深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.11.03【日記】

【試】OBアムルット・フュージョンのテイスティングレビュー書き込み

 
ものは試しに、新たに追加されたテイスティング機能を使ってみました。
といっても、テイスティングできるボトルはなぜか3~4種類のみ、登録されているボトルのほとんどはレビューを書けない状況なのですが・・・


OB Amrut Fusion Single Malt 50% 
http://www.usukeba.com/goods/show/194

 まず、書き込んだところ、プロフィールのところのポイントが追加されました。
祝、1点獲得です。これが何なのかはナゾですが・・・

しかし、なぜか最初はいくら書き込んでもレビューが反映されませんでした。
一度IEを閉じて、立ち上げなおしたところ書き込めましたが、これまたナゾです。
また、これはもう仕様なのでしょうが、書き込みの確認画面が無く、ダイレクトに反映されますw
さらにコメント部分、改行が反映されないで投稿されてしまう&それでいてレビューは一度書き込むと修正不可能!?
 
新機能もすさまじいことになっていますね。
せめて確認画面と、記事の修正くらいは取り入れてほしいものです。
あとアレだけ長く書いていてなんですが、ブログのトップでは表示が(>>続きを表示する)で省略されるのに、テイスティングはまるまる表示されますw
こっちこそ字数制限をかけるか、省略する仕様にしないと、逆に見づらいように思います。
 
こんなところですかねー
 
 
 
―――以下、テイスティング――――

 


Amrut Fusion
(アムルット フュージョン)
700ml 50%
 
価格:5000円前後
オススメ度(5)
☆☆☆☆☆
 
 
香り:オーク由来の香りとレモンピール、若草、植物のニュアンスでややトゲがある。度数ほどのアタックは感じられない。
 
味:粘性を感じる口当り、麦、ブラウンシュガーのような甘さから、僅かに栗、乾いた牧草、ややビターに
 
フィニッシュ:まったりしたニュアンスから程よくドライに。スパイスはやわらかく、舌奥にほのかなピートも感じられる
 
 
コメント:インド産のシングルモルト、アムルット。
「インド産なんて・・・」と思っていたら、意外とちゃんとシングルモルト!と好評のようです。
ジム・マーレイ氏の著書ウイスキー・バイブル2010では世界第3位のシングルモルトとして評価されており、その品質はお墨付き。
 
味わいからすると10年前後の熟成と推測されますが、確かにヘタなスコッチよりも良いバランスであるように感じます。
個人的にはちょっと物足りなさも感じますが・・・
 
 
インドは最近ウィスキーの消費量が延びている国で、2007年にはホワイトマッカイがインド大手企業であるUBグループの系列会社に買収されたのは記憶に新しいハナシです。
 
ただ、仕事の関係上インドに行く機会があるのですが、インドではアムルットは知られていないようです。
料理店に行くとウィスキーは置いてありますが、だいたいブレンデットです。
ちゃんとしたホテルのBARに行くとシングルモルトはありますが、
注文しても、レディーバーンのシングルカスクは出てくるのに、アムルット?何それ?でした。
 
蒸留所の近くの町に行けばもっと流通しているのでしょうか。
なんにせよ、今後に期待したい蒸留所です。
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧