深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.04.16【テイスティング】

THE BALVENIE 12Years Double Wood

香り:ややアルコール、植物っぽさ、奥からカスタードクリーム、 ドライさのあるリフィル系のシェリー感、チャーしたオーク、時間と共に焼き栗、オークのニュアンスが前に出てくる。 味:甘くスムーズでバニラ、メイプルシロップ、すぐに天津甘栗や栗の渋皮煮。 中間からほのかなスパイス、鼻抜けは湿った木、控えめにシェリー感、そしてオーク香。 その後やや粘性のあるチョコレートソースを感じる。 フィニッシュ:みたらしのような甘さ、甘栗、微量のタンニン。甘く程よい余韻。 コメント:高コストパフォーマンスとして名高いバルヴェニーの代表作。 確かにこの値段でこの味であれば、何も考えずにテレビでも見ながら飲むには良いモルトであるように思います。 個人的な印象としては、口開けはオーク(バーボン)とシェリーがなじんでいないので、 開封後少し経ったモノのほうが美味しく飲めるように思います。
この記事を評価するGood1
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧