話をしながら...

くぴくぴ

もう1杯

くぴくぴ

もう1杯

くぴくぴ

最後にボトルも1本

くぴくぴ

気が付けば1時間近く長居して、4種類いただきました。

・Pure Blonde Ale
・Traditional Bitter
・Smart Wheat
・Castle Stout

だったかな?どれも美味い。
そしてまたタップルームのおねぇさま方お二人が、話し上手で聞き上手。

長野県限定ウイスキーの「信州」を買って帰ろうかと思ってる、と話したら
近くの酒屋さんに在庫確認までしてくれる親切さ。
ありがたや、ありがたや。

ビール4杯で多少千鳥足になりながら、電話してもらった酒屋さんで「信州」ゲット。
ホテルに戻って少し休憩してから、また夜の街へ。


居酒屋さんで松本名物「山賊焼き」を食べた後、松本で一番有名なバーへ。
ここのオーナーさん=松本ブルワリーの社長さんなのです。
訪問日はカウンターに入っていらしたので、軽くご挨拶を。

さすがに人気のバーで、カウンター満席。
モルトをシバいていたら、隣に座ったうら若き女性から「何飲んでるんですか?」
と声をかけられ、そこから話が弾んで楽しい時間を。

名古屋出身で松本に転勤になったとのこと。
ウイスキーおすすめしたらば、「初めて飲んだけど美味しい!」と。
これがきっかけでウイスキーファンになってくれれば本望。

はたから見れば酔っ払いオヤジが若い女の子に絡んでるだけのような気もしつつ、
ウイスキー布教活動を実施してきました。
(迷惑だったらごめんなさい)

松本に泊まるのは初めてだったけど、とてもいい街!
飯が美味いし、酒も美味い。
絶対にまた行こう。今度は何人かで。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.01.13【日記】

大阪バー巡り

去年に引き続き、正月明け3連休で関西旅行。
お酒関係のネタはここに書きたいと思います。

初日に山崎の蒸留所見学。
平日のお昼というのに見学者多数。
空いているときにガイドのおねーさんに色々聞きながら
回ってみたいなと思ったり。

有料試飲では山崎ニューポットと知多ニューメイクを。
山崎ニューポット美味すぎ。
このまま売れるし、売ってほしい。
かなり出来のいい麦焼酎。

夜は大阪のバーを2軒ほど。
まずはお初天神の「牛バー」。
夕飯食べずに行って、色々飲み食いさせてもらいました。
お酒5杯にヒレステーキ、鯨ベーコン。
美味かった。メッチャ楽しい時間でした。



箕面ビールに道灌という日本酒、タムデューにタリスカーに、あと何やったかいな?
最後に江井ヶ嶋5年も頂いて泥酔です。

2軒目は駅前ビルのBar O.D B2さんへ。
(掲載許可もらってないので一応伏字)

1年ぶり3度目のお伺いで、前回はロクにお話もできなかったのに
座るや否や「お久しぶりです」と。
さすがですなぁ。
ウォッカ・トニックとジェムソン12yを頂いておいとま。
いつも大入りで、お忙しそうです。


2日目の夜は昭和町の「猫バー」へ。
1年ぶり2度目のお伺いなのに覚えていてくださったとは感激。
タムデューの注文で記憶が紐づいたとのことでした。
記憶をたどるのにもタムデューは便利なツールです。(笑)
ホワイトホース・ハイボールの後にタムデューとタムナヴーリンやったかな?



本当はもっとモルトをシバキ倒してみたかったんですが、
あと2軒行きたかったので、早々においとま。
お店のコースターたくさんもらいました。ありがとうございます。

2件目は長堀橋のBar Hさんへ。
ここも1年ぶり2度目のお伺い。

前回、「タムデューはあるんですが、罰ゲームのように不味いんで出してないんですよ」と
言われていたアイテムが気になって、それを飲ませてもらいました。
GMのタムデューで1968 - 2010でしたっけ?

んー、でもそんなに不味くない。ってか、むしろ美味い。
後味が完全にタムデューの麦芽感。
硫黄臭に耐性があるみたい(鈍感なだけ)で、においは全然気にならず。
続いてロッホサイドとグレングラッサを。

先客は先ほど猫バーでも一緒だった方。
マスターとの掛け合いが楽しかったです。
いわく、「牛バー、猫バーと来たら、ここは蛇バーでしょ」だそうで。
蛇バー、ぜひまたお邪魔したいと思います。

最後は同じビルにあるPさんへ。
ここは初めて。

1つを除いて全蒸留所のボトルが揃ってるんだそうな。
この日2杯目のタムデューと、、、忘れた。
相当回ってましたので。(汗)


どこもいいお店でした。
今年中にもう一回、大阪行こ!
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2013.01.14【日記】

大阪バーめぐり(2日目)

前の晩に引き続き大阪のバーめぐり。

の前に、博物館めぐり。仁徳天皇陵にも行ってきました。
合わない靴で難波もウロウロしたので、足が限界。
心斎橋へ痛い足を引きずって歩いていきました。

掲載承諾をお尋ねしなかったので伏字にしときます。

BAR S さん。

昨晩の猫マスがミナミのO女史として絶賛されているバーテンドレスさんが
やられているお店。
ちょっとわかりにくい入り口でしたが、勘はいいほうなので探し当てて入店。

おぉ...入り口に至るまでのビルの雰囲気とギャップが。。。
凛とした雰囲気と言うのでしょうか。
すばらしい空気感のお店です。

そして猫マス絶賛のO女史、確かにお美しい。
白がよくお似合いの素敵なマスターです。
(相当お若い。。。たぶん俺と同じくらいか??)

・ウォッカトニック
・ストラスアイラ
・ローズバンク12年

を頂きました。
店名の由来にもなっている一番の売り物ボトルを前にして
「ピートは全くダメです」
とかのたまって大変申し訳ありません。

最後に何とか猫マスからのご伝言もお伝えできました。
「ついにお客さん使うようになりましたか...。」
と笑っておられました。


続いては長堀橋のHさんへ。
こちらもなかなか重厚なつくりのバーでした。

マスターは一見強面に映ったんですが、お話をすると気のいい方。
いろいろなことをご存知です。

・アンノック1996 ハイボール
・タムデュー 

でした。
タムデューの詳細は写真にて。



泥酔するわけには行かなかったので、2杯でおいとましました。
肝臓に余裕があるときに再訪したいです。


最後はHさんにご紹介いただいたO.Cさん。
おぉっ、ベンローマックの品揃えがすごい!

3人でやられていたんですが、ここもいい雰囲気のバーです。

・トマーティン ハイボール
・リトルミル21年 ウイスキーエージェンシー

を頂きました。
こちらも肝臓に余裕があればじっくりゆっくりお邪魔したいバーでした。


心斎橋からホテルのある梅田へ。
大阪らしいものを何一つ食べてなかったので、たこ焼き屋さんでたこやき&ビール。
いやー、大阪は女の子がかわいいなぁ。(何の話やねん)
美味かったのでテイクアウトしてホテルでチューハイとともに。

そしてまたまたバタンキュー。
体はしんどいけど、心は大満足な2日間でした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.01.14【日記】

大阪バーめぐり(初日)

まいど。TAMDHUだす。
儲かってまっか?

大阪弁に勝手な先入観を持つタムデューです。
(ごめんなさい)

年末の出勤を振り替えて4連休になったので旅に出てきました。
福知山で城を見て、大阪で飲み倒して、奈良で初詣という贅沢コース。
大阪でのバーめぐりのことを書いておこうと思います。

ウスケバユーザなら知らぬ人はいない、「猫バー」の愛称でおなじみの
whiskycat1494さんへお邪魔しました。
どうしても行ってみたくて。どんなお店なのか、どんなマスターなのか興味津々。
ホテルを出て、地下鉄に乗って天王寺を過ぎて昭和町まで。

なかなかいい趣の商店街っぽいのですが、夜なのでほとんどシャッターが閉まってる。
その先にちょっとだけ明るい灯が...。
店の前の樽、猫のOPEN看板。ここだ。
扉を開けると階段。知っていたので、あわてず騒がず静かに登る。

カウンターのみの静かなお店。
マスターは...あれ、若い。なぎら〇壱じゃない。
そして物静か。なぜか自分より緊張している感じ。(人見知りらしいです)
ブログとのギャップに驚きながら何杯か頂きました。

・山崎ノン・エイジ ハイボール
・タムデュー16年 ソサエティ
・ベンリアック1976
・ローズバンク21年
・釜飯ことアイリッシュコーヒー

タムデュー美味い。タムデューはやっぱりタムデュー。
ベンリアックはピーチ!!
ローズバンクは個人的にはさわやかなフラボノイド系の感じがしました。
そしてかの有名な釜飯。美味い。てか、普段飲まないから新鮮。

猫マスは最初から最後まで大変恐縮しておられました。
誰に対しても丁寧な接客姿勢でウイスキー愛を感じました。
お勧めバーの情報を教えてもらっておいとましました。

また大阪に行った際にはぜひ寄らせていただきたいです。


続いて梅田に戻り、駅前ビルの中のバーへ。
3年前に一度お邪魔したことがあって、バーテンドレスさんから
有岡城の情報を教えてもらいました。

・ウォッカトニック
・カヴァラン

穏やかにウイスキーを、と言ったらなんと台湾のカヴァランが。
これも飲み飽きないいいお酒ですね。

さすが金曜の夜ということで、お忙しそうだったので3年前のお礼を申し上げられませんでした。
こちらもまた寄りたいお店かな。


最後は例によって牛バーさんへ。
こちらも約3年ぶりの訪問。
合言葉は「タムデューありますか?」(笑)

いただいたのものは写真にて。



・タムデュー エクスクルーシヴモルツ
・オールドプルトニーリキュール
・トマーティン

えー、詳細忘れた。(笑)
この時点で結構回っております。

牛マスは本当に何でもお詳しいですね。
博識とはこういう方のことを言うんだろうなぁと。
まだ2回しか会ってないのに昔からの知り合いのような感覚です。
今度はぜひゆっくり行きたいです。


さすがにこれだけ飲むといくら人並みに飲める人間とは言え、
ホテルに帰ってバタンキューです。

翌日も大阪観光&バーめぐり。
それは次の記事で。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.01.16【日記】

Bar Rowan

こないだココのマスターと
「ネットで検索しても全然お店の情報でてこないんだよねぇ」
という話になり、

「じゃ、さしあたって俺んトコに記事書いとくから」ってことで
実名登場の許可をもらいましたので、紹介します。


そもそもココに通い始めたのは上司がキッカケ。
このお店は今のマスター、寺崎さんで数代目。
以前は別の名前で別の方がお店をされてました。

僕が新人だった頃、上司に連れられて
生まれて初めてバーに入ったのがこのお店。
もちろんその頃は別の方が別の名前でお店をされてました。

それから時は流れ、僕が立派な(?)飲んだくれになって
再訪してみたらば寺崎さんがお店をされていて、
「あれ?ここって以前は違う店でしたよね?」
というのが事の始まり。

寺崎さんとは比較的歳が近く、話もしやすかったので
その後何度か通ううちに仲良くなり、今に至ります。


実はタムデュー、というかウイスキーを知ったのはここ、Rowanで。
「ウイスキー飲んでみたいんだけど」って相談して何回か飲んでいくうちに
どんどんハマってしまい、タムデューを紹介されてからはすっかり虜に。
確か当時のタムデューは「10年」表記があったやつだったと記憶してますが
とにかく好みにぴったり合った。

なので、私タムデューの原点とも言えるバーなのです。


寺崎さんは本当に気さくな方で、一時期は2人でよく営業終了後に
飲みに行ってました。
色々と人も紹介してもらったりして、自分の視野は広くなったかな。
いろんなきっかけを作ってもらえたことに感謝、感謝です。


お店はロングカウンターのみ。
照明はやや暗めで落ち着いた雰囲気。
でも団体さんも受け入れてくれるので気楽に使えます。

今は大変お美しい奥様と二人で切り盛りされております。
ご結婚される前からお会いしておりますが、こちらの奥様は
話し上手、聞き上手、優しくにこやかな癒し系美人でございます。

うーん、結局美人のいる店についつい通ってしまうタムデューでした。



話に取り止めがなさ過ぎますが、まずは気軽に訪ねてみてください。
お値段は非常にリーズナブルですよ~。






Bar Rowan (バー・ローワン)

静岡市葵区昭和町3-9 星ビル2階
17:00~2:00

日曜定休(土・日・月3連休のときは月曜が休み)

COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.05.03【日記】

泥酔警報発令

こちらは   広報   静岡です。

静岡市   中部に   発令されていた

泥酔客封じ警報は   解除されました。



昨夜も泥酔。
名古屋時代も含め、史上最多の5軒ハシゴ。

とりあえず備忘録。



N.Aさん。
ウスケバで書いてたプルトニーが飲みたくて。

・ドランブイソーダ
・オールド・プルトニー(12y ちょい前ボトル)

やっぱプルトニー好きだ。
結構しっかり塩気が感じられるので、絶対に好みじゃないはずなんだけど
なぜかプルトニーは好き。
スペシャルな感じはしないけど、なぜかとても心地イイ。

アミューズはハギスを選ばせていただきました。
実は初ハギス。
よくウィスキーのお供にハギスって聞くけど、どんな食べ物なんだろうと
ずっと思っていたので、嬉しくいただきました。

羊の内臓料理なので好みがバッサリ別れるとのこと。
本当はもっと癖が強いのだそうな。(多分そうだろうと思う)
「だいぶ食べやすくしてあるので、ハギス"風"ですね。」
とは相変わらずお美しい奥方様の談。



昨夜は「普段あまり行かない店を回ろう」ツアーだったので
2軒目はBar L.Rさんへ。
3年ぶりくらいかなぁ。
過去に2,3回しか行ったことないのに良く覚えててくれたなぁと。
(しかも昨夜はいつもと違ってヒゲ面だったのに)

マスターIさんの作るスクリュードライバーに感激して以来、
酒場巡りに目覚めたので、やはりスクリュードライバーを。

・ブラッドオレンジのスクリュードライバー
・クラガンモア(10y 1999 エクスクルーシヴ・レンジ)

スピリタスで作っておられました。
普段フルーツカクテルはあまり飲まないのですが、
ココのスクリュードライバーと、師匠の柿はお気に入り。

クラガンモアも美味い。
洋ナシバニラカスタードタルトの香りがします。(どんな表現だ。)
樽感とシェリー感もしっかりしてます。



続いてお初のBさんへ。
以前鷹匠でやっておられた頃に師匠に連れてってもらったことがあります。
ちなみにマスターと同姓です。
場所柄でしょうか、客層は若干セレブ感の漂う女性が多いような。
汚い格好と面で伺ってしまい、申し訳ないです。

・グレンターナー21y

ヴァテッドなんですが、何が入ってるかはわからないですとのこと。
確かに突出した何かがあるわけではなく、まろやかで穏やか。
こういう感じのほうが好みなのでこれは嬉しい。



最後に師匠の所へ...と思ったんですが、少し冷えたので
B.Rさんに寄り道して、ホットドランブイ。

あったまってから師匠の所でフェイマス水割り。
うん、泥酔状態で飲めばピート感は気にならず。
お通しのスパニッシュオムレツ美味~。
一目見ただけだけどM子さんカワイイ~♪(完全に酔っ払いオヤジ)


後半3軒は売り上げに貢献できずにスミマセン。
とりあえず連休中のバー・ホッピングはこれにて終了。

連休明けからは客封じも通常営業となりますので
ご注意ください。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.05【日記】

大阪バー巡り

劇団四季と戦国マニアなタムデューです。
関西方面へ旅に出てきました。

初日は大阪で四季のウィキッドを観て、一泊。
夜は梅田界隈で飲んだくれ。
そして翌日は兵庫県内の城巡りという
マニアックな旅をしてまいりました。

ここでは大阪の夜のことなどを。


本町のホテルからぶらぶら歩きながら北上。
気がつけば徒歩40分ほど。(笑)
(知らない街をあてもなく歩くの好きなんです)
梅田へ。

大きな通りで看板が出ていたので飛び込みで入店。
イケメンのバーテンダーさんがやってるお店でした。
ウォッカトニックをいただきました。


続いて、大阪に行くなら絶対に寄ろうと決めていた
「PARADIS」さんへ。
そう、かの有名な赤枝騎士さんのお店。
いつもコメントいただいているので、
どんな方なんだろうとの興味も半分。

「タムデューありますか?」の一言で
全て悟っていただいたようで。。。(笑)

さすがにお詳しい。
次から次へと観たことのないものが出てきて
色々見せていただいて、3銘柄いただきました。

・グレンゴイン17年
・あかし
・オーヘントッシャン21年(1975)



グレンゴイン、美味い。。。
香りがたまらんです。

あかし、ちょっと変わった味わい。
某キリスト教会のサイトを良く見るせいか、最初「証し」と
読んでしまって、ハテ??となってしまいました。
「証し」じゃなくて「明石」ね。
アイラとか島系に通じるものがあるような風味。

オーヘントッシャン、うまー。。。
香りが良くて味濃厚。
木のぬくもりが伝わってきます。

お酒のこと、旅に出たときのことなど楽しくお話を伺って
あっという間の2時間でした。


最後に地下鉄の駅を目指しがてら、バーナビで見つけて
昼間にちょっと前を通って気になっていたお店。

扉を開けるとなんと若い女性の方がお2人。
申し訳ない言い方ですが、女性2人ってのは珍しいような気が。

そちらでも楽しくお話させていただいて、2杯ほど。

・アラン シェリー・カスク
・白州蒸留所秘蔵モルト



今までに飲んだアランはちょっとライトな印象だったんですが
これは比較的濃厚で好み。

驚いたのは白州。僕は白州が苦手。
かつて師匠のお店で一度だけ頼むも最後まで飲めなかったお酒。
ところが、この白州はめっちゃくちゃ美味かった。
ピート香無し。香り華やか、味ちょい甘め。
白州のイメージが根底からひっくり返りました。
すげぇ。。。

ちなみにこちらのお店の従業員の方から「有岡城」のことを
教えていただき、翌日予定変更して行ってしまいました。
城にまで詳しいとは...。大阪侮れん。(笑)

あ、いつもの通り申し添えますが、最後のお店。
マスターも従業員の方もお若い上にかなりの美人さんでありました。
うーむ、我ながら美人のいるお店に対する嗅覚はなかなか。

大阪、いい街だぁ...。


翌日、昼ごろまで喉の渇きと頭痛が辛かったです。。。(飲みすぎ)
COMMENT(7)
この記事を評価するGood

2010.03.17【日記】

粋饗庵

静岡への帰任が決まり、今週限りで名古屋を
離れることになりました。

この話が決まってからどうしても行きたかったお店。
伏見にある粋饗庵さん。

名古屋に来てすぐの頃によく行っていた
YOSHINO BARさんの姉妹店。
YOSHINO BARでチーフとして腕を振るわれていたYさんが
店長を務めておられます。


ダイニングバーとのことだったので
「一人でお酒だけでもいいのかな?」
との躊躇があり、なかなか行けなかったのですが
最後だからと思いきってお邪魔してみました。

カウンター10数席と4人掛けテーブル1つ。
一人でもぜんぜんOKな感じでした。

Yさんは覚えていてくれて顔を見るなり「お久しぶりです~」と。


思えばYさんと初めてお会いしたのはもちろんYOSHINO BARだったのですが、
初めて話したときに「私の知人にソックリなんです」と言われました。
何でもあまりに似すぎてて僕が入店した瞬間に「抜き打ちで来たの!?」と
非常に驚かれたんだそうです。

Yさんは浜松のご出身。
同じ静岡人ということで名古屋に行ったばかりで全然知り合いのいない
僕にとっては唯一、話がしやすかった方です。
急に仕事が入って行けなくなったミュージカルのチケットを
引き取ってくださる方を探していただいたりと大変お世話なりました。

着席すると

「どうしましょうか?タムデューありますよ、うち。」

と好みも覚えていてくれました。


1杯目にタムデュー、2杯目にグレンゴイン21yを頂きました。
...やっぱタムデューが一番いい。(笑)


小一時間ほどでしたが、久しぶりにYさんに
お会いできて嬉しかったです。

さあこれで今週末、静岡に帰ります。
(YOSHINO BARのT店長にも挨拶しとこっかな~。)


DINING BAR 粋饗庵

名古屋市中区錦・・・住所聞き忘れた。(汗)
(伏見通の静岡銀行の1ブロック東、角から2軒目のビルの地下1F、伏見通沿い)

24:00閉店
ランチ営業アリ


なお、Y店長は僕よりお若いのにとてもしっかりされた方で、
清潔感溢れる美人だということも申し添えておきます。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.02.13【日記】

静岡の夜はアイリッシュ・コーヒー

昨夜は静岡で。
自分は休みだったけど、世間は平日。
狭い街だけに仕事の関係の方に
ばったり遭遇したりして参りました。

H.Gさん。
B.Rさん。
OZ.さん。
とお伺いしまして最後に寄ったのがこちら。

http://barnoage.usukeba.com/

ウスケバブログの先輩、BAR NO''AGEさん。

他で色々飲んだので最後に甘めのものを。


グレン・ファークラスのオールドボトルをお勧めいただきました。
シェリー香がたまらんですなぁ。
ぶどうのいい香りがふわーっと広がります。


そしてこちらはいつもアミューズが絶品。
昨晩は「羊肉のチリコンカーン」でした。
う、うまー。。。ちょっとピリッとしてお肉と豆の
ナイスコンビネーション。
レタスの千切りが乗せられているのがなんともニクい。
おかわり必至です。(深夜だったのでガマンしました。。。)


そしてメニューの中で目をを引かれた一品。
「アイリッシュ・コーヒー カプチーノ仕立て」

!!!

苦い、けど甘い、でもやっぱ苦い。そして美味い。
アイリッシュコーヒーは初めて飲んだんですが、
これはたまらん。

幸せ。。。



半年に一度行くか行かないかで申し訳なし。
またお邪魔します。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

タムデュー

ブログ内記事検索

  • 2020年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧