深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.08.22【日記】

カティーサーク12年 1970年代流通 ONE QUARTボトル



CUTTY12
CUTTY SARK'S
12 YEAR OLD

86Proof  ONE QUART
(43% 約1ℓ)

キーモルト:グレンロセス、ブナハーブン、グレングラッサ、ハイランドパーク、タムデュー

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

 



香り:若干のヒネ香のある、穏やかな甘さを感じる香り。
そして麦芽を思わせるビターさもあり、非常にモルティだ。
時間とともにシェリー樽を思わせる樽香、グレーンはあまり感じられない。
上品なバランスでまとまっており、ガツンと香るタイプというよりは、穏やかの一言。
アメリカ市場を意識したマイルドで飲みやすい味というのは香りでもうなずける。
 

味:マイルドな口当たり、みたらしのような甘さ、少し穀物質な植物っぽさ、麦茶の香ばしさ、
この時代らしい濃さがある。中間から後半にかけてビターで焦げたようなピート感、
このビターさがアクセントになって飲み飽きない味に仕上がっている。
影響として考えられるのはハイランドパーク、麦芽質はタムデューだろうか。
フィニッシュは口の中にフレーバーがしみ込むように残り、ロセスらしさも感じられる。
 




コメント:5月の第2回オールドブレンデットテイスティング会に出したボトル。
皆様からは、ロセスを感じる!と好評だった一本です。
モノはアメリカ向け、もしくは免税店向けと思われる1970年代流通の1クォーターボトル。
容量が多いほうが劣化が少なく保存状態が良いものが多いというのは、オールドボトルの鉄則ですが、
このボトルも例外ではなく、なかなか良い保存状態であるように思います。

1970年代以前流通のブレンデットは、キーモルトとなっている蒸留所のモルトをしっかり感じられるボトルが多いですが、
このカティーサークも同様で、オールドボトルのハイランドパーク(シルクプリントラベルあたり)を飲むと、
このブレンデットの1ピースとしてのフレーバーを感じられますし、当時のグレングラッサ、タムデュー等も同様です。


本来は、マイルドで飲みやすい味を目指して、もっとスムーズ&マイルドにしたかったけど
原酒のキャラが強かったゆえに、ブレンドしてグレーンで引き算しても、
キャラが残ってしまっただけなのかもしれませんが、今となっては歓迎すべきことです。

そして、こういうボトルが手元に流れてきてくれるのは、そのめぐり合わせに感謝の一言です。

 




【オマケ:カティーサーク12年の見分け】
カティーサーク12年の90's、80's、70'sの見分け方は簡単です。



まず1990年代。特級廃止後ですが、ブレンド比率が変わったのか色が極端に薄くなります。
シェリー樽熟成を思わせるキャラメルブラウンから、ノーマルのカティーサークに近い、
ライトゴールドな色になり、表記も”特級”から”スコッチウィスキー”表記に変わります。
ボトルデザインは1980年代をそのまま引き継ぎますが、味は飲んでないのでわかりません。
(色が薄いからねぇ・・・あんまり良い予感しないんですよ。)


続くは1980年代、750ml 特級時代(上、写真右)です。
値段は1万円、税率220%の高級ウィスキーでしたので、従価表記が80年代後半になってもついています。
色も濃いです。これがカティー!?と言うくらい濃いですね、この時代は。
味は70年代以前に比べてグレーンが強くなっていますが、まぁ飲めます。現行品に比べればぜんぜんマシです。


そして1970年代、760ml 特級時代(上、写真左)。
味は記載のとおり、言うことありません。
80年代との違いは、上の写真を見ていただければ一目瞭然ですが、
まずキャップ、70年代以前は金色のプラキャップですが、80年代は黒で12年表記付です。
ラベルもぜんぜん違いますが、大きな違いは70年代は12年の赤字表記がありますが、80年代はありません。

わかりやすい違いであるため、ヤフオクに出てても70年代は80年代に比べて高値がつきます。
80年代は2000~3000円、70年代は4000~5000円くらいでしょうか。
味はもちろん70年代以前流通のものがオススメですが、価格と相談ですね。

 

2010.10.17【イベントレポート】

DTグレンロセス1969(40年)スペイサイドウェイ13周年



SPEYSIDE WAY
13th Anniversary
GLENROTHES
(グレンロセス1969)

700ml 42.9%
Aged 40 Years
Distilled: 1969
Bottled: 2010
Cask type: Bourbon

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

香り:、白桃、洋ナシ、レモンクリーム、メロンの皮、ほのかにマンゴー、フルーティーだが裏に焦がした木のようなビターさ、
セメダイン系のアルコールも感じる。アルコール感は時間とともに軽減される。
エステリーとはこういうことをいうのだろうか、開封して1ヶ月くらいたってから、思いっきり吸い込んでみたい。

味:口当たりはライトだが、フルーティーでオークのニュアンス、リフィルのバーボンだろうか、ニュアンスとして焦げた木のビターさがしっかりと感じられる。
余韻はビターでドライ、白桃やりんご系のフルーティーさ、鼻抜けバニラとアルコール感、ホワイトオーク。
ピアレス香主体で、チャーしたオークのビター感だけ一部残ってしまった印象はあるが、
非常によく出来た長熟グレンロセスであるように感じられる。


コメント:スペイサイドウェイにて。13周年記念のボトリング3種のうちの1本。
開けたてなので硬さや少しアルコールを感じましたが、テイスティングコメントのとおり、非常によく出来たグレンロセスであるように思います。




今回のボトリングはグレンロセス1969、グレンリベット1970、グレングラント1970の3種でしたが、個人的な好みでいえば2番手評価。
チャーしたオーク樽に何かをつめて、一度成分を出した後に残るようなビター感が残っており、
度数的にも後10年、いや5年早くボトリングしてもよかったんじゃないかなと思いましたが、
それを補うだけのフルーツ感も備わっており、ここが好みを分けるところかなという印象も受けます。

最近ダンカンテイラーからのリリースは68年代や69年代、後は70年代が中心になってきました。
考えてみれば、1970年ビンテージでも40年たってるわけですから、ウィスキーの熟成としてはひとつの限界に近い状況。
急激に何かが変わるわけではないですし、70年代でもいっぱい良いボトルは出ていますが、
60年代を味わうなら、今まさに今飲んでおくべきボトルであるように思います。




さて、昨日は荒業でした。
木曜日夜から熱が出ており、土曜朝には微熱まで落ち着いたものの、完全とはいいがたい体調でしたが、

18時00分:嫁と渋谷で待ち合わせ、食事
20時00分:吉祥寺にて。BURNSの黒い店長の新しいお店のオープンパーティーに参加
23時30分:スペイサイドウェイ13周年に滑り込み、始発帰りで閉店3時まで飲み明かす。
03時00分:スペイサイドウェイを出て、近くのマクドナルドへ
04時00分:モバイルPCでテイスティングノート編集中に、睡魔に耐え切れず力尽きる
06時15分:港南台着


今日が休日だから良いようなものの、また夜通し飲みをやってしまいました。でも、その価値は十二分にありましたね。
まず、黒い店長、新店舗開店おめでとうございます。いろいろ難しいところもあるかと思いますが、
BURNS同様にお店を無事軌道に乗せられることを祈っております。(いろいろ押し付けましたボトルは、有効活用していただけると幸いです。)
またBURNS常連様、DTブローラ1981、おいしかったです!

そしてスペイサイドウェイ13周年おめでとうございます。あまり行けてない癖に態度だけでかい客で申し訳ないですが、堪能させていただきました。
また、お会いしました皆様、終電間際に来店しましたので少ない時間ではありましたが、大変楽しいひと時でした。
お話によるとお待ちいただいていたということで、感謝でございます。(きゃず3さん、その後メールまでいただいてありがとうございました。)
くりりんは皆様の寛大な心でフォローいただいて充実のモルトライフを過ごしております。

では、本日はこれより就寝します。
お休みなさいませ~
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2010.06.04【イベントレポート】

DTグレンロセス1968-2010@WML



DUNCAN TAYLOR
Special Peerless
GLENROTHES(41年)

(ダンカンテイラー・スペシャルピアレス グレンロセス)
50.9% 700ml

Cask No,13510
Bottle No,115/271
蒸留:1968年11月19日
瓶詰:2010年3月8日

価格:19000円前後
オススメ度(8)
☆☆☆☆☆☆☆☆


香り:乾いた木、シナモンが上面に、いわゆるピアレス香も感じることが出来る。
続いて桃やレモンのクリーム、オーク、アルコール感は約50度とは思えないほど少ない。やさしい広がりだ。
加水で徐々に青リンゴや、白色フルーツとジンジャー感、しかしややおとなしいか・・・

味:クリーミーでやわらかく甘酸っぱさのある口当り、ヨーグルトに桃、ベリーや熟したグレープフルーツ、口内でしっかりと広がる。
後半に少量のジンジャー、オーク(栗)が続いてスパイスは控えめ、鼻抜けは栗感しっかり、心地よいビター感を伴って長く続く。
ボディ感しっかり、噛むことでよりフレーバーの広がりが増す。
こちらも50度とは思えない柔らかさ。加水でさらに角が取れて滑らかに、スイスイ飲めてしまう。

コメント:開栓直後のテイスティング。香りはまだ広がるような印象を受けるが、全体的には口開けから非常に良くまとまっている。
特に酒質の滑らかさを評価したい、しっかりとした芯を持ちながら、角は取れていてきわめて滑らか。バランスも良く、お手本のような長熟ウィスキー。
こてこてのシェリーもいい、がっつりピートもいい、しかし美味しいウィスキーとはこういうものなのかもしれない。
その女性的な優しさに癒されながら、じっくりと一杯を楽しみたい。


ウィスキーマガジンライブ2010、MCダンカンテイラーの参加者が3つのサンプルから選んだモノ。
同じものでグレングラントもあるが、ボトリング本数はグレングラント142本、グレンロセス271本とグレンロセスのほうが多くボトリングされている。
そのためか、グレンロセスのほうが多くの酒販店で見ることが出来る。
なぜグレングラントとグレンロセスだったのかについては、「たまたま事務所に樽が転がっていたからさ」とのこと。
まぁこれでボウモアとか出されたら、一本いくらになったんだかw
適度な知名度の2銘柄だからこそ、手が出せる範囲の価格で提供できるのだろう。

さて、グレンロセスはマスタークラスのテイスティングの際は59.6度のサンプルだったが、ボトリングの際は50.9度、明らかな度数ダウンがあったサンプルである。
そこが少し残念ではあったし、ハセガワで試飲してみるとMCの時と比べて印象も変わっていたように感じて、食指も進まなかったのだが・・・
いざじっくり1ショット以上を味わってみると、マガジンライブのテイスティング際よりフレーバーは厚みを増し、よりはっきりした甘酸っぱさも加わっているようだ。
好みによりけりだが、これはこれでアリなんじゃないかと思えてきた。
時間によるポジティブな変化のありそうなフレーバー構成で、時間をかけてじっくり楽しみたい。
☆は7か8か悩んだが、思い入れもあるので☆8に!


・・・で

あれ、昼の更新のときに予定していたネタと違うじゃないかと思われた方。
そう、今日は、昨日飲んだロングモーンやグレンゴインあたりをUPする予定でした。
が、いつもノートを鞄に入れて持ち歩いているため、たまたま今日会社で荷物整理をした際に・・・会社に忘れてきた!!!
これじゃブログ書けねぇ~!

ということで、急遽ネタを前倒しして、このボトルの自宅テイスティングをすることになりました。orz
明日用事で会社近くを通るから回収しないと・・・


~~~以下、ご参考:ウィスキーマガジンライブ2010、MCの際のテイスティングコメント~~~
グレンロセス1968 Sample No,3
41年 59.6度
評価:4(5段階評価)
香り:さらっとしたライト系だがフルーツ感もしっかりある。
いわゆるピアレス香、木に生ったままの白桃。華やか。
味:非常に柔らかい飲み口で飲み疲れない。シロップ漬けのフルーツ、甘い蜜が広がって口の中を満たす。
フレーバーのバランスが良く、アルコールはほとんど感じない。
余韻は麦のビターさとフルーツ、なめらかですっきりとしている。


その他のサンプルについてはこちら
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.05.15【イベントレポート】

DTMCグレンロセス&グレングラント



DTMC グレンロセス&グレングラント
ウィスキーマガジンライブ2010 記念(?)ボトル
※写真はイメージです。スペシャルラベルでのボトリングとのこと・・・

グレンロセス1968 
41年 700ml 50.9%
グレンロセスの3番のサンプル。

グレングラント1969 
40年 700ml 51.5%
グレングラントの2番のサンプル。


昨日の日記に余談として書いた、ウィスキーマガジンライブ2010、MCダンカンテイラーの企画ボトル。グレンロセスとグレングラント。
ようやくリリースされるということなので、今日のブログネタはサンプルを試飲したときのテイスティングノートを便乗UPです。



--------------------------
グレンロセス1968 Sample No,3
41年 59.6度
評価:4(5段階評価)
香り:さらっとしたライト系だがフルーツ感もしっかりある。
いわゆるピアレス香、木に生ったままの白桃。華やか。
味:非常に柔らかい飲み口で飲み疲れない。シロップ漬けのフルーツ、甘い蜜が広がって口の中を満たす。
フレーバーのバランスが良く、アルコールはほとんど感じない。
余韻は麦のビターさとフルーツ、なめらかですっきりとしている。

コメント:ダンカンテイラーMCのラスト1杯、もっと時間をかけて飲みたかった。
1時間で6杯はキツイ・・・ここまでくると表現が抽象的だし、自信もない^^;

--------------------------

グレングラント1969 Sample No,2
40年 51.7度
評価:4.5(5段階評価)
香り:焙煎した麦、ビターでスモーク、奥からハーブや木の香り、レモンや蜜のような香りもある。
味:やや粘性を感じるがなめらかな口当り、マンゴーや南国系フルーツフレーバー、
フルーティーで甘さがあるが、中盤から麦感、レモン、リンゴ、香ばしさもある。
余韻はドライでフルーツ感が長く持続する。

コメント:香りと味のまとまりに欠ける印象だが、それが個性的でおもしろくもある。
時間と共に開いていくようで、ボトルがあれば開栓後も期待できる。

--------------------------

ここで謎なのが、どちらも度数が、グレンロセス(59.6%→50.9%)、グレングラント(51.7%→51.5%)と、サンプルから変わっており、グレンロセスにいたっては8.7%も下がっている点。
2月から5月まで、グラントは再貯蔵されている間に下がったと考えられる程度だけど、ロセスに限ってはちょっと下がりすぎじゃ・・・
ノートに度数記入間違えたかな・・・?(情報お持ちの方、教えてください。)

しかし、選ばれたサンプルはどちらも自分が選んでいたものということで、これは自分の味覚(好み)が、大きくはズレていなかったということが証明されましたw
これからはもうちょっと自信を持ってテイスティングノートをUPできそう・・・。
味も素晴らしいのですが、どちらかといえばボトルのほうに魅力を感じてしまうモルト、販売が楽しみです。



以下は今となっては貯蔵庫の闇の中ですが、他のサンプル4種についても、せっかくなのでテイスティングノートをUPっておきます。(コメントは省略。)

グレングラント1969 Sample No,1
40年 52.1度
評価:4
香り:メンソール、ハーブ、オレンジのような爽やかさ、
次にフルーティーでピーチやレモン、時間と共にホテルの待合室(←今にして思う、謎の表現w)
味:フレッシュでスパイシー、やや麦感、ドライマンゴー、中盤から程よくウッディー、
時間と共に甘い蜜、余韻は麦や木のビター感、ドライでスパイスも。

グレングラント1969 Sample No,3
40年 51.9度
評価:3
香り:ややしっとりとした香り、ひっそりとしたスモーク感やミント、
フルーツもあるが華やかではなく落ち着いている。シェリー系、アルコールもある。
味:ウッディー感のある甘さだ、ビター感も舌の上で感じる。
サルタナレーズンや少量の蜂蜜がアクセントに。フィニッシュはビターでまったりとしている。

グレンロセス1968 Sample No,1
41年 43.2度
評価:3.5
香り:フレッシュ、ハーブ系だ。摘みたての花やフルーツ、広がった甘い香りがやや鼻につく。
味:フルーツだ、黄桃の後にカカオやチョコレートがやってくる。麦のビター感もある。
余韻はドライとオイリーの中間で、最後までフルーティー。

グレンロセス1968 Sample No,2
41年 48.6度
評価:3
香り:ライトクリーン、香りの主体はフルーツ系だが奥に新聞紙が転がっている。
レモンやハーブも感じる。エドラダワー?
味:全体は非常になめらか、植物系の甘さ、緑の麦、クリーミーで後からスパイスを感じる。
余韻にややウッディさとオイリーで麦感。


グラント→ロセスの順番でテイスティングしましたが、ラストに行くにしたがって、飲みつかれと酔いで表現がぐだぐだになっていく様が良く現れていますw。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.05.14【イベントレポート】

グレンロセス12年 1980年代後期



グレンロセス12年
43度750ml
1980年代後期ボトル

オススメ度
☆☆☆☆☆


香り:トップノートは甘い麦シロップ。続いてカラメル、たまり醤油飴、
奥から少々のミント、ほのかにシェリーによるベリー感、後半、グラス側面からミートソースのような香り。

味:麦芽とシェリーの甘さ、メイプルシロップ、カステラ、イチゴジャム感もある。
しっかりしたボディだ。余韻は鼻抜けに麦の香ばしさ、心地よいスパイス感、ビターでややドライ

コメント:福岡の某BARにて。なんだか知らないけど進められて飲んだグレンロセス。
やや透明感のあるシェリー感に、ビターでミントな印象が残っているボトル。
原酒のほとんどがブレンドにまわされているグレンロセスは、オフィシャルは厳密に言うと存在せず、
BBR社によるボトリングで販売されている丸型のボトルが半オフィシャル扱いになっている。


グレンロセスといえば、ウォッシュバックを木製のモノから近代的なステンレス製に変えたところ、原酒の味が変わってしまったのでオレゴン松製の木製に戻したという逸話がある。

いい話だと思う。
ステンレス製のほうが断然手入れは楽だし、効率的だが、やはり物事は効率だけでは語れない。

後に蒸留されてしまうとはいえ、発酵槽が原酒の味に与える影響は少なからずあると思われる。
発酵槽が木の場合、その木の中に乳酸菌を主体として色々な菌が住み着く。もちろん清掃は行われているが、それでも100%菌が死ぬわけではない(これがステンレス製の場合、木製以上に100%に近い殺菌が行われてしまう)。
そしてこの菌達が、新たに加わった酵母と共に麦汁をかもすことで、くさやの漬け汁のような、使えば使うほど味が出る、そんな感じで出来上がる原酒に深みを与えてくれるのである。

このプロセスを科学的に見ることは簡単だろう、しかしどの菌がどう味に影響したか、それを細かに分析して解明することは、そうやすやすと出来るものではない。

推測と結果論でしかわからない違い。
それは熟成と同様に、神のみぞ知る世界。
言うなれば"神秘"、そして神秘のままそれを尊重する職人気質。

一応理系の人種であるくりりんですが、
やはりこういった“職人気質”には、理屈抜きで心惹かれてしまうのです。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧