美酒と友に・・・・

洋酒の日記を書きつつ、モルト会の記録もしています。

2011.04.10【日記】

アードベッグ・スティルヤング



アードベッグ・スティルヤング ARDBEG Stillyoung  46.2%

アードベッグ10年への道」として、
1998年蒸留された原酒を2004年よりボトリング。
2004年ーベリーヤング、2006年ースティルヤング、2007年ーオールモストゼア
2008年ールネッサンス。

[youpapaのテイスティング]

 
香りー強めの燻し香・潮風・ミント系ハープ・未熟なパイナップル・レモン・
    グレープフルーツ

ー6年と熟成期間が短いので味はかなり単純、レモンを中心とした柑橘類に、
  ハープ・わずかにメンソール・ピリッとするのは粒コショウ。

フィニッシュー燻し香を残しつつさわやかなハーブがゆっくり心地よく抜ける。

全体ー夏の季節にはピッタリ、このアードベッグ10年への道シリーズ全体的に
   熟成が進むにつれ美味しく楽しめるのに、何故10年は・・・とも思うが
   その辺は好みと言うしかない。


雑談コーナー

いくらマイペースでも今更かよっ!」という声が聞こえてきそう。

それにしてもこのシリーズでは、やはりルネッサンスが一番美味しかった
モルト会では、季節的にスティルヤングとスーパーノヴァを出しましたね。

アイラをはじめとする島物は、まだ初心者なので、いろいろ味わえるようになると、
嬉しいですが、趣味でモルト好きやってるので、無理しなくてもいいかな?とも思う。
誰にでも好みはありますもんね。

次はスペイサイドに戻ります。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.06【日記】

ラフロイグ10年カスクストレングス



ラフロイグ10年 カスクストレングス LAPHROAIG 10y cask strength

今、義援金貯めなきゃいけないし、日本酒も買わなきゃいけないし、
子持ちの小遣いでは予算的に厳しいので、スタンダードなモルトから、
テイスティングノートを書いています(^^ゞ

[youpapaのテイスティングノート]

香りーまずヨード・その中にジンジャー・レモンなどの柑橘系果皮、
   乾燥した草を燻した香り、潮風・青リンゴ・蜜・ドライフルーツ・
   ほのかにバニラ

ーオレンジなどの柑橘類・荒塩・蜜飴・ほのかにマンゴー・ナッツ

フィニッシュー潮っぽさと燻し香がゆっくりと余韻を残しながら抜ける

全体ーアイラっぽさとは、何をもってするのか・・・それぞれでしょうが、 
   私の思うヨードの香りから入るアイラモルトそのもの。
   バランス良く、10年にしては深い味わいがある。

ここから雑談コーナー

私はアイラモルトをよくコカコーラに例えたりする。

コカコーラを初めて飲んだ時、少し薬臭くて何の味なのか解らなかった。
何だこれっ」といった感じですね。

しかし、慣れると知らず知らず飲んでたりする。
そのうち、コーラじゃなくちゃ物足りなくなる。

アイラも、昔はヨード臭がするものを飲むなんて考えられなかった。
まずヨウチンを思い出しますからね..。

でも、あるきっかけから慣れると「アリだね」となる。
そうなると刺激を求めたい時などは、特にたまらなく飲みたくなる。

それに慣れてくると、アイラモルトの奥にある、本来の味わい・旨味も、
感じはじめる。


商品コード:u-G-86
LAPHROAIG 10Years Cask Strength
(ラフロイグ 10ネン カスクストレングス)
ウイスキー>シングルモルトウイスキー
スコットランド>ラフロイグ
サントリー
ビンテージ:/度数:57%/容量:700ml/地域:アイラ

総合点:4
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.06.12【日記】

アードベッグ・スーパーノヴァ



仕入担当改め副管理人のクラです。 少し偉くなった気がするicon10

まだ入手困難なアードベッグ・スーパーノヴァですが、
今年1月20日に「アードベッグ コミッティー」にのみ3,000本限定でリリースされ、
わずか2時間弱で完売したと言う、超限定品です。

五月にも追加発売予定だったそうですが、市場には出て来た雰囲気無しです。

スーパーノヴァとは超新星と言う意味。

参考コメントですが↓

グレンモーレンジ社の蒸留・製造総責任者であるビル・ラムズデン博士はこう語っています。
「アードベッグ スーパーノヴァ」を造るにあたっては、原酒のストックを幅広く検討しました。
きわめて古いものも、比較的新しいものも含めてさまざまに分析し、テイスティングを行いました。
我々は信じられないほどピーティーで、スモーキーな風味を造ろうと考えてはいましたが、
最も重要なことは、“息を飲むようなバランスとアードベッグならではの複雑さを表現すること”
にありました。
他に比べるもののない、味わい深いピートの奥行きと同時に、
モルトの甘みや繊細な柑橘類などの芳しい風味をお楽しみいただくことができます。


アードベッグのブランド・ディレクター、ヘイミッシュ・トーリは次のように語っています。
「アードベッグ スーパーノヴァ」は、『星の爆発』としか言いようのない味わいです。
塩、コショウ、ローストしたコーヒー豆、トウガラシ、チョコレート、手巻きタバコなどのすべての
フレーバーを感じます。
ウィスキー通の方々の羨望の的となるのは間違いありませんが、星のモチーフを美しくあしらった
高級感あるパッケージは、アードベッグやアイラモルトの素晴らしさを、より深く知りたいと
思われる方々へのひとあじ違ったギフトとしても最適です。


前に微量飲んで頂きましたが、今回は開栓から、ゆっくりと楽しんで頂けます。
100ppmを超える驚異的なピートレベルを堪能して下さいmalt
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2009.06.10【日記】

アードベッグ スティルヤング



管理人を密かに狙っているクラですicon22

ボトルの紹介を簡単に書いときます。

アードベッグ蒸留所で1998年蒸留の若い十年熟成までの原酒を
厳選しシリーズ化したものです。

・まず2004年に第一弾として発売された6年物のベリーヤングです。
 現在プレミア価格になっています。

そして、第二弾として2006年に発売され8年物が、このスティルヤングです。
 これもまた人気で入手が難しいです。

・第三弾は、2007年に発売された9年熟成のオールモストゼア

・そして四部作の最終章、2008年に発売された10年熟成のルネッサンスです。
 これは、キープをされた方がいらっしゃいましたねface02
 
最終章飲んじゃったのに、今さら・・・」と思われるかも知れませんが、
今から夏にかけ、どうしてもスピリッツ的な味のものが快適に思えてきます。
と言う事でスティルヤングをあえて選んでみました。

今年の夏はどれくらい暑くなるか解りませんが、若い海モノを夏にグビッといくのも
楽しいかと思いますicon19
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

プロフィール

youpapa

ブログ内記事検索

  • 2021年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧