深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.07.07【イベントレポート】

GMCCアバフェルディ 1974



GORDON&MACPHAIL
Connoissours Choice
ABERFELDY(アバフェルディー)

750ml 40%
Distilled 1974
Bottled 1990~(?)

オススメ度(4)
☆☆☆☆


香り:くすんだカラメルを含むオールドシェリー香。ややヒネている。
シェリーは透明感があるが、全体的にカラメルにおされ気味で単調。

味:まろやかな口当り。オールドシェリー、メイプルシロップ、カステラの焼き目、そしてGM味。
中間まではオールド系のカラメルが支配的。余韻はビターでシロップ系の甘さはコーヒープリンのよう。
口奥に残る黒味の甘さや、若干の麦感のビターさを伴う余韻。

コメント:Sheepにて。これは残念だったと、正直にいわざるを得ない。
集中熟成庫での熟成だったのか、瓶詰め後の時間経過による変化によるものか、
今となってはわからないが、かなり没個性的でモルティなオールドブレンデットを飲んでいる気分になる。
それもただ没個性的というわけではなく、GM系のフレーバーが強く前に出ての没個性感。

アバフェルディ自体がもともとそれほど個性的ではなく、スムースでまろやか、そしてフルーティーな傾向のあるモルトであるが・・・
まぁ、今回の評価は辛口ですが、☆4です。
しかしこういうスムースでオールド系のフレーバーをお好きだという方なら、好みの部類に入るモノだと思います。



<以下、雑談>



デジカメを新調しますた。

・Power Shot SX210 IS

S90とSX210で悩みました。
S90の多機能性と、レンズ性能(F2.0!)。
男心をくすぐるデザインに惹かれまくってましたが、
意外と使いづらいレンズ部分の調節リングに、ホールド感の低いボディ(す、すべる!)がマイナス要素。

自分がコンパクトデジカメに求めるのは、サッと出せてパッと取れるオートマチックな性能。
動画を結構撮るので、動画性能も重視したい。
本格的な撮りをするなら、写真左にある手持ちのEOSを使うので、手軽に使えて動画性能も良いというSX210にするかなと。
まぁあの14倍ズームはまず使わないと思いますがw
それに1410万画素もいらんし(800万で十分)、あとはレンズがな~、F3.1は暗すぎ…

あぁ、色々考えるとS90のほうが良かったのかな~と、買って後悔がくりりんの仕様です。
どうしよう、S90も買っちまうか…、暗所(BARとか夜景)の撮影なら間違いなくS90だし。


なお、今まで使っていたIXY810は水中撮影用になりますw

とにかく、今年の夏も、いい景色撮るぞー♪
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧