呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2014.02.03【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 昼 かぎ卯

お昼は『かぎ卯』へ

アナゴ天丼ときつねうどん。

山崎到着
『ショコラセミナー』まで時間があるので、有料試飲

白州12年シェリーと知多グレーン
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.01.26【日記】

梅田1923

昨日25日(土)、鬼嫁様と映画を見てきました。

『利休にたずねよ』
タダ券もらったので、行ってきました。
出来は、金を払ってまで行くことはないだろうなと
思います。しかし、海老蔵は小泉孝太郎そっくり!!
オラの生活は貰い物で成り立ってます( ´艸`)ムププ
WWW.Wで食事をして帰ろうかと思ったけど、
残念ながら貸切日だったので、梅田1923

まずは白州の『森香るハイボール』

以前来た時は、こんなの無かったけどなと思ったけど、
以前はランチメニューで、夜はテーブルチャージが
つくからなのですね。

生ハムのシーザーサラダ

燻製5種盛(カマンベール、豚トロ、ゆで卵、さつま揚げ、いぶりがつこ)。

ウィンナー盛り合わせ
2杯目はカナディアンクラブ(撮るの忘れた(T▽T))

牛肉とポテト
あと海老とムール貝のアヒージョ(何故か写ってない)


3杯目は響12年。後ろにかろうじてムール貝が見えます。

4杯目はラフロイグ・クォーターカスクのアロマロック
すごいグラスですね。氷が溶けて、香り、味の変化を
楽しむらしい。
鬼嫁様は、白州のハイボールと響12年、プレミアム ファジーネーブルでしたが、『薄くて酔わない、最後はジュース』と言われてました。
酔わないので帰って飲み直し。
シンジケート

以前ボウモア8年についていたグラスはアロマロック用
なのかな??

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.12.19【日記】

『在庫ウソ800本』305 サントリーW特製No.5山崎

『在庫ウソ800本』新入荷(;一_一)
新入荷があるので、ウソ800本も達成できるでせう。
【ウイスキーショップW.オリジナルウイスキー第5弾】
当然というか『W』で購入(^0_0^)

『このウィスキーは山崎の個性あるモルト原酒をブレンダーが厳選し、丁寧にヴァッティングしたシングルモルトウィスキーです。
10年以上熟成を重ねたモルト原酒を、更に2年間赤ワイン
樽で熟成させることにより、繊細な果実香と濃厚な甘さ、フルーツケーキのような味わいのウィスキーに仕上がりました。最初の一杯は是非ストレートかロックでお楽しみください。』
とあります。
輿水さんから継いだチーフブレンダーの福與さんの好みでしょうか、ウィスキーオヤジ様の指摘通り、ワインカスク
フィニッシュが福與さんの試しか、山崎のノンエイジと
いい、ワイン樽フィニッシュが続きます。
このシリーズお手軽の値段と思ってたけれど、よく考えると300mlで3,150円といったら、700mlだと7,350で
結構高い値段ですね。ジェータク(^▽^)



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.18【日記】

『W』にて

『WWW.W』のセミナーを終えて、Tさんと歓談後も、
まだ午後5時。『W』へ向かいます。
響、白州、山崎を呑んだあとなので、アイラを(^^♪

ボウモア ダーケスト
オラの以前紹介とは違うような???
15年の定番になっていたのですな。知らなかった(゚Д゚)ノ

ラフロイグ コーターカスク

ラフの10年 カスクストレングス

知多グレーン
昼間っからよく呑んだ一日でした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.17【イベントレポート】

WWW.W ウィスキーマリアージュセミナー


グランフロントオオサカ最北部
サントリーウィスキーハウスWWW.W


ウィスキーマリアージュセミナー
平日の15:00なんかにするなよ(;一_一)
どういうセミナーかというと、ウィスキーと料理の
組み合わせと楽しみ方(*´∀`*)
まずはウィスキーの講義。サントリーの説明。

講師は山崎蒸溜所の福士氏(漢字が合っているかな?)

ウシュク・ベーハに始まるウィスキーの歴史。
モルトウィスキーとグレンウィスキーの違い。
ブレンデッドウィスキーとシングル(ピュア)モルト
ウィスキーの違い等々は省略。
本題の料理とのマリアージュ

まずは響12年、梅酒樽後熟がキーモルト。


厚揚げのチーズに響がよく合います。17年はアペリティフにはちょっともったいないような・・・・・・
12年は梅酒樽フィニッシュが特徴のため、食事の
アペリティフに合う気がします。

白州ノンエイジ


真蛸の燻製マリネ オリーブとハーブでまろやかな味わい



山崎ノンエイジのハイボールには、
パテ・ド・カンパーニュ(^▽^)
ピリ辛の自家製もろみ味噌と。この味噌が旨いですね。
ゆずが入って絶品。自家製で売ってないそうです。

料理が少ないなと思っていると、追加のお料理(^^♪
『海老カツサンド』と『厚切り宮崎産おいも豚ロースのグリル』

追加が豪華ヽ(*´∀`)ノ


デザートは山崎18年とクリームブリュレ(^^♪
満足の午後でした。
帰ろうと入口(出口?)に向かうと、ついこの間
山崎でお会いしたTさんと遭遇ヽ(*´∀`)ノ
しばし歓談(^^♪



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.10【日記】

『在庫ウソ800本』281 響 メローハーモニー


グラスが何で歪んでるのだろう??



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.30【日記】

『在庫ウソ800本』272 山崎 48%

イオン(ジャスコ)特製『山崎シングルモルト』
アルコール度48%

ジ・オーナーズ・カスクの記載はなく、シングルモルト
とあるので、イオン様にブレンド(ヴァッテド)された
ものでせう。
"シェリー樽モルトをキーモルト"とありますが、
よくできたシングルモルトと思います。
封を切るとシェリーの香りがパーと膨らみます。
加水しても薄っぺらくならず、甘味が増大。
サントリーの、毎年出ていた別売シリーズ
(そういえば今年はありませんね)の半値程度ですので
お勧めかなと思います。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.19【日記】

サントリーザ・プレミアム・モルツ うまい!がすごい④

大きな荷物が届きました。
鬼嫁様の怒りが爆発(ーー゛)

なん~かよくわかりませんね。
でっかいスーツケース(^0_0^)

なるほど、3種類全部入ります。
『写真とったら(ブログに載せたら)捨ててよね』
男のロマン(そんなええもんか)わからんやっちゃな
(ーー゛)
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.10.08【お酒のレビュー】

サントリーザ・プレミアム・モルツ コクのブレンド

芳醇でまろやかなコク

今だけの味わい

ウチワエビを買いました。
似た種類か同種か、『タビエビ』とか『セミエビ』が
あります。
結構というか、かなり旨いのです。
以前に紹介しているかと思いましたが、楽天の購入履歴を
みると10年前。

なーんか人の顔みたいですね(-_-;)

味は伊勢海老に近いです。




 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.07【日記】

サントリーザ・プレミアム・モルツ うまい!がすごい③

グラス+専用グラススタンド

左がプレゼント 底にくびれがあってサーバーに
引っ掛けられるようになってます。
右は工場見学でもらえるグラス(^。^)
180点のフルセット。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.06【日記】

2013.10.05【日記】

サントリーザ・プレミアム・モルツ うまい!がすごい①

絶対もらえるキャンペーン(^.^)

クリーミー生サーバー( ^∀^)
鬼嫁様に言わせると、邪魔くさいし、邪魔になる。
ええやん、男のロマン。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.20【日記】

サントリー「ジャパン ブレミアム」甲州

最後は 白 甲州
この方も紹介されてます。

ジャパン プレミアム 甲州
これだけ 2012ですね。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.19【日記】

2013.09.18【日記】

サントリー「ジャパン ブレミアム」ロゼ

登美の丘へ行って、ワインを仕入れました。
宅配便で送ってもらって、クール便だったので、鬼嫁様から
「冷蔵庫へ入らへんやないの!!!」とお目玉(;゚Д゚)!
ジャパン プレミアム マスカットベーリーA ロゼ

帰ってきている下の娘がロゼがいいというので
ロゼにしました。
家族3人では、残ることなく、食事時に空になりました。
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2013.09.10【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 登美の丘ワイナリー⑥

ブロガー向けイベントの最後は懇親会(*´∀`*)


ジャパンプレミアム甲州2012、
ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA2011
登美の丘ワイナリー 登美の丘 甲州2012
登美の丘ワイナリー 登美の丘 シャルドネ2011
登美の丘ワイナリー 登美の丘 赤2010
呑み放題

料理も多数(他にもいっぱい)(^0_0^)

『国産ワインコンクール2013』金賞受賞
3本も限定ですが提供されてます。
ジャパンプレミアム かみのやまメルロ2011
ジャパンプレミアム マスカットベーリーA ロゼ2012
登美の丘ワイナリー 登美 赤2008


電線が邪魔ですが、帰りに富士山も見えました。
楽しい(暑かったけど)一日でした。
サントリーさん、ありがとうございます。

帰りは身延線で静岡から新幹線。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.09【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 登美の丘ワイナリー⑤

ワイナリー見学の最後は試飲コーナー('∀`)

グラスワイン5種類

おつまみはチーズ3種類
左から


登美(白)2010 蒲萄:シャルドネ100%
柑橘系の香り

登美の丘 カベルネ・フラン 2005
蒲萄:カベルネ・フラン 100%
フレンチオーク樽のタンニンが感じられる。スッキリ系

登美(赤)2008 蒲萄:カベルネ・ソーヴィニヨン64%
メルロ22% プティ・ヴェルド14%
『絶妙にブレンド』とあります。
秋口に雨が多くて、メルロの出来が悪くカベルネが多くなったそうです。

登美ノーブルドール1997 貴腐ワイン
なんと52,500円(*´∀`*) 甘い
貴腐ワインって聞いたことはあるが、飲むのは初めて。
5つめは謎

2番目と同じ、カベルネ・フラン1975
えっ(@_@。 1975!!38年ものΣ(゚д゚lll)
感想は2と同じ。ウィスキーと違って年数の熟成は
感じられません。
販売するほどの量は残っていないので、こういう場で
提供されるそうです。
でも高級ワインばかりの試飲でした。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.08【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 登美の丘ワイナリー④

毎晩酔っ払ってアップしてるので、失敗したか
消えてました。醸造&貯蔵編



まず積んだ葡萄から実のみを外し、
(枝っていうのかな??)節(??)を除きます。

そして、醗酵。酵母を加えます。
赤ワインはその皮に酵母があり、自然のままの醗酵と、
『こういう味にしたい』という場合は酵母の追加。
白ワインも皮がないのに酵母もあり、付け加えも
あるそうです。
アサヒのイタリアワインセミナーで訊いたときは
白は酵母を加えると聞いたので、白ワインも自然の
ままでも酵母はありますと言われ、びっくり。

貯蔵庫へ
山の中腹をくりぬいたトンネル。
ちょっと寒いぐらいです。

ウィスキーと違って、アルコール度低く、樽で熟成と
いうより、保管という要素が強いようです。
『天使の分け前』はほとんどなく、水位(?)が
下がると補充して口いっぱいを保つそうです。
樽の種類はほとんどフレンチオーク。
一部、山崎のノンエイジその他に使うため、ミズナラや
その他も使うそうです。

字が見えませんが
Suntory Yamanashi  Winery
Since 1909 とあります。
山崎が1923なので、それより古い(^Д^)
高谷技師:サントリーって何の会社と思いますか?
     ウィスキーの会社と思ってる方?(ぱらぱら)
:ビールの会社と思ってる方?(ぱらぱら)
:清涼飲料の会社と思ってる方?(ぱらぱら)

:セサミンとかサプリの会社と思ってる方(なし)
:ワインの会社と思ってる方?(オラを始め多数)
そうなんですね。『赤玉ワイン』で稼いだお金で
ウィスキーに投資し、ウィスキー(特にオールド)で
稼いだお金でビールに進出。ずっと赤字だったのが、
モルツ・プレモルで黒字。
ちなみに稼ぎ頭は清涼飲料だそうです
(最近、上場しました)。
このワイナリーは1936年に買い取って、いろいろ
研究、開発を重ねてきたそうです。




 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.09.07【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 登美の丘ワイナリー③

昼食のあと、ぶどう畑の見学。
この方の後追いなので、重複はご勘弁(ー_ー)!!
 
高谷技師の解説です。話の面白い方でしたが、やはりと
いうか、大阪人らしいです。食事前の画像も含めます。
雨がない方が葡萄にはよいらしく、大きなてるてる坊主
を作られるそうです。

顔は写ってませんが(望遠です、近くまで行く体力はない)、例年『へのへのもへじ』だったのに、今年は少女
漫画風の、目の中に綺羅星のある力作だったそうです。

登美の丘最高値『展望台』からの眺望。

台風もなく、あまりの暑さに麦わら帽子の配給の下、
蒲萄畑の見学(^Д^)

見学地は、葡萄の種類で『メルロ』と『シャドルネ』との
境目・

葡萄は接木で増やしていくので、根元に接木位置が
わかります。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.09.06【日記】

サントリーのサントリーによるサントリーな一日 登美の丘ワイナリー②

食事は、サラダ、パン、メイン
A肉料理 富士桜(お相撲さんではにゃい)ポークの
赤ワインソース+『登美の丘 赤2010』
B魚料理 山梨県産 甲斐サーモンのポワレ
+『登美の丘 シャルドネ2010』
一杯(ケチ(-"-)お代わりはないのか(-"-))

最近肉を食べなくなったので、もちろん魚。
(40年以上前の小学生時代は肉をたべられなかった)

もったいつけるわけではありませんが、毎日酔っ払って
アップしているので、また明日。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧