Journey of a Bartender <Hirohito Arai blog>

栃木県足利市にあるBAR猫又屋の新井です。 毎月の定休日やおすすめカクテルなどを中心に またある時は趣味のトレッキングや ひとりごとなど、 徒然なるままに書き綴ろうと思っています。

2018.01.21【日記】

BIOHAZARD( Resident Evil)in Cebe

フィリピンの目的のもう1つ!

それは銃です。



私はシューティングゲームが大好き!
なので、これは是非とも1度は撃ってみたくなりますよね。

私が宿泊しているセブ市内から車で40分位のマクタン島に射撃場があります。
射撃場は室内型と屋内型があるのですが、私の今日の気分は屋外だったので
ネットで調べて向かいます。
ただ、住所を教えても運転手に(わからない)と言われ去られてしまう。
むぅ・・。

そんなこんなで数台に断れられた時、空港からのお客さんを乗せたタクシーが到着。
(空港はマクタン島なので、マクタンのタクシーはマクタンに詳しいはずなのです)
予想通り住所と地図(google)をみせると場所は分からないけど、行ってくれるとの事。
ただとても辺鄙な場所で帰りにタクシーを拾えるか怪しいため待ち時間も含め交渉・・。
3時間=1200ペソで成立(ちょっと高いんだけどね)

そうそう、フィリピンは銃を持てる国なので、
ホテルやショッピングモールに入る時は必ず荷物検査とボディチェックをさせられます。
昨日は紙袋に入ったお土産の炒飯を覗かれ、ちょっと恥ずかしかった。

おっと、脱線してしまった。
そんなこんなでセブ名物の渋滞に巻き込まれながら目的地に到着。
運転手が(計3時間超えたら更に払ってもらうからな)と念を押され受付と思われる場所へと向かう。

すると

「ニホンジン?」

銀蠅のような派手なサングラスを掛けた現地の人が
スタッフと思われる2人と一緒に話しかけてきた。


気になったのか、タクシーの運ちゃんも車から降りてきた。

おもむろに並べられた銃の数々・・
ハンドガンにアサルトライフル、ライフル、ショットガン

子供の頃に初めて買ったハンドガンM1911(通称:コルトガバメント)もあるジャマイカ!
バイオシリーズで一躍有名になったベレッタもある・・。
うー。。どれにしよう・・。全部やりたい。

因みにどの銃でも最低30発は打たなくてはいけません。
3000ペソ(日本円で約7,500円位)
物価指数が日本の3割位なので、結構な値段します。


まずはハンドガンから始めよう。
バイオでも1番初めに手にする事ができるのはハンドガンだから。
と、いう事で選んだ銃は
ベレッタ



ベレッタ(9ミリ パラベラム ハンドガン)は


S.T.A.R.S(Special Tactics And Rescue Service)愛用のイタリア銃なのです。
私も主人公・レオンになった気分で。待ってろよアシュリー!

簡単な講義の後(空発練習)
弾倉に弾を1発1発づつ詰めて

・・いざ・・・。



・・・・・・・。








FIRE!!!!












ドォーウン!!

反動凄い!
女性でも撃てる銃という事だが、これ大丈夫なの?


うーん。的には当たるんだけど、中心に命中しない・・。
15発ほど撃ったところで銀蠅さんがジェスチャーで私を呼ぶ・・。

銀:「コチキテ」




銀:「ミテ」
わし:「・・・・・。」



銀「シタ。ユックリ」
わし「あー確かに下に当たってるね」



銀「トリガー ユックリ」
わし「分かったよ、銀ちゃん」

弾道が読めたので、修正すべく新たに構えたその初弾!


ドォーウン!!

銀:ミテ!アタッタ!スゴイ!マンナカ!


私の腕前も去る事ながら、銀さんの片言の日本語の方が
私よりも的を射ているのなぁーなんて思っていました。

その後はコツを掴んだようで、ほぼ真ん中を撃てるように。

気分が良くなった私は続いてアサルトライフルを撃つことにしました。


私の射撃を眺めている運ちゃんに
「暇なら撃てば?」
と言ったら
「怖いからいい」
と言われてしまった。
でも、この後みんなで記念撮影したりしていたら、とても仲良くなりました。


話を戻そう。


アサルトは単発で撃つ事もできますし、マシンガンのような連射に切り替える事ができる
銃なのです。

今回選んだ銃はゲームではお馴染みのM16(7.62ミリNATO)
です。



アサルトライフルの打ち方は肩に当てて固定させ撃つのです。



次はもっと遠い距離のペットボトルを撃ちます・・。


ダーーン!!

おー!銃の音も違うのね!

反動もさっきよりも強いわー!


肩が入るので安定するのか、ハンドガンよりも遠いのに命中率はあがり
1/2の確率で命中させる事ができました。


銀「レンシャスル?」
わし「する!」


切り替えのスイッチを捻る。
今度はトリガーを押しっぱなしで連射が撃てます。

ではでは・・・


・・・・・ふぅ。(深呼吸)





FIRE!!!!




ダダダダダダダダダダダ
ダダダダダダダダダダダダダ!!!

(うぉー!!!!!!!!)


アサルトライフルの連射の反動がヤバい…。
1発300円なので、
1分で数万とんだ…。

とても興奮したが、撃ち終わった時、バイオハザードというより
ホームアローンの1シーンを思い出していた。
(メリークリスマス○○野郎!&ハッピーニューイヤーってトコ)

https://www.youtube.com/watch?v=xrtrVdcJqL4


とりとめのない話になってしまいましたが
結局のところ、銃がない日本でよかったなぁーと思うのでありました。

動画もあるので、観たい人はお店で「動画見たい」と言って下さいね☆


「マクタン島で銃を撃ってくる」
mission complete







 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood4
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

ブログ内記事検索

  • 2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧