深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.08.22【日記】

カティーサーク12年 1970年代流通 ONE QUARTボトル



CUTTY12
CUTTY SARK'S
12 YEAR OLD

86Proof  ONE QUART
(43% 約1ℓ)

キーモルト:グレンロセス、ブナハーブン、グレングラッサ、ハイランドパーク、タムデュー

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

 



香り:若干のヒネ香のある、穏やかな甘さを感じる香り。
そして麦芽を思わせるビターさもあり、非常にモルティだ。
時間とともにシェリー樽を思わせる樽香、グレーンはあまり感じられない。
上品なバランスでまとまっており、ガツンと香るタイプというよりは、穏やかの一言。
アメリカ市場を意識したマイルドで飲みやすい味というのは香りでもうなずける。
 

味:マイルドな口当たり、みたらしのような甘さ、少し穀物質な植物っぽさ、麦茶の香ばしさ、
この時代らしい濃さがある。中間から後半にかけてビターで焦げたようなピート感、
このビターさがアクセントになって飲み飽きない味に仕上がっている。
影響として考えられるのはハイランドパーク、麦芽質はタムデューだろうか。
フィニッシュは口の中にフレーバーがしみ込むように残り、ロセスらしさも感じられる。
 




コメント:5月の第2回オールドブレンデットテイスティング会に出したボトル。
皆様からは、ロセスを感じる!と好評だった一本です。
モノはアメリカ向け、もしくは免税店向けと思われる1970年代流通の1クォーターボトル。
容量が多いほうが劣化が少なく保存状態が良いものが多いというのは、オールドボトルの鉄則ですが、
このボトルも例外ではなく、なかなか良い保存状態であるように思います。

1970年代以前流通のブレンデットは、キーモルトとなっている蒸留所のモルトをしっかり感じられるボトルが多いですが、
このカティーサークも同様で、オールドボトルのハイランドパーク(シルクプリントラベルあたり)を飲むと、
このブレンデットの1ピースとしてのフレーバーを感じられますし、当時のグレングラッサ、タムデュー等も同様です。


本来は、マイルドで飲みやすい味を目指して、もっとスムーズ&マイルドにしたかったけど
原酒のキャラが強かったゆえに、ブレンドしてグレーンで引き算しても、
キャラが残ってしまっただけなのかもしれませんが、今となっては歓迎すべきことです。

そして、こういうボトルが手元に流れてきてくれるのは、そのめぐり合わせに感謝の一言です。

 




【オマケ:カティーサーク12年の見分け】
カティーサーク12年の90's、80's、70'sの見分け方は簡単です。



まず1990年代。特級廃止後ですが、ブレンド比率が変わったのか色が極端に薄くなります。
シェリー樽熟成を思わせるキャラメルブラウンから、ノーマルのカティーサークに近い、
ライトゴールドな色になり、表記も”特級”から”スコッチウィスキー”表記に変わります。
ボトルデザインは1980年代をそのまま引き継ぎますが、味は飲んでないのでわかりません。
(色が薄いからねぇ・・・あんまり良い予感しないんですよ。)


続くは1980年代、750ml 特級時代(上、写真右)です。
値段は1万円、税率220%の高級ウィスキーでしたので、従価表記が80年代後半になってもついています。
色も濃いです。これがカティー!?と言うくらい濃いですね、この時代は。
味は70年代以前に比べてグレーンが強くなっていますが、まぁ飲めます。現行品に比べればぜんぜんマシです。


そして1970年代、760ml 特級時代(上、写真左)。
味は記載のとおり、言うことありません。
80年代との違いは、上の写真を見ていただければ一目瞭然ですが、
まずキャップ、70年代以前は金色のプラキャップですが、80年代は黒で12年表記付です。
ラベルもぜんぜん違いますが、大きな違いは70年代は12年の赤字表記がありますが、80年代はありません。

わかりやすい違いであるため、ヤフオクに出てても70年代は80年代に比べて高値がつきます。
80年代は2000~3000円、70年代は4000~5000円くらいでしょうか。
味はもちろん70年代以前流通のものがオススメですが、価格と相談ですね。

 

2010.11.03【日記】

BFハイランドパーク1992-2010(12年)




BLADNOCH FORUM
Highland Park
(ブラドノックフォーラム ハイランドパーク 1992)


Aged 12 Years
700ml 50.5%
Distilled: 1997/9/16
Bottled: 2010/7/23
Cask type: Hogshead
Cask No: 6258
 
価格:6500円前後
オススメ度(5)
☆☆☆☆☆
 
 
香り:強く乾燥された麦のようなビターな香り、畑の土、奥からブラウンシュガーのようなニュアンスもある、
今までにかいだことの無い香りがする。徐々にバタークリーム、非常に不思議な感覚だ。
加水でざくろとまではいかないが、甘酸っぱい赤いフルーツ感が出てくる、ほのかにワクシー、香り自体はあまり強くないが、50%らしい鼻への刺激はある。
 
味:麦茶、薄いコーヒー、黒砂糖が溶けた水、鼻抜けはフッと抜ける穀物形のビター感がある。
余韻はレーズンシロップのような甘酸っぱさと、ほのかにビター感、口を閉じるとスパイシーさがぶわっと舌の上を抜けていく。ドライ。
加水でやや香水感が感じられるようになるが、バランスが良くなる。
 
12年とはいえ完成度は高いように思えるが、ストレートの段階でフレーバーがぼけている印象があるので、あまりいいボトルとは言えない気がする。
はじめて飲んだときは、ちょっと表現に困る不思議な印象を受けた。
 
 
コメント:第11回ウィスキーウェイブ、パークホテル東京、ハイソサイエティにて。
個人的にはちょっと残念な感がしてならないハイランドパーク。ポジティブに言えば面白い一本です。
ハイランドパークのオフィシャルは代表的なモノは飲ませてもらっていますが、そのどれにも当てはならない感じで、
しいて言えば個性のボケた現行12年をまるっと度数だけあげたような、そんな印象を受けました。
 
販売文句では、“良いバーボン樽モルトのお手本のような1本です”ということなんですが・・・感じ方は個人個々とはいえ、これを1本開けるのは結構厳しいかもしれません。
 
ブラドノックフォームは80年代蒸留のモノは結構良いもん当たりましたが、(カリラ、ベンリアック、良かったですね)、
90年代は今のところオード、ハイランドパーク共にちょいとがっかり。
手ごろな価格で品質の良いモルトをリリースしてくれるボトラーズなので、今後に期待したいです。




さて、テイスティングの後は恒例の駄文雑記。
今後に期待といえばウスケバでございますが、こうして記事をUPしてみると、フォームについては慣れで妥協できる部分が多いと改めて感じます。
ただ、やはり過去の仕様からの大幅変更で、タグ等がまるっきり変わってしまったことが、過去との整合を計れず、今の機能を思う存分使えない気持ちを生み出しています。
 
あと、自宅のデスクトップPCからならまったく問題なく記事をUPできるのですが、
手持ちのモバイルPCだと・・・なんと、画像UPの際にOKボタンが画面の外になってしまって表示されません。
つまり、モバイルPCからだと機種によっては画像をUPできない可能性があるのです。
私のように、イベント等にモバイル持ち込んで記事UPする人間には致命的です。
 
くしくも、今週末は87Malt Night大阪場所です。
今回も前回同様にモバイル持ち込んでリアルタイム更新をしようとしているのですが、正直この状態では・・・
どーすっぺかなぁ・・・。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.10.16【イベントレポート】

オーラ・ドゥ・ハイランドパーク18年樽熟成



HARVIESTOUN
OLA DUBH
ALE MATURED IN WHISKY CASKS
SPECOAL 18 RESERVE

330ml 8.0%
価格:800円前後

【テイスティング】
香ばしさを感じるコーヒー、ほのかにタール、チョコレートのようなアロマ、レーズンのような酸味も感じられます。
やや粘性があり、ビターで焦がしたみたらし、カラメル、プルーン、コクがあってまろやか、和のフレーバーが良い感じです。


たまには、スタウトです。
ハイランドパーク18年を払い出した後の空き樽で6ヶ月間熟成させたという一品。
他には12年、そして40年があります。

色そのものな深いコク、ビターですがホップだけではないウィスキー飲みとしてはなじみのあるビターさ。
ラガーのようにごくごく飲む“喉越し系”も良いですが、こういう微炭酸でじっくりと舌で味わって飲むビールも良いですね。
写真はハイランドパークつながりで、手持ちの25年と。(ハイランドパークは手元にコレしかなかったw)
ツマミはバナナチップ、思いのほか合います。


しかしハイランドパークの18年の払い出しといっても、18年はビンテージカスクではありませんから、
19年熟成もあれば、20年熟成もあると思いますし、マリッジに使った樽も18年払い出しの樽として含まれます。
(マリッジはタンクだけということもあるかもしれませんが。)
さて、どの樽を使ったんでしょうか・・・
味的には18年以上経過した通常の熟成樽だとは思うのですが。



【メーカーコメント】
オーラ・ドゥはHARVIESTOUN社とハイランド パーク蒸溜所のコラボレーションで生まれたウイスキー樽熟成スタウトです。
オーラ・ドゥとは「ブラックオイル」を意味し、土台となるスタウトはリッチかつスムースで、チョコレートのような甘さとホップの苦味が見事に調和した味わいです。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.08.26【イベントレポート】

GMCRハイランドパーク1970-1995



GORDON&MACPHAIL
CENTENARY RESERVE
1895-1995

HIGHLAND PARK

Aged 25 years
750ml 40%
Distilled 1970
Bottled 1995

オススメ度(6)
☆☆☆☆☆☆

香り:最初は少しこもっていたが、徐々にザラメやイチゴジャム、蜂蜜を入れた紅茶、ミルクチョコレート。
裏にはカスタードクリームのような甘い香り、香りの盛り上がりは平坦だが、マイルドで刺激は少なく抵抗無く口に運べる。

味:GM系だが良質なオールドシェリー感。ポートワインのようなしっとりした甘さがあって、非常にスムーズ。
中間からは黒葡萄やベリー感はっきり、黒砂糖、若干の焦げ感。ボディは香り同様に平坦でもうひとつ膨らみに欠ける。
余韻は少量のスパイスとビター感、イチゴジャム、舌の上にしっかりした甘さが残ってじわじわとシェリーとカラメルの戻りが続く。


コメント:川崎の“おぉばん”にて。会社の近所にある飲み屋なのですが、
奥にBARカウンターが併設されており、チョット前まで何気にレアなモルトを呑むことが出来ました。
チョット前までってのがポイントなのですが、これは後で書くとして、まずはボトルについて。

GMが創業100周年を記念してボトリングしたシリーズで、結構種類が出たようです。最近でもこのシリーズの残り物を見かけることが出来ます。
で、このハイランドパークですが、ボトルの状態はS~Dまでのランク(Dが最低)で表すなら、Bマイナス・・・もしくはCプラスってところ。
もともとGMのシェリー系40度は、そこまで勢いのある味わいのモノは無いですが、このボトルはちょっと開封後時間が経ちすぎている感じ。中間がややヘタってます。
しかし流石GMと言えるオールドシェリー感で、イチゴジャムというよりはイチゴを煮た感じですが、
そっち方向の甘酸っぱさしっかりで中々楽しむことが出来ました。万全の状態なら☆7ってところだったかな。


そして、後回しにした“おぉばん”のチョット前まで、ですが。
はじめてこの店に行ったのは入社したあたり、もう2年以上前のことです。
そのときはGMCCアードベック1978やら、CHポートエレン16年やら、エドラダワー旧トールボトル10年やら、当時の写真を見直すと
おーおー何気に良いの飲んでたねぇ俺、と思えるラインナップが結構残っていました。(それもかなり破格で)

最近はBARではなく、飲み屋のほうに注力されているようで、もうモノがほとんどなくなってしまいましたが・・・
とはいえ、この注力されてるほうの飲み屋の飯と酒が旨いこと。ツマミもそうですが、季節の土鍋ご飯がうますぎる!
少々値段はしますが、こだわりを感じる良い店なので、今後はそちら方面で是非がんばって行って頂きたいと感じています。




【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※8月13日、持ち込みボトル情報UPしました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.06.08【イベントレポート】

ハイランドパーク12年 1980年代流通



ハイランドパーク12年
1980年代流通品 特級
750ml 43度

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

香り:たまり醤油飴、ややカラメル質で若干のヒネ香、しっとりしている。
オレンジやベリー、麦感もあってふくよかで良い香り。

味:口当りは滑らかで、黒砂糖やしっとりした麦感、続いてオールドシェリー感、
やや粘性があり、時間とともに完熟パインにも似たフルーツ感、この辺は少しぼやけている。
蜂蜜や植物系のフレーバー(これがピートかな)もある。フレーバーが厚く熟成感もあり、素晴らしい。
余韻にかけては舌上にスパイス、鼻抜けしっかり、ビスケットのような麦のまったり感を伴って適度に続く。

コメント:Sheepにて。現行品のハイランドパークとは違い、ニュアンスとして上質なシェリー感が感じられるだけでなく
それ以外のフレーバー、熟成感も素晴らしい1本。

もちろん現行品がNGというわけではない。オールドと現行品、モノによっては比較にならないモノもある中で、
ハイランドパークについては、“好みの問題”と考えられるだけのレベルは維持しているという印象だ。
(樽の関係上、非常に厳しい思いをされているのがなんとなく伝わってきますが。)


北の巨人、ここにあり。

このボトルも、もうすぐなくなりそうです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.03.29【イベントレポート】

ハイランドパーク11年(1989-2000)



クライスデール
ハイランドパーク11年(1989-2000)

DISTILLED MARCH 1989
BOTTLED AUGUST 2000
FROM SHERRY BUTT NO,10041
BOTTLE NO, 206/486

価格:5000円前後
オススメ度:☆☆☆☆

香り:ストレートではあまり香りがたたない、加水すると心を開いてくれる。
また、ある程度グラスでステイさせると硫黄と共に香りがたってくる。
アルコール、木、樽香が強い、醤油、こげた硫黄、シェリー。

味:ストロングなアタック、若いウィスキーということを口当たりから再認識させてくれる。
色は薄いがシェリーの甘酸っぱさ、生木のようなオークが強い、硫黄、スパイス。
余韻はビターチョコやシェリー香、奥からカカオ、硫黄でドライ。
加水するとアタックは多少弱くなるが、硫黄がその分強くなる。

色からするとリフィルシェリーカスクかと思ったが、硫黄がしっかりあってシェリー香もあることからフィノシェリーカスクかなと推測
ある意味ハイランドパークらしさはあるが価格とつりあうかは飲み手の感じ方しだい、カスク好きならあるいは・・・
しかし好んで選ぶボトルではないかなと感じつつも、たまに飲むとそれなりにうまいと感じる。(どちやねん


「クライスデール」とはグラスゴー近郊にかつて存在した蒸溜所名
で、1919年に閉鎖された蒸留所。蒸留所のオーナーがかつての人脈などを駆使してボトラーズとしてのみ動くことはよくあるようで
ここクライスデールも若いモルトを中心に(最近は長熟モノもだしているようだが)1990年~2000年にかけてマッカラン、ダルモア、レダイグ、ボウモアなどを販売していた。

ちなみに若いクライスデールのうち、ハイランドパーク、マッカラン、ボウモアは飲んだ・・・けど、
共通して言えるのは、背伸びしない、素直な若い原酒そのままの味ってところかなー。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧