呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2014.02.26【日記】

『在庫ウソ800本』351 ハイランドパーク2005

何度も強調しますが、『じぇーりし』ですので、
『税の専門家』です。
確定申告で、忙しい日々が続きます。
手抜きの投稿を続けます(忙しくても毎日呑んでます)。

ハイランドパークヽ(*´∀`)ノ


 
COMMENT(3)
この記事を評価するGood1

2013.11.07【日記】

『在庫ウソ800本』279 タリスカーストーム

ウソ800本、アイランドを続けます。
スカイ島の雄、タリスカー(#^.^#)
アイラほどではないが、潮の風味、スモーキー
新製品ストーム(*´∀`*)

タリスカー好きです。よく紹介してます。呑んでます。

読書の秋です。
レモンハート。入門書です。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.06【日記】

『在庫ウソ800本』278 アラン2005年

 ピーテッド アラン 2005年 for Whisky Live 2013

2013年4月20日(土)、21日(日)に開催された第2回
Tokyoインターナショナル・バーショー+Whisky Live2013に出展するアラン蒸溜所が、特別にボトリング
したシングルカスク。
アランには珍しいピーティタイプ(*´∀`*)とはいえ、
それほど臭くはない。柑橘系、若干オイリー。
塩っぽさもあります。

大阪に住んでいて、楽しみなのは百貨店の地方物産展。
必ず、買うのが熊本の辛子レンコン。
北海道展のジャガ豚(#^.^#)
京橋の京阪モールでげぇっとぉ!!
鍋になりました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.07.28【日記】

『在庫ウソ800本』217 アラン14年

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.07.27【日記】

『在庫ウソ800本』216 アラン マクリームーア

マクリー・ムーア マネージャーズチョイス。
日本のウイスキーライヴ!向けのボトル。
アルコール度57.1%
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.05.31【日記】

在庫『ウソ800本』165 タリスカー57°NORTH



タリスカーがリニューアルしたのかと思いきや、
限定品の発売でした。
タリスカー蒸溜所がある北緯57度にちなんで、
アルコール度数を57度に設定した特別なシングルモルト。
100%アメリカンホワイトオークのリフィル樽で熟成させた、
甘い口当たりながらも、非常に力強いスモーキーさ、
黒胡椒のようなフィニッシュを持ち合わせている。
スコッチ文化研究所より


アルコール分57.0度(*^_^*)

在庫整理63(2本目)と(*^_^*)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.01.26【日記】

在庫『ウソ800本』63 タリスカー10年

気楽に紹介、在庫『ウソ800本』(^-^)/
久しぶりにタリスカー10年を開けました。
(在庫にニューボトルが2本ありました( 一一))。

タリスカーの10年ってウスケバ投稿の初期にしか
紹介してませんね。
アイラとは違うスモーキーさと塩っぽさ。
アイラ同様好みです。
ジョニーウォーカーの赤のキーモルトらしいです。
まぁ、グリーンのキーモルトでもあるわけで、
黒(40種類ものウィスキーのブレンド(^-^))
にも使われているでしょう。
ところで、ジョニーウォーカーのグリーンラベルが
なくなるというウワサは本当でしょうか??
御存じの方は教えてください。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.10.28【日記】

スキャパ オークニーシングルモルト 

ソサエティのスキャパが見つからなかったので、
GM社のシングルモルト 2000年蒸留2011ボトリング



カスクタイプ:リフィルバーボンバレル
香り:サントリーのHPにあ る通り、フルーティで花のような香り。その後熟した南国のフルーツの香り。
かすかにハチミツ。
味わい:バニラの甘さ。ハチミツの甘さ。
それでいてスパイシー。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.08.03【日記】

ボウモア&レダイグ

ダグラスレイン社のダブルバレル 
ボウモア&レダイグ


ボウモアは言わずと知れた『アイラの女王』
レダイグはマル島のトバモリー蒸留所のもうひとつの
(昔の名前を引き継いだ)ブランド。
どちらもピートの利いたブランドらしいので、
このボトルのピートはどちらのものか、両方なのかわかりません。
かなりピーティ。
甘さはレダイグでしょう。塩っぽさはボウモアか??


今年はミニ・ミディトマトだけでなく、普通のトマトにも挑戦しました。
桃太郎(^-^)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.04.23【日記】

エクスペリメンタル アラン

    ボウモア蒸留所のシングルモルトを熟成した後の樽でピーティなフレーバーをプラスしたもの(*^^)v                                これは、アランにボウモアをほんの一滴ブレンドしたものとどう違うのでしょうか??ボウモアのモルトは残ってなくて、フレーバーだけが樽に染み込んでいるのでしょうか??考え出すと、響12年の梅酒樽熟成も何なんだろうと気になります 。                     右手の小指を骨折してしまいました。(/_;)(:_;)
水曜日に手術でピンを挿して固定する予定(/_;)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.04.01【日記】

ハイランドパーク SMW4.153



●蒸溜年:1999
●ボトリン年:2011/06
●ボトリング本数:242本
●コメント:ジェット燃料の楽しみ
様々な香りがあなたを虜に―スモーク ベーコン、ゴールデン クランチ クリーム、フライズ チョコレートクリーム、イランイラン(香りは深く濃厚なゴムとカスタードの熱帯雨林の木)、チェリー酒、石炭バケツ、イートン メス(苺・メレンゲ・クリームのデザート)、高級雑誌、清浄なウッドスモーク。味は、香りほど多様ではない―石油、より軽めのウイスキー、ジェット燃料(ケロシン)―しかし、濃厚でジンジャービールとライムピクルスが口の中に広がる。加水によって、ピンクグレープフルーツ、オレンジ、西洋ナシ型キャンデイ、スウォーフィーガ(手などについた油や塗料を洗浄するゼリー用の洗剤)、コールタール石鹸、缶詰のフルーツサラダの香りが前面に引き出され、遠くからクレオソート、ハギスのスパイスが香る。味に関しては、加水によって和らぐが、かすかに石油の味が残り、ドイツスズランのベビーパウダーとスモーク(あたかも広い客間の暖炉の火から本当に立ち上るように)を感じる。
オークニーの最高級の蒸溜所より。
カラー:ゴールデン ダイヤモンド(0.4)
Cask:1stfill Barrel/Ex.Bourbon
ソサエティ日本支部の一言【ほのかなスモーク感の中に香草やミントの香り。ナッツやアイスクリームをのせたメロンのおいしさが広がる。バランスのとれた一品。】
2011 9月リリース商品。
シェリーは当たり外れが多すぎます。
旨いシェリーと思っても時がたつとゴム・硫黄が・・・(;一_一)
それに対してバーボンはハズレがない。

久しぶりに家庭菜園を見ると、春の息吹が(^_^)/
うちで取れるアスパラは旨いんです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.02.13【日記】

ザ・シックス・アイルズ


名前の通り、スコットランドの6つの島
(アイラ・ジュラ・スカイ・マル・オークニー・アラン)で
造られるウイスキーを絶妙にブレンドした“アイランド
ブレンデッドモルトウイスキーヽ(^。^)ノ


 アイラはどこでしょうか??
普通に考えれば、ボウモア、カリラというところでしょうか。
ジュラはアイル・オブ・ジュラ

スカイ島はタリスカー、マルはトバモリー

オークニー諸島はハイランドパーク、アランはアラン(^_^)/
他にも蒸留所があるかもしれないが
オラの知識ではアイラだけが複数でわからないですね。

ちょっと早いけど、取引先の経理の女性より
『義理チョコ』をいただきました。ヽ(^。^)ノ
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.02.11【日記】

タリスカー175周年記念ボトル



タリスカー蒸留所がスカイ島の北部から現在の場所に移動し操業たのが
1830~31年。
それからの175年を記念してボトリングしたオフィシャル品。 
味はスモーキーで、胡椒のピリピリ感があります。
アイラとはまた違ったスモーキーさ(^_^)/
うぅーんタリスカーヽ(^。^)ノ

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.10.23【日記】

SMWS17.30

久しぶりの書き込みです。
ちょっとさぼると億劫になります。


アップルタイザーと岩塩
油を含んでバターのよう。クリームソーダ、フィジーバニラ、
埃っぽいコンクリート、岩塩、リンゴの香りの石鹸、ジンジャー入りの
アップルタイザー、フレッシュミント、蒸溜室の熱気の香りがする。
味は、辛く―アルコールがかなり効いているが、ルバーブとカスタード味の
キャンディー、砂糖漬けのフェンネル、塩味のリコリス、東洋の花の香りが、
柔らかな印象を与える。加水すると、まるで蒸溜所に連れてこられたように
感じる―使用中のウオッシュバック(外側は潮風にさらされている)、
ニューメイクスピリッツ、中庭。あるパネリストは、出来立ての暖かい塩味のプレッツェルを、また別のものは、一握りの熱い銅貨を感じる。柔らかく、
塩味があり、新鮮な味は、リンゴ、ライチー、ミネラルとニューメイクの味
わい。オークニーの他の蒸溜所からのもの。
カラー:緑がかったゴールド (0.5)
ソサエティ日本支部の一言【全体を通して“塩”で、香りはオイル漬けの岩塩、
アップルティー、上質なアグリコールラム。味は雑味がなく9年熟成とは
思えないほど複雑で、魚介のマリネ、プレッツェル、オークのタンニン、
りんご、アフターテイストまでずっと塩。
このモルトに期待する要素がぎっしり詰まった通好みの1本。】
こんなコメントを書けるようになりたい。

最近のラインアップヽ(^。^)ノ
今日はラグビーワールドカップの決勝戦ですね。
ニュージーランドVSフランス

先週のニュージーランドVSオーストラリア戦を観ていると
日本のラグビーとは別物という気がします。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.07.07【日記】

本日の在庫シェーリ アラン15年

ちょっと違うような気もしますが、在庫シェーリの一つに入れます
以前の記事はこちら(呑んで無くなってしまえば同じ)。
ウィスク・イーのHPより
 蒸溜:1999 瓶詰:2010 54.6% 700ml
2010年6月に15周年(1995-2010)を迎えたアラン蒸溜所がこれを記念し、
そして15年の集大成として、記念ボトルを発売いたします。
アラン15周年記念ボトルは、まず、目を引くのは鮮やかなオレンジ色の
カートンと、蒸溜所周辺に生息するワシの翼がプリントされたボトルで、
記念ボトルに相応しい華やかなパッケージに仕上がっています。
1999年のホグスヘッドの原酒を2008年から2年間、
アモンティリャードシェリーのバットに移し替え、追加の熟成を行い、
カスクストレングスでボトリングした世界で5460本の限定商品です。
15年の節目を迎え、世界に羽ばたくアランウイスキーを象徴したデザイン。
アランの更なる飛躍にどうぞご期待ください。色:オレンジゴールド
香り:ダークチョコ、チェリー、ジンジャーの複雑な香り。
   加水によりミントトフィー、ヘーゼルナッツ。
味:リッチでクリーミー。シェリー樽特有のドライフルーツと
スパイスがアランのシトラス風味と見事にマッチしている。
フィニッシュはペッパーを伴いドライに切れ上がる。


きれいな辛子明太子をいただきました(^_^)/
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.06.01【日記】

本日の在庫整理 アラン

お中元にはちょっと早いけど、例年いただくプレミアム”卵”
天美卵。早くも頂きました。
1個約100円(^_^)/ 旨いけど自分では買えない<m(__)m>


今回頂いたのは、お醤油付きです。
オラは酒を呑むので、”卵かけ”はパス(ー_ー)!!
上の娘と鬼嫁様が”卵かけ”を賞味されていました。
明日の朝食が楽しみ(^_^)/

本日の在庫整理 アラン ザ・ローワンツリー



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.11.05【日記】

甲州名物 鮑の煮貝

オードブルと愉しむ白州2010
これは旨い~~~!!!『甲州名物、鮑の煮貝』
買って帰ろうと小淵沢駅前ウロウロ(*^。^*)

(これは到着時の画像、帰りはもう暗かったであります)

駅前の2店の土産物店にはなく、
駅の改札・待合室横の売店にありました。
サントリーでは、もっと薄く切ってありましたが、
おうちではじぇーたくに厚切り。
生のアワビは当然旨いのですが、
さすが、甲州名物大ファンになりました。
これからは、白州に限らず山梨に行くと
『鮑の煮貝』を探すことになりそうです。

やっぱり会うのはスモーキー白州かな。
もう終売になった蒸溜所限定15年
ピーテッドアラン(2005)もあいます。
グラスの中身は白州15年(^_^)/
COMMENT(8)
この記事を評価するGood

2010.10.26【日記】

福助


ちょっとというかかなりピンボケ。
土曜日ほとんど1日『アマ』にいたので、疲れてしまった。
娘が焼肉食べたいと言うし、翌24日は鬼嫁様誕生日なので
前祝に焼肉屋へ。近所の『福助』

まずは生中で乾杯。
生センマイにユッケ、生ギモmuscle
大阪以外では、生ギモをレバサシとかいうらしいが(TVのケンミンショー)、
『アマ』は大阪なので『生ギモ』
ある取引先の社長と、焼肉の話になると
『旨い生センはないかいな??』となるのですが、
ここの『生セン』は旨いです。

キムチセットにチシャ、塩タンface05

ナムルにハラミ、ロース、カルビ(全て特上を奮発)
お代わりはマッコリwine02

〆は、娘は冷麺、鬼嫁様は石焼ビビンバicon14
3人で少しずつ分けて(オラはほんの少し)、鬼嫁様誕生日前祝終了face02



本日のアラン10年。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.10.25【日記】

なごみの季 ランチ & アラン15年アニバーサリー

23日土曜日所用があって、ほとんど1日中尼崎にいました。
尼崎といえば、探偵ナイトスクープでも取り上げられてましたが、
おばちゃんは、『どこから来たの』とか『住んでんのは??』と訊かれたら、
皆『アマでんねん』と答えるという『アマ』が通り相場。
そんな『アマ』でフレンチをリーゾナブルに食べさせてくれる
『なごみの季』
リッチ(でも安いface08)なランチをface05

いわしの唐揚げ 香草入りシャンパン酢ソース ごぼうのポタージュスープ
新鮮な生野菜のサラダ 魚介類のブイヤベース

野菜のセイロ蒸し ごぼうと牛肉とこんにゃくのしぐれ煮ご飯
さつまいものコンポートにアイスクリームを添えて
コーヒーが若干苦手なので、レモンティー
鬼嫁様はミルクティーface02
昨年暮れのクリスマス・ディナー春の彼岸の墓参り、お盆の墓参り(記事なし)に、
続いて4回目。開店3周年記念にパスタ2Kg(2人分)いただきました。

本日のアランは15周年記念ボトル


ウィスク・イーのHPに付け加える言葉はボキャ貧にはありません。
HPが閉鎖されるかもしれないので再録します。
蒸溜:1999 瓶詰:2010 54.6% 700ml
2010年6月に15周年(1995-2010)を迎えたアラン蒸溜所がこれを記念し、
そして15年の集大成として、記念ボトルを発売いたします。
アラン15周年記念ボトルは、まず、目を引くのは鮮やかなオレンジ色のカートンと、
蒸溜所周辺に生息するワシの翼がプリントされたボトルで、
記念ボトルに相応しい華やかなパッケージに仕上がっています。
1999年のホグスヘッドの原酒を2008年から2年間、
アモンティリャードシェリーのバットに移し替え、追加の熟成を行い、
カスクストレングスでボトリングした世界で5460本の限定商品です。
15年の節目を迎え、世界に羽ばたくアランウイスキーを象徴したデザイン。
アランの更なる飛躍にどうぞご期待ください。
色:オレンジゴールド
香り:ダークチョコ、チェリー、ジンジャーの複雑な香り。
   加水によりミントトフィー、ヘーゼルナッツ。
味:リッチでクリーミー。シェリー樽特有のドライフルーツとスパイスがアランのシトラス風味と
   見事にマッチしている。フィニッシュはペッパーを伴いドライに切れ上がる。


どちらかというとシェリーが苦手・・・
といいながら、シェリーを多く呑んでいて、
バーや山崎蒸溜所の有料試飲コーナーや、Wで
シェリーの話をしていますがface07
初めからのシェリー樽熟成でなく、シェリー樽フィニッシュなので、
シェリーのエグ味がついてないのがいいかもしれませんね。




COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2010.10.24【日記】

アラン14年




いきなり生みの親ですと言われても・・・・・・
ハチミツ、ペッパー


日曜のお昼はスパゲッテイ
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧