malt - resort - country

モルトを中心とした、リゾートや岐阜の田舎を楽しむ日々をつづるブログです。お気軽にコメントを寄せてください。

2007.11.09【日記】

シングルカスク余市10年?


ニッカのシングルカスクは20年前後の中〜長熟ばかり販売していて、
最近は10年物を販売していない。なぜ?

それにしても、写真の通り12年7ヶ月強の熟成をしているのだが、
なぜ10年表記なんだろう?
とアサヒビールお客様相談センターに問い合わせた所、
「10年物の銘柄(ラベル)を付けた、12年物のモルトです。」との回答。なるほど。

売るためだからってセコイです…。
ニッカさん、営業上手!やるね〜。(笑)


香り
赤ワインの様な葡萄のフルーティーな酸味と、樽香がパワフル。
そして甘〜いチョコ、バニラ、潮風。
香り過ぎると塗料店に良くある感じのシンナー臭。
しばらく置くと、甘いグミが出て来て、鼻から脳に甘味がキーンと昇る♪

味わい
缶詰めしたてのパイナップルの様に凝縮した甘味と酸味。
さらに新樽らしいカスク本来のウッディな味わいが共鳴して「っぱ〜」と膨らむ。
やがて甘味は無くなるが、フルーティーなビターチョコへ変わり、
最後は山椒の様なスパイスが出てくる。

加水後の味わい
甘味が開いたかと思うが、すぐに否定的になり、苦味が増してしまう。
加水せずに年数以上の深い香りと味わいを楽しむ方が良い。

後味
舌の上はアロエの様な青さと、わずかに栗の薄皮の様なタンニンが残るが、
香り過ぎたせいなのか、それ以上に鼻の奥にいつまでもカスクが居座っている。
強烈にウッディ♪

総評
フレッシュで良いパンチがあり、強烈にウッディな香りは
新樽だからこそ成せる熟成なんだろうなぁと、深く関心させられる。
エステリーでもピーティーでも無いコレ、濃くて美味しい♪

12年物なのに、受賞した10年と同じ表記をして売り出すというのは
いかがな物か?と思うけれど、
これはそれに恥じない熟成感を持っている素晴らしいモルトだと思う。

美味しいモルトを飲むと、小さなイライラは吹っ飛んじゃうね!
イライラした時は古くて美味しいニッカ、いいじゃん♪
COMMENT(4)
この記事を評価するGood3

2007.08.27【日記】

白河30年 VOM FASS オリジナル


ジャックル浦島屋が白河のモルトを購入し、酒店リカーキング
白河27年等を量り売り販売していたが、随分前に量り売り販売を
終了(完売)していて、購入できなかった事を悔やんでいたけれど、
ウイスキーさんのブログで教えていただいて、30年物を購入できたという感激物。

ウイスキーさん、ありがとうございます。

おそらくジャックル浦島屋酒店リカーキングでの量り売り事業を終了した後、
VOM FASS事業としてワイン等の量り売り専門店舗事業を始めた際に
改めて売り出したのではないかと思われるシングルカスク。

量り売りなのでオリジナルボトルは存在していない。

ウイスキーさんのオリジナルボトルの様にきれいなラベルを作れると嬉しいのだけど、
そこまで器用ではないので、VOM FASSで取り扱っているボトルから、
適当なガラス製のボトルを購入し、そのボトルに入れて販売してもらった。

受け取って嬉しく驚いた事に、販売スタッフが気を利かせてボトルに手書きで
「Japanese Single Malt Whisky "Shirakawa"」とサインをしてくれてあった♪

ちなみに、ガラス製のボトルを購入しなければ、無料のペットボトルに入れて
販売してもらえるとの事だが、それでは味気ない…。

700ml瓶は無いため、写真は左が500ml、右が200mlのボトル。
でも良く考えれば700mlにこだわる必要なかったかも(笑)。
習慣とは恐ろしいものだ…。

VOM FASSの説明
日本のシングルモルトウイスキー原酒、30年以上熟成。
かつて福島県・白河で製造していた地ウイスキー。
10数年前に製造を中止してしまいましたが、
原酒はひっそりと静かに時を過ごしていました。
この幻の原酒を樽出しした、フォムファスだけのジャパニーズ・ウイスキーです。
30年以上の時間をゆっくりと過ごした、円熟の味わいと薫りをお楽しみ下さい。


香り
長熟らしいパッション系トロピカルフルーツの香りが、
55度とは思えない、まるで60度以上の様なアタックと共に香ってくる。
落ち着いて香ると、ウッディなのだが、深過ぎて
コクのあるキャラメル、バターや蜜蝋になった様。
そして上品にファッティー(誘惑されたいほど魅惑的な、香った事の無い化粧香)。

味わい
バニラ、バニラ、若いプラムの弱い酸味。醤油(大豆)のコク。
パパイヤの種の周りの熟した所。
チョコビスケット(チョコクッキー程甘くない)。
最初の香りのアタックの激しさは無く、ライトボディ。

加水後の味わい
甘〜い。砂糖多めのホットミルクを飲む感じ。
香りは夏野菜の様に爽やかでライトになっている。

後味
口の中はドライだが鼻の中で滑らかでミルキーでウッディな余韻が長く残る。
鼻の中に天使が宿った?

総評
口にした時の甘い味わいに、豊かなウッディ&ファッティーな香りとコクが
同時に迫ってきて、味わいの複雑さを増幅する。
やがてドライになるものの、鼻から抜ける香りの良さと余韻が長く続き、
また再びグラスに顔を近づけてしまう。
そして飲み易さも手伝ってグイグイ飲んでしまう、魅力的なモルト。
ジャパニーズ云々は別として、長熟はやっぱり良いな〜!と実感させてくれる。
しかもこの安さ。財布も舌も、そして心も満足させてくれる。

国産のシングルカスク、しかも30年物でこの価格はあり得ない程安い!
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2007.06.18【日記】

SMWS 116.9

今日、ソサエティの夏瓶リストが届いた。
長熟3本、ムフフ♪これは楽しみ♪

ニューボトルはシェリー系とピーティーなボトルが大半の様に感じる。
ジャパニーズのニューボトルは、やっぱり無い…。


さて、最近開けたSMWSのボトル、
116.9(From Madeira to the Caribbean)

2006サマー・ボトリングス。
もう1年も前に発売したボトルだったとは…。

香り
スイカの様な爽やかな甘味。スッキリしたオレンジピール。
ストロベリーをはじめとした甘いフランボワーズソース、フローラルな心地良さ。
潮風を感じて、スモーキー。

味わい
スモーキーと塩っぱさが最初に来て、豆の香ばしさやビタミン剤と
(具体的な物は分からないが)漢方薬。そして東洋的で不思議な、
エキゾチック(トロピカル?)な香りとベリー系の甘さが強くなる。
アードベッグに近いか?

後味
イチゴキャンディの様な甘さと、スモーキーがしっかりと続く。
グラスには古い木材のようなウッディが残っている。

総評
ベリー系の甘さとスモーキーのミックスが素敵。
「スモーキーな余市、やっぱり良いね〜。
 ソサエティは良いモルトをボトリングしてくれる。」
と素直に感じられ、嬉しく、楽しく、感謝できるモルト。
COMMENT(3)
この記事を評価するGood

プロフィール

katotomo

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧