深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.12.03【日記】

OBオード16年 “The Manager’s Dram”



The Manager’s Dram
Glen ORD
 
Aged 16 Years
66.2% 700ml
Bottled: 1991
 
オススメ度(7)
☆☆☆☆☆☆☆
 
 
香り:甘く酸味のある香り、角が立っている。蜂蜜しっかり、蜜のある青林檎、熟れた瓜、アロエ、
出汁の出たスープのような厚み、花の香りにも似ている。香水感に続いて若い木のエグミのような、溶剤っぽさが若干感じられる。
感じ方によっては最初に東京沢庵もあるが、時間と共に他のフレーバーに押されて消えていく印象。
加水で香りが伸びる、ストレート時にはあったアルコールのアタックは引っ込んで親しみやすくなるが、
同時に少し焦げたようなビターさと、フェインティ、汗のような香りが奥から出てくる。
 
味:フレッシュな口当りで、フレーバーが自己主張する。蜂蜜やアロエと共に心地よいスパイスが舌の上に乗ってくる。
次第にねっとりとした舌当たりでクライヌリッシュを連想させるような蜜と白いフルーツ、
若い洋ナシ、香水感。
余韻は長く、蜂蜜と乾煎りした麦を合わせて長く続く。戻りもしっかりしており、水を飲んでも喉の奥からビターキャラメルのようなフレーバーが戻ってくる。
また、加水で甘さと酸味、スパイスのバランスが良くなり、全体のバランスが向上する。
 
 
コメント:ゴブリンさんからシェアしていただいた1本。フレーバーしっかり、度数ぱねぇっす。
若いが旨い、天邪鬼なので「そんな期待しないでね」なんていいたくなりますが、なかなか面白いモルトです。
 
ストレートでは荒さというか、若さが前面にあって、力はあるが一本槍な印象を受けます。
しかし、そこに加水がいいですね、バランスや一体感は加水で目覚めるように感じます。
香りはそれも含めて加水で様々な(新たなフレーバーが出てくるような)変化があり、多くやりすぎると香りが弱パフューム系に変化するので好まない方は注意が必要ですが、
味は多量加水でも芯が残るイメージです。単一カスク&単一蒸留所でここまで加水の妙を見せられるとは・・・うーん、流石オード。
 
フレーバーの印象としてはオフィシャル長熟の30年にこういうフレーバーがあったなぁと記憶しています。
蒸留時期は近いですし、このころのオードの特徴なんでしょうか。
 
 
 
で、ここまで書いておいてなんですが、価値観にうといくりりんさんなので、このサンプルを貰ったときは事情を把握していませんでした。
シングルモルトナビからの転記ですが、ようするにこういうコトのようで・・・
 
“マネージャーズドラムは蒸溜所関係者のためにボトリングされたシリーズで、非売品のため一般には流通しておりません。
毎年、各蒸溜所が出したサンプルの中から蒸溜所長たちがベストモルトを選ばれ、ボトリングされるためどれも最高品質のウイスキーです。
また、コレクターズアイテムのしての人気も高く、価格が年々上昇しています。”
 
・・・
しかもオードですからね、
マニア受け、通好みの銘柄で一般的に存在感は薄いながら、レアなモルトの市場では存在感抜群のオードさんです。
 
はっはっは・・・
さっと渡してくれるゴブリンさんに器のでかさを感じざるを得ない。
素晴らしいモルトをありがとうございました!
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧