malt - resort - country

モルトを中心とした、リゾートや岐阜の田舎を楽しむ日々をつづるブログです。お気軽にコメントを寄せてください。

2022.08.08【日記】

シングルモルト駒ヶ岳 IPA CASK FINISH Bottled in 2022


本坊酒造コメント
「シングルモルト駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ」は、
南信州ビール駒ヶ岳醸造所でホップをふんだんに使用して醸造した中濃色ビール、
インディア・ペールエール(IPA)を寝かせた空き樽でフィニッシングした
シングルモルトウイスキーです。

ホップ由来の爽やかな柑橘を想わせる香り、グレープフルーツやハーブのようなクリアな味わい、
キレの良いビターな余韻があり、ハイボールとの相性が抜群の1本に仕上がりました。
https://www.hombo.co.jp/item/whisky_brandy/mars_singlemalt_komagadake_ipa_cask_finish_bottled_in_2022/


香り
強烈なホップとセメダインC!
シトラス、ライムやじゃばらの柑橘が漂う。
奥にはしっかりしたスモーキーとウッディな甘味が隠れている。

味わい
麦汁の甘味が舌に乗ると、柑橘の皮のオイリーな汁やワックスを感じ、
焼きミカンや焼きライムの酸味、甘味と香ばしい苦味が出てきて、
そこにフレッシュなおろし生姜汁の辛味が加わり、
ミントの刺激的な口当たりや苦味と、麦汁の甘味が相互に繰り返す。
ドライ、ビター、フレッシュ&スイート。

加水後
加水しても個性的な香りは衰えない。
スモーキーな柑橘の香りにホップのビターでハーブ感の香りはそのまま。
気持ちだけウッディが増しているかもしれない。

味わいは麦汁の甘味を強く感じられる。
柑橘のオイリーな味わい、苦味等の騒々しさは薄まる事なく味わえる。

後味
熟成期間の短い酵母臭とホップの爽やかなハーブ感がしっかり残る。

総評
これまでのIPAカスクフィニッシュより柑橘が強いと感じるのは
フィニッシュ前のスモーキーなモルト由来の柑橘系な原酒が原因かと思うが
何にしても今年のIPAカスクフィニッシュも方向性がブレず、
強烈で面白く美味いモルトを提供していただける事が嬉しい。
毎年の夏が楽しみになる素晴らしい個性を持ったモルト。

2021リリースよりもIPAらしい苦味が足りないが柑橘感は強い。
柑橘感が低かったもののIPAらしい苦味の2021リリースも良かったので
2021年と点数は同じ。

やはり加水調整していないシングルカスクで楽しみたいと思うのは贅沢か?
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

katotomo

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧