【SHINANOYA SAKEDORI SHOP】

"SHINANOYA NET SHOP"(信濃屋ネットショップ)の新着情報やリリース予告など、 みなさまに役立つ情報を随時ご紹介していきます!

2019.10.17【商品紹介】

【SHINANOYA プライベートボトル新作リリース情報確定版 October.vol.4】『和--Nagomi--』 ウィスキーエージェンシースプリングバンク 1992 for SHINANOYA

お世話になっております。
SHINANOYA NET SHOP
副管理人の沢目です。
---------------------------------

今回は
【プライベートボトル
リリース予告確定版vol.4】 
でお送りします!

信濃屋プライベートボトルでも人気のシリーズ
第10弾目
となる1本をご紹介!!

『それでは参りましょう↓↓↓』
-------------------------
【ご注意】

こちらは、バナー・ボトル画像が
ページへのリンクになっております。★

こちらは、
10月18日(金)
12:00(正午)より

サイトオープンとなります。
上記時刻まではサイトは
ご覧頂けませんのでご注意下さい。

*Pls click photo of  bottle in lower part to enter to site.
The site will open at noon.

-------------------------
なお、事前にお電話・メール等で
お問い合わせ頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、

あらかじめご了承ください。
Please note that you cannot accept them at the
online store even if you contact us by phone or
e-mail in advance and apply for a reservation.

=================================


限定入荷244本
THE WHISKY AGENCY×SHINANOYA 和-NAGOMI-10th

Japanese Art Nouveau.

THE WHISKY AGENCY
SPRINGBANK[1992] 25yo
HOGSHEAD
- Nagomi - 

for SHINANOYA

700ml/49.2%vol./ 244 btls/
 Excl TAX. 59,900yen(税抜59,900円)
Incl TAX. 65,890yen(税込65,890円)
人気ブランド「ザ・ウィスキー・エージェンシー(TWA)」と、
日本市場正規代理店
スリーリバーズの協力のもと弊社が厳選した
究極のコラボレーションボトル
「和-Nagomi-」
 
2011年の第1弾ロッホサイド1981に始まり、
これまで
グレンロッシー1975、グレングラント1972、
リトルミル1989、アイリッシュシングルモルト1991、
スペイサイド1975
第7弾ティーニニック1973では
信濃屋プライベートボトリング10周年記念に採用。

第8弾フェッターケアン1988、第9弾クラガンモア1991
リリースし
記念すべき第10弾目のご紹介になります。


 弊社スピリッツバイヤーの北梶がドイツ・リンバーグを訪問。
TWA代表カーステン・エルーリッヒ氏
と共にサンプリングを行い
同シリーズ10本目の節目に選ばれたのは
スプリングバンク
蒸留所の原酒。
 1828年創業、製麦からボトリングまでの全工程を
蒸留所の敷地内で管理
する伝統のキャンベルタウンの
蒸留所であるスプリングバンク。

  現在は通常のオフィシャルボトリングすら割当となっている程、
人気も上昇しており生産が追いついていない状況となっております。



 THE WHISKYFUN.COMにおいても91pointsを獲得し、
秩父ウイスキー祭り北海道ウイスキーフェス台湾
香港欧州での先行プロモーションでも高い評価を得てきた
極上の1樽をいよいよお届け!

 ラベルのモチーフはTWAのレギュラーボトリングの
『アールヌーヴォー』のオマージュで
「ジャパニーズアールヌーヴォー」
「和(日本)」の「アールヌーヴォー」とも評される、

有名画家 竹久夢二の作品を使用。

『ノスタルジーなフレイバーとラベルのシンクロをぜひご堪能下さい。』

 
---Tasting Note ---
【香り】苺ジャム、ドライパイナップル、革張りの家具、樺の木、
芝土等のコケ系のピート香、ややフローラルな香りも漂う。

【味わい】口に含むと、マーマレード、熟したオレンジ。
フルーツトマト、マンゴーにベリー系フルーツの
味わいがするフルーツほおづき。ドライアプリコット、
柑橘果皮の砂糖漬け。奥からタイムやローズマリー。

【フィニッシュ】徐々にドライに変化、ブリニーでワクシー。
白檀、ジンジャーのスパイスが長く続く。複雑、
ベリー系フルーツとブリニーなフレイバーは王道のハウススタイル。

【コメント】オールドボトルの片鱗すら感じる渾身のスプリングバンク。
(Tasted by  弊社スピリッツバイヤー 北梶)
※事前にお電話・メール等で
お問い合わせ・ご予約お申し込み頂きましても
ネット店では承ることはできませんので、
あらかじめご了承ください。
Please note that you cannot accept them at the
online store even if you contact us by phone or
e-mail in advance and apply for a reservation.

=================================

『プライベートボトルのご紹介♪』
 

数量限定発売

信濃屋向けオフィシャルシングルカスク第1弾。

岩の谷から、新たなる輝き。



日本市場限定90本
信濃屋プライベートボトリングからカルヴァドス第16弾

円熟、抜群の存在感。



数量限定販売
信濃屋プライベートボトリング・ラム第17弾
王道の味わい、圧倒的存在感。

=================================

『お買い回りはこちらからどうぞ↓↓↓』


この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

SHINANOYA

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧

  • タグは未登録です。