malt - resort - country

モルトを中心とした、リゾートや岐阜の田舎を楽しむ日々をつづるブログです。お気軽にコメントを寄せてください。

2022.06.27【日記】

MARS WHISKY Malt Duo KOMAGATAKE × CHICHIBU


本坊酒造コメント

ジャパニーズウイスキーのさらなる可能性を探求し、蒸溜所の垣根を越えて美味しいウイスキーを造りたい。そんな想いから、2015年、マルス信州蒸溜所とベンチャーウイスキー秩父蒸溜所は、
互いのモルト原酒を交換し、それぞれの地で熟成をする試みを始めました。

このボトルは、マルス信州蒸溜所で熟成させた「駒ヶ岳」「秩父」二つのモルト原酒を
ヴァッティングしたブレンデッドモルトジャパニーズウイスキーです。
駒ヶ岳らしさと秩父らしさ、双方の個性を磨きあうように誕生した特別な1本を、どうぞお楽しみください。
https://www.hombo.co.jp/item/whisky_brandy/marswhisky_malt_duo_komagadake_chichibu/


香り
酵母やニューポットの未熟さが残っていてしっかり香る。
未熟さを無視すれば両蒸溜所が持つ酒精の力強さの奥から、
樽香、鉛筆削り、若い柿やバナナ、ミルクチョコレート、
バニラやマロングラッセの甘みとトロミ、そして軽やかなピート、
醤油の発酵臭、青い柑橘の酸味がバランス良く香る。

味わい
りんご酢の様な酸味に、ビターチョコレートやココアの濃厚な香ばしさ、
筍の灰汁、そして若い原酒特有の辛味が口に広がり、
焼き栗の甘みと旨味を感じた後、
どこからともなく現れるミントの爽快感が口内を〆る。

加水後
加水で香り、味わい共に変化は見られないが、
香りにピート香が少しだけ強まる。

後味
ホワイトオークの樽香いっぱいのバニリンが鼻に残る。
若いのに酒精の強さのせいか、濃厚なバニリンが溢れている。

総評
山崎と白州といった同一企業の蒸溜所のブレンデッドモルトを
異なる個性のマリアージュで楽しく飲んだ記憶はあるのだが、
多様に異なる原酒造りと言っても力強い酒精という共通項のある
マルスと秩父では特にホワイトオークに方向性が近いと思っているので、
感覚を研ぎ澄ませて味わっても似ていると感じてしまう。

原酒交換の希少性と今後の発展の可能性という意味では素晴らしいと
評価する他に無いのだが、1本のモルトウイスキーの出来栄えとしては
高い評価をするには至らない。
できる事ならもっと熟成期間をいただきたかった。
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

katotomo

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧