深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.01.22【テイスティング】

OBAN 14Years old

香り:少し水っぽさがあるが甘くスムーズな香り、麦、バニラ、かすかに梅酒の酸味。 アルコールは心地よい程度で、メンソールのように鼻がスッとする。 味:なめらかな口当りだが少し粉っぽさも感じる。 ワクシーな甘さに麦のビターさ、胡桃、若干のカラメルやメイプルシロップのような甘さもある。 フィニッシュ:余韻は麦のほかにピート由来と思われるビターさがあるが、白いフルーツを連想させる甘さもあわせて感じられる、ドライで少量のスパイスを伴って程よく続く。 コメント:オフィシャルの同価格帯の中ではバランスよく、味のある部類に入るモルトだと思いますが・・・。 オーバンというと”海の潮風””潮っぽさ”が感じられるモルトというのが代名詞ですが・・・ すいません、わかりません。 確かに蒸留所の立地は地形的に海の側にありますが、言うほど確かな特徴として出ているかと言うと、ちょっと疑問です。 もう一度まっさらな気持ちで飲んでみたいモルトです。

■関連付けられた情報

OBAN 14Years old(オーバン14ネン)
この記事を評価するGood1
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2022年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧