深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.06.22【イベントレポート】

CASRSノースブリティッシュ(21年)



Moon Import ”CARS”
NORTH BRITISH
Years 21old(流通時期は90年代初頭・・の模様)
43% 700ml

オススメ度(5)
☆☆☆☆☆


香り:はじめはプレーンアルコール、刺激の無いウォッカ、蒸留水のように無色の香り。
グラスにステイさせたり、蓋をして暫く置くことで、バニラや花のような上品で甘い香り、カスタードクリームのようでもある。
この甘い香りは、香りが出てくるというよりは、グラスの中に蓄積していく印象。嗅ぎきるとまた無色の香りに戻る。

味:非常に優しい穀物感が広がる。バニラ、ウェハース、微量だが硫黄を感じるが、
中間から出てくる白桃やレモンクリーム、ミントの混じった華やかで優しい甘さ、実に飲みやすくまとまっている。
21年モノだがそこはグレーン、ボディはライトで、余韻はすっきりとしてややオイリーさを伴う。


コメント:新宿某所にて。貴重なムーンインポート、カーズシリーズの一品で、
時期的には1960年代~70年代ごろの蒸留と思われるグレーンウィスキー。
ノースブリティッシュは1885年に創業、現在は年間約6400万リッターを生産するスコットランド最大のグレーン蒸留所とのこと。
そのボトリングは、最近破格の値付けがあったBBRの2000年蒸留のモノから、
SVの60年代の長期熟成モノまで、調べてみると案外数が出ている。

すっきりとした甘さにミント等の植物質も伴うライトな酒質
これからの季節、山の奥ででも飲みたい爽やかなウィスキーだ。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧