深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2011.11.25【日記】

BAR Little Link ~Since 2011~

東京は平河町に10月末にオープンした、BAR Little Linkに行ってきました。

BAR Little Link
http://www.bar-little-link.com/





先日のウィスキーフェスでのこと、同店マスターの小林さんから割引券とあわせたカードをいただいておりました。


まぁ私は諸事情により酒は飲めど、BAR通いを節制している身です。
その背景もあり、罰当たりなことに「まぁ、行けたら行くか」くらいに思ってカードはジャケットのポケットに入れたままにしていました。

が、運命とは気まぐれなもので、1週間もしないうちにその日がきました。


昨日11月24日、会社が勝手に申し込んだ研修の実施場所が、同BARから徒歩5分の場所の麹町某所!
さらに、朝たまたま羽織ったジャケットが、ウィスキーフェスで着ていたモノで、当然ポケットには先日いただいていたカードが・・・

研修の終わり時刻は17時、BARの開店時刻も17時。
こうも偶然が重なったら、行くしかないでしょう。

ということで、開店と同時に怪しいリーマンが突撃です。



(BARの入り口、道側の看板が準備中で、ちょっと分かりづらい・・・)

昔の喫茶店を改装したとのことですが、カウンター主体の間取りに、静かで落ち着きのある店内、
バックバーにはウィスキーエキスパートのマスターが試飲会等でチョイスしたモルトが並び、
一人でも二人でも、じっくり飲める良い雰囲気があります。



(カウンターから見たバックバー。割と距離が近く、ラベルも読み取れる。)

地元の方々からは「やっとこの街にちゃんとウィスキーが飲める店が出来た」と、歓迎されているとのこと。
確かに、このラインナップなら、ウィスキー飲み始めの方々から、比較的ツウな方々も満足できるのでは・・・。



(お通しの燻製盛り合わせ。)

お通しはナッツ、ショコラ等から選択出来て、1品800円。
ハーフサイズで2種類選ぶことも可能です。



(BELHAVEN ST.ANDREWS ALE)

お通しが出たところで、まずは駆け付け一杯のビール。
仕事終わりなので生でごくごくもいいですが、やはりこういうBARならエールでじっくりいきたいところです。
通常の生はエビス、エール、スタウト等もいくつか取り揃えがありました。



(BBRグレンモール1982-2009 46%)

ビールで体の準備体操をしたら、後はモルト。
今回は最初のアイラモルト(お通しが燻製だったので)以外は基本おまかせでお願いしてしまいましたが、
まず出てきたのは、思わずニヤリとする絶滅危惧種のグレンモールくん。

試飲会でビビッと来て即買いしたとのことで、
クリーミーでやわらかいバナナのようなフルーツ感の後に、スモーキーさもあり、バランスの良い味わい、確かに旨いモルトでした。
55%くらいのカスクストレングスだったら、もうちょっとエグみや、ツンツンしたところがあったかもですが、そこは加水の妙。

ネス湖近辺の蒸留所3兄弟、ミルバーン、グレンアルビン、グレンモール。
すでに閉鎖されていますが、この3兄弟は旨いボトルが多く、飲めるうちに飲んでおきたいですね。



(ソルティードック:ウォッカはグレイグース、ジュースは果汁感の強いものを選んで使用、こだわりが感じられます。)

せっかくなので、カクテルもいってみようかと思い、最初に行ったBARで頼むことが多いソルティードックを注文。

こういうシンプルなカクテルほど、各BARのこだわりや姿勢、能力が分かりやすいなと考えての注文だったりしましたが、
いいですね、まずグレープフルーツの果汁感に対してウォッカのアルコール感が浮いておらず、とろりとした自然な甘さを与えていますし、
甘さ、酸味、苦味、口の中に広がった果汁由来の味を、後半から塩気がバランスよく引き締めています。
流石といっては失礼ですが、かなりの修行を積まれているだけあって、しっかり旨いソルティードックでした。


マスターの話ではサイドカー等のブランデーベースのカクテルのほうが得意、とのことで、
これは隣に座られた方が注文されており、美味しそうでした・・・。
次ぎ行く機会があればブランデーベースでお願いしようと思います。

また、このBARのカクテルは、ゆっくりじっくり飲んでいただきたいから・・・とショートであれば1.5倍サイズで出てきます。
私の頼んだソルティードックも、隣の方が注文されたサイドカーも、のんべにはうれしいBIGサイズで飲み応えもバッチリでした。



(マッカラン8年 EASTER ELCHIES 蒸留所限定)

マスターが2年前、マッカラン蒸留所で買ってきたという限定もの。
プロバナンスのようなシーズンラベルで、これは夏ラベル。
他にも秋や冬などがあるそうで、見たことの無いラベルだったので、こんなのあったのかと驚きです。

8年と若いボトルですが、若さが良い方向に作用している味で、香りはオレンジやチョコミントを思わせる爽やかなシェリー香、
味はブラウンシュガーやかりんとう系の硫黄感で、そこまで嫌味が無く、さらりと飲めてしまう。
樽はスパニッシュオークのシェリー樽と思われますが、樽材的にも適切な熟成期間なのかもしれません。


と、そのほかにもいくつかモルトを飲み、さらに色々濃い話もさせていただき、大変楽しいひと時でした。
こういうじっくり腰を据えて飲めるBARって、良いですね。

立地的に都内のメトロ沿いはなかなか利用しづらいのですが、今回のような機会があれば、また利用したいと思います。




余談:上で少し書いてありますが、”隣の方”ということで、実は今回は開店と同時に私以外のもう一方が来店されていました。
マスターのお知り合いの方のようでしたが、「どこかで見た方だなぁ」と思っていたら、
それもそのはず、秩父の方でした。

私としてはそれでさらに濃い話も聞けて満足でしたが、騒がしくして申し訳ございませんでした。

きっと試飲会等でお会いすることもあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

しゅうさま

先日はありがとうございました!
こちらも色々ナマな話を聞くことが出来て、大変楽しかったです。

正直小林マスターと私はまったく接点が無く、たまにイベントですれ違う程度だったのですが、
それでも足を運ぼうと、そんな気分になったのは、やはり人柄が大きいのだと思います。

また是非お会いしましょう!
今後ともよろしくお願いします。

  • Posted by-
  • at2011.11.26 04:15

くりりんさま。
こちらこそ騒がしくしてしまいすみませんでした。色々興味深いお話が聞けて本当に勉強になります。

名前通りに「Little Link」で「小さな繋がり」が出来たなと帰路、にやけてしまいました。これも一重にマスターのお人柄なのでしょう。

ではでは、再びくりりんさんにお会い出来る事を楽しみにしております。今後ともよろしくお願いします。

  • Posted by-
  • at2011.11.25 21:30

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧