深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.12.21【日記】

シーバスリーガルの見分け方

今日のお題はいまや自称スコッチのプリンス、シーバスリーガルです。
唐突ですね?いやいや、ちょっと私用でUPすることになりましたので、気にしないでください。
 
シーバスリーガルは、現行品は相変わらずダメダメですが、オールドボトルはオールドパー(もちろんオールドボトル)のようなどっしりした味ではなく、
芯の強さがありながら華やかな味で、カラメルの中に麦やフルーツ系のモルティな甘みもあります。
中でも1970年代以前は旨いですね。1980年代、それも特級表記のみの末期のころは、やはり現行よりの味がします。
それでも現行品からすれば十分旨いのですが・・・
 

さて、オールドボトルの基本ですが、ボトルによって違いはありますが、基本的には
・43度 750ml 1990年代(現行でも並行品等)
・43度 750ml 特級 1980年代
・43度 760ml 従価特級 1980年代初期(モノによっては1970年代後期も含む)
・86proof 4/5Quart シールで従価&特級表示(1970年代)←ただし正規品でなく平行品の場合80年代でもこの表記あり。
また、上記にJAPANTAXないし通関印があれば1960年代~1970年代初期(通関印の日付も参照)
 
となります、ただし特級表示は当時日本に入ってきていたボトルにのみつきますので、
例えば海外品がお土産で入ってきたりしていると、付いていないものもあり、これは基本情報を基礎として、
ボトルごとのラベル遍歴などの情報や、経験で見分けていくしかありません。
 
しかしシーバスリーガルについては1990年代に大きなラベルチェンジがあって以来、大きなデザインチェンジが無いのでわかりづらいのです。
シーバスは海外流通品が多く、お土産や平行品としてかなりの数が入ってきているため、ウィスキー特級、従価、JAPANTAXというわかりやすい仕様のものは少ないです。
760mlや4/5QUART表記でも90年代品があったりするトラップぶり、ネットにもこれといった解説をしているサイトはないですし・・・
オークションを見ていても売り手が積極的にアピールしていなかったりして、逆に言えばわかっている人は“おいしい”お酒かもしれません。
 
そこで今回は・・・完全独学なので間違っているかもしれませんが、くりりん的シーバスリーガルの見分け方特集です。
 
 




まずは上の写真。
ネットから拝借してきたシーバスリーガルのまとめ画像です。
現行品から1980年代後期頃のシーバスリーガルが並んでいます。
このうちどれが一番古いでしょうか、というところからはじめます。
 
②と④は現行品も現行品、まずは除外です。新しいラベルは肩ラベルが無いことに加えて、エンブレムも大きく違いいます。
残った①と③ですが、これは③のほうが古いと考えられます。(表面にウィスキー表記もあるので一目瞭然といえばそうなのですが、このウィスキー表記が無い①のデザインのボトルもあるので、無いものと考えてください。)下の写真のピンクの枠の箇所がポイントなのですが
 



ボトルの首の部分、馬に乗った騎士が書かれたイラストがある箇所がありますが、これが大きいほうが古いです。
さらにボトル裏面を見ますと、ネックの部分、①のほうは表から続くデザインが途中で途切れているのに対して、③は裏面までちゃんとデザインされています。
さらにさらに、このボトルにはバーコードがあります(下記参照)、このバーコードは横付きの0番のバーコードなのでアメリカ流通品であることがわかります。
日本における酒類に関しては一般に1990年ごろからバーコードが付きはじめますが、アメリカでは1980年代中頃くらいから付いていました。
 





参考:アメリカ向けバーコードの年代参考資料、リベット12年アンブレの背面ラベル
 
したがって、①はラベルチェンジがある直前頃、1990年代のボトル。
③は1980年代後期のボトルであることがわかります。
 
なお、①及び③のデザインで760ml、1140mlの容量のものが出てきます。
ヤフオク等では背面ラベルが写っていないときがあるので、表面のラベルだけで見分ける場合は、ネックの部分の騎士の大きさで見分けると良いでしょう。
しかし・・・ネックの騎士が大きくても40度だったりバーコード付いていて背面にウィスキー表記があったりと、古いものがほしい場合は油断できません。
 
 
さて、前置きが長くなってしまいましたが続いては1980年代と1970年代の見分け方です。
1980年代初期になると760mlや1140mlに43度、もしくは4/5QUART 86Proof表記が基本になり、背面ラベルのバーコードもなくなってきます。
背面にバーコードが無く、以下の写真のような背面ラベルでかつ760ml 43度に順ずる容量、ネックの騎士マークがデカイモノであれば1980年代初期と見ていいでしょう。
 

 
 
そして1970年代との見分けです。
この見分け方は、以下の画像、
左は1.14リッター86Proofのアメリカ品で1980年代(760mlモノでも1980年代は同様のデザインです。)、
右は4/5QUART 86Proofで・・・1970年代流通と思われるモノです。
 

 
 
良く見ると下の画像のとおりエンブレムが微妙に違います。
旗の形が違い、そしてライオンがこっちを見ています。(こっちみんな)
旗の下に書かれた言葉も違っていて、これが1970年代のボトルと思われます。
 



なお左のボトルデザインは中国向けの1979年を確認していますので、1970年代末期は流通しているのかもしれませんが、
右のラベルデザインのモノは1980年以降(例えばバーコード付きのモノや750ml仕様のモノ等)確認できていませんので、
70年後半あたりで微妙なラベルチェンジがあったものと考えられます。
 
あと上記以外にも、右のボトルのラベルは、ところどころに赤いラメがかかったような印刷になって入るほか、ボトルの底部分に小さなくぼみがあるなど、
同様のボトルを2本持っていますが、これも80年代以降との違いなのかも・・・と要検討項目としています。
 

というわけで、今回は志向を変えてくりりん的シーバスリーガルの見分け方でした。
前述のとおり完全独学なので、100%信用できるものではありません。また、ちげーよ!という意見があればどしどしいただければと思います。
COMMENT(15)
この記事を評価するGood53

2010.03.30【イベントレポート】

シーバスリーガル12年



シーバスリーガル12年
40度 700ml

価格:1900円~2500円
評価:☆☆

香り:クリーンな感じだが、モルトっぽさがわずかにある香り。
アルコールもある。トップノートでは、芳醇ではないが、甘くまろやかさを感じる香りがある。
味:あまくまろやかな口当たりから、渋み、口の中での広がりは特に無く、薄いジュースを飲んでいるよう。
余韻は複雑さが少しあって、あっさりと消える。また、飲み干した後はアルコール感が残る。

いたって平凡な安ブレンデット、かつてはスコッチのプリンスと言われたシーバスリーガルだが、いまや他のブレンドと同じように過去の栄光になりつつある。
飲み方はロックや、氷を入れて、角を取って飲むほうが良いだろう。
濃い目の水割りも、ストレートから比べれば悪くは無い。何かと割ることを前提に作られているようだ。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧