Journey of a Bartender <Hirohito Arai blog>

栃木県足利市にあるBAR猫又屋の新井です。 毎月の定休日やおすすめカクテルなどを中心に またある時は趣味のトレッキングや ひとりごとなど、 徒然なるままに書き綴ろうと思っています。

2016.01.21【日記】

市場

一通り街に慣れてきたら、市場でお買い物・・なんてのもいいですよね。
ダナン市内にあるハン市場です。



ダナンではとても大きい大通り以外が全て信号がありません。
なので、慣れないと道が渡れません。
ゆっくりを車道にでると、あっちが避けてくれます。
しかしながらとても事故が多いので、お気をつけなすって。



ベトナムの9~1月は雨期でフルーツがあまり美味しくないようです。
隣りのタイから輸入しているらしく、あまりおすすめしません。
ただ見た事のないフルーツが沢山あるので、とても楽しいです。



中に入ると色々な物を売っているにも関わらず、乾物の匂いが凄い!!

作りが沖縄の公設市場にとてもよく似ています。

買い物のポイントは「初めのお店で買わない事」
交渉をすると分かるのですが、おばちゃんが嫌な顔をして「売らない」といいます。
その値段がこの国での相場です。




また市場の傍には「ダナン大聖堂」があります。
近いので、こちらも覗いてみては如何でしょうか?
 
この記事を評価するGood1

2016.01.19【日記】

ミーソン遺跡

ダナンから車で1時間半。

1999年にユネスコ自然遺産登録された「ミーソン遺跡」があります。
7~13世紀に栄えていたチャンパー王国の聖地だった遺跡。

チャンパ王国の滅亡とともにこの場所は歴史の舞台から姿を消して
19世紀になってフランスの探検家によって再び陽の目を浴びる事となったようです。

しかしながら、ベトナム戦争によってだいぶ被害を受けたようです。

私は遺跡が大好き!
ミーソン遺跡を見ていると、映画インディジョーンズや
ゲームのアンチャーテッドを思い出し、一人で
(あそこの上に隠された秘宝があったりして・・)
なんて、想いを馳せていたりしました。

https://www.youtube.com/watch?v=R6doVGuWfkc








こちらも動画があります。
あとで貼り付けますね☆



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2016.01.18【日記】

ノンヌォックビーチ

ダナン市内からベイエリアを走ると、リゾートホテルが立ち並び
また現在も多くのリゾートが開発されています。
日本人がオーナーのリゾートもあり、今後3年で大きく風景が変わる事でしょう。





ダナンの良いところ!
「海が近くにある事!」

「ノンヌォックビーチ」です。

残念ながら、前日の夜に雨が降っていたため、そこまで海が綺麗な訳ではありません・・。
でもとても気持ちよかったよ。



ベトナムでは「ドラえもん」が大人気!

なので、砂浜に私のシグネーチャーとして絵を描いてみた。



ビーチもいいけど、リゾートにきたらホテルのプールもいいのでおすすめ!

ここは5つ星ホテルの
ヴァインパール・プレミアムダナンです。

プールの向こうに見える海を眺めながら、トロピカルカクテルを飲むのもいいですよね☆





夜はまた違う表情を見せてくれます。


ゆっくりと過ごしたいなら、リゾート。
アクティブに過ごしたいならば、市街に宿泊するのがよいと思います。

因みに私は後者。リゾートは飽きてしまう・・。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2016.01.18【日記】

五行山!へ登ったよ☆

登山として37番目に登る山はなんとベトナム!!

ダナン市街から車で20分にある五行山です。
5つの山が連なってできていているため、この名前が付きました。
大理石でできている山なので、マーブルマウンテンとも呼ばれています。

観光客用にエレベーターもありますが、もちろん歩いて登ります!いざGO!








地味に長く急な階段が続きます。



見事な彫刻!


道は一つだけでなくて、色々分岐があるので楽しめます。
また行き止まりのようで、その先が洞窟だったり・・ドラクエのダンジョンのようです。










ほら!ここなんて、まさにドラクエじゃないですか?
下に到着するとボス戦が始まりますから装備の確認と回復をしておいたほうがよさそうです。





・・・とても神秘的です。
五行山観光のハイライト。「フィエンコ洞窟」です。
この差し込む光はベトナム戦争時にアメリカの空爆によって開けられた天井からの光。

幻想的な光景を見た後は頂上を目指します!


やったー!到着!
しかしあっつい!!代謝がとても良いので汗だくです。

頂上での様子はYOU TUBEにて載せますので、もうちょっと待っててね☆

Mission37:五行山
 
標高:108m
時間:1時間30分(観光含む)
歩数:------歩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
 経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2016.01.18【日記】

ダナン☆

1月になって気温がマイナスになる日がありますね・・。
私は寒いのがとても苦手のです。

でも今いる場所はとても温かい・・。

ベトナム・ダナンにいます!

気温は25~30℃位ですかね?
とても過ごしやすいです。

今、ベトナムは雨期の終わり頃で、日中は晴れていますが、夕方から夜にかけて雨が降る・・
そんな日が続いています。

今、ダナンは世界が最も注目しているリゾート地で、
急速に開発がすすめられています。



2011年にダナン国際空港が出来て、また成田だけでなく、
羽田からもダナン行きの国際便が出るようになり、
更に日本からの観光客も増える事、間違いありませんね。

そもそもダナンって?
ベトナムの首都である、ホーチミン、
北ベトナムに位置するハノイ
ベトナムで3番目に人口が多い街がリゾート地で注目されているダナンなのです。
「何故ダナンが魅力的なのか?」を説明していきたいと思います。


<魅力その壱・物価が安い!>

ベトナムの物価は日本の1/3位です。
ベトナムの貨幣はVND(ベトナムドン)なのですが、
これがまた数字が多くて、はじめは戸惑うかもしれません。

ざっくりと日本円として換算したい時は下二ケタの00を消して、÷2が日本円換算値です。
(例:250,000VND→1250円)



では食事に行ってみましょう!


ベトナムの屋台飯として有名なのが
「ブンチャーカー」です。
このブンチャーカーが25,000VNDですね。
つまりは125円です。



因みに、地元の屋台ではツーリストはあまりこないみたいで、お店に入ると
「なんでお前来たんだ?」という顔を店員さんからも、お客さんからもされます。

一部のホテルやタクシーは別として、日本語はおろか、英語も通じません。
なので、屋台飯を食べる時はベトナム語が書いてあるガイドブックなどをもっていくか
翻訳アプリを使用する事をおすすめします。
私は言葉が通じなくとも、今までもなんとかなってきましたし、それが楽しいので
いつも行き当たりばったりです。

ベトナムの人は基本とても優しいので、言葉が通じなくても
分かり合える事が出来ます。



コチラの「ラルー」というビールはダナンで作られている地ビール。
地元には絶大な人気があります。

このビールがスーパーで買うと50円位ですね。安いでしょー?
お店で飲んでも150円位です。
写真に写っているピザはイタリアの本場のピザを焼いてくれるツーリスト向けの店舗のテイクアウトだったので1000円位しました。

ベトナムと言えば「ココナッツ」でしょー?
いたるところで売られていますが、優良店になるとココナッツを冷蔵庫で冷やしてくれています。
その方がやっぱり美味しいです。
大体20,000VND位です。
VNDが無かったら米ドルも使えますよ。









 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2015.12.30【日記】

ふるふるカクテル&バーチャルセミナーのおしらせ

うー寒いですねー。
店から家に帰る時、-2度です。

お風呂に入らないと寒くて寝れませんね・・。

さて、本日はお知らせブログです。

まず1つは私が監修する
<ふるふるカクテル>が抽選で当たるキャンペーンが出たよ!
まずはsaketryに登録し、名前・住所・電話番号などを登録すればOK!

<プレゼント>
http://www.saketry.com/vt-present-form151228.html
プレゼント応募フォームへ
2つ目
1月25日(月)20:00~ ※(予定です)
猫又屋から「ふるふるカクテル」のバーチャルセミナーを発信します!


なので、流れとしては
キャンペーンに応募し、ふるふるをGetして
(当選から洩れてしまった方には購入して頂き・・)

ふるふるカクテルを用意して、パソコンの前でお待ち下さい・・。

通常営業をしながらのバーチャルセミナーなので
ライヴ感も強く、さも
<猫又屋のカウンターに座っているような感覚>になるはずです☆

遠方で、猫又屋になかなか来れない方に必見です!

<バーチャルセミナー概要>
http://www.saketry.com/virtualtasting05.html
sakeバーチャルセミナー開催





 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2015.12.27【日記】

最後のお楽しみ♪

猫又屋は年末おやすみがないので月末はぐったりです。

こんな日は美味しいもの食べて元気になる必要があります…

って 事で、


鰻!☆

う…うまい…。
ボソッと呟きたくなる美味しさですね。

うなちゃん、ありがとう…。

さて、銭湯行ってサウナ入ったら、今日も仕事頑張ろー!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2015.12.26【日記】

岡公園のアイドル

桐生ヶ岡公園に新しい仲間のライオンとカピパラが入園しました!
特にライオンは人気で沢山の人で賑わっていましたよ☆

私は「マーラ」が好きなのです。

そして、私の急上昇アニマルは・・

鹿です!

よく散歩にくるのですが、
そのため顔を覚えられたのか、機嫌のよい時は近寄ってきてくれます。
どうやら撫でられるのが好きのようです。
動画だよん。↓
https://youtu.be/YRS6pRyG4Ws

私が鹿を撫でていると、子供たちが近寄ってきて
「咬まない?」
と聞いてくるので、コチラも撫でてあげたくなります☆

施設は無料ですので、是非立ち寄ってみて下さい。
 
この記事を評価するGood3

2015.10.05【日記】

土合駅!

谷川岳の直ぐ傍にある「土合駅」
日本で最も深いモグラ駅です。



どうしても行ってみたい場所のひとつなので、谷川岳の帰りに立ち寄ってみました。

うーん。
中は無人駅です。
昭和の香りが漂います。

ってか、昼間だからいいですが、夜は怖そうだな・・。



更に奥に進みます・・





こ・・これは!!





下まで見えません!!まるで吸い込まれるようなトンネル!
写真では臨場感が伝わらないのが、とても残念です!!

みんなで階段を下りて、登りは
「誰が早く辿り着けるか?!」
という競争をしたよ。
坂道ダッシュで肺が破れそうでした。


帰りは温泉に入ったよん。

貸し切りだったので、とても気持ちが良かったー!

やっぱり山&温泉ですよね?
 
 
 

 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood7

2015.10.05【日記】

谷川岳!

7月下旬。
 
FACE BOOKで友人になっている方は既に御存じでしょうが
 
あと3Kmというところで、道路が土砂崩れによって閉鎖され
通行止めになり、またロープウェイも打撃を受け8月中旬まで運行を停止しており
登りたい気持ちを抑えうずうずしていた人は私だけではなかったはず・・。
 
 
 
遂に解禁!と思ったのは束の間・・。
天候に恵まれず、チャンスが訪れない毎日・・。
 
 
 
え?何の話をしてるのかって?
 
 
 
「谷川岳に登ってきました!」
 
 
 
まずはロープウェイで土合口から天神平まで行きます。

 
土合口から登る方もいますが、今回は時間がないので短縮。
 
 
天神平につくと「やっと登れる!」という嬉しい気持ちで一杯に。
目の前のリフトを使い、更に短縮する人もいますが、多くの人たちはここから登ります。
 
 
いやー沢山の人が登っていますねー。
団体のグループは最大で40人位で登ってくるので
巻き込まれると武者行列になります・・。
 
 
団体さんが休憩に入っている時がチャンスです。
追い抜く事でマイペースに登る事が出来ます。
 
 
木々に囲まれた山道なのですが、隙間から山の全容が見えます。
 
 
(これが今回登る山かぁ・・)
 
 
頂上は霧で見えませんがとても力強いパワーを感じる山ですね。
 
山ガール!なんて言葉もありますが
実際どこの山を登っても頂に君臨している多くの方は定年を迎えられた諸先輩方が多いですね。
でも谷川岳は比較的若い方が多かった方だと思います。
 
 
熊穴沢避難小屋で休憩している先輩を横目にうえを目指し
天狗のトマリ場、天神のザンゲ岩、を横目にうえを目指します。
皆さんの休憩ポイントは私にとっての「追い抜きポイント」ですから。
 
霧の隙間から紅葉している様子が見えます。
 
秋ですね・・。
 
それにしても霧が深いなぁー!
 
真白だし、雨は降ってくるし、風も強くなったり、登っている間じゅう天候が変わります。
 
肩ノ小屋までつくと皆さんランチをしていました!
ここはトイレもあり、休憩も出来るし、食事や売店もある富士山の山小屋のようなものがあるのです。
ただ1つしかないので、大賑わい!
待つのが嫌いな私は寒空の下でおにぎりを食べ
山頂の一つである「トマノ耳」「オキノ耳」を目指すよ。
 
ここまでくれば山頂まではもう少し!!
 
 
まずはじめの山頂である「トマノ耳」に!!

 

周りは霧に覆われていて、お楽しみにしていた景色が見えません。
 
(こればかりは仕方無い!)と次の頂きを目指します。
 
次の頂きのオキノ耳までは15分と直ぐそこです!
そして「オキノ耳」も登頂!
 

やっぱりてっぺんは気持ちいいなぁー!
 
 
ここからは帰りなのですが、今一度来た道を戻ります。
トマノ耳まで戻った時です。周りから歓声が!
 
霧が晴れて絶景が見えます!

 

私も周りの人達も一斉に写真を撮ります。

 

熊穴沢避難小屋に戻る頃にはすっかり霧も晴れ
下から山頂を眺める事も出来ました。

 
 

念願の谷川岳。
とても楽しかったです。



Mission36:谷川岳 
 
標高:トマの耳(標高1,963m)オキの耳(標高1,977m)
時間:5時間00分(休憩含む)
歩数:21841歩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
 経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood9

2015.08.22【イベントレポート】

第二弾!猫又ジャズ☆

イベントの告知です!
ご存じの方もいらっしゃる事と思いますが・・

小山太郎(ds)さん率いる
ピアノ・レス トリオが帰ってきます!


昨年、大好評だったカクテルと素晴らしいジャズとの
コラボレーション企画・待望の第二弾!

猫又ジャズです!!

今年、アカデミー賞を受賞したドラムを中心とした映画
「セッション」が記憶に新しいですが
小山太郎さんのドラムは本当に素晴らしい!!
私も小山さんのファンの一人です。

小山さんは元々猫又屋のお客様だったのですが
私がNHK BS1「地球テレビ エル・ムンド」の
レギュラー出演していた時、偶然番組でご一緒したのを機に
昨年、第一回目の猫又ジャズが実現したといういきさつがあります。

前回のライブが素晴らしかったので、
「またやりましょう!」という私のラヴコールを小山さんが受けての
二回目開催となります。




そしてメンバーは
纐纈歩美さん(as)
生沼邦夫さん(b)


と、これまた豪華なキャスト!!

前回は満員御礼!どころか
猫又屋の客席をカバーできず、立ち見席でのイベントになってしまった
反省を踏まえ、今回は全席着席でのイベントになります。

食事とカクテルを楽しんだ後、
ライブを堪能して頂くという趣向に変えました。

全席着席という事もあり
今回は二部入れ替え制となります。

また前半の部・後半の部とありますが
ゆっくり、じっくりと楽しみたい方のために
通しチケットもご用意してあります。

これは私の予想ですが・・
後半の部が人気で早く席が埋まってしまうと思います。
猫又屋にて受付ておりますので、お早目のご予約をお願い致します。


★2015年10月29日(木)
 栃木県足利市・BAR猫又屋  栃木県足利市家富町2222-2

【二部入れ替え制】※全席着席

チャージ:前半の部 ¥6000
     後半の部 ¥6000
     通し   ¥8000

<前半の部>
     18:00~開場・お食事
     19:00~開演
     20:00 終演

<後半の部>
     20:30~開場・お食事
     21:30~開演
     22:30 終演


(2drink+ビュッフェ付)※要予約
◎通しの方は2回のビュッフェをお楽しみ頂けます。
   (※但しドリンクは別となります)

交通案内:JR両毛線 足利駅北口より徒歩10分
    :東武線 足利市駅北口より徒歩10分

TEL:0284-43-2678

<お申込み・お問い合わせ>
ご予約は0284-43-2678猫又屋まで
住所、氏名、電話番号、プラン、人数をお伝え下さい
公演当日は受付にてお名前を頂ければ、係りの者がご案内致します。






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

On Wings of Angels in 足利

ハープ&サックスのデュオユニット「Healing Lab」と
新井洋史作るカクテルと音楽のマリアージュ☆

会場:BAR猫又屋
日時:9月30日(水)19:00~
会費:¥3500(1ドリンク付き)

※要予約 宮本音楽事務所 080(8826)9960
     BAR猫又屋  0284(43)2678

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


来場予想3000人!
猫又屋が飲料を担当します☆

アペリティフ365・太田
http://www.aperitifjapon.com/ohta.html


会場:冠稲荷神社・ティアラグリーンパレス
日時:10月2日(金)17:00~21:00
   10月3日(土)11:30~21:00
会費:入場無料  当日受付にてチケット発売/¥5000or¥3000

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~猫又ジャズ~小山太郎(ds)ピアノレストリオ
http://www.usukeba.com/u/nekomataya/smwatwj8ok2jv4

会場:BAR猫又屋
日時:10月29日(木)前半の部18:00~
            後半の部20:30~
会費:前半の部 ¥6000(2ドリンク+ビュッフェ付)
   後半の部 ¥6000(2ドリンク+ビュッフェ付)
   通し   ¥8000(2ドリンク+2ビュッフェ付)

※要予約 0284(43)2678 BAR猫又屋まで

COMMENT(2)
この記事を評価するGood1

2015.08.20【日記】

箱根☆

趣味はトレッキングと温泉!(サウナ含む)

皆さんは疲れたり、イライラしたりする時どう対処しますか?

私はそんな時、トレッキングでリフレッシュ!温泉でリラックス!
したくなるんですよー!

って事で
箱根に行ってきました!!

ちょうど昨年の夏は富士山に登っていた連休です。
今年になってから
「夏あたり、箱根でトレッキング&温泉いきたいなぁー」
と思っていた矢先、
大涌谷の警戒レベルの引き上げ(LV3)ですよ・・。


そして、この日は出発前からの豪雨!
でも宿も予約してしまっていますし、
トレッキングは諦め
温泉の旅&美味しいものの旅
に行ってきました。

箱根はちょっと遠いですが、
それでも今は圏央道が繋がったので
以前よりも近くなりました。

宿についたら、何をします?

①お茶&お茶菓子を食べながらひとまず休む
②何はともあれ「温泉に入る」

②でしょ!
風呂に入りながら館内案内を読みたい位です。



(あー沁みる・・。)

(・・・ってか、
箱根って硫黄泉じゃないの?)


って事で携帯で調べると、
どうやら箱根はエリアによって泉質が違うみたい。

単純温泉もあれば、
単純硫黄泉、
硫酸塩泉、
カルシウム硫酸塩泉、
ナトリウム塩化温泉、
アルカリ単純温泉、

温度も30℃~95℃位と兎に角幅が広い!

地域を変え何度でも違った泉質を楽しめるのも
箱根の魅力みたいですね!

大涌谷には行けないにしても
翌日晴れていたら「駒ヶ岳」
に登ろうと思っていたのですが
相変わらずの雨なので断念。

でもこのまま帰るのも寂しいので、
芦ノ湖をドライブして
箱根神社を巡ったよ☆

私は本堂よりも「狛犬」が好きー!
沖縄のシーサー
も好きなのですが、
きっとルーツは一緒なんだろうなー。

因みに以前ブログでもご紹介しましたが
右が「獅子」で口を開けているのが特徴。
向かって左の口を閉じて角があるのが「狛犬」だよ。
でも諸説あるみたい。

うーん。この神社の狛犬様もいい顔してる・・。






箱根神社には立派な杉が沢山並んでいるのです!

なんと1200年前から生きている木みたいです!
平安時代ですよ!!
凄いでおじゃる!



大きく、そして静かに佇む杉に
そっと掌で触れ、樹齢1200年の大先輩とお話してきました・・。




そして私が思った事。

「やっぱり山に登りたかった」


そんな訳で来週は谷川岳のリトライ!
お楽しみに☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


来場予想3000人!
猫又屋が飲料を担当します☆

アペリティフ365・太田
http://www.aperitifjapon.com/ohta.html


会場:冠稲荷神社・ティアラグリーンパレス
日時:10月2日(金)17:00~21:00
   10月3日(土)11:30~21:00
会費:入場無料  当日受付にてチケット発売/¥5000or¥3000

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

~猫又ジャズ~小山太郎(ds)ピアノレストリオ
http://www.usukeba.com/u/nekomataya/smwatwj8ok2jv4

会場:BAR猫又屋
日時:10月29日(木)前半の部18:00~
            後半の部20:30~
会費:前半の部 ¥6000(2ドリンク+ビュッフェ付)
   後半の部 ¥6000(2ドリンク+ビュッフェ付)
   通し   ¥8000(2ドリンク+2ビュッフェ付)

※要予約 0284-43-2678 BAR猫又屋まで
              

この記事を評価するGood

2015.08.13【日記】

怖い話 <人魂>

皆さん「人魂」って見たことあります?

結構見たことある人も多いみたいですね。

思い返してみて下さい。

確かにいわくつきの場所だったり、誰かが亡くなったり・・
ありませんでしたか?

私が初めて見た時の話をしたいと思います・・。



あれは高校を卒業した一年後の夏でした。

土木関係に就職した一つ上の先輩、Sさんの家にお邪魔した時の事である。

慣れた様子でS先輩の部屋に行くと

Sさんの友人も含めた3人が部屋に鎮座していた。



S先輩は今でいう「元ヤン」で高校の時は暴走族に所属していた

強面(コワモテ)の先輩だが、私とはとても気が合い可愛がってもらっていた。



Sさんは銃器に興味があり、土木関係を務めた後

自衛隊に入ったという風のうわさを聞いたが、現在は音信不通である。

彼の経歴はこの話では関係ないので、話を戻そう。



S先輩の家に行くなり、

彼はお気に入りのアサルトライフル(モデルガン)を触りながら

「新井くん!頼みがある。俺は女子高生と遊びたいぃ!」

と言った。
3人の瞳が私の集まる。


S先輩は私に「くん」を下さる貴重な先輩だった。

他の後輩は「呼び捨て」なのに、私には君を付ける事が当時から不思議だった。


話を戻そう。

つまりは「女子高生を紹介してくれ」

との事らしい。


先輩は身長180以上あるゴリゴリの体つきだったが

顔がイマイチだったので、女性にモテるタイプではなかった。



「・・・・・・イイっすけど、何がしたいんですか?」


「そうだな・・肝試しがしたい」

(マジか?!その顔で肝試し・・ですか・・)


苦笑しながらも、(でもそこがこの先輩の可愛いトコね)

と思い直し



「どうせなら後輩を全員制服で来させましょうか?」

と提案すると3人は大興奮した。




そこで

桐生には「黒川ダム」という場所があり

どうやらアレが出るとの噂を聞いた。


私は友人のD君と一緒に近くまで車で行き、

地図を見ながら<肝試し>をするルートを確認した。


車のルームライトを消すと、そこにはただただ闇が広がっていた・・。


「怖いね・・」

「怖いね・・」

怖いはずなのに、不純な動機が想像力を働かせ

ちっとも怖くない。



「よし行こう!」というD君の顔は見えなかったが

きっとその顔は懲役ものだったはずだ。





その瞬間は直ぐに訪れた。

水面の上を青白い炎はゆらゆらと蠢いている・・。

(蛍?・・にしては光が大きいし・・気のせいかな)

と思っていたら

D君がおもむろに

「新井君。あれ人魂じゃね?俺初めてみたよ」

とぶっきらぼうに言った。

「マジ?お前も見えるの?」

「見えるもなにも・・あれは人魂だろ?」




人魂が霊的なものか、はたまた自然現象なのかは分からないが

確かに青白くゆっくりと光る<人魂>なるものは存在し

二人が見つめるなか、その光は暫くしてスーッと闇に消えた。

不思議と怖くはなかった。

そう、怖くないのだ。




人魂に関わらず、その後も幾度となく不思議な体験をしているが

怖くはないのです。

まぁちょっとびっくりしたのはあるんだけどね。

それはまた今度・・・。


結局、怖くはなかったのですが

二人で(気持ち悪いね)って事で

(やめよう)ってなって、

代わりに海に行く事になったのですが

私が牡蠣で食中毒になってしまい主催者不在のため、中止に。

先輩にはこっぴどく怒られたとさ。







めでたし、めでたし。











 
この記事を評価するGood

2015.08.11【日記】

怖い話 <雫>

いやー。暑いですね。
こう暑いと寝苦しいですね。

最近は「涼しくなろう」と怖い話をよく読んでいます。
昔から怖い話は好きなのですが、映像で「わっ!」と驚かせるよりも
「伊勢物語」「雨月物語」のような怪談噺が好きですね。

そんな私もなんだか昔からちょっと「不思議な何か」があるみたいなのです。
まぁ、どうせ信じてもらえないので、ここでは言いませんが・・。

私の「不思議な何か」とは別に
私が体験した怖い話をしたいと思います・・・・。




あの日も暑い日でした。

私は乗車率100%を超えた電車のシートに腰かけていた。



私の左隣りにはおばさんが。

右隣りには20代前半のスーツを着たOLさんが

行儀よく自分の膝に手を揃え、俯いていた。

どうやら寝ているようだ・・。



そして、そのOLさんの向いにつり革に掴まったおじさんが佇んでいた。

決して多いとは言えない髪の毛がクーラーの風でピラピラと細かく蠢いている。

辛うじて掴まってはいるが、頭を垂れ、ここからも寝ている様子が分かる。

おじさんの眼鏡は汗でずれ落ち、今にも眼鏡を落としていまいそうだった。


私は気になって仕方なかった。


おじさんの眼鏡が落ちてしまうかもという心配もあったが

それ以上におじさんの睡眠が深くなっている事に気付いたからだ。


おじさんの力は既に右手のみになっており、体は海老反り

徐々にそのOLさんの方へ傾いていったのだ。


今では(辛うじてつり革に掴まっている)だけで

その手が滑ると完全にOLさんに覆いかぶさってしまうまでになっている。


次の瞬間・・・・。


私は見逃さなかった。


おじさんのだらしなく開いた口元から光を見つけた。

その光はみるみると膨らみ一粒の雫となった。


雫はゆっくりと、そして電車の揺れに合わせるように

長い糸を引いて落ちていく・・。



私はその雫の「行き先」が気になった。

真下にはOLさんの頭がある・・。


雫は電車の揺れに合わせながらも、なおも落ち続け

OLさんの頭を翳め

両膝にきちんと合わせておいた手の甲に落ちた。



その雫に目を覚ましたのか、彼女は小さく反応し

自分にしか聞こえないような小さな声で



「よだれこぼしちゃった・・」


といい、手の雫を早々と舐めた。
















 
この記事を評価するGood

2015.07.23【日記】

尾瀬・至仏山

梅雨も明けましたねー!
さー登山の再始動です。

今回は遂に谷川岳に登ろうと思って出掛けたのですが
なんと手前3Kmで土砂崩れがあり、通行止め!
私以外の登山家も立ち往生です。

交通整理をしているお巡りさんに

 ひろ:「谷川岳登りたいのですが、徒歩でも駄目ですよね・・。」
警察官:「駄目。」
 ひろ:「ですよねー。」

って事で急遽登る山を変更です。

車で携帯を使い山を探します・・。

(ちょっと時間的に厳しいけど・・あそこにいくか・・)
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84%E5%87%BA

沼田まで戻るので、時間的にだいぶロスなのですが
今回は尾瀬にある「至仏山」に行くことにしました。

尾瀬は富士山と一緒でマイカー規制ですので、麓に車を停めて
バスかタクシーで鳩待峠まで行きます。



そして、帰りもバスかタクシーでこの場所まで帰る事になります。

相乗りバスで揺られる事15分。鳩待峠に到着です。



今回登ろうと思っている山は往復6~7時間。
鳩待峠から尾瀬ヶ原にあるビジターセンターまで1時間。
そしてバスの最終が17:10です。

(今何時だっけ・・)

時計は10:30を指しています。

準備体操をして出発です。



うわー!湿地帯でない場所も全て木道なのでびっくりしました。
(歩きやすいー!楽しい!)



緑が深く、木々の合間からは青い空と白い雲が見えます。



耳を澄ますと水の流れや鳥の声が沢山聞こえます。

(・・・・来てよかった)





(ん?あそこに人だかりが出来ているな・・なんだろ?)

行ってみると木々の合間から、今回登る予定の至仏山が見えます。



眺めていてとてもワクワクする山!
(早く登りたーい!!)
足取りが早くなります。

少し歩くと、川のせせらぎが。
水がとっても綺麗でした。




そうこうしているうちにビジターセンターに到着。

沢山のお客さんで賑わっているのですが
諸先輩方(60歳以上)と校外学校で来ている子供たち(小中学生)
しかいません。土曜、日曜とかであれば家族連れや同世代の方もきっと多い事でしょう。

お昼時という事で、みんなごはんを食べています。
ちょっと山小屋を覗いてメニューをみていたら私もお腹が空いてきました。

時間がないのは分かっているのですが、カレーを注文。

外で食べるごはんは昔も今も美味しい・・。
子供たちと食べていると私も学生時代を思い出すと同時に
笑って食べている姿が微笑ましく
とても良いこころもちになっていました。


(いけない!早く行かないと!山登れない!)

食器を戻し(御馳走さま!)と声を掛けて山へと向かいます。

すると、尾瀬ヶ原方面と至仏山の分岐があります。

(・・ここまできたら尾瀬の湿地帯が見たい)


・・ちょっとだけ・・。)


寄り道です。




これがまたいいんですよー!
ただただ溜息です。誰かが作った昔の建物とかもいいんだけど
私は山とか海とか
自然が好きなんだなぁーと再認識しました。









お気付きだろうか・・(心霊番組のナレーション風の声色)

私は既に時間を忘れ、パー子のように写真を撮りまくっています。

水芭蕉は時期的に終わってしまっていましたが、
百合や菖蒲が咲き誇っていました。

(・・・・来てよかった。)
本日2度目です。



私は花がとても好きで、中でも百合が大好き☆
優雅で気高く・・こんな人になりたい。

おっと!ヤバいヤバい!
歩いて40分も来てしまったぞ!
急いで戻り登山口まで行きます。



どー考えても普通に登って17:10には帰れないのですが
私には「RUN」という諸先輩方が持っていない武器があります。

また(もしかしたら帰れなくなる)というリスクがゲーム性を出し
ワクワクさせます。
(なんとかなるっしょ!)
登山スタートです。





前日大雨が降った所為でしょう。
階段が水びだしです。
(安心してください。履いてます!)
私の靴はGore-Tex(ゴアテックス)※
なので、大丈夫!
でもちょっと心配なので脇を通ります。

※靴の蒸れは逃がすが水は通さないって感じ。ざっくりいうと。


今回登っている道は登り専用で一方通行なのですが
時間の関係もあり、誰とも会いません。
会うとすれば、日帰りでないロッジに宿泊する方か
RUNという武器を持っている方でしょう。

そんな私が見つけた第一村人が「下山をするおじさん」です。
登り専用の山道を下ってくるので、思わず「どうしたのですか?」
と声を掛けた。

「いやー半分まで登ったんだけどさーキツかったわー。リタイア!」

日帰りコースだとするとここで引き返した方が無難かもしれませんね。
タイムアップになっちゃう。



森林限界を超えると急に見晴らしがよくなります。



日差しも強いのですが、風がとても気持ちいい!
でも私はサウナに入っている以上に汗だくです。



ここら辺は岩場なので、私の得意分野!
時間を稼ぎます。



途中からまた木道になったり、岩場になったり
変化に富んでます。



・・結構遠いのね・・。

休憩が少ないのと、暑さによる水不足でちょっと疲れます。



ん?あの上の方にある岩場が頂上か?!
よし頑張ろう!!!
ラストスパートです!!


いよいよ登頂!!・・ん?こっちに道がある・・。

・・ガーン!


下からは見えないだけで、奥にまだ道がありました。







(・・間にあうかなぁ・・)

少し心配になってきました。
でももう戻る事さえできません。
でも確実に道が狭くなってきてますし、何度も感じている
あの「頂上付近の雰囲気」なのです!




(よし!もう一頑張り!!)

と思った瞬間!

(ゴゴゴゴゴゴ!!!)
どこからともなく地響きが!!

別に花京院は出てきませんし、スタープラチナも発動しません。

私はただただ
「終わったーー!!」
と絶望の中にいました。

そう、今私が怖いのはオオスズメバチと噴火です。

何も頂上から噴火する訳ではないし、近くの山が噴火したのかもしれません。
確認するために急いで登頂します!

(登頂!はい確認!!どこどこどこ!!)

・・近隣の山は勿論、至仏山も噴火してません。

(・・なんだったんだ?)

頂上に着くとそれはもう360°パノラマの絶景!!
頂上の写真を撮り、
もってきたおにぎりを食べながら誰もいない頂上を満喫します。

(・・・悦。)






するとまた地響きが!!

原因が分かりました。

新潟方面の入道雲の色が灰色に変わり、低い音と微かな光を放っています。

正体は群馬の名物・です。



でもこんな地響きがでるほど、山の上って何か伝えるのー?

安心したのも束の間。
新潟の雲がこっちに流れてきます。

「死んでまう!!」

下山のための支度を整え、急いで下ります。

私は下りが早いの。

雷怖さで、どんどん下ります。





森林限界まで下った時ようやく安心する事ができました。

結果、下山出来たのが16:45
鳩待峠まで3時間半で帰ってこれました。

帰りは地元の温泉に入って帰ったとさ。



(天狗のつもり)




おしまい。



Mission35:至仏山
 
標高:2228m
時間:5時間30分(休憩含む)
歩数:23544歩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
 経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

COMMENT(4)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood

2015.07.14【日記】

MAD MAX!!

いやー!暑いですね。

足利は日中39℃まで上がりました。
ここまで上がるのならば40℃のK点越えしてほしいものです。

とはいえ、体温よりも高いわけですからね。
早く梅雨あけないかな。
来週は久々に遠くの山行くんだー。

ってな訳で梅雨はもっぱら山以外の趣味をします。
最近好きなのは映画かな。

DVDも借りてよくみるのですが、映画の内容によりますが
ドーン!!バーン!!って派手な映画は映画館がいいですよね。

で、最近私が見た映画でとても良かったのがコチラ↓



そう、MAD MAXです。

メルギブソンが主演した映画で有名ですよね?
そう、リーサルウエポンの彼。
パッションって映画を作って話題になった彼です。
メルギブソンは今回は出ていませんが。

「ヒャッハー!水だぁー!」
「それは大事な種もみ・・」
っていう北斗の拳の世界

核戦争後の荒野で生き抜きながら、父を探すPS3のゲーム
「フォールアウト3」

この二つはきっとマッドマックスの世界観をモロ受けている映画でしょうね。
世界観そのままですもん。
・・・まぁ、全部好きだけどね。

そのマッドマックスを作った監督、
ジョージミラーが再びメガホンをとる訳です。
こりゃ、観るしかないですよね・・。

ハンバーガーにポテト・・・ビールを買い込み映画を観る訳です。
考えただけで最高でしょ?

上映すると、そこにはマックスが乗っているV8インターセプターが・・
もう往年のファンはこの入り方だけで
「来てよかった」
って思うんじゃないかなぁー?

スピード感溢れるストーリーでもうホント最高でした!
DVDでたら、またビール飲みながら見たい映画です。

因みに・・皆さん4DXってご存知?

都内を中心に新しいスタイルの映画館が出来ているのですが
映画に合わせ、座席が動き、香りが出て、稲光やシャボン玉、水しぶきなど
5感で楽しむ事ができるスタイルなのです。

マッドマックスはこの4DXでみると、とーーーても楽しい映画だと思うよ。
まぁ、ビールは飲めないかもですが。

今月20日には群馬の映画館にも導入されるみたいなので
早速行ってきまーーす。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2015.06.18【日記】

KOVALインタビュー 其ノ弐

先日、シカゴの蒸留所で作られる
「KOVAL」社のインタビューをブログでも紹介致しましたが

今回、前回の文章の日本語バージョンをスコッチモルト販売さんが掲載しました。

KOVALの素晴らしさ、また「カクテルってどうやってつくるの?」
の疑問に答えています。

http://scotch-malt.co.jp/koval-bartender


早ければ22日。
遅くても週末にはKOVAL全種の取り扱いを致します。

ウイスキー及びカクテルメニューも創作中です。
7月上旬にはリニューアル(お披露目)する予定なので、
お楽しみに☆

また週替わりに提供する
「ウィークリーカクテル」
なんてのもいいなぁーって思ったりしています。

不定期開催なんだけど、例えば○月第1週は
第一弾「○○」

○月第2週は
第二弾「△△」

みたいな感じ。


まぁ、マックからアイデア拾ったんですけどね。


皆さんが知らない味を作ってみたいなぁーと思いまして。
頑張ります☆


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2015.06.16【日記】

鹿岳に行ってきたよん。

今回は群馬・下仁田にある「鹿岳」にいってきたよ。

「しかだけ」って読んでしまいますよね?

「かなだけ」って読むんです。




突き出た二つの岩山が鹿の角に見えるような・・・
はたまたラクダのコブのようにも見えます・・。

おしっ!登るぞ!
ってことで登山口をパシャリしようと思った瞬間、カメラの電池切れ・・
なので、ここからは携帯カメラでの撮影です。



民家の間をすり抜け、細い道を登っていきます。

この山は暫く森の中を歩く山なので、特筆すべき点がない山なのです。
ひたすら森の中を登っていきます。

登り始めて1時間ほどすると、ようやく岩山の麓にたどり着く事ができます。
ここからは岩山に登る訳なので、やっと楽しくなってきます。
鎖やハシゴを使い上に登っていきます。

到着です。

・・んー!
やはり頂上にたどり着いた時の達成感は気持ちよい!

右側に見える山が鹿岳の一角、(二ノ岳)だよ。
私は今、一ノ岳を登ったのだよー。







正面の向こうには、荒船山が見えるよ。



この日はガスっていたので、遠くまではよく見えなかったなぁー。

行きも帰りも登山者に会う事はなかったです。
あ、ヘビに会ったね。(人ではないですね)

この日のハイライトは
帰りに下仁田駅付近でビールやハイボールを飲みながら
メンチやから揚げを食べたのがめっちゃ美味しかった事ですね(笑)

下仁田は山や滝が多い場所なので、今後も来ると思います。



Mission34:鹿岳
 
標高:1,015m
時間:3時間(休憩含む)
歩数:10341歩



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood

2015.06.12【日記】

KOVAL社のインタビュー

先日、東京バーショーでプロデュースした
「KOVAL」のインタビューを受けたよ。

KOVALの味わいや、
カクテルにおいて、日本と海外のバーテンダーの違いなど・・

興味のある方は覗いてみてん☆

http://www.koval-distillery.com/newsite/distillery-blog/entry/featured-bartender-hirohito-arai-of-nekomataya
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2015.06.05【日記】

相馬山に登ってきたよ。

榛名の外輪山・相馬山に行ってきました。

榛名は下ると直ぐに伊香保温泉があるので
帰りに温泉三昧ができる素晴らしいスポットなのです。

今回は
新井洋史と愉快な仲間たち
とで行ったので
皆さんが楽しめるようにと
日本3大うどんの1つ水澤うどんを食べてエネルギー補給をし
ちょっとだけ水澤観音も観光したよ。



榛名に着いたら、準備体操をして出発です!





普通、山って駐車場から直ぐに登りなのですが、
相馬山へは暫く平地が続きます。

体を温めるのはちょうどいい散歩になりますね。
今の季節は山つつじやボケの花が咲いています。
季節によって色々な花や高山植物を見れるようです。



この林を抜けると今回登る「相馬山」の全貌が見えるはず・・。










左に見えるのが今回登る相馬山

ん?なんか右の方の岩場の頂きに人が立っている・・。

あそこにも行けそうですね・・。
興味が湧きました。



歩いて10分。分岐があります。
どうやらあの岩の名前はスルス岩という名前のようです。

では、コチラをまず登ってみましょうかね・・。

おりゃりゃりゃ!!!

・・・登る事10分。あっという間に頂上です。



気持ちよいなぁー360度パノラマです。
人と思っていたものは岩の頂きにおられた「カラス天狗」の石碑でした。
私の影になっていて見えなくなってしまっていますけど。

落ちると確実にgood bye my lifeです・・。



愉快な仲間たちの中には高所恐怖症の人もいて
立ち上げれずもがいている可愛いおじさんもいたよ。



今回も動画を撮ったよ。
間の前にある大きな山が「榛名富士」奥にあるのが前回登った「烏帽子岳」だよ。
https://youtu.be/ZHSk9GmwX_8

もとの道まで引き換えし、相馬山方面へと登っていきます。

うーん。天気が良くていい気持ち。
暫く歩くと相馬山の鳥居があります。
無事帰れる事を祈りながら鳥居を潜ります。



ここからは岩場になります。

また鎖場や梯子が何か所かあります。
愉快な仲間たちも梯子や鎖場を楽しんでいたよ。



そんなこんなで
頂上に辿りつきましたー!
頂上は榛名富士とは反対の高崎方面を眺める事が出来ます。



早く温泉に行きたいので、休憩そこそこに下山します。

相馬山の鳥居があった場所まで帰ると
別の道(ヤセオネ峠)があります。

「帰りはこちらから帰ってみよう!」
という事になり、
もっというと私自身物足りなく
「帰りはトレランして帰ろう!」と提案し帰る事に。

なので、帰りはめっちゃ早く下山する事が出来ました。
相馬山の鳥居から10分位じゃないかなぁー。
すっきりしたー。でも疲れたー



疲れたといっても、回復は早いので
その後フリスビーして遊んだのー。
やっている事は中学生と変わらないのです。

伊香保の旅館の温泉に浸かり、疲れを癒し
とっても美味しいホルモン屋さんで乾杯!



とっても楽しい一日でしたー!
愉快な仲間たちに感謝!ありがとー!

Mission33:相馬山
 
標高:1,411m
時間:3時間(休憩含む)
歩数:10532歩


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
COMMENT(2)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood

プロフィール

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧