【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2014.09.26【お酒のレビュー】

【おすすめ商品ご紹介♪】1960年代ボウモアの誘い(オールドボトルのご案内)

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
管理人のやぎゅーです。
-------------------------------------------
本日のナイトブログは

【おすすめ商品のご紹介】

これまでにも何度かご紹介している
「オールドボトル特集」
からの再入荷&新発掘ボトル達です。

見ているだけで
惚れ惚れとする
市場から失われし、
往年の伝説級ボトル達。

長々と書きますが
気になったら
画像だけでも見てやって下さいませ。

オールドボトル自体、
 その中身は当時の原酒が詰められ、
ボトルの中で長い眠りについた
失われ行く(or失われた)味わい。

振り返って現行品では
オールドボトルのような
古酒は最早現実的でない
高騰・枯渇を呈しているところ。。。

オールドボトルは現行品の超熟・長熟と
肩を並べて往時の偉大な味わいを今に伝える
価値ある存在
でもあるのです。

季節は秋に近づき、
滋味深いオールド原酒の
魅力をじっくりとご堪能ください。
----------------
と、前置きをさせて頂いたところで、
まずは掲題の
「1960年代ボウモア」
から参りましょう。

1本目はまさに
『伝説のボトル』

オフィシャルヴィンテージの
同シリーズでもこの1965と
1967の2回しかリリースのない
”フルストレングス”仕様。

WHISKYFUN.COMでも
残念ながらNo Noteですが
92pointsの高評価を獲得。

やぎゅーもまだカウンターで
お目に掛かったことはありませんorz
一生に一度、
いつか飲んでみたい1本
です。

BOWMORE [1965]
FULL STRENGTH
VINTAGE LABEL
SHERRY CASK


お次は1967。
上記で言う”フルストレングス”
ではありませんが、
今まで生き残ってくれた
ボウモア黄金期からの1本。
期待せずにはいられません。

BOWMORE [1967]
VINTAGE LABEL
SHERRY CASK


1960年代の締めは
これまでも多くの伝説ボトルを
輩出している1969ヴィンテージ。

”バイセン”は言うに及ばず、
オフィシャル25年も高い評価となった
まさに文字通りの「当たり年」。

また、もしニューリリースされたら。。。
と恐ろしくなる高騰具合に照らしても、
十二分に価値のある1本です。

BOWMORE [1969]
VINTAGE LABEL
SHERRY CASK

---------------------
1960年代特集に続いては
1970年代からのボトラーボトルも集合!

まだストックも潤沢だった時代の原酒。
今では考えられない
多くの選択肢から選び抜かれた
期待のボトル達です。

最初は当時も他社より抜きん出た
ストックは間違いないことでしょう。
老舗GMからセスタンテ向けに
選び抜かれた1本。


WHISKYFUN.COMでは
1970年代原酒で最も高い評価を
獲得している、
ジェネレーションを代表する怪物ボトル
です!

GM BOWMORE [1971] 18yo
for SESTANTE
CREST LABEL


続いてはプライベートボトルの位置付け。
この後1980・2000年代にも
話題のリリースを実現させた
”プレストンフィールド”向けのボトル。

瓶詰め当時の熟成自体は
長熟とはいきませんが、
オールド市場でも人気のシリーズだけに
高い興味を持たせます。

BOWMORE [1972] 16yo
for PRESTONFIELD


ラストは伝説的な”1966ブーケット”を
輩出しているサマローリ。

こちらは1970年代の原酒。
意外にも比較的流通量は少なく、
なかなか市場でもお目に掛かれない
1本。

当時のボウモア原酒と考えれば
まだ現実的なプライスレンジでもあり、
一考の価値ありなボトルです。

SAMAROLI
BOWMORE [1975-1990]

------------------
ここからは新たに現地から掘り出した再入荷のボトル達。
実際、前回よりも僅かながら高騰基調。
やはり見かけた時が買い時の原則
今後も間違いなさそうなところです。
-------

まず、ハイランドからの再入荷は
『伝説のグレンモーレンジ 1963ヴィンテージ』
どうにか現地のマーケットの奥の奥の奥から
掘り出すことが出来ました。

オールド市場でも貴重なグレンモーレンジ。
その真髄を体感させるレジェンドボトルです。

GLENMORANGIE
22yo [1963]


そしてローランドからは前回ご好評頂いた、
『ローズバンク』の”Zenith import”もの。

まずは希少なカスクストレングスボトルから。

ROSEBANK 15yo 1980s
"Zenith import"(61.0%vol.)


そして更に上をいく「20年」モノ
緊急確保!!
奇跡的としか言いようのない1本。

"WHISKYFUN.COM"では93pointsという
高評価で迎えられた偉大なボトルです。

ROSEBANK 20yo
"Zenith import" 1980s

------------------------------- 
それでは本日のブログはここまで。

みなさまの”酔い”夜をお祈りして♪
-------------------------------
【プライベートボトル新作♪】

238本限定販売
Morrison&MacKay-SHINANOYA
2年越しのジョイントボトリング

「今」飲むべき1980年代原酒。


「詳細のご紹介ブログはこちら↓↓↓」

====================
【今が旬のおすすめボトル♪】

久々に出ました
バイヤー北梶おすすめ♪
マーク。

マーク・ワットの選んだ
中熟アバフェルディーは
今飲んでも良し、
寒くなる時期にゆっくりと
楽しむもよしの万能選手。

CADENHEAD
SMALL BATCH
ABERFELDY 17yo [1997]


合わせて再度のご紹介♪

マーク渾身の1本は、

”1976”を彷彿とさせる
トロピカルフレーバーを随所に帯びた、
日本限定シングルカスクリリース。

CADENHEAD
SMALL BATCH
TOMATIN[1978] 35yo
HOGSHEAD

---------------------------
『年に一度の注目特集!』
 
『今年、更なるピークを迎えています!』
 
----------------------------------------------
『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』

この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2020年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。