愛・酒・人 武蔵屋 SAKEDORI支店

このブログでは当社の新入荷商品情報、更新連絡、当社主催のイベント情報等々…盛りだくさんにお知らせさせていただきます。                                                        ※ご注意1…2021年4月1日以前の過去記事は、直近は税別表示になっております。それ以前の税込価格表示の場合その時々の消費税率で掲載されております。またそのため商品購入ページとは金額が違っている場合がございますのでご注意ください。                                                     ※ご注意2…2017年11月1日以前の記事は『8,640円以上で送料無料』という記載がございますが、改定により送料がかかるようになりました。                                                                     送料についての詳細はこちら⇒ http://www.sakedori.com/s/musashiya/news/130523.html

2021.05.14【商品紹介】

日本酒で知られる「黄桜」からクラフトジン『花物語』が新登場!

日本酒を中心とした大手清酒メーカー「黄桜」が、
2018年にウィスキー製造免許を取得し兵庫県丹波で蒸溜所を立ち上げました。
現在ウィスキーは熟成中で、近い将来のリリースを目指してるそうですが
今回その第一歩として『黄桜クラフトジン「花物語」』が発売開始!
.

※ご注意※
◆ 輸入元:黄桜株式会社◆
◆ ご注文はFAX、お電話でも承っております。 ◆
(ただし、初めての方はホームページ、FAX、メールをご利用下さい。)
 

.
黄桜クラフトジン「花物語」
アルコール度数:47% 容量:700ml
販売価格:¥3,850【税込】
詳細、ご注文は⇒ 花物語
産地:日本
京都の酒蔵「黄桜」が醸す、ジャパニーズクラフトジンです。
ボタニカルには、黄桜(ウコンザクラ)、京都の老舗「北川半兵衛商店」の宇治抹茶、柚子、山椒など日本ならではの素材を使用し、香り華やかに仕上げました。
社名ともなっている「黄桜」の葉を使用しています。自社で植樹しているものを採取し洗浄しています。また、花も生の花をふんだんに配合しました。ジュニパーベリーに次いで2番目に多い使用量です。これにより花のふくよかな香りを楽しんでいただくことができます。
「黄桜」には花酵母で仕込んだ「花きざくら」という香りの高い純米吟醸酒があります。京都宇治の老舗「北川半兵衞商店」の抹茶を使用することで、抹茶の香りと旨味のみが抽出することができました。「北川半兵衞商店」は文久元年(1861年)の創業の古くから優良な茶の産地とされる京都宇治の老舗です。その抹茶を使用した「抹茶 発泡酒」や「抹茶ハイボール」があります。
ゆず、山椒は黄桜ビール『LUCKY CAT』の原材料として使用しており、非常に爽やかな香りと味となります。ゆずはゆず酒ハイボールにも使用しています
柑橘系と桜系の2種類のベースを作ることから始めます。それぞれのボタニカルの香りのピークや変化速度に違いがあることから、これにより、変化に注意をしながら最良の蒸留をすることが可能となりました。手間と時間をかけることでバランスのとれたジンが完成します。
一度の蒸留では得られない、柑橘系の爽やかな香りと桜の甘い香りのバランスが絶妙な味わいとなります。


こちらの商品はその他商品と共に弊社ホームページ
『新入荷商品』コーナーに掲載されております。
是非こちらもご覧ください。
一覧ページは⇒武蔵屋 新入荷商品
.

<ご注文金額に関わらず代引き手数料は掛かりません!>
 
送料、配送、お支払いに付きましてはご注文前にこちらをご確認ください。

ショッピングガイド
 
配送はヤマト運輸を利用します!
 
  
 
お酒についてわからない事はありませんか?
当社では、お酒の種類別に専門のスタッフを配置しております。
ご質問、お問い合わせはお気軽にwebmaster@musashiya-net.co.jp
または、お電話で0120−11−6348(8:00〜17:00)まで
この記事を評価するGood1
  • チェック

プロフィール

株式会社武蔵屋

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧