Journey of a Bartender <Hirohito Arai blog>

栃木県足利市にあるBAR猫又屋の新井です。 毎月の定休日やおすすめカクテルなどを中心に またある時は趣味のトレッキングや ひとりごとなど、 徒然なるままに書き綴ろうと思っています。

2016.10.11【日記】

いざ!嵩山城へ

霊山・嵩山(たけ山)に登ってきたよ。

死者の霊が山の上に集まるとされる霊山・・。
群馬・吾妻に位置する「霊山・嵩山」を登ってきました!

先日、登った岩櫃山の近所です。
そしてこの嵩山にもお城がありまして、その名を「嵩山城」と言います。

この城を語るにはちょっとエピソードが。
大河「真田丸」で主役級の活躍をした幸村(信繁)のお父さん
昌幸ですが、信綱と昌輝という2人の兄をもつ3男として生まれました。
しかし織田軍と武田軍との有名な「長篠の戦い」で兄2人を亡くし、家督を継いだという事なのです。

その昌幸たちの父上さまが落とした城が、この「嵩山城」なのです。
城主・城虎丸(じょうこまる)は激戦の末、一族を引き連れ
頂上である大天狗から身を投げたそうです・・。

では参ろう・・。



軽い山ですね・・。
もう8合目?



20分も歩くと頂きの1つである「小天狗」までたどり着く事ができます。
360度のパノラマで素晴らしい景色を見る事が出来ます。

さて、次は「中天狗」という頂きがあるのですが
コースを変えて鎖場を目指します。



「胎内くぐり」に到着です。
むむむ・・。狭い・・。
看板があり、ウエストが85cm以下でないと通り抜けできないようです。
でも私も仲間も無事通り抜ける事が出来ました。
抜けると鎖場です。
鎖を辿って胎内を抜けられるのですが、85cm以上の方は迂回せねばなりません。



あー面白かった!
やっぱり鎖場は楽しいなぁー。

次のポイント「弥勒穴」へ向かいます。

ここも絶壁です。
落石に注意しながら、鎖場を登ります。
体力に自信のない方はご遠慮下さい。
この道を通らなくても頂上へは行けます。


さて、頂上へのラストスパートは仕上げの鎖場です。
結構、長い!
慎重に登ります。



えっほ!えっほ!
鎖場楽しいなぁー。

仲間をおいて、どんどん進みます。



やったー頂上の大天狗です。
どうですか?この景色!


子持山などが目の前に見え


榛名山も見えよ。
一番左の頂きが水澤山で相馬山や烏帽子山、榛名富士も見えます。

よし!では帰ろう!
元気が余っていたので、走って下りました。



そうそう!登山中に犬がいました。
リードを外されてとても嬉しそうでしたが、突然の犬の出現にびっくりしたのか
人の悲鳴も聞こえたので、犬を連れて登る方はリードを外しては駄目ですよ。

そんでもって、私は犬が好きなので近づいて行ったら

飼い主のおじいさん「ふふ。この犬は撫でられるのが嫌いだから、懐かんよ・・」

っていってるそばから、犬が私の足をスリスリしはじめたので

飼い主のおじいちゃん「・・あれ?あんた犬飼ってる?懐かないはずなんだが・・」
と言ったおじいちゃんはどこか寂しそうでした・・。
勿論、犬も飼っていません。

帰りは温泉に寄ってほっこりしたとさ。




Mission42:霊山嵩山
 
標高:789m
時間:3時間(休憩含む)
歩数:8900歩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新井洋史HP
http://www.hirohitoarai.jp/

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

BAR猫又屋ではバーテンダー及びバーテンダー研修生を募集しております。
しっかりとした技術、知識を学びたい方、バー業務に興味のある方
 経験の有無は問いません、バー業務初めての方でも大丈夫です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • Trekking
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

ブログ内記事検索

  • 2021年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧