深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.01.23【テイスティング】

CAOL ILA 12 years old

香り:サラミや脂の甘さ、オーク由来の栗っぽさに、バランスの良いピートスモークがのっている、。 透き通った海辺の側でたき火をして魚肉を焼いているよう、風はなく穏やかな日 味:塩分濃度の薄い塩水、バニラのような甘さにピートをともなう柔らかい口当たり、徐々にスパイスを伴う。あまりボディは厚くない。 フィニッシュ:燻したピートが強く出る、ヨードは弱いがピートが支配的、焦げたようなビターさに、ドライでバランス良くまとまっている コメント:余韻にある木や土が焦げたようなビターさは、ピートって?という人にも分かりやすいと感じられます。 これからモルトをはじめるという人だけでなく、既に幅広く飲んでいる方にも、幅広く楽しんでもらえる一本だと思います。

■関連付けられた情報

CAOL ILA 12 years old(カリラ12ネン)
この記事を評価するGood4
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧