深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.06.17【イベントレポート】

CHコールバーン1968-1985



WM CADENHEAD''S
Black Dumpy Bottle
COLEBURN-GLENLIVET

17 Years Old
Distilled 1968
Bottled 1985
46.0% 750ml

おススメ度(6)
☆☆☆☆☆☆


香り:クリーミーで乾いた麦や白ブドウ、バナナ、花のような香り、
ワックスのようでもある。厭味がなく実にすっきりとしている。

味:クリーミーな口あたりで品のよい香水感、品の良い甘さを持ったオイルが口の中に広がる。
上品で味わい深さがあり、オイル感は重さのあるものではなくさらっとして比較的ライト。
中間は洋梨のクリーム、蜂蜜やバニラ、そして終わりにスパイスが出てくる。
余韻は適度な長さでじわりとしみ込んでいく麦感、ややハーブっぽさも感じる。

コメント:新宿某所、某イベントにて。閉鎖蒸留所、さらにはケイデンヘッドのブラックダンピーというレアアイテム。
やや香水感が気になるがスウィートで上品、飲めるうちに飲んでおきたい。


コールバーン蒸留所の歴史を紐解くと
操業:1897年
改修工事:1950~1968年※
再操業:1968年
閉鎖:1985年

(※ワームタブがコンデンサーに、石炭直火炊き蒸留がスチーム過熱による蒸留に変更される)

であることがわかります。
要するに今回飲ませていただいたモノは、再操業したその年の原酒なんですね。

改修工事には上記※のとおり、酒質が大幅に変わる要素が含まれているため、
工事前と工事後では大きく味が変わっていることが予想されます。
改修工事前の方が直火蒸留だし貴重じゃねーかと、言う声も聞こえてきそうですが、
初モノ大好きな日本人なので許してくださいませ。

それに改修工事前となると1950年以前で、さらには閉鎖系モルト。
飲んでみたいけど・・・40年代なんてそうそうは^^;


それにしても貴重なモノを飲ませていただき、ありがとうございました!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧