呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2013.06.25【日記】

在庫『ウソ800本』 189イチローズモルト ユナイティング ネイションズ  


これはまだ半分ぐらい残ってますね。
以前紹介は2008/10/8(●^o^●)
当時『旨い』と書いてますが、社交辞令(;一_一)
『旨い』んだけど、値段ほどではない。
若干期待外れ(;一_一)。
セカンドを買わなかったのがその理由。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.24【日記】

在庫『ウソ800本』 188イチローズモルト 秩父 フロアー・モルテッド


今フロアーモルティングをうたっているのは、
アイラの数社のみでしょうか??
日本の蒸留所は、サントリーもニッカも、
スモーキーさを指定したモルトを輸入してるそうです。
未紹介(●^o^●)

夏野菜がちょっとずつ取れ始めました.
タマネギとジャガイモに家庭菜園の場所を取られるので、
夏野菜(キュウリ、ゴーヤその他)の植える場所が、
制限されたり、遅れます(;一_一)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.22【日記】

在庫『ウソ800本』 186 イチローズモルト ginkgo



発売時(発売前から)、話題になったギンコー(*^_^*)
日本の複数の蒸留所から原酒を調達して
ブレンド(ヴァッティング)。つまりサントリーとニッカ、
その他のモルト!!その他といえばマルス、御殿場、
軽井沢ぐらいですか??明石はないでしょう??
以前紹介は2007.11.21(^-^)
約6年前のオラの誕生日(@^^)/。
当時、たくさんのお祝いのコメント、あらためて
ありがとうございます。
これは、多分もう一本買っていたニューボトル。
katotomoさんのいわれるように、若干のスモーキーは
ありますが、ピーティはない。
呑みやすいグビグビ系(^-^)

下の娘が北海道へ旅行に行って、お土産にタラバガニを
送ってきました。
久々の『大阪一のカニ食い家族』です。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.21【日記】

在庫『ウソ800本』 185イチローズモルト 秩父 ちびダル


読みにくいけど、コメントでは4分の1のちびダルで熟成。
ラフロイグのコーターカスクのようなものでせう。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.20【日記】

在庫『ウソ800本』 184 イチローズモルト 秩父 ボートパイプ


未紹介(*^^)v
コメントにあるように(読めない( 一一))、
明るくオレンジがかった色合、重厚感のある甘さと
洋梨のコンポートを連想させる凝縮感のあるフルーツ。
クロープやベルモットのようなスパイシーさが心地よく、
その奥にオレンジ、香ばしい焼きたてのパンとイチゴ
ジャムのやさしい香りが特徴です。
こんなコメント無理(T_T)
素人は『旨い』でいいではないですか(;一_一)

素人は別の発言を・・・(^-^)
貰い物の1個約100円の卵卵かけごはんの朝食(*^_^*)



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.19【日記】

在庫『ウソ800本』 183 イチローズモルト 秩父ザ・ピーテッド


未紹介(*^^)v
コメントにあるように、スモークドベーコン。
それでいて甘い。この甘さはなんだろう。
しいていえば『桃』かな??スモーキー桃??
ボキャ貧の極みですな(;一_一)
クセになる味わい。

日曜日父の日に、出産後帰省している上の娘の高校時代の
友達が新生児をいじりにきました。
手土産に貰ったシュークリーム(^-^)

ビールゼリーをつけてくれました(*^_^*)
下の娘に食べられてしまった(T_T)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.18【日記】

2013.06.17【日記】

在庫『ウソ800本』 181 イチローズモルト MWR

MWRはミズナラ・ウッド・リザーブの頭文字。

 
以前紹介は2009.6.30
アルコール分:46%、ボトリング数:797本
色:明るいゴールド
トップノート:ココナッツ、マロングラッセ、華やか
味わい:複雑で深みのある味わい。
     ハーブ、洋ナシを思わせるフルーティ
フィニッシュ:穏やかで甘く、深みのある余韻が続く。
     スパイシー。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.16【日記】

在庫『ウソ800本』 180 イチローズモルト クラブの7


2009.5.9の紹介(4年前ですね)。
蒸溜所:羽生蒸溜所
蒸溜年:2000年
ボトリング年:2008年 アルコール分:59%(59.0%)
カスク#7004 容量:700ml ボトリング本数345本
ファーストカスク:ホグスヘッド
セカンドカスク:リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド
褐色がかった艶のあるゴールド。
メイプルシロップ、バタークッキー、チャーした樽を感じさせる。
バニラ系の甘みの奥からタンニンが顔を出す。
加水によりウッディーが強調される。

当時のオフィシャル・ーコメントです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.15【日記】

在庫『ウソ800本』 179 イチローズモルト クラブの6


2010.7.14の紹介
1st Cask Hogshead
2nd Cask Cream Sherry Butt
なかなかシェリーの甘みがよく出ています。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.14【日記】

在庫『ウソ800本』 178 イチローズモルト ダイヤの3



これは2009.6.29の紹介
仕事で使っていたパソコンのHDが壊れたので、
プライベートのパソコンを仕事に使って、
古いパソコンでアップしてますが、使い勝手が悪いです。
文字を大きくしたいのにできましぇん。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.06.13【日記】

2013.06.12【日記】

在庫『ウソ800本』 176 スケアクロウ

マルスに続いて、在庫『ウソ800本』にジャパニーズ(?)
を続けませう。


ベンチャーウィスキーなので、イチローズモルト。
『ブラック モルト ウィスキー10年』
真っ黒。以前紹介は2007.12.23
5年半前((+_+))よく残ってますね。
やはり、加水はもう一つ(;一_一)

毎日、枝豆を食べてます(^-^)

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.08.21【日記】

イチローズ モルト&グレーン 黒ラベル



ホワイトラベルはこちら
http://syakkindaimaou.usukeba.com/gsfkkwni3hdkep.html
ブラックラベルは『PREMIUM』の文字が(^◇^)
色は落ち着いたアンバー。
バニラ、コクのある焦がした砂糖菓子。
熟した果物を連想させるトップノート。
スイートで華やか、オイリー、重厚で複雑で長い余韻。
長期熟成原酒の特徴を感じるしっかりとした飲みごたえ。
ノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)。
アルコール度50%

アメ横で買った貝柱をおつまみに(^-^)
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2012.08.20【日記】

イチローズモルト ニューボーン カスク#:23

未紹介の秩父ニューボーン


#24が当初発売の4本と紹介してますので、http://syakkindaimaou.usukeba.com/e70918.html
次の発売でしょうか???
22http://syakkindaimaou.usukeba.com/e70859.htm
24http://syakkindaimaou.usukeba.com/e70918.html
81http://syakkindaimaou.usukeba.com/e56349.html
82http://syakkindaimaou.usukeba.com/e58127.html
が当初の4本??
23は何時でしょうか??
Distilled:March-April2008
Cask In Date: April 2008
Bottled: October 2008
とあり、6か月のみの熟成(;一_一)
カスクは、ニュ-・アメリカン・オーク・ホッグスヘッドとあり、
半年とは思えない色です。
香りはいいのですが、味わいはやはり未熟(>_<)
次からはハイボールにしませう。


自家製ゴーヤのチャンプルー(^-^)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.11.03【日記】

イチローズ モルト&グレーン



これはプレンデッドです。
秩父蒸留所のモルトをキーモルトに
全部で9蒸溜所のモルト原酒と
2蒸溜所のグレーンウイスキーをブレンド
したものだそうです。
柑橘系の香り、さわやか。
甘く軽やかヽ(^。^)ノ


CoCo壱番屋のカキフライカレー。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.10.08【日記】

イチローズモルト ニューボーンカスクNo.#80.

ニューボーンのウィスキーとしての価値を認めませんので、
ハイボールにしてます。
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.10.02【日記】

在庫整理 ”秩父ニューボーンCask#22” イチローズモルト

在庫のウソ800本の整理です。
死ぬまでに全て呑みつくすつもりです。
こちらは2010.05.10紹介の”22”



  こちらはここここ
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.09.26【日記】

在庫整理 ”秩父ニューボーンCask#24” イチローズモルト

在庫のウソ800本の整理です。
死ぬまでに全て呑みつくすつもりです。
2010.05.11紹介の秩父ニューボーン

山崎でニューポットを呑んだのと同じ感想ですね。
前回は、色が濃いだけにうまいかも??と書いてますが
『荒々しさ』だけを感じます。
数か月だけではやはり熟成感がない。
ハイボールにして酎ハイ感覚で呑みませう。
税理士としての感覚では、資金繰りのために発売???(-"-)

『読書の秋』です。
現代のシェヘラザード宮部みゆきの読書です。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.03【日記】

イチローズモルト ワインウッドリザーブ




< 蒸留所(肥土氏)より、コメント >
本製品は、赤ワイン熟成樽の空き樽を
ウイスキーの後熟に使用しました。

熟成樽を入れ替えるというひと手間が、通常の熟成とは
異なる複雑さをウイスキーに与える事となりました。
モルト100%のウイスキーの華やかさと、豊潤さに
フレンチオーク樽による個性が加わりました。
フルーティーなトップノート、ビターチョコレート、
オレンジピールなどの複雑な味わいが特徴です。
使用している原酒は羽生蒸溜所モルトをキーモルトに、
数種のモルトをヴァッティング、フレンチオーク製の
赤ワイン樽で後熟したピュアモルトです。
ワイン樽は、勝沼のワイナリーで使用されていた
国産ワイン樽です。
樽材はフレンチオーク、マスカットベリーAと
メルローを熟成していた樽を2種類使用しています。
また、ウイスキー本来の味わいを楽しんでいただくために、
冷却濾過や人工的な着色はしておりません。
以上『酒のやまいち』からのペチリです。
どこまでが< 蒸留所(肥土氏)より、コメント >
 かわかりません。

色:赤みを帯びた褐色。
香り:フルーティー、チョコレート
   フルーティー、華やか、非常に呑みやすい香り   
味:言われるほどのビターは感じない。
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧