深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.09.27【イベントレポート】

【87Malt Night 5th】参加レポ(下)

レポート第三回です。
 

会はメインラインナップが終了し、フリーテイスティングに入ったところ。




フリーテイスティングでは、ここまで飲んできたボトルを再度おさらいするもよし、
タケモトさんが持ち込まれた数々のボトルのほか、参加者が持ち込んだボトルを含め、すべてのボトルをフリーで楽しめました。

また、Hiragaさんが持ち込まれた極上の葉巻を別室で楽しまれるもよし、
差し入れられた数々のおつまみ(どら焼き、チーズケーキ、ドライフルーツ、手作りチョコ、やる気マンマンのチーズ・・・etc)
に舌鼓を打つもよし、もちろん参加者同士で語り合うもよし、
まるで今日ラインナップされているウィスキーの極上の余韻のような、そんな時間になりました。




(差し入れのあったどら焼き、参加者絶賛のただならぬ旨さでした。)

 

なお、ここではまたしても”あの夏の日の再来”な企画が実施されました。
そちらについて許容できない方々がその光景を見られてしまうと、
卒倒ないし軽く殺意を覚えることは間違いないかもしれません。


よって、ここから先は良識のある良い大人だけの時間、R-20とさせていただきましょう。
CEROだと何指定でしょうか、XXX指定でしょうか(笑)
 


 

フリーテイスティング1本目、ここからは皆様ばらばらですが、
くりりんのチョイスはタケモトさんのオススメ、バッティングと加水の妙を味わえる極上の1本。


GM SECRET STILLS
Distillery No: 02 Release No: 02
(クラガンモア)
Speyside 1966-2006
46% 700ml





 


最近ブレンデットや加水やら、改めて色々と飲みなおしてみて、
ハイプルーフ&シングルカスク至上主義に偏り勝ちだった考えが改められていたところでしたが、

このボトルは、まさにシングルカスクでは困難であろう上質なフレーバーのバランスが、
3つの樽によるバッティングと加水によって形作られており、
一口飲んだ限りでは、スムーズな味わいでガツンとくる印象は無いものの、
1口目より2口目のほうが特徴が良くわかり、香りもシェリーや林檎、微かな樽香を伴いながら複雑かつ芳醇。


味わい深い、とはこういうモルトのことを言うのでしょう。
以前BURNSで飲んだグレンファークラス1959・クリスマスモルトもバッティングの46%加水でしたが、
個人的にはあれがファークラスとしては最強でした。
やはりブレンドしかりバッティングは、モルトの旨さ、味わい、奥深さをより高める、単純にして最も難しい手段なのかもしれません。


 

お次は今人気沸騰中のベンリアックです。
シグナトリーのカスクストレングスコレクション、
ベンリアック1966-2008 43.9%
 


 

 

70年代、60年代の長熟ベンリアックといえば
桃や熟したピンクグレープフルーツ等の柑橘系を伴う、底知れぬフルーツ感ですが、
このベンリアックは桃は桃でも白桃と林檎系のフルーツ感で、
香りは大変すばらしいものの、若干味に水っぽさ、ボディの弱さがあり、
うーん、コイツぁシグナトリーっぽいなぁと、贅沢な感想を覚えてしまいました。
(ここまで50度、60度、ハイプルーフを飲み続けていたのでそれも当然かもしれません。)
 

しかしこの贅沢な感想が、次の一手を生み出します。



そう、この出会いは必然・・・

 


前回、87Malt Night 4th では、ハイボール研究会なるものまで立ち上げて、
名だたる伝説のボトルたちをハイボールにし、ベンリアック1976(for BBI)に、
ボウモア(DT 1968-2009)やらベンリアック1968(for KOBE)
をフロートする試みまで実施してしまったわけですが、
 

このシグナトリーのベンリアックをハイボールにし・・・
水っぽさのあるボディを補うため、味と樽の強い伝説のベンリアック1968(for KOBE)をフロートすることで、最強のハイボールができるのでは・・・
 


 

 

この発想から、残りのフリーテイスティングはハイボールタイムに突入していきます。
1~2杯のハイボールを回し飲みし、新しい可能性にチャレンジです。


まず、上記のベンリアック66&68ハイボール
ベンリアックのハイボールが殺人的に旨いことは、前回の4thでもUstreamの生放送でも、
大々的に宣言しているところですが、このハイボールは白桃&林檎系フレーバーと、
黄桃&トロピカル系フレーバーが渾然となって、爽やかかつ上品に口頭を突き抜けていきます。


前回ハイボールにしたときも驚かされましたが、このフルーティーフレーバーと炭酸の相性は、もはや兵器のレベルです。

 


これをやってしまうと後は行け行けどんどん。


 


最初の1杯としてラインナップにあった、グレンブローラのハイボールに、ブローラ30年をフロートした、スーパーハイボール。
ブローラハイボールは旨い!!と、射命丸さんお墨付きなのですが、グレーン、いわゆるブレンデットが入ることで、
バランスの良いハイボールの基礎、下地があるところにブローラのピート感が乗っかって、これまた旨いハイボールに仕上がっています。

 



前回、4thのときはストレートでは旨いけどハイボールにしたら、「つまらない」と不遇の扱いを受けてしまった
パーフェクトドラムのウェスタンハイランド 1965-2010

今回のフリーテイスティングのラインナップにあった、プライベートボトリングのスプリングバンク1972をハイボールにし、
このウェスタンハイランドをフロートしてみようじゃないかと。

スプリングバンクといえばナッツやレザー感のほかに、ベリー感がひとつフレーバーのキーになると思うのですが、
このスプリングバンクハイボールはベリー感が背面からじわじわ出てくる味わいで、バンクらしさもしっかりあり、
なかなか旨いハイボールに仕上がって、これまた好評です。
(どっちもストレートで飲め、という声が聞こえてきそうですが。)


 


 

さて、ここまでやってしまうのか、という声が聞こえてきそうな
最強のグレンギリー1971のハイボール、この1本を開封するにあたっては
「また1本、このギリーがこの世から消えてしまった。。。」と惜しむ声さえ聞こえてきたボトルで、ハイボールにトライしてしまいます。
 

さらにはセスタンテ・グレンロッシーのハイボールに、
個人的には最強のミルトンダフ、アンテイカーサ・ミルトンダフ1966もハイボールにしてしまい、
87Malt Night 4thを超える究極のハイボールタイムが実現しました。
 


 


 


シェリーはハイボールに合わない、難しいというのが定評ではありますが、
合うボトルについては、シェリーの渋みや嫌味なフレーバーが冷やされることによって、
炭酸が加わることによって軽減され、非常に綺麗なシェリー感を味わうことが出来る、

今回のギリー、ミルトンダフは大変すばらしいシェリー感であり、
さらにギリーに関してはガツンと強めのピートが良いアクセントになり、これまた旨い一杯に仕上がっています。



冷やすことで香りがたたない、というのはロック等でボトルを飲む際の注意事項として挙げられるわけですが、
ここまでフレーバーがしっかりしたボトルについては、逆に綺麗なフレーバーが感じられるようになる、
冷やされることで雑味が抑えられれ、もともと強かったフルーツであったり、シェリーであったり、ピートであったり、
そのボトルの良しとするフレーバーがしっかりと感じられるようになる。
また、その冷えたフレーバーが、喉を通るにあたって体温で暖められ、戻り、フィニッシュとして発散する。
 

ストレートで散々飲んだ上での話ではありますが、ストレートとはまた違ったフレーバーの感じ方は非常に新鮮であり、
ハイボールも馬鹿に出来ない!!
 

改めて新しいウィスキーの楽しみ方、スタイルの可能性を再認識したひと時となりました。



87malt Night 5th締めの時間である、23時を迎えようと言うころ、
kssiさんがニヤリと笑っておもむろに1本のボトルを取り出しました。

「開けられないので、ここで是非開けたい!」

私にとっては、福岡は小倉のSTAGさんで飲ませていただいた以来の懐かしいボトル。
ムーンインポート取扱いのブルイックラディ10年のフルプルーフ。
 


 

 

ブルイックラディ蒸留所全盛期ともいえる、1970年代前後の原酒が使われたボトルで、
林檎を思わせる上品なフルーツ感は、今のブルイックラディは何なんだと思わされる一本。


「くりりんさん、是非開けちゃってください!」と言うkssiさんに対して、
この最強のラディとも言える一本を前に躊躇していると、向かいに座っていた
ベンリアック馬鹿一代ことゴブリンさんが「貸して貸して」と申して、TAXごとブチッと引きちぎり開封されたわけですがw


久々に飲んだブルイックラディは、やはり極上。
素晴らしい隠し玉、締めの一杯、ありがとうございます!
口開けゆえか殻付きの麦っぽさもあり、ライチや林檎を思わせる香り、焼いたパンを思わせる香ばしさ、
この上品な白色フルーツ感は、当時としてはあまり評価されなかったのかもしれませんが、
今となっては実にすばらしい味わいで、ここで再び出会えたことに感謝せざるを得ない味わいでした。



さてさて、こうして色々飲ませていただいたフリーテイスティングタイムですが、
ブルイックラディを最後に楽しみ、後は参加者の都合によりけりで各自解散として散会となりました。
(私も翌日、嫁との約束があるためnakasatoさんらと共に終電に間に合うよう撤収します。)

 

実に充実した、濃い時間となりました。


ボトルの素晴らしさはさることながら、87Malt Nightの素晴らしさは”共感”要素の多さにあるように思います。
多くの方々がイベントを開催されている中、このイベントは1つのボトルをしっかりと掘り下げていく、
濃く、深く、そして互いの意見を共感していける、そういう空気がある、許されていることが、
やはり最大の強みというか、魅力なのかなと感じています。


そうした中で、こうした会を1年間に渡り定期的に開催され、
さらにはWhisky link のサイト立ち上げから、オリジナルボトルのボトリングまで、
精力的に活動されたタケモトさんへの感謝は、言葉で表現しても仕切れないものです。

言葉、文字で表現することを、ブログと言う媒体であれひとつの手段としている私が、
言葉に出来ないという表現を使うのは大変情けないものではありますが、それ以外の言葉が見つからないのも事実です。

 

第5回となり、今後どのようにイベントを開催するかは考えていきたいとコメントがありましたが、
是非、どのようなボトルであれ、こうした1本ないし1蒸留所を深く語ることが出来るような会は、
何らかの形で実施していただければ・・・というのが、私個人の希望であり、わがままでもあります。

たとえば前回からの試みとしてあった、Ustreamやニコ生での放送、少数のボトルをもっと多角的な視点から深堀していく会であるとか、
新しい視点、ジャンルを開拓していくのも、今後のモルトの楽しみ方の発信として有りなのではとも思うところです。

 おんぶに抱っこどころか、おんぶされてばかりで、ご迷惑おかけしてばかりですが、今後ともよろしくお願いいたします。


 

また、今回の会では初めましてな方、お久しぶりな方々、ウィスキー好きの輪の中で、多くのアツい方々と席を共にすることが出来ました。
くりりんはこんなヤツです。知り合ったのが運の尽きです。

お騒がせいたしますが、これまでお世話になっている皆様については、改めてよろしくお願いしますと、お願いさせていただくと共に、
新たに交流させていただいた方々については、是非今後とも様々な琥珀色トークが出来ればと期待に胸を膨らませております。


 

感想を語ればキリがありませんが、そろそろ明日からの宮城出張の準備もしなければならないので、
87Malt Night 5th参加レポはここらで締めとさせていただければと思います。



ありがとうございました!!!

 

2010.12.29【日記】

OBクラガンモア12年 43% MHD


商品コード:u-G-237
CRAGGANMORE 12years
(クラガンモア 12ネン)
ウイスキー>シングルモルトウイスキー
スコットランド>クラガンモア
MHDモエヘネシーディアジオ
ビンテージ:/度数:43%/容量:700ml/地域:スペイサイド

総合点:3(☆5)

香り:
クリーミーな麦芽、柔らかい蜂蜜とほのかに乾いた藁のような煙っぽさが奥から出てきて鼻を刺激する、リンゴ系のフルーツ感もやわらかい酸味と共に感じられる。

味:
しっとりと甘く、スムーズな口当たり、徐々に麦芽系のビターさが出てくる。わずかに香水っぽさも鼻に抜ける。

フィニッシュ:
余韻は麦芽系の優しいビターさ、甘さを引き締めるように口の中に残る。藁のような植物質も感じられる。

コメント:
オフィシャルの一般普及品らしいバランスの良さを感じさせるモルトです。モルト飲みの中ではさしてマイナーではない銘柄ですが、広く見れば十分マイナーな銘柄だけに、この味わいはもっと評価されても良いように思います。
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.08.16【イベントレポート】

ERクラガンモア1999(10年)



CREATIVE WHISKY
EXCLUSIVE RANGE
CRAGGANMORE
(クラガンモア 1999)

Aged 10 Years
700ml 45%

Distilled: 1999/2/1
Bottled: 2009(?)
Cask No, 826
1 of 381 bottles

オススメ度(5)
☆☆☆☆☆

香り:ドライなシェリー香でメンソールを伴う。ドライフルーツ、絵の具のニュアンス主体。ほのかにミルクキャラメル、若干の粉っぽさ、奥から木の香り。
少し植物感、シェリーの未熟感のようなフレーバーを感じるが、時間と共にカスタードクリームのような甘さも出てくる。

味:味の広がりはみたらし、少し薬っぽさ。その後蜂蜜、ブラッドオレンジ、ドライフルーツ、トーストされた木。
鼻抜けにオーク香、余韻はドライでスパイスは少なめ。程よいカカオ系のビターさから、徐々に煮たイチゴやクラッカー。
加水調整が良い方向で作用しているようで、若い熟成期間ながらヘンにドライな植物のようなフレーバーが強くないのは好印象。
パインやレーズン等、ドライフルーツと合わせて飲むとさらに美味しくいただける。


コメント:自宅飲み、購入はリカーズハセガワの試飲物販売コーナー。
これが販売にまわされる少し前に、このボトルを試飲していました。
そのときは、ちょっとクセがあるけど何気にいいシェリー感じゃない。
と感じてしましたが、それがつい先日販売に回っていたので「これいくらっすかー?」と買ってしまった一本w
前回の知識もそうですが、価格が<ピーッ>円でしたので・・・われながら現金なヤツです。(エヘッ

~エクスクルーシヴ・レンジについて~
クリエイティブ・ウィスキー社がリリースする、エクスクルーシヴ・シリーズの第三弾。
これまでは「エクスクルーシヴ・モルツ」「エクスクルーシヴ・カスク」とリリースされており、
共通点としては比較的若い10年前後の熟成期間のものを中心に、5000円前後のお手ごろ価格でリリースされていました。

ただ、第2弾まではカスクストレングスで、第3弾からはシングルカスクながら45度加水。そしてお値段は据え置き。
その点がちょいと残念ですが、ウィスキーの価格上昇がめまぐるしい昨今、お手ごろ価格で旨いウィスキーのリリースに、これからも注力していってほしいものです。


【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※8月13日、持ち込みボトル情報UPしました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.07.23【イベントレポート】

クラガンモア・チーフテンズ1973(20年)



CHIEFTAIN’S CHOICE
Cragganmore
(チーフテンズ クラガンモア)

700ml 50%
Aged 20 Years
Distilled : 1973 September

オススメ度(8)
☆☆☆☆☆☆☆☆


香り:クリーン、シトラス、やや植物質を伴う上品な甘さ、緑色のメロンの皮、はっきりと白葡萄感、リンゴの皮、奥から麦っぽさもある。
時間と共にはっきりとした白色系の果実感が出てきて、変化も楽しめる。

味:スムーズ、ややオイリーな口当りで蜂蜜のよう、透明感があってボディもしっかり。
若干の植物質、白葡萄、しっとりしたミルククッキー等の上品な甘さが広がる。
甘さの後にはピリピリとした強めのスパイスが舌上に残り、辛口のジンジャーエールのあとのよう。鼻抜けは透明で白葡萄やほのかな植物系。
余韻は長くスパイシーで香辛料を伴う、口奥にリンゴジャム、微量の乾いた木、スパイス感を主体に長く持続する。


コメント:いわき@87Malt Nightにて。メロン感でタケモトさんご推薦の1本。確かに香りでしっかりとメロンの皮のような香りを感じました。
カットメロンを食べた後の、残りの皮的なイメージ。口の中はメロンの若干の粘性がある上品な甘さで満たされている、そんな状態。
これがクラガンモア!?という、素晴らしいレベルの原酒。


クラガンモアといえばオフィシャル12年の蜂蜜と植物感、という印象が強かったのですが、これは評価軸を修正しないといけません。
滑らかで上品なフルーツ香、強めだがスパイシーで辛口の余韻、盛り上がるようにキレていくところが非常に良いですね。

蜂蜜がフルーツをまとってさらに上品に、違うモノに昇華した・・・
シェリー系や南国感とはまた違った方向性のすばらしさ、私はこういうフルーツ感好みです。



~~87Malts Night!!&BARヒース・テイスティング会現地レポは以下より~~

【完】87Malts Night!! くりりんSide(7)

【速】87Malts Night!! くりりんSide(6) →この辺です。

【速】87Malts Night!! くりりんSide(5)

【速】87Malts Night!! くりりんSide(4)

【速】87Malts Night!! くりりんSide(3)

【前】87Malts Night!! くりりんSide(2)

【旅】87Malts Night!! くりりんSide(1)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.06.19【イベントレポート】

BFクラガンモア16年 1993-2009



Bladnoch Distilloery Forum
Cragganmore

Aged 16 years
56.4% 700ml
Bottle No,261/313
Hogshead No, 1960
Dist 1993/4/21
Bottled 2009/8/4

価格:6000円前後
オススメ度(5)
☆☆☆☆☆


香り:ややアルコール、シンナー系で鼻がツンとする。続いてワックスやレモンの皮、
生木のオーク、バニラ、クリーンで時間と共に桃や蜂蜜っぽさも出てくる。
現行12年をカスクストレングスにしてアルコールを強くしたような印象だが、
上面にあるアルコール感ゆえややバランスを欠く。加水がアルコールを和らげる手助けになる、
フレーバーが一体感を得るには時間の助けも必要。

味:口当りから蜂蜜、少しのオークやナッツ、オフィシャルの延長線上にあるフレーバーが広がる。非常に親しみやすい。
中間からは粘性があり樹液や蜜のような甘さ、オレンジや柑橘系の甘酸っぱさ、その後は乾いた木のフレーバー、微量の香水。
余韻はドライでスパイシー、蜂蜜系の甘さを伴う。加水でオイリーさがはっきりと、ドライで木の渋みやビター感も漂う。

コメント:キャンベルタウンロッホにて。特段変にいじった印象も無く、
あぁクラガンモアだなぁと思わせてくれるフレーバー構成。
ややアルコールが気になるが年数等を加味すれば大いに妥当と考えられる。


ブラドノックフォーラムは、昨年販売されてボトル買いしたカリラが安い上に中々美味かったことから、個人的に注目しているボトラーズw
周囲の評価も中々高いようで、今回このクラガンモアは5000~6000円と
手ごろな価格でリリースされたところ、築地さんに出ていたときは半日保留している間に完売。
八重洲のハセガワさんにいたっては、即完売してしまったとか・・・。
これ聞いたときはチョット悔しかったですね。

しかし今回無事にキャンベルさんで飲むことが出来て、まずは一息。
いいクラガンモアですね。すごく素直な印象です。


既に案内がありましたが、同ボトラーズからはグレンエルギン1984、ベンリアック1985、
リンクウッド1984らが6月に入って国内流通しており、これらの出来についても非常に楽しみです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧