呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2013.11.26【日記】

『在庫ウソ800本』292 ブルィックラディ アイラバーレー

引き続き、ブルィックラディのノンピートヽ(*´∀`)ノ
アイラ産の大麦のみを使用。

究極的に原産地にこだわったシングルモルト。
アイラ島のシングルファーム(単一農園)、
シングルフィールド(単一畑)、 シングルヴィンテージ(単一年)、シングルバラエティ(単一品種)。
※2007年は「ロックサイド・ファーム」、
「ミニスターズ・フィールド」、「オプティック種」。


冬は、鍋とおでん

当分、おでんが続きます(^^♪
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.25【日記】

2013.01.31【日記】

在庫『ウソ800本』68 ポートシャロット8年

ポートシャロット。
アイラ ブルィックラデイの
ジム・マッキュワンが発売しているもの。
ピートをきかせたものを『ポートシャロット』
ブランドで発売、
ノンピートを『ブルィックラディ』とするという噂。

テキトーに手当たり次第に在庫『ウソ800本』の紹介。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.12.24【日記】

在庫『ウソ800本』29ブルィックラディ ピート

在庫3回目の紹介(^◇^)
初回2回目
『ウソ800本』(今回)で空になりそうです(;一_一)


今日は年賀状を仕上げました。
年末の行事(^◇^)

鬼嫁様作品
広島菜の菜っ葉巻き?
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.25【日記】

在庫『ウソ800本』7 SMWS127.7

ソサエティ127.7
ポートシャロット。
アイラ ブルィックラデイの
ジム・マッキュワンが発売しているもの。
ピートをきかせたものを『ポートシャロット』ブランド
で発売、
ノンピートを『ブルィックラディ』とするという
噂を聞きました。ホントかな???
2012.5.23の紹介(*^_^*)



余市のブルーベリージャムです。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.20【日記】

在庫『ウソ800本』2 ブルィックラディ2001

ブラックブルが空になったので、カニ食いツァーには
ブルィックラディ2001を持って行きます。

最近『シェリークラシック』を紹介しましたが、
フツーのブルィックラディ(^-^)
シェリークラシックを紹介した時には、見つからなくて
もう呑み終って無くなってたと思ってたもの。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.09【日記】

ブラックボトル

アイラミストに続き、アイラのプレンデッドの紹介


アイラ島を代表する7つの蒸溜所のモルトウイスキーを
ブレンドした、他のブレンデッドスコッチとは一線を画
すユニークなウイスキーです。
アイラ島のモルトウイスキーの特徴であるピート香を感
じる一方、ふくよかでスムースでかすかな甘さを感じさ
せます。
その個性的な味わいは1879年に紅茶のブレンドを生
業としていたグラハム家によって生み出されました。
アサヒビール~より引用

7つの蒸留所とは、ポートエレン以外のボウモア、
ラガヴーリン、ブルィックラディ、ブナハーブン、
カリラ、ラフロイグ、アードベックでしょう。
キルホーマンも入っていないでしょう。
口に含むと思わず『うっ!!!!まずぅっっっっ!!』
アイラ特有の反応(;一_一)
かなりピーティ&ソールティ。海藻。
ラフロイグのクレオソートはあまり感じない。
慣れると旨い。
『プレンデッド』なので、グレーンも入っていると
思います。その分軽めで呑みやすい気がします。

2012.07.30【日記】

アイラ ブルィックラディ シェリークラシック

本日のニューボトル

最近紹介してきたソサエティのブルィックラディ は閉鎖前のカスクでした。
これは、再開後のジム・マッキュワンの挑戦的なモルトですね。
日本向けのクラシックはバーボン樽でしたが、これはシェリー(^◇^)
缶に英語でいろいろ書いてあって、写すのも訳すのも無理なのですが、
シェリー樽熟成ではなく、バーボン樽熟成のあとで、シェリー樽で後熟
させたものと理解してます。
クラシックを後熟させたのでしょうか??
ピートがちょっと物足りない。シェリーの甘さはいいですね。
後熟のためか、シェリーのエグミはありません。

ニューボトルなのにふたかコルクとはずれました(>_<)


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.05.26【日記】

本日の在庫整理 SMWS23.50

アイラ ブルィックラディ SMWS23.50 旧ラベル


2006SPRINGのニューボトル
コード 年数 度数  蒸留年  瓶詰数 地域
23.50   18 56.3%   Dec-86  258  Islay
酒飲みのためのウィスキー
リフィルホグスヘッドから取った緑がかったゴールドのこのサンプルは、
ポートシャルロット北部に位置する蒸留所の昔のもの。
軽く、ピート的でないのが特徴。香りは心地よいがとらえどころがない。
ピンクのウェハースとジンジャーとナツメグ、そして一つまみの塩が同居している。
加水によって更に締まるが、パセリとコリアンダーのハーブ香が感じられる。
味わいは、二気筒エンジンをかけた時のように予想外に強い。
甘く(ダークチョコレート)、塩辛い(海草、牡蠣)。
味の構造は加水しても保たれ、甘い大麦、ジンジャー、レモンの皮が加わる。
香りを楽しむだけよりもむしろ飲んだほうが楽しめる、満足のいく逸品。

現在のJMの様々な挑戦と違って、確かに軽く、ピーティさはほとんどなし。
最近のブルイックラディにはない呑みやすさface05
 (以前のコメント)
約2年ぶりの在庫整理
これとGCボウモアを呑んでいると、鬼嫁様から『臭い』と非難(;一_一)

最近はまっているのが、NHK『新選組血風録』
1965年放送の栗塚旭が土方歳三を演じた名作を思い出しました。


思わずDVDを全巻買ってしまった(^◇^)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.05.23【日記】

アイラ ブルィックラディ SMWS127.7

ブルィックラディではなくポートシャーロットで発売


昨日のブルィックラディと大違い
ケムケム感とイガイガ感( 一一)
蒸留年 2003/04  ボトリング年 2010/12


竹の子の木の芽和え
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.05.22【日記】

アイラ ブルィックラディ SMWS23.66

本日のニュボルタ(#^.^#)
SMWS23.66


17年物。2010/07ボトリング 2010/12リリ-ス Refill Hogshead

Title(題)

一日にはじまり First of the day

コメント

乾いた香りが全体に広がる̶潮の香り漂う浜辺、無造作に生えている
テンキ(防砂用イネ科植物)、漂白された石。そして果実の香りさえも
乾いている̶未熟なパイナップル、果肉の固いメロン、かすかにバージン
オリーブオイル。ストレートの味は、甘くかすかな塩味から始まり、
最後にはっきりと現れるが、全体的に乾いた風味が残る。
加水によって、朝食用のシリアルが現れる̶食物繊維入りフルーツ味の
ミューズリー(スイスのシリアル)-、へーゼルナッツ、シュレディーズ
(英国のシリアル)。甘く、ナッツ味のシリアルの趣向は、味に引き継が
れ、さらにクリーミーさが増す̶“ へーゼルナッツ入りのミルカ
(ミルクチョコレート)”、ヌガー、あるいはドライラズベリー。
ゲール語で“ 頂点” という生意気なモットーを掲げている、
アイラ島が誇る独立系蒸溜所からの典型的
なサンプル。カラー-泡立てられた蜂蜜 (0.8)
■ソサエティ日本支部の一言
【カナブンと黄桃の甘味、ダージリンティー、アーモンドチョコ】

17年物なので、再開前の品でしょう。
ジム・マッキュワンになってからの最近のブルィックラディ
以前のブルィックラディ。
これもあまりスモーキーさを感じません。


上本町ハイハイタウンでの塩ラ-メン

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.04.16【日記】

BRUICHLADDICHI 1998

ウィンドウズ8の試供版をインストールしたら、日本語変換がうまくいきません。                                           ローズバンクは何も記入できませんでした。
阪急百貨店量り売り(^O^)/                              シンジケート原酒            変わり種丼ぶり。明太マヨネーズ豚カツ(#^.^#)             中々の珍味。旨いんだけど、やはり丼にはふわっとろっ卵が欲しい(-"-)



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.03.09【日記】

アイラ ブルィックラディ エレメンツ オブ アイラ



フレッシュでフルーティ、蜂蜜のような甘さが特徴のBr第2弾。
メロンやピーチ、レモン、ハーブと海の空気をまとった瑞々しさが魅力。
(輸入元案内文より)
まず、トップノートはケムケム感はなくフルーティ。
これでアイラ?と思わせるほどフルーティ。
ストレートで味わうと柑橘系よりもメロン、ピーチの甘さが勝っています。
加水してもピートはあまりありません。
加水した味わいはレモンが出てきます。
JM再開前のカスクなのでしょうか??
アルコール度も49.3%と低め(??と言っていいのか)
アイラ党には若干物足りない。


ベッドの周りの『ウソ800本』のウィスキー在庫に
『ウソ800冊』のマンガコレクション(^_^)/
(実際は2,000冊を超えている(;一_一))
オラが高校生の時代からビッグ・コミックで連載している
ゴルゴ13、40年ほど現役続行中。別刷だけでNo.173
すごいですね。






まず
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.11.18【日記】

かき御飯


昨日宣言のお持ち帰り『かき御飯』ヽ(^。^)ノ
今朝の朝ご飯です。
冷えても旨い!!!
電子レンジでチンして食べようかとも思ったのですが、
かきがミクロになっては・・・・と思って冷えたまま食べました。
かきが柔らかくて旨い!!!

本日の在庫整理
ブルィックラディ ピート
以前の紹介時にも書いてますが、それほど臭くない。
2年以上置いていて、香りが広がったというか、薄まった感じ



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.11.17【日記】

かき料理専門店 かき金

阪神尼崎駅北側にある超有名店
昔はガード下辺にありましたが、7.8年前から駅前北へ移転。
10月末ごろから3月までの旬だけの営業。
『食べログ』では口コミがいっぱい
今年も10月25日から開業
本日食べにいってきました。
 


つきだしは『甘エビの麹和え』『酢牡蠣』

Bコースだとお造り『鯛とイカ』がつきます。予約が必要(*^。^*)
あまりの旨さに、土手鍋の具材とナベの画像を撮るのを忘れました。

グツグツだけで申し訳ありません。
お酒はやはり広島西条の酒、賀茂泉
ナベでけっこう腹一杯になるのに、かき料理の定番カキフライが(^_^)/

〆はかき御飯。
腹一杯で食べられなかったのでお持ち帰りさせていただきました。
これもうれしいサービス。
かき御飯は明日の朝食で、多分『いないいないばぁー』に
アップすると思います。

帰って風呂に入って今日の在庫整理

ブルィックラディ2001
初めて呑んだ時ほど臭くはない(麻痺したのかな??)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.10.12【日記】

SMWS 23.64



  

Title(題)

強力かつ強い自己主張 Potent and assertive

コメント

香りはいろいろなものが交じり合い、風変わり。黒焦げのアプリコット、
丁寧に保存したハム、肥沃な平原(ワタスゲ、花々、塩っぽさ、フレッシュ)、
オークっぽい白ワイン、蜂蜜、大麦糖等々、延々と続く。味は、
横隔膜に激しい一撃を加えられたよう。4文字言葉。
風味には、粉末の唐辛子、西洋スグリ、
青リンゴ、バタースコッチ、タバスコが含まれる。「果樹園のベンチを
かじっているよう」または「刀をなめているよう」。口の中に、
驚くほど長く 残る。加水しても、それは全く変わらない。
香りは、みずみずしいフルーツからオイルや鉄までの大きなふり幅を保つ。
 味はいつまでもかなり強い。レモン、シャーベット、海草、漁師の友人、
ジンジャービール。Rhinnで最古の蒸留所。 

Region
(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

62.8

Cask Type
(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled
(蒸溜年)

2002/07

Bottled
(ボトリング年)

2010/03

Outturn
(ボトリング本数)

278

Release
(リリース日)

2011/03
 

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.09.14【日記】

在庫整理 ”アイラ” ブルィックラディ SMWS 23.59



SMWSの旧ボトル
以前の紹介は2009.8.9
約2年前ですね。「ビーチのデージーの輪」
 シロップの甘さのある海水
呑みやすいアイラ。


メグミルクの牛乳『まきばの空』

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.07.10【日記】

アイラ ブルィックラディ GC 1992-2008



ブルィックラディ 再開前の旧
ジム・マッキュワンになってからの最近のブルィックラディ以前のブルィックラディ。
これも前日紹介と同様、あまりスモーキーさを感じません。


今日は朝から健康診断
多分、いつ死んでもおかしくない血液検査の結果がでる”呑んだくれ”であります。
午後は勉強会。
その後は、バリウムを下して食事会。icon14
鶴橋へ焼肉を食べにicon14
カメラを持って行かなかったのが残念ですが、
鶴橋老舗の〇〇へ。
結果はイマイチ。face07
タレもイマイチで、キムチは言わずもが。
若干醗酵しているのが旨いのですが、野菜(白菜、キューリ、ダイコン)に
キムチの素を混ぜているだけのような。
店員の対応も不満でありました。
ちょっと『老舗』にあぐらをかいているのではないかと
参加者の意見。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.07.09【日記】

アイラ ブルィックラディ 10年




ジム・マッキュワンになってからの最近のブルィックラディは
低いどっしりとしたボトルとスモーキーが多いと思いますが、、
これはJBB社時代のオフィシャルのトールボトル。
ブルィックラディ10年 トールボトル 40度。
ライト・アンド・スムーズ。
香りはフルーティ、若干オイリー、潮っぽさ。
スモーキーさはほとんど感じられません。
非常に飲みやすい。

最近呑んでるアイラのラインアップicon14

ブルィックラディ、ボウモア、ボウモア、ラフロイグmalt


残り物利用のオムレツ、豚肉ともやしの肉味噌炒め、白菜の漬物、
他にギョーザ、玉ネギとエビとサーモンのマリネicon28
また、残って次の日も残り物。
オラは明日午前中健康診断で、午後は友人の税理士たちと勉強会。
多分夜はそのまま呑み会。
残り物は鬼嫁様一人で消化予定。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.06【日記】

アイラ SMWS23.50

やっぱり出てきました、ブルィックラディのソサエティ。
番号からいくと以前紹介の23.59より古いですね。
再開前の樽ですね。


2006SPRINGのニューボトル
コード 年数 度数  蒸留年  瓶詰数 地域
23.50   18 56.3%   Dec-86  258  Islay
酒飲みのためのウィスキー
リフィルホグスヘッドから取った緑がかったゴールドのこのサンプルは、
ポートシャルロット北部に位置する蒸留所の昔のもの。
軽く、ピート的でないのが特徴。香りは心地よいがとらえどころがない。
ピンクのウェハースとジンジャーとナツメグ、そして一つまみの塩が同居している。
加水によって更に締まるが、パセリとコリアンダーのハーブ香が感じられる。
味わいは、二気筒エンジンをかけた時のように予想外に強い。
甘く(ダークチョコレート)、塩辛い(海草、牡蠣)。
味の構造は加水しても保たれ、甘い大麦、ジンジャー、レモンの皮が加わる。
香りを楽しむだけよりもむしろ飲んだほうが楽しめる、満足のいく逸品。

現在のJMの様々な挑戦と違って、確かに軽く、ピーティさはほとんどなし。
最近のブルイックラディにはない呑みやすさface05

オレンジピール。
ウィスキーによく合います。
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧