深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.08.04【イベントレポート】

OBオード5年 1960年代後期流通



OB ORD
(オード 5年)
“Finest Highland Malt”

Over 5Years Old
43% 750ml
1960年代後期~70年代流通品

オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆


香り:状態がしっかりしており、香りは上面に向かって開いている。
クリーンで若干若い原酒のアタックを感じるが、その後オレンジや柑橘系の香りと麦畑。
動物系の脂、モルトのスナック・・・現行系にはない不思議な香りがする。

味:じわじわと広がる素晴らしい麦感、微量のニューポット質に加えて蜂蜜、嫌味なところがまったく無くスウィートでボディも厚い。
後半はピリピリとした心地よい刺激、フレーバーは麦が口奥に出てきて、それが徐々に口の中をじわじわ、ぴりぴりと駆け上がっていく。
若さによる勢いがありながら、しっかりとした熟成感も感じる。
鼻抜けは干草、麦、柑橘系の芳香剤スプレーを若干漂わせる。余韻はそれほど長くなく、ややオイリーだがサッと消える


コメント:キャンベルタウンロッホにて。11周年のコースの1本目。
素朴でありながらフレーバーはしっかりしていて、存在感はありつつ、後のモノを壊さない、コース料理で言えばまさに前菜である。
現行のオードも麦感がしっかりしているが、カラメル質が強い。しかし本ボトルはカラメル質が少なく、純粋に麦質な酒として仕上がっている。

おそらくこのころの5年表記モルトは、5年~7年くらいの熟成の原酒しか含まれていない現行モノと違い、
10年や15年クラスのモルト、下手すると20年ぐらいまでがブレンドされた上で、バランスを取るために最低年齢の5年が含まれているという印象。
ゆえに、このころの若い年数表記のシングルモルトだからこその、熟成感とフレッシュさの共演、ただ純粋に素晴らしい仕上がりとなっている。



最近福岡での記事や、イベント記事を中心に書いていたので、久々のボトル紹介。
といってもキャンベルさんのヤツなんで、これもちょっとイベント気味か・・・

なんか深夜も営業中が、ウィスキーのテイスティングブログといいつつ、イベント等の紹介ブログになってきた感があります。
それはそれで書いてて楽しいので、イベントばっちこい、ですけどねw


【PR】第二回ウスケバ関東オフ参加者募集中!!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧