深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.03.31【イベントレポート】

ヘイグ 特級表記



ヘイグ 特級表記&通関コード付
43度 750ml
1980年代前半

オススメ度
☆☆☆☆☆

テイスティングコメント
ややオイリーだが、それほど重くはない酒質。
良質な熟成感にまろやか、しっとりした口当たりから、オールドシェリー、醤油、カラメル、少しスパイス。
モルティー、そして黒糖梅酒のようなフレーバーを感じることができる。
バランスが良く、個人的には”熟れた”酒。

流通量が多く、今でも比較的簡単に手に入り、味覚の相性はあれど安くて旨いオールドウィスキー
気軽にオールドボトルの品質を体感できる、オススメ。


オールドボトルの中でも、ボトル形状、ラベルの種類に富んでいるのがヘイグである。
年代順に追っていくと

2000年代  :ブラックダンピー(現行品)
1990年代  :トールボトル43度750ml(ラベルがちょっと派手)
1980年代後期:トールボトル特級(ラベル派手なまま)
1980年代前半:トールボトル特級メタルキャップ(写真のもの)
1970年代  :トールボトル特級メタルキャップ(ここから760ml企画)
1970年代以前:トールボトル特級プラスチックキャップ

となるんですが、それ以外にもブラックダンピーの1970年代と思しき特級があったり、
80年代流通品には取り扱いであるサントリーの住所や、細かいラベルデザインで年代が上下したり、
ヘイグのほかに海外向けにディンプルやピンチがあったり・・・
一概に上のとおりとは言えないのが現状で、ぶっちゃけよくわからない。

まぁひとついえるのは、ヘイグのオールドは旨いってことで(おいw
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ヘイグ
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧