深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.10.06【日記】

【試】VISUAL FLAVOUR クライヌリッシュ1997 ほか


今日はお台場→幕張で仕事でしたので、帰りはハセガワに寄り道して帰りました。
目的はもちろん試飲。
ワインやシェリーは買うくせに、ウィスキーをなかなか買わない試飲ばかりのダメな客です。
 

来店早々、
どうしたんですか、スーツなんて着て、
仕事しているみたいじゃないですか。


お約束のやり取り。


この店はダメな社会人が多く集まる場所です。



さて、その試飲1杯目は、
先日発売されたばかりのビジュアルフレーバーのクライヌリッシュ
 


 

VISUAL FLAVOUR
CLYNELISH
1997-2011
Cask type: Hogshead
700ml 57.1%
価格:4980円


バーボンホグスヘッドらしい濃いフルーツ感、ミルクキャラメル、ほのかに木材っぽさを感じる香りに、
味もやっぱりバーボン樽系のフルーツやオーク感かと思いきや、これは奇襲、
薬品臭の無い子供用の風邪薬シロップ、または駄菓子のイチゴシロップのような甘さ、
かすかにココナッツミルクのようなクセ、粘性のある甘さは蜂蜜も連想させます。
実に面白い仕上がり、木のえぐみや嫌味な味わいが少ないのも好印象。
これでカスクで5000円切る値段というのは驚きです。


うーん、良いコスパだ。



また、クライヌリッシュというと、オフィシャル、ボトラーズ含め様々なキャラがリリースされているも、
こういった味わいのクライヌリッシュは初めてのような・・・

ボトルのフレーバーシールに記載があるので、メーカーとしては奇襲しているつもりは無いのかもしれませんが
香りの時点で、あぁまたこの系統かと思っていたところにこの味は奇襲でした。
そもそもビジュアルフレーバーのシールは適切な表現が表されているのか、というのは過去のボトルも含め議論の余地ありですが・・・
このボトルに関しては、なかなか的を得ているのでは・・・という感じです。


 

続いては、以下をチビリと。
 


 

シグナトリー ラフロイグ2000-2011(10Years old)
Cask : Refill Butt
700ml 46%


46%加水なのでやわらかい感じに仕上がっていますが、落ち着いて飲めるラフロイグです。
味、香り共にラフロイグの王道をいくフレーバー。
値段も手ごろ、この手の味は家飲みにするには飲み疲れないのでお勧めですね。
 



 

ウィスキーエージェンシー リトルミル1989-2011(21 Years old)
Cask: Sherry wood
700ml 47.1%
 

これは割りといまさらなリトルミル。
最初の香りはローランド香、らしい香りです。ボール紙に包まれた甘みの無いベリー。
徐々に殻つきで蒸した栗のようなオークの香りも出てきます。
シェリーウッドでこういう香りが出るということは、アメリカンオークでリフィルなんでしょうか。
味はしっかりフルーツ、トロピカル系で、その中にエッジが立っているイメージ。

案外・・・と評判の良いボトルでしたが、なかなか良いですね。
自分としては、味の構成としてオールドボトルのリトルミル12年ハイプルーフに近い印象を感じました。

 


 

ブラドノックフォーラム カリラ1984-2010(25Years old)
Cask: Hogshead
54.3% 700ml


これもいまさらなボトルですが、相変わらず安心のカリラ、そしてブラドノックフォーラム。
ブラドノックフォーラムはコスパに定評のあるボトラーズですが、
それに加えてどこが出しても大崩れしない、絶対的なエースではないが、確実に7回3失点くらいで切り抜けてくれる、
チームがどんな状態でも年間10勝くらいしてくれる、野球でたとえるならそんなピッチャーがカリラのイメージ。

このカリラもまさに安心して飲める出来、王道の味。
悶絶しなければ、落胆もしない、ただ普通に旨いカリラです。


 

また、他には少しサンプルも飲ませていただき、楽しい時間をすごさせていただきました。

今回の試飲ではビジュアルフレーバーに食指が動きましたが・・・家にある開封済みボトルの数々、購入予定のボトルを考え自重。
また、今日は赤ワインを飲みたい気分だったので、ウィスキーは買わずに赤ワインを買って帰りました、が、


帰りの電車の中でなぜかいきなり血の気が引き、貧血のような症状を起こし、
横浜に着いたところでブラックアウト、電車の中でぶっ倒れるという事件を引き起こします。


気を失っていたのは20~30秒ほどでしょうか。
すぐに意識は戻って、駅員さんが駆けつける前に電車を下りて外から乗客の皆様に軽く謝罪・・・
次の電車に乗って帰りましたが、内心また倒れるのではと、ビクビクでした。



試飲した量は総量でワンショットちょい、アルコールというよりは、
今日は朝からビックサイトの展示会と幕張メッセの展示会をはしごし、双方で展示会業務をこなし、
昨日一昨日は深夜帰宅だったわけで、疲れはあまり感じてませんでしたが、体に無理があったのかもしれません。


買ってきたワインは冷蔵庫に封印、今日はおとなしくすることにします・・・。

気温変化が激しいこの季節、皆様もお気をつけください。


 



ん、このグランツ70年代流通、なかなかいいな・・・(オイw




 

この記事を評価するGood1

2011.01.15【日記】

MMラフロイグ“LEAPFROG”1987-1999(12年)46%



MURRAY
MCDAVID
LEAPFROG(LAPHROAIG)
(ラフロイグ1987)
 
Aged 12 Years
700ml 46%
Distilled: 1987
Bottled: 1999
Cask type: Bourbon
Cask No: MM2868
 
価格:6180円で購入
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆


 
 
香り:柔らかくバランスの取れたピートスモークに塩バニラ、奥には柑橘系のフルーツ、徐々に林檎のような香りも感じられる。
自己主張は激しくなく柔らかい香りながら厚みがあり、フレーバーのしっかりした存在感を感じさせる。
まるで上等なカリラのよう。加水するとピートに加えてオークの甘さ、透明な海の香り・・・
 
味:スムーズで柔らかい口当り、松の実、若干の林檎、動物性の脂の旨み、昆布だし、薄い塩水。
フレーバーに強烈さは無いがダシがしっかり効いているイメージ。
後半にかけて少量のスパイス、焦げたピート、薬品系のヨード感。鼻抜けもピートが抜けてくる。
余韻にかけて存在感が出てくる印象で、口の中が潤ってフレーバーが残り、喉の奥にもピートスモークと甘いヨードが停滞している。
加水で入りが若干水っぽくなるが、後半に掛けてはフレーバーが開く、特にピートフレーバーに躍動が感じられる。
 



 
コメント:ラフロイグ蒸留所がごねたので、蒸留所の名前が使えなくなってしまったため“蛙”になってしまったラフロイグ。
12年という若い熟成期間ではありますが、ビンテージはアタリと言われる1987年。樽も信頼と実績のバーボン樽、やはり良いモノが感じられます。
 
1口目より2口目、2口目より3口目、口奥に停滞したフレーバーがボトル全体を底上げし、グラス一杯を最後まで楽しむことが出来ます。
香り、味共に最初は柔らかく特徴がわかりづらいですが、加水するしないに関わらず徐々に存在感を発揮する味なヤツ。
加水については好みにお任せです。どちらでもいいと思いますが、柔らかく刺激の少ない酒質だけに、まずはストレートで飲んでほしいですね。
食事との相性も何気に良いです。白身魚のソテーや、塩焼き系の鶏肉・・・今は自家製シューマイをチンしてみましたが中々旨い・・・。
 
 
なお本ボトルの流通時期は今から10年も前、さすがに気楽に手に入るモノではないと思いますが、
1987-2000のビンテージであれば目白の田中屋さんで取り扱っています。
興味がある方は是非どうぞ。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.12.16【日記】

OBラフロイグ1994 “HIGROVE” 40%






LAPHROAIG
HIGHGROVE
(ラフロイグ ハイグローブ 1994)
 
EDITION 1994 VINTAGE
700ml  40%
 
価格:22000円~25000円
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

 
 
香り:甘く上品なヨードとスモーク、やや薬品っぽさのあるバニラ、ナッツ、徐々にメンソールが顔を出す。
ほんの少し野菜のような青さ、フレーバーがはっきりとしており、1本筋が通ったラフロイグらしさの中に上品さが感じられる。
 
味、スムーズな口当りで、ナッツ、ヨード、ブラウンシュガー、柑橘系の印象もほのかに。
滑らかさと、40%とは思えないしっかりとした酒質、スパイスは少なく全体を通して柔らかく、バランスもよく飲み飽きない。
戻り、鼻抜け共にしっかり、余韻は程よくビターで麦っぽさ、ピート、ほのかに石灰のような土系のフレーバーで柔らかく長く残る。
 

 
コメント:吉祥寺のVisionにて。チャールズ皇太子が蒸留所を訪問したことを記念して作られたモノ。
同時にハイグローブシリーズは、チャールズ皇太子御用達としてボトリングされるもので、
その利益はプリンスチャリティー財団へ寄付されるもの・・・なのだそうです。
 
寄付はともかくとして良い値段しますが、旨いです。
スモーキーでピーティーな、ヘビーパンチャーな若いラフロイグが好みな方には物足りないものかもしれませんが、
高級感のあるバランスの良さで、これはこれでラフロイグの良いフレーバーをしっかりと感じさせてくれるボトルに仕上がっているように思います。
 
それにしても、チャールズ皇太子がうらやましい・・・
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.08.17【イベントレポート】

OBラフロイグ15年



LAPHROAIG
(ラフロイグ)

Aged 15 Years
700ml 43%
“The most richly flavoured of all Scotch whisky”

価格:5000~8000円
オススメ度(6)
☆☆☆☆☆☆

香り:畳の部屋の香り、濃厚なピート感、ヨードや消毒液、ビターで竜田揚げのような香りもある。その次に甘くフルーティーな香りを感じる。
フルーツ感は白いクリーム状の・・・リンゴが連想されるが、同時に柑橘系のオレンジも連想される。

味:クリーミーな口当りでやわらかい、柑橘系の甘酸っぱさとその背後にはピート薫香がしっかりと。
そのままビターなピート感が口の奥に残り、燻し感が戻ってくる。スパイスは控えめに七味唐辛子、ピリピリ。
鼻抜けはピート薫香、燃える石炭、醤油。余韻はドライ、塩、そして焚き火の後。揚げ物をした後の油っぽさもある。


コメント:自宅飲み、頂き物のラフロイグ。最近色々飲みまくってるので、ここらで原点回帰の意味も込めてオフィシャルを。
ラフロイグ15年は過去2度ほど飲んだ経験があり、1度は飲み始めのころ、2度目はBURNSのブラインドテイスティングで。
ただ、いずれもあまり記憶が無いんですよね。ラフロイグにしてはまろやかでやわらかかった・・・くらいのイメージで。
なので、こうしてじっくり記憶に留めながら飲むのははじめて。そして思う「あ、これって案外いいんでないの?」
贅沢を言えば、中間ないし後半にもうひと山ほしいところなんですが、オフィシャルの、それも43度でそれを言うのは贅沢というものでしょう。

まぁ、終売になったウィスキーにいまさら何言ってんのって話なんですが、こうしてじっくり飲むと、
人によってはラフロイグは15年こそ・・・と評価されてる気持ちが伝わります。
チャールズさんも好みは15年だったんでしたっけ。紋章背面ラベルにつけさせたりとか・・・なんかわかります、その気持ち。


ラフロイグといえばアイラモルト中でも、荒さや力強いイメージが強いように思います。
確かにクォーターカスクやカスクストレングスは、酒質としてのアタック、力強さのようなものはありますが、
全体的にまろやかなつくりながら、ピート感としての濃厚さ、それを支えるボディ感が15年ははっきり伝わってきます。

15年が終売になって18年が販売されているようですが、こちらはどうなんでしょうか。
話では、18年を販売するために15年を終売にしたということですが、
こういう年数UPのバージョンチェンジって、某オークニー諸島の蒸留所を筆頭に、あまりうまく作用したイメージがないんですよねぇ・・・

ちなみに、写真にはさり気に先日記事にした、メゾン向けのSFTCラフロイグ1988-2003が写っていますが、同じ15年でもこちらはシェリーバット。
しかし近いフレーバーも感じられるんで、飲み比べてみて面白かったです。




【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※8月13日、持ち込みボトル情報UPしました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.07.04【イベントレポート】

SVラフロイグ1988-2003@メゾン向け



Signatory Vintage
STRAIGHT FROM THE CASK

LAPHROAIG(ラフロイグ)
Aged 15 Years
500ml 55.6%

Distilled: 1988/3/17
Bottled: 2003/3/24
Cask No, 3599
Cask type, Sherry Butt
Total No of bottles: 890
“Selected by La Maison du Whisky”

価格:11000円にて購入
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆


香り:上面に燻し感、続いてプラム等の果実感を伴うピート、若干の香辛料、ジンジャー。
支配的ではないシェリー香に潮の香りもある。奥にはナッツ、竜田揚げ。
一見するとバランスの良い構成だが、シェリー樽由来のフルーティーさとピートがお互いをけん制しあうように共生しているイメージ。
シグナトリーらしいアルコール感もあり、クリーンで鼻腔に刺激を運んでいく。

味:ナッツクリームのような口当りから広がる甘酸っぱさ、裏に若干の硫黄を感じる。
中間にかけてやや粘性が出てきてジャムのようだ。ピート薫香もここから存在感を出してくる
余韻は口奥と舌上にスパイスを感じつつ、口の中には強めのピートの(土っぽい)ビターさ白ゴマとベリージャムの後味が長く残る。
ヨード感はあまり感じないが、子供の風邪薬っぽさは若干ある。鼻抜けはピートの燻し感、程よい強さで長く続く。


コメント:メゾン・ド・ウィスキー向けのラフロイグ(15年)。序盤は平均点だが後半にかけての広がり、余韻は予想以上。
ピートとシェリー感のバランスの良い仕上がりだ。ピートで燻されたジャム、特にピート薫香が長く長く・・・
また、質の良い樽を熟成に使ったのだろう、香りにあるシェリー感は、嫌味のないフレーバーで香りに厚みを与えている。

注意点としては、意外と繊細なバランスで保たれているモルトであり、加水後や少し強めのシェリー系を呑んだ後では本来の力を発揮できない。
短熟であるためか、この度数でストレートオンリーというのも面白いが・・
なんにせよ、旨くシェリーの効いた短熟ラフロイグである。口開け日のテイスティングなので、今後のポジティブな変化に期待したい。


都内某所、なんとなく買ってしまった一本。
メゾン向けだしハズレではないだろうと、ポーンと買ってしまいましたが。おお、これは意外と悪くないなと。
個人的にこういうアイラシェリーも結構好きですね。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.06.16【イベントレポート】

LOMラフロイグ? 1976-1997



Lombard''s
Jewels of Lslay
(Laphroaig?)

Distilled 1976
Bottled 1997
50.0% 700ml

オススメ度(8)
☆☆☆☆☆☆☆☆


香り:まずレッドフルーツ、ベリーや熟した果実香、パパイヤ、そしてクリーミーな麦感もある。
奥から燻したようなピート薫香が出てくるが、ピートは強すぎず、
縁の下で熟した果実感を支えているイメージでバランスは良い。
全体をまとめるとお茶・・・ほうじ茶のようでもある。

味:品の良いやや粘性を持った甘さのある口当りから、中間に甘酸っぱさ、南国感とラズベリー、
しっかりしたボディを感じる。そして中間の終わりごろから適度なピート感が現れる。
香で感じたままの印象で安心するが、余韻は適度にオイリーでピート由来のビターさ、
中間の柔らかさとは対照的にスパイシー、喉を刺激する熱さがある。
戻り及び鼻抜けはクリームとベリー、ほのかなピート、燻した麦のような香ばしさも感じてしっかり。大人の味。


コメント:新宿某所にて。銘柄指定の無いモルト。
まずフルーツ感とピート感がしっかりとありバランスも良い、秀逸な一本だ。

なお、Lombardはマン島に本拠を構え、グラスゴーとロンドンに店を持つ瓶詰業者。
今回のボトル、アイラの宝石(Jewels of the Islay)以外では、ハイランドの宝石(Jewels of the Highland)等の
”宝石シリーズ”に加えて、昨日紹介したDistillery Collectionを販売している。
シリーズに共通する点はそのラベルデザイン(イラスト)、蒸留所の風景を描いたものだが、デザインは日本人画家が行っているのも驚きである。

なお、この手のボトルは蒸留所名がバックラベル(輸入&取扱元)のところに書いてあったりするのだが、
このボトルに限ってはそれが無く、ラベルに書かれているイラストと、そのフレーバーから推測するしかない。
イラストを見る限りでは、ラフロイグである可能性が高いように思える。
ただ書いてあるラベルイラストと中身が違うということもあるらしく、なんとも紛らわしいw

ではフレーバーはどうかというと、一時期のブルイックラディのようでもあるし、ベリー感がラガヴーリンといわれればそうとも思える。
アイラという指定が無ければ、タリスカーとも思えてしまうかもしれない。
しいて言えば、クリーミーでお茶のようなフレーバーに加え、ボトルを挙げればラフロイグ1987に共通するニュアンスを
いくつか感じることが出来たので、やはりラフロイグということにしておこうw
(その他、飲まれていた方も“ラフロイグ”なのでは・・・というコメントをされていました。)


しかし“Jewels of Lslay”とはよく言ったもの。どこか女性的で華麗なフレーバーに加え、これだけの味わいであれば、宝石という表現もおかしくは無い。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.05.30【イベントレポート】

ラフロイグ12年・アイラフェス2009



LAPHROAIG CAIRDEAS
12years old
(アイラフェス2009)
700ml 57.5%

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆


香り:穏やか。やさしいヨードが上面にある。ナッツ、麦感、
アルコールはほとんど感じない。奥からピート薫香、ややカラメル質。

味:口の中でふわりと開く、クリーミーで甘い蜜、ヨード、白色のフルーツ感も感じる。
後半にかけて舌の奥でスパイス、ピートが出てくるがバランスがよく破綻していない。
余韻はじんわりとピート薫香が残り、塩を伴ってビターで長い。

コメント:BARNSにて(ただし時期は昨年末)。旨み抜群のラフロイグ。
今話題はアイラフェスということで、ちなんだボトルを・・・昨年のですがw
広がるやわらかいピート感。スパイス等の刺激はあるものの、トゲトゲしたモノではなく、非常にうまくまとまっている。

オフィシャルのラフロイグの若いモノは、終売となった15年は別物として、イガイガ感というか渋みというか、
ちょっと酒質の荒さが目立つというのが当時の私の印象であったが、これは文句無い美味さ。
オフィシャルもやればできんじゃん!

今年のアイラフェスのボトルも期待できそうですね。
誰か変装して2本買ってきて下さいw
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.08【イベントレポート】

OMCラフロイグ16年 2ndリリース(10周年記念)



ダグラスレイン
オールドモルトカスク 10周年記念
ラフロイグ 16年
1993-2009
700ml 52.3度
Cask type:リフィルホグスヘッド

価格:11000~13000円
オススメ度
☆☆☆☆☆

香り:薄口の魚醤、生臭さを感じる。ナッティー、グレープフルーツの香りもほのかに。
続いてピート薫香とヨード、アルコールは度数ほど感じない。

味:口当たりで甘酸っぱさを感じた後、いきなりピートがやってくる。
ビターでクリーミー、ナッツのフレーバーもある。
ミドルからピートが支配的になり、フルーティーさは控えめだ。
ピートに火をつけてくすぶらせたような、そんな香りが口の奥に蓄積していく。
潮っ気もそれほどない。鼻抜けもピートとスモーク感、口奥にヨードとピート由来のビターな余韻

コメント:Sheepにて。ボトル開封からそんなにたってないから、まだ開ききっていないのか・・・?
にしても、1stのフルーティーさをイメージしていると、裏切られたような印象を受ける。
純粋に現行のラフロイグとして考えれば、オフィシャルの延長にあるような味で悪くは無い。

OMCラフロイグ16年 10周年記念ボトル 1stリリースはこちら


本当は、今日はドロナック15年の旧ボトルを紹介しようと思ってたけど、
タイムリーなボトルに出会えたので、まずこちらを優先(オイw。

まず、断じて悪いラフロイグではない。
上記1stリリースのラフロイグとは対極にある味というか、
輸入元コメントを見るとそのようにも読めるので勝手に妄想していたというか・・・

【参考・輸入元コメ一部抜粋】
・・・駄目もとで同条件のカスクはないかとDL社へお願いしたところ1つのサンプルが届きました。
それは前回が華やかさにおいては少し勝るものの、今回はアルコール度数がしっかりしているためボディーの厚さ、
各要素の全体のボリュームが勝り、前回を上回る素晴らしいラフロイグであろう印象を持てるものでした。・・・

ウソではない、のかな。
1stと2nd、どちらを好まれるかは好み次第ってところで。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.03【イベントレポート】

ラフロイグ1984-1996 12年



ケイデンヘッド
ラフロイグ 12年
1984-1996
Cask type: シェリーウッド

オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆


香り:ほのかな甘さを含んだ薫香、(春なので桜をイメージしてしまったが)何かのチップの燻製のようだ。
スモークサーモン、土っぽさ、ごく少量のヒネ、ハーブ系の香りと海の香り。

味:しっかりしたボディがある。土と海草の香り、ドライフルーツっぽさからふくよかな甘さが広がった後、スパイスと潮の波がやってくる。カラメルソース、少量ヒネもある。
余韻は甘く、舌の上にカラメル系、口の奥にスモーク、最後は一つまみの塩、そしてややドライ。

コメント:ケイデンヘッドのグリーントール時代、美味いモルトが多いというこのシリーズだが、このラフロイグもなかなか味わい深い。
開封後時間がたっているためか、酒質はしっかりしてるけど、フレーバーがちょっとボケというか弱くなっている印象も・・・
こういうの普通に出してくれたら常飲するんだけどなぁ


ボトルは三鷹のBURNSにて。
誕生日が近かったので「生まれ年の1984年のモルトで何か」と希望して出てきた一本。
おいしゅうございました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.01【イベントレポート】

OMCラフロイグ16年 10周年記念ボトル



ダグラスレイン
オールドモルトカスク
ラフロイグ16年 1993-2009 (10周年記念ボトル)
48.8% 700ml
Cask:リフィルホッグスヘッド
Bottle :1 of 194

価格:13000円前後
オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆☆

香り:ピートや控えめなスモーク、むき立ての牡蠣、潮、奥に甘酸っぱさもある控えめな白色系フルーツ感。少量のアルコールの刺激。少量加水で海の香りがさらに・・・

味:ややオイリー、トロリとした口当たり。甘酸っぱくパッションフルーツや、はっきりとマンゴー感、奥から湿気ったタバコのようなピート薫香、ヨード感。
余韻は甘さをもったヨードから、舌の上に微量のスパイス、塩っ気、ややドライで酸味のある麦感。
加水でさらにマンゴー感が膨らみ、よりフルーティーに。
ラスト一杯の15ml手前、そのためか全体的にやさしい仕上がり、アルコール感は落ち着いており、口内からは感じなかった。

コメント:熟成したラフロイグの特徴に、60年代ボウモアが合わさったような、がっつりピートでごまかした感の無いしっかりした酒質のラフロイグ。熟成年数以上の仕上がりを感じる。


桜木町のパラディにて、ちょっと前に販売されたダグラスレインの10周年記念ボトルのラフロイグ。
このラフロイグは試飲会でおおむね好評だったようで、前評判の良さからあっという間に完売したようだ。
そりゃこんだけ美味ければね・・・納得ですよ。

そしてつい先日には、この10周年記念ラフロイグの第二弾が販売を開始。
メーカーコメントを信じるなら、第二弾はここまでの華やかさやフルーティーさはないものの、
しっかりしたボディで各フレーバーの要素は第一弾以上であるとか・・・
期待していいのかな?ダグラスレインさん!

第二弾ボトル、行き着け各店への入荷待ちです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧