深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.08.16【イベントレポート】

SMSポートエレン1982”N,NAKAMURA”



Scotch Malt Sales
“TASTER”
PORT ELLEN 1982
(ポートエレン1982)

700ml 57%
Aged 27 Years

Distilled: 1982
Bottled: 2010
Cask type: Refill sherry
Bottle No: 002/156

“Selected by N,Nakamura”


価格:27000円前後
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆

香り:柑橘系ではないフルーツの皮(リンゴや洋ナシが近い)、塩っぽさは鋭く感じる。
焼いたスルメ、ピート薫香、アルコールの刺激も。奥からやや香水感、桃、時間と共に塩は醤油っぽく感じるようになる。

味:口当りは粘性のあるフルーツ感だ、甘みのあるグレープフルーツや海草、ピート(というよりは土っぽさ)、中間から塩がしっかり感じられる。
度数を考えれば柔らかさのあるボディで、じわりと広がっていくフレーバー構成。
鼻抜けしっかりで、余韻はややドライ、黄色いフルーツと口奥にビターなピート感が残る。


コメント:キャンベルタウンロッホにて。本BARのマスター、中村氏がチョイスしたポートエレン。
まず飲まれた方の共通する印象として、リフィルシェリーカスクながら、シェリーっぽさがあまり表に出ていないというのがあり、総じて評判の良いボトルです。
私も「おぉ、82のポートエレンで、このレベルのモノがよくでてきたなぁ」と。

リフィルシェリーとしても悪くない樽を使ったのでしょう、樽由来の成分が酒質を底上げして、特徴もうまく残っています。
生木のような嫌味も出ず、ギスギスした硬さもなく、非常にバランスの良いところと感じます。

中村氏は選ばせて貰ったサンプルが良かったんですよと、ご謙遜されていましたが・・・いやいや流石のチョイス、感服いたしました。
正直なところ、私は最近リリースの続く80年代閉鎖間際の無駄に高いポートエレンであれば、カリラでいいじゃんと、
何か特別な思い入れが無い限り、80年代はポートエレンをチョイスすることにアドバンテージを見出すことが出来ないと感じる嗜好(思考)の持ち主なのですが、
こういうのを飲まされてしまうと、ポートエレンにしてもぐらっときてしまいます。


ちなみに私は、キャンベルさんで飲む前、確か1週間ほど前ですが、
ハセガワさんに開きたてほやほやの試飲があったので、そちらで軽く予習して、今回の注文となっています。
時間の経過でどう変わるかについては、後半に少し香水感が出てきたなというのと、
ピート感も開けたてはもう少しはっきりしていたなという感じです。

したがって開けたては、どちらかというと以前飲んだOB長期熟成ラガヴーリンのような印象があり、
時間の経過した今回は、後半に「あ、ポートエレンっぽいな・・・」というところも感じ取れました。


【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

※8月13日、持ち込みボトル情報UPしました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧