呑んだくれの「いないいないばぁっ!!!!」

アルチューハイマー症患者の戯言・・・・

2014.01.19【イベントレポート】

百田尚樹さんの某生保主催講演会

おとつい某日本生命の辛坊治郎さんの講演会
載せましたので、ちょっと古いけど昨年の10月1日の
百田尚樹さんの講演会を載せます。
尼崎市のあましんアルカイックホール

題は『50歳からの小説家デビュー』
今上映中の『永遠のゼロ』や
『海賊とよばれた男』
作者。元探偵ナイトスクープのプロデューサー(^▽^)


探偵ナイトスクープの最高齢のマジシャンの話が
面白かったです。
生命保険は全く入っていないらしい(^0_0^)

続いて懇親会


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2014.01.14【イベントレポート】

酒蔵みてある記『御代菊』2014

今年も始まりました近鉄ハイキング酒蔵みてある記

昨年は2月でしたが、1月に戻りました『御代菊』
1月12日、昨年同様、飛鳥からスタート

今年は若干別のコース

鬼の雪隠、鬼の俎板(省略)、亀石

1266名参加

例年呑み放題なのに、今年は生酒とにごり酒の2杯のみ。
来年から参加はやめよう(ーー゛)

夜は、昨年同様、『かき金』にて、元同期と新年会
昨年8人、今年は10人

 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 日本酒
この記事を評価するGood

2013.11.17【イベントレポート】

WWW.W ウィスキーマリアージュセミナー


グランフロントオオサカ最北部
サントリーウィスキーハウスWWW.W


ウィスキーマリアージュセミナー
平日の15:00なんかにするなよ(;一_一)
どういうセミナーかというと、ウィスキーと料理の
組み合わせと楽しみ方(*´∀`*)
まずはウィスキーの講義。サントリーの説明。

講師は山崎蒸溜所の福士氏(漢字が合っているかな?)

ウシュク・ベーハに始まるウィスキーの歴史。
モルトウィスキーとグレンウィスキーの違い。
ブレンデッドウィスキーとシングル(ピュア)モルト
ウィスキーの違い等々は省略。
本題の料理とのマリアージュ

まずは響12年、梅酒樽後熟がキーモルト。


厚揚げのチーズに響がよく合います。17年はアペリティフにはちょっともったいないような・・・・・・
12年は梅酒樽フィニッシュが特徴のため、食事の
アペリティフに合う気がします。

白州ノンエイジ


真蛸の燻製マリネ オリーブとハーブでまろやかな味わい



山崎ノンエイジのハイボールには、
パテ・ド・カンパーニュ(^▽^)
ピリ辛の自家製もろみ味噌と。この味噌が旨いですね。
ゆずが入って絶品。自家製で売ってないそうです。

料理が少ないなと思っていると、追加のお料理(^^♪
『海老カツサンド』と『厚切り宮崎産おいも豚ロースのグリル』

追加が豪華ヽ(*´∀`)ノ


デザートは山崎18年とクリームブリュレ(^^♪
満足の午後でした。
帰ろうと入口(出口?)に向かうと、ついこの間
山崎でお会いしたTさんと遭遇ヽ(*´∀`)ノ
しばし歓談(^^♪



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.11.09【イベントレポート】

アサヒ ラボ・ガーデン ウィスキー上級講座

アサヒラボガーデン
ウイスキー上級講座
~ウイスキーの個性とブレンドの技を知ろう~
普段ウイスキーをお楽しみの方、もっと深く知りたい方
向けのウイスキー上級講座です。
6種の原酒(モルトウイスキー:5種
カフェグレーン:1種)をテイスティングして
いただき、ウイスキーの個性を感じながら製法や
ブレンド技術を学んでいただく90分です。
自然の恵みや樽熟成の神秘とともにウイスキーの世界を
楽しみましょう。

昨年も10月24日、12月3日に行われています。
まずはウィスキーの講義

前回聞いたかも知れないが覚えていないのですが、
航海で水の代わりに『生命の水』として、
炭酸を積んでいたそうです。
ハイボールは、『ウシュク・ベーハ』+炭酸で、
『生命の水』の2乗(#^.^#)

すごい『天使』の分け前ですね。
スコットランドの『妖精』らしい。


余市ピーティ&ソルティ


余市ウッディ&ヴァリニック

宮城峡フルーティ&リッチ 


宮城峡シェリー&スウィート

カフェグレーン

それぞれをティスティングして、
マイブレンドを作ります。


昨年はスポイトはなかったような・・・・
スポイトを貰って帰りました。
もっとお金を払ってもいいから、180mlのボトルを
全て提供いただいて、ブレンドした作品と、残りの
ウィスキーをお持ち帰りできるイベントを望みました。

 
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2013.10.28【イベントレポート】

梅乃宿 酒蔵開き2013


いつもは11月
昨年一昨年

大吟醸より試飲が並びます。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.18【イベントレポート】

アサヒビール 世界のビール講座

山崎に先立って
午前中は、アサヒビール 世界のビール講座
ベルギービール編
前回2013.7.14と同じカリキュラム(^0_0^)
前回と同じ以前の職場の同僚3人と参加
世界のビール講座は、
西宮工場を含めると6回目ですかね。

吹田名物 カブト


案内・講師はIさん


本日のカリキュラム 座学からスタート

ベルギービールって800も銘柄があるらしい。

ヒューガルデンホワイトの歴史
その後工場見学。なぜか撮影禁止(・。・;

アサヒの歴史。
ベルギービールのティスティング

ステラアルトワ
ピルスナータイプ ラガービールつまり下面醗酵
世界で一番売れているらしい。

ヒューガルデンホワイト
酵母が生きていますので、酵母を落ち着かせて呑むのと
酵母を攪拌してのむのと2種類の試飲。
まぁね味音痴はほとんどかわらにゃい。

レフ ブラウン 修道院ビール6.5% 
アルコール度高め

試飲はスーパードライ
なんか、売店のおつまみは買って食べていいとかで
オコゲ以外にチーズをおつまみにしました。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2013.10.14【イベントレポート】

英国フェアに行ってきました。

毎年恒例の阪急百貨店 英国フェア
以前の職場の3人と行ってきました。
昨年は2012.11.11(^0_0^)
オラの好きなカリラを呑んだ事がないというT氏の言に

フリスクウィスキー カリラ

2杯目はお勧め ベンリアックの赤 シェリー

WSJ渡辺社長のお勧め
キングスバリーのボウモア10年

58.2%

最後はグレンファークラスの105 60度(^^♪

軽く食べて帰りました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.10.01【イベントレポート】

ザ・グレンリベット・ガーディアンズ・パーティ

9月30日OBPのホテル・ニューオータニで
表記のイベントが行われました。

グレンリベット4本の試飲(^。^)
定番の12年

新発売なのでしょう。クラシック。

ヨーロッパではチョコと合わせたそうですが、
日本では白餡の菓子。

香川県坂出市の『名物かまど』
チョコのように油性分がないのでよく合うとのこと。

リバイバル 色が薄い 淡白

合わせるのは水ナス(ノ∀`)

エキゾチック 参加者の中でもっとも評価の高かったもの
約100人未満の参加者中40人が支持。

合わせるおつまみは『イブリガッコ』秋田の名物。
昔、山崎のセミナーで、講師のTさんが
これを山崎12年に合わせていたのを思い出しました。


後はバイキングパーティ

左25年、右21年











 
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2013.07.14【イベントレポート】

アサヒのアサヒによるアサヒな午前 世界のビール講座

しばらくぶりに、アサヒビール『世界のビール講座』
初回参加は、2011.6.11(*^^)v

吹田工場名物『兜』


以前と違って『ベルギービール編』
ベルギービールって800もの銘柄があるらしい。

講義の後、工場見学。
戻って試飲。

ステラ・アルトワ
初回時にありました。

ヒューガルデン・ホワイト
2本あるのは、残っている酵母をのけて呑むのと、
混ぜて呑むのと比べるため。

レフ・ブラウン   (修道院ビール)
これは初めてです。
ロースとしてコクがあります。

試飲は、スーパードライ、ドライブラック、
氷点下のスーパードライ、ブラック
3杯まで。

売店で、ベルギービール3種類が売られてました。

 

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ビール
この記事を評価するGood

2013.05.13【イベントレポート】

■備前焼の不思議! ~備前焼でアサヒビールを美味しく飲もう!~




伝統工芸士 菅形 基道先生の備前焼についての講義を
受け、備前焼でビールを呑むイベント。

備前焼のカップを配るアシスタントの女性が一つ
落しました。
『投げても割れぬ、備前すり鉢』といわれる位、堅く
焼き締められているとあり、実際割れませんでした。
拍手喝采(●^o^●)


赤っぽい備前は『ヒダスキ』といって藁で巻いて、
電気窯で焼いたもの

おいしい注ぎ方の講義、実演

実際、きめの細かい泡立ちです。
昼間っからのむビールは旨い(^-^)


COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2013.02.04【イベントレポート】

サントリーのサントリーによるサントリーな1日、午前

午後はウィスキー工場だと、午前はおきまりのビール工場

案内は吉田さん&吉田さん
(一般見学でも吉田さんが担当されていて、工場に
3人吉田でかしまし娘。 ゴメン)







同行のお友達です。



試飲は3杯。フツーのプレモルに黒、自分で注ぐ3杯目



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2013.02.03【イベントレポート】

山崎蒸溜所「シングルモルト&ショコラ」セミナー

今年も始まりました。山崎蒸溜所でマリアージュ体験!
「シングルモルト&ショコラ」セミナー
初日に参加(●^o^●)
イベントではやはりこの方と遭遇((+_+))
過去の投稿をみると多分2008年から開催
2009年は抽選に外れ、2010年2011年2012年

昨夜から降っていた雨もやみ、暑いくらいの好天気。


案内は、T中さんとS道さん。
くしくも昨年始まった『THE YAMAZAKIセミナー』
と同じメンバー(^-^)
おきまりの工場見学へ
「山崎初めての方は??」
「はいっ!!」と手を挙げる。
「今日は初めて!!今年は初めて!!」

今まで気がつかなかったけど、初溜釜のうち半数の3つはコンデンサーが室内にありました。
理由を尋ねると、スワンネックの形状で外まで届かない
からとのことでした。

1月中は貯蔵庫の見学はできなかったらしいのですが、
2月から再開。No1の樽がなくなっていました。
お散歩中らしいです。

「山崎の水は売っていない」とのお言葉に、
「知らんなぁ、売ってんねんど」と反論。
こちらこちらに載せてます。南アルプスも。
「シール貼ってるんじゃないですか???」
疑り深いな(;一_一)

今年は山崎10年がノンエイジの山崎に変更

ノンエイジと枇杷。山崎12年とノワドココ

山崎18年とマロン、白州12年とカフェ。
セミナーに先立って試飲コーナー

マクレランの4本をセットで試飲
ローランド、ハイランド、スペイサイド、アイラ
すべて100円で合計400円(*^_^*)



 

COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2012.11.18【イベントレポート】

ロレンツォ・ゾーニンさんに学ぶ イタリアワインセミナー!

アサヒ ラボ・ガーデン
ロレンツォ・ゾーニンさんに学ぶ
 イタリアワインセミナー!
ゾーニン社のゾーニン氏なので御曹司???


ワインって全く知らない(ウィスキーもよく知らないが、名前ぐらいは知ってます)
ので、退院してすぐですが参加してきました。
5種類のワインをティスティング(*^_^*)
退院後の手はこんな具合です。

網目包帯は自分で買いました。
一般的なワインの説明の後ティスティング(^v^)
一番目は左から2番目

シャルドネ(ブドウの名前)1,000円位
(値段という俗な質問はオラです)
2番目は左端

ソアヴェ(北イタリアの村の名)
ワインの難しいところは、材料のブドウの名のワインや
作られた地域の名のワインのあるところだそうです。
1,200円~1,300円
3番目から赤ワイン

カベルネ・ソーヴィニヨン
世界で最も名の知られているワイン用の
ブドウの品種の1つ。1,000円位。

キャンティ(キャンティ地方で生産されるワイン)
1,300円位
特徴は大きな樽での熟成

最後はアマローネ

なっ、なんと6,000円





COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ワイン
この記事を評価するGood

2012.11.17【イベントレポート】

大エルミタージュ美術館展




入院前です。
『のぼうの城』鑑賞後、しゃぶしゃぶを食した後
京都市美術館へ
美術展は4年ぶり(*^_^*)
シャガールはまたやってますね。
まぁ、それほど芸術に興味もないので、
タダ券もらったから行ったぐらい(夫婦とも(;一_一))
ほとんど具象画ばかりなので、充分鑑賞(^-^)


あ『玉乃光』大吟醸 雄町
秋の味覚、マッタケのお吸い物
(実は香りは『永谷園』(;一_一))


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.11【イベントレポート】

英国フェア2012

ちょっと仕事が立て込んでて行けなかった
例年より1カ月遅れの、阪急百貨店『英国フェア』
土曜仕事休みで、税理士仲間の勉強会帰りに参加。

WSJ渡辺ジュニアお勧めのGCダルユーイン
家へ帰ってアップしてみると、うそ800本の在庫に
ありました。今年の6.24に紹介済み(;一_一)
ボトルNo.が147と148の違いがあります。
当たり前か。ボトルNo.が同じであるわけがない。

2番目はローズバンク。
渡辺社長が注文を聞き間違えて、
グラスに用意したものを押しつけられたもの(;一_一)
しゃあないなぁ(;一_一)945円を630円で吞。
OMC21年ローズバンク。
うそ800本の在庫になかったかと調べたら、19年
お隣のお嬢様(?)より、感想を聞かれ、
安くなった分を嘗めてもいいですよと言うと、
これは旨いとおっしゃってました。

先週、仕事帰りに尼崎の某バーで
ワンショット2,000円。
ここでは515円だったか420円だったか
アードペックガリレオ(^-^)

ジョン・ミルロイ フリスキーウィスキー
リンクウッド。
WSJ渡辺社長お気に入りらしい『セメダイン』
うぅーん、開いても『セメダイン』
絶妙の表現(^◇^)

締めはシンジケート(*^_^*)
プレンデッドの妙
最近、レシピが変わったらしいが、
もちろんわからにゃい。








 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.05【イベントレポート】

梅の宿 蔵開き2012

昨年に引き続き『梅の宿』蔵開き(^-^)

JR環状線天王寺から近鉄阿倍野駅~近鉄新庄

阿倍野ハルカス



『お味見券』1枚で3杯呑めます。
追加は1枚300円。



鯛の塩辛。日本酒には塩辛がよく合います。

炙り揚げが旨いです。

たまたま、同じテーブルになったお嬢様(?)方と
仲良くなりました。
酒呑みは楽しいですね。すぐにお友達になります。


フェイスタオルがついてました。
去年はなかったなと思ったら、去年はお土産ボトルを
いただいてました。(^-^)
字が小さくなりました。相変わらず使いにくいサイトです。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.11.04【イベントレポート】

It''s Whisky Time. ~ウイスキーの世界は奥深い~

アサヒビールの後は嫌がれるほど行ってる
山崎蒸留所セミナー
It's Whisky Time. ~ウイスキーの世界は奥深い~

始まったのは、正確な日は記録してませんが、
2011年の春ですね。
最初のハイボールは『山崎10年』『山崎12年』
『バランタインファイネスト』『ジャック・ダニエル』
でした。
ウィスキーねこ様と同行させていただいた時は、
角ハイと山崎10年、ジャックダニエル、
山崎12年はプレンダーティストに変わってました。

同行は、前勤務某金融機関の外為の『横山のやっさん』
『横山やすし』タイプの大好きな先輩です。
山崎は初めて(オラも初めて(^-^))
受付でなじみのF林さん。かつて芸能人の某に似ている
といって嫌われた方(;一_一)
『呑んだくれさんともう一人ですね!』
『なんでオラの名前知ってんねん。』
『W』のお松様同様、名前も声も割れてるみたい。
『今日は講師??』
『3回目です』(1日3回のセミナーです)
オラは本日の2回目の参加(^-^)

講師はT中さん。ご結婚されているかどうかは
知りませんが、以前からおられたご結婚されている
T中さんよりは若い方。何回か見かけてます。
面が割れてないと思い、『初めて』との言に
即『却下』(;一_一)
Wといい、山崎といい、かなり面が割れているな。



まず、角ハイの製作、試飲

あと、山崎と白州のノンエイジのハイボールが配られ、
山崎12年のプレンダーティストとなりました。

同じセミナーでも、提供ウィスキーが替っていきます
ので、何回も参加していいのでしょうか。
(顔がさしている呑んだくれの自己弁護です)
(;一_一)



COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2012.11.03【イベントレポート】

アサヒビール 世界のビール講座

毎年、春秋恒例になったのか、
『アサヒビール、世界のビール講座』

オラの記録では、最初(アサヒで最初かどうかは
知らにゃい)は、
『世界のビール教室でした。2011年の6月です。
2011年12月も『世界のビール教室です。
2012年2月には『世界のビール講座』に変わってました。
西宮工場です。3月の吹田工場も『ビール講座』です。
『世界のビール講座』に統一されたのでしよう。
内容は一緒。
ツレの友達、先輩、後輩をいろいろ替えて、
新しい『呑んだくれ』を増やしています。





ビールの歴史から日本のビール(省略)

講師のMさん。
工場見学の後試飲(工場見学は撮影不可)



世界のビールは、
ドイツ『レーベンブロイ』下面発酵(実は日本製)
ベルギー『ヒューガルテンホワイト』下面発酵、発泡酒
イギリス『バスペールエール』上面醗酵
オラの参加したアサヒ『世界のビール○○』の中で、
初めての時だけ、アサヒがライセンス製造している
『レーベンプロイ」ではなく『ステラ・アルトワ
でした。
お隣にご夫婦で来られていた方がいらして、
楽しい会話をさせていただきました。
お酒の好きな人とはすぐに仲良くなります。
ありがとうございます。


おつまみは『オコゲスタ』
袋の色が濃くなってますね。
いっぱい買って帰りました。




 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2012.10.26【イベントレポート】

アサヒラボガーデン

アサヒラボガーデン
ウイスキー上級講座
~ウイスキーの個性とブレンドの技を知ろう~
普段ウイスキーをお楽しみの方、もっと深く知りたい方
向けのウイスキー上級講座です。
6種の原酒(モルトウイスキー:5種
カフェグレーン:1種)をテイスティングして
いただき、ウイスキーの個性を感じながら製法や
ブレンド技術を学んでいただく90分です。
自然の恵みや樽熟成の神秘とともにウイスキーの世界を
楽しみましょう。

さる10月24日アサヒラボガーデンで、
ニッカウィスキーのイベントがありました。
実は、『鬼嫁様』の誕生日(>_<)(T_T)/~~~
イベントには、いつも見かけるウィスキーオヤジ様も。


ウィスキーの歴史の講義から


世界の5大ウィスキー、ニッカの歴史へ(^-^)






①余市ピーティ&ソルティ
③余市ウッディ&バリニック
④宮城峡フルーティ&リッチ 
⑤宮城峡シェリー&スウィート
⑥カフェグレーン   って
モルト5種、グレーン1種にモルトが一つ足りない。
まさか②『未貯蔵原酒』も加えるのかな???
ちょっとティスティングして、残りでマイブレンドを
作るという企画でした。

①+③=シングルモルト余市
④+⑤=シングルモルト宮城峡
①+③+④+⑤=ピュアモルト○○12年
 竹鶴12年??でしょうね。
+グレーンでブレンデッドニッカ(^-^)

もっと参加費と時間がかかってもいいから、
宮城峡マイウィスキー塾のようにお持ち帰りのできる
イベントにして欲しいと要望しました。
S社(サントリーです)では原酒のお持ち帰りもできる
イベント
があったことも伝えました。

大阪でのイベントで、また、いつも言ってますが、
関西・大阪でのニッカ・アサヒはウィスキーの営業努力
が足りない(>_<)、お隣の方も宮城峡なんて知らない
っとおっしゃってました。特に関西ではニッカ製品の
浸透がないと思ってますので、いい企画でした。


COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2012.07.23【イベントレポート】

アサヒのアサヒによるアサヒな午後

土曜日の午後は、アサヒ・ラボガーデン
■氷点下のスーパードライを触って、注いで、飲んで体験! 








うまい樽生とエクストラコールドの仕組み

最後は自分で注いで2杯目。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ビール
この記事を評価するGood

プロフィール

呑んだくれ

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧