呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2013.12.30【日記】

『在庫ウソ800本』311ビッグピート クリスマスバージョン③

ビッグピート クリスマスバージョン2013

ついこの間未紹介の昨年のビッグピートを載せましたが、
2013年版も出てますね。
アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレン。
やはり毎年スペックが違いますね。

初回は57.8%

2回目は53.6%

今回は54.9%
蒸留所は変わらず、アードベッグ・カリラ・ボウモア・
ポートエレン(^▽^)配合がちがうのでせう。

3本揃うと圧巻(^0_0^)

 
この記事を評価するGood1

2013.12.25【日記】

『在庫ウソ800本』308ビッグピート クリスマスバージョン②

昨年、在庫『ウソ800本』14で紹介

クリスマスバージョンの昨年版(未紹介)

広島菜をいただきました。

広島菜のめはりずし(^▽^)
この記事を評価するGood1

2013.11.18【日記】

『W』にて

『WWW.W』のセミナーを終えて、Tさんと歓談後も、
まだ午後5時。『W』へ向かいます。
響、白州、山崎を呑んだあとなので、アイラを(^^♪

ボウモア ダーケスト
オラの以前紹介とは違うような???
15年の定番になっていたのですな。知らなかった(゚Д゚)ノ

ラフロイグ コーターカスク

ラフの10年 カスクストレングス

知多グレーン
昼間っからよく呑んだ一日でした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.26【日記】

『在庫ウソ800本』270 3.142 ボウモア

在庫ウソ800本を続けます。
ボウモアSMWS3.142

実に2009.1.14の紹介。4年半振りの在庫。
当然のようにコルクがダメになってました(ーー゛)

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.30【日記】

『在庫ウソ800本』261 アイラ ボウモアSMWS3.130

ボウモアのソサエティを続けます(#^.^#)

以前の紹介は2008.1.17( ^∀^)
5年8ヶ月前。やはりコルクがダメになってますね。
オフィシャルコメントをそのまま載せます。

ウィンター2007 ニューボトル ボウモア
オフィシャル コメント
”ダーティー”ドラム
ゲール語ではAm Bogha Mor または大きな岩礁として
呼ばれている。
パネルはこのところのドラムの中でも”ダーティー”な
メイクだと言う。
リフィルホグスヘッドのシルバーゴールド色。
香りはオイリーで”ダーティー”、ベーコン、鰊、
タールのスモーキーさがある。
加水するとさらにラベンダーやヒースなどの
フローラルな香りが出てくる。
フルストレングスでは味には繊細さはない。
スモークした肉、ペッパー、歯磨き粉、
アフターテイスト灰だらけの感じが強い。
加水すると親しみがあるパルマバイオレットが現れるが
土や港のような感じは残っている。
恐らくはトロール船員のドラムだろうか?
とても違ったタイプのメイクで、”ダーティー”ドラムが
好みかどうかによる。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.29【日記】

『在庫ウソ800本』260 アイラ ボウモアSMWS3.111

ボウモアを続けます。『アイラの女王』
SMWS3.111 前回紹介は2008.2.6


前回と同じ感想ですね。強烈なアイラ。
初めてウィスキーを呑む人がこれなら、ウィスキーは
呑みたくないと思うでしょう。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.28【日記】

『在庫ウソ800本』259 アイラ ボウモアSMWS3.128

ジャパーニーズの次は当然のようにアイラ(当然??)
SMWS3.128


以前紹介は2008年2月17日
5年以上前ですね。コルクがバカになってました。

代わりのコルクはいっぱいあります。
匂いが混ざらないように( ^∀^)

マツタケをいただきました。

焼きマツタケでいただきました。(#^.^#)



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.15【日記】

『在庫ウソ800本』250 BBRカリラ1994 17年

BBR復刻版カリラ1994 17年

以前にも紹介してますが、1994 16年(;゚Д゚)!
同じカスクを1年後に詰めなおしたのでは
ないでしょうね。未紹介かな??

サザエです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.07.24【日記】

『在庫ウソ800本』213 スリーピーツ

以前紹介は『スリーピート』
今回は『スリーピーツ』
英文法では今回が正しい??
アードベック、ラフロイグ、ボウモア
アイラの№.1と№.2と別格。割合は不明。

夏の朝はソーメン
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.12.27【日記】

在庫『ウソ800本』31 ボウモアSMWS3.184



今年5月のリリース。未紹介(;一_一)
Title(題)
灰のアラベスクと石炭のハイキック
Arabesques of ash and high kicks of coal
コメント
この香りは複雑―芳しいスモーク、キャンドル、
ストレートの紅茶、石炭の上にかけたビネガーと
多量の塩水―
しかし、甘く(大麦糖、レモン味の粉末ジュース、
シナモン風味の菓子、パイナップルケーキ)、花の香り
(ラベンダー、ゼラニウム、ジャスミン)がする。
味は、甘味(エジンバラロック)から食欲をそそる味
(豚ロースの燻製、蜂蜜で照りをつけたハム)へと
移り変わる。やがて、木炭とハシバミも感じる。
加水後は、芳香のバニラ、レモン、ローズ、
石鹸と流木に吹き付けた香水・ホワイトリネンを
感じる。口の中を、リコリスとラベンダー、
レモンの味が飛んだり跳ねたりして踊り、
白コショウや灰のアラベスクと
石炭のハイキックが旋回する。
1779年創立の蒸溜所は、
ウイスキーアイランドの中心。
カラームーンゴールド(0.3)
ソサエティ日本支部の一言
【 塩の良くかけたスモークポークとハム。
刺激的な味わいの中にラベンダーや
ホワイトペッパー。】
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.12.11【日記】

在庫『ウソ800本』16 SMWS3.180

これも手許に埋もれていた未紹介の在庫『ウソ800本』

アイラの格言「1にアードベック、2にラフロイグ、
3にラガヴーリン、ボウモアは別格』
別格のボウモア ソサエティ3.180
濡れた石炭とペパーミント・ティーバッグ

毎年、この時期になるといただく1個約100円の高級卵
『天美卵』鳥取県の名産です。『大江ノ郷自然牧場』
朝ご飯は、卵かけご飯なのです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.12.08【日記】

在庫『ウソ800本』14 ビッグピート クリスマスバージョン

今年も、背景が青っぽく、クリスマスツリーのある
新しいクリスマスバージョンが出たようですが、
在庫は昨年のクリスマスに紹介のビッグピート

アードベック・カリラ・ボウモア・ポートエレンの
プレンデッドモルト。

自家製水菜。鍋にOK


この記事を評価するGood2

2012.12.04【日記】

在庫『ウソ800本』10 シークレットスティル ボウモア

アイラの格言
「1.にアードペック、2.にラフロイグ、
3.にラガヴーリン、ボウモアは別格(^-^)」
何回も書いてます。臭い順?まずい順?呑みにくい順?

別格のボウモア。別名『アイラの女王』
サントリーウィスキー大学での講師のTさんの言(^_^)/



ニューボルタです。
ゴードン&マクファイル 
シークレットスティル ボウモア
ファーストフィルのバーボンバレル
好きなタイプ
何所にもボウモアの表示はありません。
蒸留所との契約等によりボトルに蒸留所名は
明記されないそうです。
信じるしかない(;一_一)
?マークが逆さまになっているのは、
書いてないけど分ってるんだよというマーク??
アイラにありがちな、最初の一口
『うっ!!まずぅっっっ!!!』がなく
塩の中に甘さが(^◇^)

<インポーターからのコメント>
(ストレートで飲んだ時)
【香り】
適度な塩気に、甘いスモーク。クリームファッジや
クレームブリュレが広がり、微かなバニラ香が続く。
【味わい】
初めはシロップ漬けのリンゴの甘さに、
粗挽きコショウの風味が爆発する。
それからスモークが現れ、焚き火の燃えさしのような
風味が広がり、その奥にパプリカの風味も感じられる。
(加水して飲んだ時)
【香り】
スモークがよりはっきりと感じられ、
トロピカルフルーツの香りがふわっと広がる。
【味わい】
しっかりとした甘さをともなったピートスモーク。
クリーミーかつなめらかで、微かにピートの風味が
続いていく。

ピーマンの代わりに、最後の収穫のゴーヤを使った
もやしとの野菜炒め(^◇^)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.22【日記】

在庫『ウソ800本』4 ボウモア16年

アイラの格言
「1.にアードペック、2.にラフロイグ、
3.にラガヴーリン、ボウモアは別格(^-^)」
何回も書いてます。臭い順?まずい順?呑みにくい順?

別格のボウモア。別名『アイラの女王』
サントリーウィスキー大学での講師のTさんの言(^_^)/


在庫の初紹介時は2007.12.29
な~んと5年前。
アイラをナンバリング紹介時の初期(^-^)
よく残ってましたなぁ(^◇^)

健康のため、夕食は野菜サラダと枝豆で始まります。



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.09【日記】

ブラックボトル

アイラミストに続き、アイラのプレンデッドの紹介


アイラ島を代表する7つの蒸溜所のモルトウイスキーを
ブレンドした、他のブレンデッドスコッチとは一線を画
すユニークなウイスキーです。
アイラ島のモルトウイスキーの特徴であるピート香を感
じる一方、ふくよかでスムースでかすかな甘さを感じさ
せます。
その個性的な味わいは1879年に紅茶のブレンドを生
業としていたグラハム家によって生み出されました。
アサヒビール~より引用

7つの蒸留所とは、ポートエレン以外のボウモア、
ラガヴーリン、ブルィックラディ、ブナハーブン、
カリラ、ラフロイグ、アードベックでしょう。
キルホーマンも入っていないでしょう。
口に含むと思わず『うっ!!!!まずぅっっっっ!!』
アイラ特有の反応(;一_一)
かなりピーティ&ソールティ。海藻。
ラフロイグのクレオソートはあまり感じない。
慣れると旨い。
『プレンデッド』なので、グレーンも入っていると
思います。その分軽めで呑みやすい気がします。

2012.08.03【日記】

ボウモア&レダイグ

ダグラスレイン社のダブルバレル 
ボウモア&レダイグ


ボウモアは言わずと知れた『アイラの女王』
レダイグはマル島のトバモリー蒸留所のもうひとつの
(昔の名前を引き継いだ)ブランド。
どちらもピートの利いたブランドらしいので、
このボトルのピートはどちらのものか、両方なのかわかりません。
かなりピーティ。
甘さはレダイグでしょう。塩っぽさはボウモアか??


今年はミニ・ミディトマトだけでなく、普通のトマトにも挑戦しました。
桃太郎(^-^)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.06.22【日記】

本日のニューボルタ ボウモアGCカスクNo.CM159

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.05.27【日記】

2012.05.25【日記】

本日の在庫整理 ボウモア GC2008

ザ・ゴールデン・カスクのボウモア
熟成年数:9年 アルコール度数:60.1% 容量:700ml
CASK NO.CM121
アイラの女王


味は塩っぽさでアイラicon14
加水してのフィニッシュに甘みがあります。
前回と同じ感想


アスパラとウィンナ-
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.05.17【日記】

本日の在庫整理 ボウアSMWS3.153


 SMWS 3.153
アイラの格言
『1にアードベック、2にラフロイグ、3にラガヴーリン、
ボウモアは別格』別名アイラの女王。
21年、50.8%
焙煎唐辛子、塩と灰、ペパーミント、ハーブとラベンダー

焙煎唐辛子が最も言いえて妙。塩味が加水すると甘みにかわる。
煙臭さはほとんどない。


『花の下にて春死なむ』西行ですね。
ミステリ-です。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧