美酒と友に・・・・

洋酒の日記を書きつつ、モルト会の記録もしています。

2011.04.19【日記】

仲良くしてなっ



ボウモア10リットル樽、初顔合わせ~(^^))/

1号樽と3号樽が並び、熟成仲間が出来ました。

スコモル販売の10リットル樽の中では、
初代にあたる、このボウモア樽が好みです。

はっきり言って今月はすでに金欠なので、後はそのうち入れます。
また、日本酒買っちゃったし・・(^^ゞ

まっ一年目から様子を見て、出来れば3年は寝かせたいので、
一週間くらい入れるのが遅くなっても、何の問題もありません。


にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
  ご協力お願い致します。
(このジャンルで、どうにか決定しました)

ケセラセラはこちらで更新中

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.16【日記】

樽詰め



入った、入った、6リットル。

一号樽で、別に満タンにしなくてもいい事が解り結構気楽です。

あとのウイスキーは、また今度・・・

それにしても、個人だから何でも載せちゃうよね~。

BARの住人なら「コレに何が入っているか解ります? 」なんて言ったりして。

って、ただの憧れかよっ!

様子見ながらなので何とも言えませんが、一応一年の予定。

それまで、このブログあるのか?

前のブログを閉じて凄く後悔したので、管理人がもし変わったとしても、
ウスケバがある限り存在はすると思います。多分・・・。

あっ、いかんいかん、今日は楽しい樽詰め日だった(^-^)
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2011.04.15【日記】

10リットル樽の栓にピッタリ?



もう、程良い10リットル樽の栓を見つけてしまった(^_^)v

それは、スパークリングワインの栓。

イタリアのアスティの栓が形からして、一番ピッタリです。

さすが、私なんて比べ物にならないくらい酒飲みの嫁!

知らぬ間に、ワインやスパークの栓が山積みに…(@_@;)

飲むんだったら、ブログに載せるから協力して、お願いっ・・・と頼んだら!

ふっ、ばっかじゃねーの!!と返された・・・(-_-;)

まったく、お茶目なんだから・・・。

今日のところはこのへんにしといてやろう。ハハハ・・・(苦笑

まっどちらにしても、久々の大イベント。

樽買って、ウイスキー買って、、、先月から赤字続き

今月もこれ以上、義援金貯めれなくてごめんなさいm(__)m

来月は、なるべく頑張ります。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.15【日記】

一難去ってまた一難



樽詰めの前に、最終チェックしていたら、

樽の栓とタボ穴に少し隙間がある事が発覚。

なんてこったー!

これっ、蛇口から出やすいように、わずかに隙間をあけてるんでしょうね。

1号樽はスコモル販売さんから買ったので、コルクも木づちも付いてましたが、

今回は復活しただけでも奇跡に近い中古なので、木の栓ひとつ。

長期熟成には、やはりコルクの方が密着性があっていい。

田舎だしどこにも売ってないよね~これと同じサイズのコルク。

もう少し延期して、ちと調べてみよう。





COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.04.14【日記】

樽詰めの前に、富士山麓のテイスティング



富士山麓 樽熟50°  FUJISANROKU 50%

[youpapaのテイスティングノート]

香りーピュアなグレーンによるアルコール・ハープ・ナッツ・洋梨・青リンゴ・燻し香・
   麦・コーンとその甘み。

味ー若い感じは当然ありますが、バーボンのようなたくましい旨味も含まれていて、
  スケールの大きさも感じる。

フィニッシュー程良くたくましくも、甘さとチャー。

全体ー香りは始め乏しいのですが、少し経つと薄いながらもいろんな香りがある。
   味は結構しっかりしていてバーボン製法のような作り方と樽熟を感じる。
   しかし、バーボンほどのワイルドさは無いので、それが食中酒として向いている。
   食事をしながら飲むのには度数が強いので、少し割り水したワンロック風の
   水割りかハイボールが良いかも。



雑談

ブレンデッドですが、樽詰めする前に、ちとテイスティングしてみました。

当然何のモルトが入っているとか、グレーンも解りません。

でも、このウイスキーが10ℓのミニ樽でどう変化するのか凄く興味があります。

他にモルトも入るので100%ではありませんが、一年くらい寝かしてみて、

何かの役にでも立てればといいと思います。

美味しく出来ればの話ですが・・・(^^ゞ






 
この記事を評価するGood

2011.04.14【日記】

コレな~んだ?の答え



コレな~んだ?の答え

そうです、富士山麓 50%

宮城峡の500mlと間違った方も居たのでは・・・?


いや 最後まで、メインを富士山麓と宮城峡で悩みましたが、
樽熟する時は、ある程度、度数が必要な事をリベットの樽熟で学んだので、
今回は、あえて50度の富士山麓にしました。

今回の樽に入れるリスト予定

・富士山麓 600ml 50%・・・11本
  http://fujisanroku.jp/ 

・宮城峡 500ml 43%・・・・2
  http://www.nikka.com/products/miyagikyo_500ml/index.html 

特別ゲスト
・ザ グレンリベット・ナデューラ
59.7%
・ザ マッカラン・カスクストレングス

計 15本


がんばれニッポン!

では浮かばなかったので、

いい国、日本!
(11くに2ほん)



 
 
この記事を評価するGood

2011.04.13【日記】

コレな~んだ?



ブログに来て頂いたすべての皆様へ、

元気ですかー、元気があれば何でもできる。

本当だよ。


さて昨日、樽に詰めるウイスキーを買いに行きました。

コレな~んだ?

おかげで、また財布が空っぽ・・・何とかなるさ(ケセラセラ♪)

樽詰め間近なので、答えはその時に・・・(^-^)



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.31【日記】

もう少しなんだけど・・・



水を吸わせて今日で10日目なので、3号樽日記も載せておきましょう。

もう少しなんだけど、わずかに水漏れあり。

私は、ウイスキーを学ぶ上で、樽との一期一会も大切にしてます。

何故なら、ウイスキーは樽の中でのみ元気によみがえる。

試飲する度に表情を変えてくれるし、季節でも表情を変える。

美味しい日ばかりではない、渋みが出たり、苦味が出たり、

セメダイン臭が出てきたりと、あまり美味しくない時も正直ある。

でも、それが生きていると言う事だと私は思う。

なんちゃって・・・(^-^)

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.26【日記】

続、3号樽



3号樽 は、3日前から場所を変え、まだ水漏れ調整中。

今日、チェックしてみたものの、まだ多少水漏れあり。

駄目でもともと、もう少し頑張ってみよう。

東日本大震災の中、関東よりウチにやってきた樽なので、

どうにか、よみがえってほしい。

今は、そんな気持ちでいっぱいなのです。



COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.21【日記】

うちの3号木



連続放水後、只今、一番風呂に入っています。

かなり水漏れもひどく、凄く手ごわそう。

でも、私は全力を尽くすぞ~!

うちの3号キは、頑張って復活を目指しています。

末っ子になる予定なので、頑張ってほしい~。

暇なので連載にしてみました(^。^)y-.。o○
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.08【日記】

また折れた



10ℓ樽のコルク栓が、また折れた。

どうしよう!


前回折れた時は、丁度合うブランデーの コルクがあったので、
それを詰めていた。

結構、大きな穴なので、普通のワインのコルクではまったく
サイズが合わないし、丁度良い大きさを探すのは大変。

スコッチ・モルト販売に相談すれば、まだ置いているのだろうか?

大ショックです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.02【日記】

やつは、また美味くなっていた



相変わらず暇なので、10ℓ樽から200mℓ瓶に瓶詰め作業。
ついでにヨーグルト食べながらまたモルト飲んでます。 何の反動?

久しぶりのホールピペット を使って全体から抽出し瓶詰め。

   


左が今日2011.3.2に瓶詰めしたもの、右が2008.5.16に瓶詰めした初もの。
2年10ヶ月で、このくらいの違いです。

画像では、ほとんど解りませんね(>_<)

さすが「ウイスキーは一日にしてならず

味や香りは順調に熟成を増しています。

かなり、美味しいよっ!

確実に、樽熟成は成功している模様。

もうすぐ、3年になるので楽のしみ~!




3年ミニ樽熟成記念ボトル作っちゃおうかな・・・ぷぷぷ  



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2011.03.01【日記】

やつも生きていた



2008年に樽詰めしたグレンリベットが、まだ生きていたー!!

なるべく温度変化のない物置の隅に置いていけど、その上からいろいろと、
物を山積みにされていて、救出不可能になり放置されたまま。

始めは、こまめにテイスティングしたり、瓶詰めしたり、
欲しい方?(半分無理やりの方も居たような?)に、飲んでもらったり
していたので、半分くらいは無くなっていた。

だから、のこりは天使に全部飲まれていると思って諦めていました。

モルトが飲めるようになったら、さっそく元気を出し救出作業に・・・
まだ、重たく数本分は残っているやも?

とにかく、良かったー!嬉しいよ~

今日は暇なので、これまでの経過を簡単に、、、


2008年5月12日
自分で樽詰めするのは初めてなので、予算上12年を中心にナデューラを入れ
少々度数調節し43度ちょいくらいで樽詰め。


樽がスカスカだったので、ウスケバの住人様方からコメントで助けてもらい、
どうにか樽も復活、10ℓ樽に15本とおまけがすべて入った。


数日落ち着かせて、テイスティングした時の色。


謎のラベル付き、200mℓ瓶詰め品。
全部で計20本は瓶詰めした。

今までの流れはこんなものです。

今回のテイスティング、

やはり、凄いのはバニラ香ですねっ。
リベットらしさも残ってますが、香ばしくスイーティーになってます。
色も2年10ヶ月くらい経っていると多少は変わりますね。
瓶詰めしてみないとこれくらいの量では解りませんが、サンプルの最後ら辺と
そう大きな色の変化は無いようにも思います。

今度、瓶詰めしてみよう。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

youpapa

ブログ内記事検索

  • 2021年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧