深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.05.19【イベントレポート】

グレンキース1983@ウスケバオフ


(写真左奥のボトルです)

グレンキース1983(1994ボトリング?)
43度 1000ml

【テイスティングコメント】
粘性があって麦やジンジャー、奥に青リンゴ、蜂蜜、アルコールはほとんど感じないが、鼻腔がスーッとする香り。
なめらかで蜜やフルーティーなニュアンスもあるが、中間からすりおろした生姜、蜂蜜生姜飴、
余韻にかけてビターでスパイス、舌上から口奥、上あごにかけて心地よいピリピリ感、その後まったりと。


ウスケバオフ@Calrosさんのお持込みボトル。
飲み進めるうちに個性が出てくるような印象の1本。全体的に粘性&まったり系の構成だが、そこにジンジャースパイスのエッセンスがどっしり!
個人的な印象は、まさに“蜂蜜生姜飴”

先週、喉を痛めた後、甘すぎず、舐め飽きないのど飴として、ホールズのピンクグレープフルーツとローテーションでひたすら舐めていた影響か、真っ先に頭に出てきましたw


(参考画像)

グレンキースは先日BURNSでGMCCの1965を飲みましたが、どーもこれは違うぞと(後々調べたら3回蒸留時代のモノだったというオチですがw)思っており、オフィシャルの10年ではない、もう少し古い時代のオフィシャルを飲みたいなと思っていたところに・・・このボトルです。

恵まれてますね、感謝です。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧