呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2013.02.25【日記】

在庫『ウソ800本』88 ジョニーウォーカー プラチナム

やっぱりプラチナの方がゴールドより上なのでしょうね。


プラチナラベル
昨年11.21発売

世界No.1スコッチウイスキーの「ジョニーウォーカー」ブランドから
「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」
「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」を新発売

「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」商品画像 「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」商品画像
新しくウィンドウが開きます:高解像度画像
新しくウィンドウが開きます:高解像度画像

 キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)は、ディアジオplc(本社:英国ロンドン、CEO:ポール・ウォルシュ)が所有し、世界No.1スコッチウイスキーとして圧倒的な支持をいただいている「ジョニーウォーカー」ブランドから、「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」を11月21日より新発売します。

  • ※2011年「IMPACT」誌、発表数字による。

 「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」は、創業者一族であるウォーカー家が、親しい友人や仲間など特別なお客様だけに提供していた“プライベートブレンド”ウイスキーに、マスターブレンダーであるジム・ビバレッジ氏が、貴重な貯蔵庫から選び抜かれた18年以上熟成のシングルモルトとグレンウイスキーをブレンドさせ、生まれました。
 味覚は、18年以上熟成された原酒からつくられた、甘さとエレガントさとスモーキーさが絶妙なバランスを保ち、深く、リッチでありながらスムースな味わいに仕上がっています。
 パッケージは、“プラチナム”という、その名の通り、貴重で高価なプラチナのように、重厚感のあるデザインとしました。

 「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」は、1820年の創業以来、7つの世代を超えて脈々と受け継がれてきた、「ジョニーウォーカー」のブレンド技術を称えて、現在のマスターブレンダーがつくり上げたプレミアムなウイスキーです。
 味覚は、華やかさの後に、スモーキーさの余韻が残り、力強く華やかでありながらスムースな味わいに仕上げました。
 パッケージは、“ゴールド”という名前らしく、華やかなデザインを採用しています。

 1909年にイギリスで誕生した「ジョニーウォーカー」は、世界でもっとも愛飲されている、スコッチウイスキーブランドです。「四角いボトル」「斜めに貼られたラベル」「ストライディングマン(闊歩する英国紳士)」の視覚的特長の斬新さや、その奥深い味わいをお客様に支持いただき、1920年にはすでに世界120カ国で販売されるなど、グローバルブランドの先駆けとして、現在も世界のスコッチウイスキー市場を牽引しています。

 キリングループは、「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」商品概要

1. 商品名 「ジョニーウォーカー プラチナムラベル18年」
2. 発売地域 全国
3. 発売日 2012年11月21日
4. 容量/入り数 700ml/6本入り
5. 価格 オープン価格
6. 商品特長  
  【味覚】 甘さとエレガントさとスモーキーさが絶妙なバランスを保ち、深く、リッチでありながらスムースな味わい。
  【パッケージ】 「ジョニーウォーカー」の特長ともいえる、「四角形のボトル」「斜め24度に貼られたラベル」はそのままに、“プラチナム”という、その名の通り、貴重で高価なプラチナのように、重厚感のあるデザイン。
  【アルコール度数】 40%
  【カテゴリー】 ウイスキー(ブレンデッドスコッチウイスキー)
  【原産国・原産地域】 イギリス・スコットランド
  【製造元】 ジョン ウォーカー アンド サンズ社
  【輸入販売元】 ディアジオ社
7. 販売予定数 300ケース(9L換算)
8. おすすめの飲み方 ストレートやロック。

「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」商品概要

1. 商品名 「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」
2. 発売地域 全国
3. 発売日 2012年11月21日
4. 容量/入り数 700ml/6本入り
5. 価格 オープン価格
6. 商品特長  
  【味覚】 華やかさの後に、スモーキーさの余韻が残り、力強く華やかでありながらスムースな味わい。
  【パッケージ】 「ジョニーウォーカー」の特長ともいえる、「四角形のボトル」「斜め24度に貼られたラベル」はそのままに、“ゴールド”という名前らしく、華やかなデザイン。
  【アルコール度数】 40%
  【カテゴリー】 ウイスキー(ブレンデッドスコッチウイスキー)
  【原産国・原産地域】 イギリス・スコットランド
  【製造元】 ジョン ウォーカー アンド サンズ社
  【輸入販売元】 ディアジオ社
7. 販売予定数 800ケース(9L換算)
8. おすすめの飲み方 ストレートやロック。カクテルベースとしても楽しめる。
当たり前のように、HPが消されるので
残しておきませう。
どうなんでしょう??
なくなるグリーンラベルの後継にゴールドラベルを
据えて、18年物はプラチナムを定番にするのでしょうか???
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.24【日記】

在庫『ウソ800本』87 ジョニーウォーカーブルーラベル

いわずと知れたジョニーウォーカーの最高峰。
以前紹介はミニボトル(;一_一)
昨年円高のおかげで手に入りましたが、
最近のアベノミックスによる円安の影響はどうでしょうか
?結果が出るのは今年後半か???


さすがに装飾がすごいですね。


ボトルにナンバリングまでされてます。
50年から60年熟成したウイスキーが
多種類ブレンドされているらしいが、
絶句。フルーティ(*^_^*)
アイラ系はラガかアードベックかな??
適度にピーティ。塩っぽさもあります。
好みですが、グビグビいける訳もなく、
チビチビいただきます。

ちらし寿司です。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.23【日記】

在庫『ウソ800本』86 ジョニーウォーカーゴールドラベル

昔の投稿記事を見ると『ゴールドラベル』
今は『ゴールドラベルリザーブ』に替わってますね。

18年以上のモルト&グレーン
キーモルトはクライヌリッシュ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2013.02.22【日記】

在庫『ウソ800本』85ジョニーウォーカーダブルブラック

前日ジョニーウォーカーゴールドを紹介すると
書きましたが、中二階というか、レッドから数えると
中3階というべきか、『ダブルブラック』がありました。


輸入元のキリンのオフィシャルコメント(*^_^*)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.21【日記】

ウソ『800本』84ジョニーウォーカーブラック

いわゆるジョニ黒。
ジョニーウォーカーの昔からの高級品。



ジョニ黒はオラが呑み始めた(昭和50年前後)頃は、
高嶺の花(*^_^*)
1万円前後だったと思います。
昭和50年前後の1万円だからすごい高級(;一_一)
覚えているのは、野球の早慶戦での勝利の祝賀会
(応援です(;一_一))で、持参のオールドパーを
ラッパ飲みしていた同級生がいたこと( 一一)
ジョニ黒とオールドパーが同じ位の高級酒でした。
今はラベルにもあるし、キャップにもあるように
12年物なのですね。
グリーンラベルは15年物、続いて紹介するつもりの
ゴールドラベルは18年物(●^o^●)

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2013.02.20【日記】

在庫『ウソ800本』83 ジョニーウォーカーレッド

前日のジョニーウォーカー・グリーンラベルを
見ていただいたあなた、日頃からオラのしょーもない
コーナーを見ていただいているあなた。
ありがとうございます。
次はカリラか、タリスカーか、リンクウッドか、
クラガンモアかへ行くと思われた方、皆さんありがとう
ございます。
ジョニーウォーカーへ行きます。
在庫は、なにせウソ『800本』もあるので、
在庫が見つかり次第、どの方向へも行けるのです。
(そんなんでいいのかなぁ(;一_一))


いわゆる『ジョニ赤』。ジョニーウォーカーの廉価版。
今まで未紹介でした(意外((+_+)))。
ジョニーウォーカーの中では『廉価版』とはいっても、
オラが酒を呑める年になった昭和50年前後では、
高嶺の花。大体洋酒を呑んでませんでした。
昭和50年前後の世間模様をいいますと、
自分で買うのは、サントリーレッド、ハイニッカ。
貰いもの(歳暮・中元、もちろんオラはナシ)で、
サントリー角ビン。ちょっと偉い人向けにオールド。
それに匹敵していたのがジョニ赤とホワイトホース
でしょうか。
でも、いわゆる『舶来物』を送るという風習は
なかったですね。
タリスカーがキーモルトの一つと聞いてます。
さもあらん。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.19【日記】

在庫『ウソ800本』82 ジョニーウォーカーグリーンラベル

どうも終売になったらしいグリーンラベル

箱の裏側(?)には原酒が4種類挙げてあります。
タリスカー、リンクウッド、クラガンモア、カリラ
どうもピンボケになります。
カメラも腕も悪いのでしょう。

何でなくなったのでしょうか???
原酒がなくなった訳でもないだろうに・・・
カリラはアイラの巨人(阪神と言いたいが)、
タリスカーは最近ラベルを変えるほど売れてるし
(味が変わったのでしょうか??)
クラガンモアもリンクウッドも閉鎖とは聞いてないし、
残念です。

カツサンド、ツナサンド

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.06.07【日記】

ジョニーウォーカー ダブルブラック



「ジョニーウォーカー ダブルブラック」、5月23日より数量限定で発売。
免税店などでの限定商品でしたが、日本でも数量限定で発売されました。
味覚は、「ジョニーウォーカー ブラックラベル」の香味特長を受けつつ、
深みのある豊かな香りとコクをより強く表現したブレンディングで、
スムースでありながら、コクのある甘さがより際立った味わい。

昨日手術で仕事を休んだので、再びあいた時間はDVD三昧。


斎藤一役の左右田一平はいぶし銀の役ですね。


三島ゆり子って、最近は日本フルハップのCMしか
思い浮かばないけど、 また、30年ぐらい前は、
”必殺”シリーズで、 『なりませぬ』と言いながら
布団を敷いて近藤洋介に言い寄っていた尼さん役を
思い出しますが、50年近く前はすごくきれいですね。
まだしばらくはDVDを楽しめそうです。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.11.15【日記】

ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル

本日の在庫整理ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル

今年もラ・フランスの貰い物と、梨


ご存知でしたか???
「新高梨」は「シンコウナシ」ではなく
「ニイタカナシ」と読むのを!!!
新潟産と高知産の掛け合わせface08
「ニイコウナシ」とすればいいのにicon09

今日はキノコ鍋

ホクトの株主優待
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2009.04.08【日記】

ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル

足柄山の金太郎 様がご自分のブログで紹介され、オラも買いましたぁとコメントした
ジョニーウォーカー黒ラベル・100周年記念ボトル
2月13日、WSJ梅田阪急特設バーでタブロース21年と一緒に購入。
東京まで持っていってそのまま持って帰りました。



ジョニーウォーカーについては足柄山の金太郎 様のブログをご参照face03
中身は通常販売のジョニ黒と同じということですが、
ボトルと紙ケースのユニークさに思わず購入icon14

今朝は、じゃ~~~ん。朝から親子丼
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧