愛・酒・人 武蔵屋 SAKEDORI支店

このブログでは当社の新入荷商品情報、更新連絡、当社主催のイベント情報等々…盛りだくさんにお知らせさせていただきます。                                                        ※ご注意1…2021年4月1日以前の過去記事は、直近は税別表示になっております。それ以前の税込価格表示の場合その時々の消費税率で掲載されております。またそのため商品購入ページとは金額が違っている場合がございますのでご注意ください。                                                     ※ご注意2…2017年11月1日以前の記事は『8,640円以上で送料無料』という記載がございますが、改定により送料がかかるようになりました。                                                                     送料についての詳細はこちら⇒ http://www.sakedori.com/s/musashiya/news/130523.html

2021.09.09【商品紹介】

千葉のmitosayaで研鑽を積んだ夫婦が手掛けるクロアチア産スピリッツ『モナコス』

珍しいクロアチア産のジンと、
コーヒーとアニスのスピリッツはもうお試しになりましたでしょうか??
美しいアドリア海に思いを馳せながら秋の夕暮れにソーダ割り、ストレートでお楽しみください。
.

※ご注意※
◆ 限定品に付き、品切れの際はご容赦ください。 ◆
◆ ご注文はFAX、お電話でも承っております。 ◆
(ただし、初めての方はホームページ、FAX、メールをご利用下さい。)

(また、 ホームページからのご注文を優先とさせていただきます。)


モナコス ドライジン
アルコール度数:44% 容量:500ml
販売価格:¥6,710【税込】
詳細、ご注文は⇒ モナコス
産地:クロアチア
原材料:ジュニパーベリー、マンダリンピール、いちじく葉、イモーテル(クロアチア産)、コリアンダーシード(イタリア産)、ウィートスピリッツ、水
モナコスディスティラリーの最初の製品になる、モナコス ドライジンのアイデアは、夏のカメンジャク岬の海岸で漂う匂いから生まれました。イストリア半島の最南端にあるカメンジャク岬は、蒸溜所のすぐ近くにある保護された景観で、彼らにとっては何年もの間、逃避したり、休息したり、自然の中で過ごしたり、インスピレーションを得たりする場所でした。
また、野生のチチュウカイモンクアザラシ(Monachus Monachus)を見た場所でもあり、モナコスディスティラリーの名前のアイデアもここから来ています。
ジュニパー、イチジク、イモーテルなどをミックスして、この海岸を散歩しているような香りを作りたいと思いました。これらの植物は、道端や岩の間に自生しているもので、地味ではありますが、紛れもないイストリアの香りを提供してくれます。
残念ながらイストリアでは今年、ジュニパーがほとんど実をつけなかったので、ジュニパーベリーはクロアチアのリカ地方から取り寄せました。マンダリンピールは、クロアチア南部のネレトヴァ渓谷で栽培されたもので「Mandarinet」ブランドを運営する情熱的な夫婦が生産しています。彼らが栽培しているマンダリンオレンジは、果実の成長過程で化学薬品を一切使用していません。イモーテルとイチジクの葉は、イストリアで手摘みされたもの。すべての材料は、オリジナルに近いアロマを保つために、乾燥させずに新鮮なうちに浸漬させました。一口含めば、柑橘系の爽やかさとフローラルな香りに、ジュニパーベリーの重厚な味わい、イチジクの苦味が後味に残ります。
それぞれの原料の香りと味合いを存分に感じ、この地を訪れたような気分になれる、自然とともにある彼らだからできるジンです。


モナコス コレット
アルコール度数:42% 容量:500ml
販売価格:¥6,710【税込】
詳細、ご注文は⇒ モナコス
産地:クロアチア
原材料:コーヒー(エチオピア産)、アニスシード(トルコ産)、ウィートスピリッツ、水
コレットは、コーヒーとアニスの蒸留酒です。イタリアではエスプレッソにサンブーカという甘いアニス風味のリキュールを加えて飲む習慣があり、その組み合わせはカフェ コレットと呼ばれていることからヒントを得ました。
コーヒー風味のスピリッツをつくりたいと思ったのは、クロアチアの首都、ザグレブのCogito Coffee Roasteryのオーナー、マティア・フルカッチ氏との出会いがきっかけでした。彼は、雑誌で読んだmitosayaの記事から、モナコス(当時はまだ建設中)にコンタクトをしてくれました。Cogito Roasteryでの最初のミーティングでは、焙煎したばかりのコーヒー豆の香りに酔いしれ、それを蒸留酒で再現してみたいと思いました。最初のバッチでは、マティアが甘みがあると推奨したエチオピア産のものを使用。このコーヒーは、海抜2,350メートルの高地にあるブク・サイサ地域の農家で採取され、フェアトレードの条件で購入されています。高地であることが豊かな味わいに重要な役割を果たしていることがわかりました。
そのコーヒーを使って、香り高い蒸留液がスチルから出てきたのですが、オリジナルに忠実な甘いコーヒーの風味に驚きました。ブレンドしたアニスと相まって、開封したばかりのチョコレートのような香りが漂います。口に含むと、アニスの甘さと爽やかさが支配的な風味となり、徐々にアニスの甘さがエチオピアのコーヒー特有の甘さに変わり、後味として残ります。
コーヒーの代わりに、あるいはエスプレッソと一緒に、常温(15~20℃)で、できれば食後にお召し上がりいただくことをお勧めします。

.

<ご注文金額に関わらず代引き手数料は掛かりません!>
 
送料、配送、お支払いに付きましてはご注文前にこちらをご確認ください。

ショッピングガイド
 
配送はヤマト運輸を利用します!
 
  
 
お酒についてわからない事はありませんか?
当社では、お酒の種類別に専門のスタッフを配置しております。
ご質問、お問い合わせはお気軽にwebmaster@musashiya-net.co.jp
または、お電話で0120−11−6348(8:00〜17:00)まで
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

株式会社武蔵屋

ブログ内記事検索

  • 2021年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧