深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.05.11【イベントレポート】

アードベック 30年



アードベック ベリーオールド 30年
700ml 40%

価格:15000円前後で売られていたようだが、今は7万前後を確認。
オススメ度(5)
☆☆☆☆☆


香り:ひっそりとしている。レザーや白葡萄、シャンパン系の華やかさ。
奥からピートスモーク、牡蠣、微量のヨード。アルコールはほとんど感じない。
グラス側面からは時間と共に樽香やカラメル、麦感が出てくる。

味:クリーミーでやさしい口当たり、じんわりと染み込んでいく。
バーボン系のフレーバー、樽の影響が強いようだ。チェリーやオレンジ、バニラ、
後からヒジキの煮付け、麦、微量のヨード、ピートとスモークは本当に優しく、
余韻にかけて現れて口の奥に蓄積していく。余韻はドライで中程度。


コメント:BURNSにて。初期ロット1200本限定、オフィシャルの限定品として2000年初期頃に販売されたモノ。
樽が強いが、全体にフレーバーが穏やかでバランスは整っている。
上品な香りからの期待に味が答えていないのが残念。
(開けたてはピートやスモーク感がもう少し前面にあったのかもしれない。)


年をとった酒で、はつらつとしていた若者が時の流れとともにおとなしくなり、
最後は縁側で静かにたたずんでいるような印象。
アイラ系の潮っ気やしっかりピート、最近のアードベック(ブラスタを除く)を好まれる人にはあまりオススメできない。

この味わいを高貴、上品ととるか、それとも個性が弱いととるかは、飲み手しだい・・・。


くりりんとしては、香り☆7、味で☆6、価格との兼ね合いで☆5ってところです。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧