深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.08.22【日記】

カティーサーク12年 1970年代流通 ONE QUARTボトル



CUTTY12
CUTTY SARK'S
12 YEAR OLD

86Proof  ONE QUART
(43% 約1ℓ)

キーモルト:グレンロセス、ブナハーブン、グレングラッサ、ハイランドパーク、タムデュー

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

 



香り:若干のヒネ香のある、穏やかな甘さを感じる香り。
そして麦芽を思わせるビターさもあり、非常にモルティだ。
時間とともにシェリー樽を思わせる樽香、グレーンはあまり感じられない。
上品なバランスでまとまっており、ガツンと香るタイプというよりは、穏やかの一言。
アメリカ市場を意識したマイルドで飲みやすい味というのは香りでもうなずける。
 

味:マイルドな口当たり、みたらしのような甘さ、少し穀物質な植物っぽさ、麦茶の香ばしさ、
この時代らしい濃さがある。中間から後半にかけてビターで焦げたようなピート感、
このビターさがアクセントになって飲み飽きない味に仕上がっている。
影響として考えられるのはハイランドパーク、麦芽質はタムデューだろうか。
フィニッシュは口の中にフレーバーがしみ込むように残り、ロセスらしさも感じられる。
 




コメント:5月の第2回オールドブレンデットテイスティング会に出したボトル。
皆様からは、ロセスを感じる!と好評だった一本です。
モノはアメリカ向け、もしくは免税店向けと思われる1970年代流通の1クォーターボトル。
容量が多いほうが劣化が少なく保存状態が良いものが多いというのは、オールドボトルの鉄則ですが、
このボトルも例外ではなく、なかなか良い保存状態であるように思います。

1970年代以前流通のブレンデットは、キーモルトとなっている蒸留所のモルトをしっかり感じられるボトルが多いですが、
このカティーサークも同様で、オールドボトルのハイランドパーク(シルクプリントラベルあたり)を飲むと、
このブレンデットの1ピースとしてのフレーバーを感じられますし、当時のグレングラッサ、タムデュー等も同様です。


本来は、マイルドで飲みやすい味を目指して、もっとスムーズ&マイルドにしたかったけど
原酒のキャラが強かったゆえに、ブレンドしてグレーンで引き算しても、
キャラが残ってしまっただけなのかもしれませんが、今となっては歓迎すべきことです。

そして、こういうボトルが手元に流れてきてくれるのは、そのめぐり合わせに感謝の一言です。

 




【オマケ:カティーサーク12年の見分け】
カティーサーク12年の90's、80's、70'sの見分け方は簡単です。



まず1990年代。特級廃止後ですが、ブレンド比率が変わったのか色が極端に薄くなります。
シェリー樽熟成を思わせるキャラメルブラウンから、ノーマルのカティーサークに近い、
ライトゴールドな色になり、表記も”特級”から”スコッチウィスキー”表記に変わります。
ボトルデザインは1980年代をそのまま引き継ぎますが、味は飲んでないのでわかりません。
(色が薄いからねぇ・・・あんまり良い予感しないんですよ。)


続くは1980年代、750ml 特級時代(上、写真右)です。
値段は1万円、税率220%の高級ウィスキーでしたので、従価表記が80年代後半になってもついています。
色も濃いです。これがカティー!?と言うくらい濃いですね、この時代は。
味は70年代以前に比べてグレーンが強くなっていますが、まぁ飲めます。現行品に比べればぜんぜんマシです。


そして1970年代、760ml 特級時代(上、写真左)。
味は記載のとおり、言うことありません。
80年代との違いは、上の写真を見ていただければ一目瞭然ですが、
まずキャップ、70年代以前は金色のプラキャップですが、80年代は黒で12年表記付です。
ラベルもぜんぜん違いますが、大きな違いは70年代は12年の赤字表記がありますが、80年代はありません。

わかりやすい違いであるため、ヤフオクに出てても70年代は80年代に比べて高値がつきます。
80年代は2000~3000円、70年代は4000~5000円くらいでしょうか。
味はもちろん70年代以前流通のものがオススメですが、価格と相談ですね。

 

2010.05.29【イベントレポート】

GMCCグレングラッサ1983-1993



ゴードンマクファイル コニッサーズチョイス
グレングラッサ(グレングラッソー)
1983-1993
40度 700ml

オススメ度(5)
☆☆☆☆☆


香り:麦系の香さに、海苔や海草のニュアンス、クリーンでオレンジやシナモン、
さわやかな香り、時間と共に炊き立てのご飯、奥にややヌカっぽさ、嫌味ではないが石鹸のような香りも。

味:口当りはスムーズで甘い蜜のよう、広がりは普通でなめらか。カラメルや蜂蜜、麦感と合わさってビターでスウィートな余韻に続く。
余韻は意外と短い、鼻抜けに香ばしさ、微量の硫黄も感じる。

コメント:BURNSにて。ボトルの裏面を見ると・・・おお、お手ごろじゃないですか!ということでチョイス。
今までウィスキーで感じたことのないフレーバーがある、面白い一本。熟成期間は10年だが、ポテンシャルはなかなか高い。


グレングラッサの閉鎖は1986年なので、比較的間際の原酒といえる。
GMの場合、原酒(ニューポット)を同社の集中熟成庫に持っていって熟成させる場合と、現地で熟成させた樽を買い取る場合があるため、蒸留所由来の個性が出ていないモノも場合によってはある。
この一本はややカラメル質ではあるものの、このへんグラッサらしいかなと思えるところもあり、おそらくは熟成後の樽を直接買い付けたものだろう。

今でこそ、そこそこ良いモルトと思えるが、なにせこのボトルの流通時期は90年代初期、探せば黒ダンピーボウモアもまだ見つかったろうし、マッカランも旧瓶だった時代である。
バランスは良いが可も無く不可もなくといったところが、有名蒸留所であればともかく、無名蒸留所には厳しいのだろう・・・


2008年の蒸留所復活、今後の飛躍に期待したい。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.03.28【イベントレポート】

グレングラッサ12年



グレングラッサ12年
(グレングラッソーのほうが正しい読み?)
1980年代 オフィシャルボトル

価格:不明(リカーズハセガワで16800円で売られていた形跡あり)
オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆

香り:フルーティーでややバニラ、しっとりと落ち着いた感じ。
控えめにシナモンやさわやかな酸味を感じさせる香りでもある。

味:南国感もあるフルーツ感、麦、ほんのりとシェリー樽のニュアンス、
梅の酸味、レモン、オールドにありがちな過度なオイリーさやヒネ感は無くすっきりとした味わい。
しかし物足りないということでもない。バランスが良く旨いモルトだ。

コメント:未だ無名に近い蒸留所だが、近年の復活劇で過去モノは価格高騰が予想される。見かけたら飲んでおいたほうがいいかも。


創業1875年
1907年~操業停止
1960年~蒸留所立替により復活
1986年~操業停止
2008年~世界的なウィスキーブームを背景にロシアマネーによって創業再開

福岡の某BARにて一杯。非常に気になっていたモルトのひとつで、操業停止前ボトリングど見られるオールドボトルを飲めたのはうれしかった。

現在、グレングラッソーの原酒ストックは皆無であり、
閉鎖蒸留所モノとして、昔の原酒の希少価値はかなり高い・・・しかし蒸留所として無名であるためか、今でもオフィシャルを含めて購入可能である。

なお、グレングラッソーでは50リットル樽に詰めた原酒(ニューポット)を500ポンドで買うことができ、個人向け販売も開始されているため、非常に手軽にマイカスクの所有者になれる。
一人で買っても問題ない価格だけど、量が量だけに共同購入とかしたいなぁと思ったりしてる今日この頃である。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧