深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.10.06【日記】

【試】VISUAL FLAVOUR クライヌリッシュ1997 ほか


今日はお台場→幕張で仕事でしたので、帰りはハセガワに寄り道して帰りました。
目的はもちろん試飲。
ワインやシェリーは買うくせに、ウィスキーをなかなか買わない試飲ばかりのダメな客です。
 

来店早々、
どうしたんですか、スーツなんて着て、
仕事しているみたいじゃないですか。


お約束のやり取り。


この店はダメな社会人が多く集まる場所です。



さて、その試飲1杯目は、
先日発売されたばかりのビジュアルフレーバーのクライヌリッシュ
 


 

VISUAL FLAVOUR
CLYNELISH
1997-2011
Cask type: Hogshead
700ml 57.1%
価格:4980円


バーボンホグスヘッドらしい濃いフルーツ感、ミルクキャラメル、ほのかに木材っぽさを感じる香りに、
味もやっぱりバーボン樽系のフルーツやオーク感かと思いきや、これは奇襲、
薬品臭の無い子供用の風邪薬シロップ、または駄菓子のイチゴシロップのような甘さ、
かすかにココナッツミルクのようなクセ、粘性のある甘さは蜂蜜も連想させます。
実に面白い仕上がり、木のえぐみや嫌味な味わいが少ないのも好印象。
これでカスクで5000円切る値段というのは驚きです。


うーん、良いコスパだ。



また、クライヌリッシュというと、オフィシャル、ボトラーズ含め様々なキャラがリリースされているも、
こういった味わいのクライヌリッシュは初めてのような・・・

ボトルのフレーバーシールに記載があるので、メーカーとしては奇襲しているつもりは無いのかもしれませんが
香りの時点で、あぁまたこの系統かと思っていたところにこの味は奇襲でした。
そもそもビジュアルフレーバーのシールは適切な表現が表されているのか、というのは過去のボトルも含め議論の余地ありですが・・・
このボトルに関しては、なかなか的を得ているのでは・・・という感じです。


 

続いては、以下をチビリと。
 


 

シグナトリー ラフロイグ2000-2011(10Years old)
Cask : Refill Butt
700ml 46%


46%加水なのでやわらかい感じに仕上がっていますが、落ち着いて飲めるラフロイグです。
味、香り共にラフロイグの王道をいくフレーバー。
値段も手ごろ、この手の味は家飲みにするには飲み疲れないのでお勧めですね。
 



 

ウィスキーエージェンシー リトルミル1989-2011(21 Years old)
Cask: Sherry wood
700ml 47.1%
 

これは割りといまさらなリトルミル。
最初の香りはローランド香、らしい香りです。ボール紙に包まれた甘みの無いベリー。
徐々に殻つきで蒸した栗のようなオークの香りも出てきます。
シェリーウッドでこういう香りが出るということは、アメリカンオークでリフィルなんでしょうか。
味はしっかりフルーツ、トロピカル系で、その中にエッジが立っているイメージ。

案外・・・と評判の良いボトルでしたが、なかなか良いですね。
自分としては、味の構成としてオールドボトルのリトルミル12年ハイプルーフに近い印象を感じました。

 


 

ブラドノックフォーラム カリラ1984-2010(25Years old)
Cask: Hogshead
54.3% 700ml


これもいまさらなボトルですが、相変わらず安心のカリラ、そしてブラドノックフォーラム。
ブラドノックフォーラムはコスパに定評のあるボトラーズですが、
それに加えてどこが出しても大崩れしない、絶対的なエースではないが、確実に7回3失点くらいで切り抜けてくれる、
チームがどんな状態でも年間10勝くらいしてくれる、野球でたとえるならそんなピッチャーがカリラのイメージ。

このカリラもまさに安心して飲める出来、王道の味。
悶絶しなければ、落胆もしない、ただ普通に旨いカリラです。


 

また、他には少しサンプルも飲ませていただき、楽しい時間をすごさせていただきました。

今回の試飲ではビジュアルフレーバーに食指が動きましたが・・・家にある開封済みボトルの数々、購入予定のボトルを考え自重。
また、今日は赤ワインを飲みたい気分だったので、ウィスキーは買わずに赤ワインを買って帰りました、が、


帰りの電車の中でなぜかいきなり血の気が引き、貧血のような症状を起こし、
横浜に着いたところでブラックアウト、電車の中でぶっ倒れるという事件を引き起こします。


気を失っていたのは20~30秒ほどでしょうか。
すぐに意識は戻って、駅員さんが駆けつける前に電車を下りて外から乗客の皆様に軽く謝罪・・・
次の電車に乗って帰りましたが、内心また倒れるのではと、ビクビクでした。



試飲した量は総量でワンショットちょい、アルコールというよりは、
今日は朝からビックサイトの展示会と幕張メッセの展示会をはしごし、双方で展示会業務をこなし、
昨日一昨日は深夜帰宅だったわけで、疲れはあまり感じてませんでしたが、体に無理があったのかもしれません。


買ってきたワインは冷蔵庫に封印、今日はおとなしくすることにします・・・。

気温変化が激しいこの季節、皆様もお気をつけください。


 



ん、このグランツ70年代流通、なかなかいいな・・・(オイw




 

この記事を評価するGood1

2010.12.30【日記】

OBクライヌリッシュ14年 43% MHD


商品コード:u-G-238
CLYNELISH 14years
(クライヌリッシュ 14ネン)
ウイスキー>シングルモルトウイスキー
スコットランド>クライヌリッシュ
MHDモエヘネシーディアジオ
ビンテージ:/度数:43%/容量:700ml/地域:ハイランド

総合点:2(☆4)

香り:若さを若干感じる植物感、アーモンドの皮や土埃、ほのかにビターな香り。

味:オイリーでワクシー、すりおろした林檎、パフューム一歩手前の香水感がひろがる。
徐々にバター、ほのかなスパイスが舌の上に感じられる。

フィニッシュ:余韻はドライで乾燥した藁、ワクシーな甘さの後にほどよいビターさが続く。


コメント:
通好みな一杯。複雑さがあり、青林檎、蜂蜜に例えられるフレーバーが特徴な蒸留所で、
その他にも、ピーティーでない適当なモルトでブラインドテイスティングを行うと、
クライヌリッシュと答える方が結構多い、非常に他のスコッチモルトに共通するフレーバーが多いことでも知られています。

しかし、このオフィシャルボトルについてはもう少しフルーツ感が必要であるように思います。
余談ですが、クライヌリッシュのオイリーさは、ポットスチルのネックの部分を洗わないことから現れる特徴なのだとか・・・
同様の特徴としてプルトニーもネックを洗浄しないことからくるオイリーさがあるようです。
年月の積み重ねが特有の酒質を作り出す。アナゴのタレみたいですね(某インポーター様談) 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.09.18【イベントレポート】

CHクライヌリッシュ1982-1998(16年)

 

CADENHEAD
CLYNELISH 1982
(クライヌリッシュ1982)
“INDIVIDUAL CASK”

Aged 16 Years
700ml 63.4%
Distilled:1982/3
Bottled:1998/4

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

香り:度数由来か最初は少し刺激があり鼻がツンとして、若干生木っぽさを感じるが、
徐々にクリーム感とフルーツ、フルーツはリンゴ、洋ナシ、白桃で爽やかさの中にふくよかな甘さがあり、
時間がたつほど上品なクリーム感が現れる。

味:度数からすれば非常にスムーズな口あたり、白いフルーツ感、やや植物質で時間とともに香水感。
しっかりとしたボディ、やや若さも感じるが、フルーツは桃やリンゴ、カスタードクリームのような甘さがボディを支えている。
鼻抜けしっかり、喉の奥にフレーバーの塊が残り、余韻、戻りともにスパイスは控えめで、クリーミーで上品な甘さが長く続く。


コメント:三鷹 BURNSにて。当たり年との声を聞く、クライヌリッシュの1982ビンテージ、その短熟モノ。
同ビンテージにおいてはSMSやBBR等の、最近リリースされる機会の多い長熟モノは比較的高い評価を得ていますが、
機会があれば短熟モノも飲みたいなと思っていたところに・・・ありました、わりと身近にw

ケイデンヘッドのグリーントールシリーズというだけで、
私としてはよほどでない限りハズレないだろうと確信していましたが、
いや~良いクライヌリッシュでした。それもヘンにいじった感の無い、私の中ではこれぞクライヌリッシュという印象で、
これなら長熟モノもうまいはずだよと納得させられました。また、良い勉強にもなりました。

BURNSの在庫としては、あとハーフで4杯程度だったと思います。
気になる方はぜひお早めに。

次は1972ビンテージの短熟とか飲んでみたいですね。1990詰めあたりでどこか出してないかなー




え~・・・というわけで
おはようございます、くりりんです。

つい先ほど自宅に帰ってまいりました。
学会準備と仕事が重なり、晴れてALL NIGHTでございました。
9月17日8時半会社出社、9月18日8時半会社退出。24時間働けますか? 働けますよ?

うー・・・眠いっ!!

明日に引きずらないようにしないと


いよいよ明日、第2回ウスケバ関東オフ会です!詳細は以下よりご確認ください。
参加申請は直前まで募集中で~す。




【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※いよいよ明日!参加をお待ちしております!!
(途中参加、途中退室でもOKです)
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.09.08【イベントレポート】

TWEクライヌリッシュ“10 years Aniv”



The Whisky Exchange
Clynelish
“Extra 10 years online aged”

700ml 46%(80 PROOF)
Distilled: 1972
Bottled: 2009

オススメ度(8)
☆☆☆☆☆☆☆☆

香り:上面にビワやリンゴ、パパイヤ、フルーツフレーバーが充実している。
非常に上品で柔らかく、いつまでも嗅いでいたい。グラスの淵からは時間と共にアプリコット、ほのかに麦感も。

味:滑らかで甘酸っぱくクリーミーな口当り。クライヌリッシュらしい香水感、フレーバー構成。驚愕。
リンゴ、アプリコット、洋梨等の白系フルーツフレーバーと特筆すべきクリーミーさが広がり、滑らかな甘さからドライに変化する余韻。
スパイスは控えめで、鼻抜けはやや香水感のあるフルーツ感、戻りと共にしっかりと感じられる。


コメント:キャンベルタウンロッホにて。写真の日付は6月8日、この日はキャンベルさんに始めていった日です。
あれから3ヶ月、ずいぶんと放置してしまったネタですが、昨日のきゃず3さんの記事がまさにこのボトルでしたので、便乗して公開してしまうことにしました。


キャンベルさんには・・・もうさすがに残っていないでしょうが、まだ入手可能なボトルらしく、いずこかのBARでも見かけることが出来るかもしれません。

その味は、クライヌリッシュらしさがはっきりと感じられるが、ただのクライヌリッシュではない。
フルーティー&クリーミーで、現行なんて目がくらむほど洗練されている印象で、
このボトルを飲んだときはずいぶんと驚かされたのを覚えています。流石記念ボトル、力入ってますねぇ。
加水であることもうまく作用しているようで、飲みやすさと飲み応えがしっかりと両立されています。


ちなみにこのボトル、ビンテージ表記がありませんが、マスターの話だと72ビンテージとのこと。
やはりクライヌリッシュの72ビックビンテージ説は疑う余地がありませんね。



余談ですが、10月に参加する学会準備のため、ちょっちドタバタしています。
いやぁ・・・眠い。

しかし、なんとか明日が終われば明後日はモダンさんだし、明々後日は島旅行なのです!
そして来週はウスケバ関東オフだし~♪

がんばるぞ~!



【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※あと2週間を切りました!参加をお待ちしております!!
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.08.31【イベントレポート】

WMクライヌリッシュ1998-2010(12年)



William Maxwell
Shieldaig
CLYNELISH
(クライヌリッシュ1998)

700ml 58.7%
Aged 12 years
Distilled: 1998
Bottled: 2010
Cask No: 3722
Bottle No: 132

価格:6500円前後
オススメ度(5)
☆☆☆☆☆

香り:グレープフルーツやレモンの皮のニュアンスに、潮やピートスモーク。
やや溶剤のようでもあり、香りは刺激的で荒さを感じる。ほのかに乾いた麦も裏に。
クライヌリッシュに対するイメージにもよるが、これは意外なフレーバー。

味:オイリーな口あたり。蜂蜜系の甘さから少し木のえぐみ、序盤は若いモルトの植物質な印象もある。
中間は香り同様にビターなグレープフルーツ、麦芽質、余韻に向かってピートが存在感を出してきて、
それまでのフレーバーを上塗りしていく。ビターで程よくドライ、余韻は中程度。
フレーバーそのものの芯はしっかりしており、飲み応えは十分。


コメント:BURNSにて。ウィリアム・マックスウェル社がフランス向けに作ったブランド、シールダイグ・コレクションのクライヌリッシュ。
クライヌリッシュといえば、若干オイリーでフルーティー、リンゴと香水感、そしてスパイシーというのが私の印象だったのですが、
このボトルはその印象とは方向性が違い、意外性を強く感じた一本。
ピーティーでヨードは無いですが、どっちかといえばアイラよりの傾向、これはブラインドで出されたらクライヌリッシュとはわからないなー。


その意外性がプラスに働くモノもあれば、働かないモノもあり、個人的には後者にあたる一本です。
余韻にかけて出てくるピート感はバランス良く、光るものも感じるのですが・・・どこか・・・どこか違う。

とまぁネガティブじみたことを書いてしまいましたが、この辺は個人個々の好みの問題だと思います。
値段で考えれば、若いモルトですが6000円台シングルカスクでこのクオリティは、現行品の中では余裕の合格点。
ピート系のクライヌリッシュ(ブローラとは全く違います)が好きな方なら、来るものがあるかもしれません。



~~シールダイグ・コレクションについて(引用文献)~~

「シールダイグ・コレクション」とは、「ザ・ピーター・J・ラッセル・グループ」傘下の
「ウィリアム・マックスウェル社」がフランス市場向けに作ったブランド。エジンバラ近郊に本拠を構え、
豊富な在庫から選ばれた質の高いボトリングを行っている。ブランド名となっている。
「シールダイグ」とは、西ハイランドにある小さな漁村の名前。
なお、「ザ・ピーター・J・ラッセル・グループ」には、「グレンゴイン蒸留所」を所有し
「グレンファークラス」の総代理店でもある「イアン・マクラウド社」がある。




【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※8月13日、持ち込みボトル情報UPしました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.05.16【イベントレポート】

TWA&CCクライヌリッシュ



今日は錦糸町で約束があったので、早めに家を出て、ダンカンテイラーの記念ボトルを予約すべくハセガワさんのところへ。
そしてせっかく来たのだから、新入荷のボトルをいくつか試飲なのです。

今回試飲できたのはTWAとCCのクライヌリッシュ2種類。
ホントはカリラ1974とか、新たにオープンしていたボウモア1970とか試飲したかったけど、2種類飲んだところで時間切れ。
泣く泣く八重洲地下街を後にしました。

(試飲なので簡単なテイスティングですが、購入検討されている方の参考になれば幸いです。)




TWA(ウィスキーエージェンシー)
クライヌリッシュ14年
1995-2010
700ml 53.0度
Bottle, 1of170
Cask type:バーボンホグスヘッド

価格:9500円前後
オススメ度(4)
☆☆☆☆

香り:ややニューポット質、ナッティー、緑色の麦、アルコールや一瞬だが溶剤系の香りも。
味:乾いた麦、樹液系でオイリー、オーク質で渋み、舌上にスパイスを伴う。

コメント:若さと樽が強い印象のクライヌリッシュ。オフィシャルを基準とすれば、かなりベクトルの違う味わいだ。




CC(ケルティッククロス)
クライヌリッシュ27年
1982-2010(?)
700ml 46.0度

価格:9000円前後
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

香り:甘い蜜、控えめに洋ナシ、マンゴーのようでもある。時間と共に木やベリー系の甘酸っぱさ。
アルコール感少なく、全体的にしっとりとして上品。
味:ビターな口当り。ボディはオイリーで中程度。リンゴや麦、さらにクライヌリッシュらしい香水も出てくる。
余韻は甘酸っぱさとビター、スパイスを口奥に感じつつドライ。戻りもしっかり、煮たリンゴにカラメルソース・・・

コメント:カスクではないので個性が光る感じではないが、安心して飲める美味さ。
これは良いモルト、コスパも高い。


CCクライヌリッシュ1982が予想以上に良かったので、購入しようかすごく悩みました。
でも記念ボトルで軽く散財してるし・・・あぁ、悩むわ・・・
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2010.04.13【イベントレポート】

GMクライヌリッシュ1972-2009



クライヌリッシュ 36年
1972-2009
700ml 52.5% 

Cask No,14298
Cask type, リフィルシェリーホグスヘッド

価格:25000~30000円
オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆

香り:カラメル質で重さを感じる香り。バナナや洋ナシ、酸味を持った麦感、
奥からクリーンで香水っぽさ。フレーバーの厚みを感じる香りだ。

味:蜂蜜と麦、続いて桃やレモンクリーム、リンゴ、パヒューム一歩手前のような香水感、
中盤はクライヌリッシュらしいフレーバー構成で、甘酸っぱく爽やかさも感じる。
余韻にかけて再び麦感、口奥にスパイス、ほんの少し渋みもある。
加水でフルーティーさが際立つ、麦感や蜂蜜が後退しリンゴ感、フルーティーさがしっかりと出てくる。

コメント:香りに厚みがあり、味も良い。これまた秀逸なクライヌリッシュ。


桜木町のパラディにて。
ビックビンテージといわれるクライヌリッシュ。確かに旨い。
でも最近クライヌリッシュのいいのがガンガンリリースされているためか、
アドバンテージを見出すことが出来なかった一本でもある。

しいて言えば麦感かな、後ボディも3RやSMSに比べると厚め。
COMMENT(4)
この記事を評価するGood

2010.04.11【イベントレポート】

SMSクライヌリッシュ27年 1982-2010



クライヌリッシュ27年
1982-2010
SMS Distillery Collection
700ml 53.4%

価格:11000~13000円
オススメ度
☆☆☆☆☆☆☆☆

香り:口開けゆえあまり香りは立たない、まだ硬さがあるが
リンゴや桃のようなフルーツ感、アルコールも。

味:口当たりからリンゴフレーバーが炸裂する。青リンゴではなく熟したリンゴだ。
白桃や白葡萄、杏やアプリコット、香水っぽさを抑えてフルーツ感が広がっていく。
麦芽の香ばしさ、リンゴの蜜感、後半は口奥に少量の苦味、舌奥にスパイス。
蜜のまろやかさ、バナナや白色系フルーツの甘酸っぱさを従えてややドライで長い余韻。

コメント:リンゴ感が素晴らしいモルト。香水フレーバーが控えめでフルーツ感たっぷり。
これで1万円ちょいってのは・・・素晴らしすぎる。


Sheepにて、2杯目を頼もうと棚をきょろきょろしていると
口開けしていないこのボトルを発見
マスターの「いっちゃいましょう、くりりんさん」
に押されて口開け一杯目を堪能!

クライヌリッシュというと3Rが精力的にリリースを続けているが、
3Rリリースのモノと比べてリンゴ感がハッキリとしており、
よりフルーティーさが際立っているように感じる。
コストパフォーマンスも高く、前評判の高さにはただ同意するばかり。

口開けでこれだけのポテンシャルなら、香りが開く今後が非常に楽しみなボトルだ、
期待をこめてオススメ度は☆8。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2010.03.28【イベントレポート】

クライヌリッシュ16年(スリーリバース)



クライヌリッシュ16年 (1993-2010)
スリーリバース
55.7度 700ml

価格:8500~9500円
オススメ度
☆☆☆☆☆☆

香り:ややクリーン、深くかぐとアルコールも、林檎、桃、白色系フルーティーさだ、香水系のフレーバーも

味:さらっとした口当たりから洋梨と青林檎、香水、噛むと口の中でさらに青林檎フレーバー。
やや麦感、カスクゆえのしっかりしたボディ、コク、余韻はジンジャーやスパイスの後で桃の甘さが持続する。

コメント:現行オフィシャルボトルのクライヌリッシュと同じ味のベクトルながら、
青林檎フレーバーが非常に秀逸なボトル。パヒューム(香水系)の評価は好みが分かれるかも。


ちょっと前にシングルモルトウィスキートピに書き込んでいたボトル。
こっちには書いてなかったなぁということで、カキコカキコ 。

背面ラベルに丸っこいキャラクターが書かれているが、このキャラクターがVサインしているボトルがある。
これはスリーリバースがアタリの太鼓判を押しているという話・・・
Vサインボトルは昨年販売されたクライヌリッシュの26年、これは確かに旨かった。

今回の一本、とりあえず一杯飲んでみて損はないボトルかな
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧